ダイジェスト2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「美優?」
美優の様子がおかしい。
微笑を浮かべながら、熱のこもった目でじっと美羽を見つめている。
「うふ、うふふ。お姉ちゃん……」
ある種の視線。
艶のある瞳に、怪しく火が灯っている。
本能的に危険を察した美羽の体がびくりと硬直する。
「うふふふふ」
美優は構わず距離を詰める。
引きつった顔で美羽が下がる。
だが、その分だけ美優も後を追う。
「お姉ちゃん、綺麗……」
美優は、壁際まで美羽を追い詰めると、その頬にゆっくりと手を伸ばした。
「きゃッ!?」
短い悲鳴。
美優の白い指先が、美羽の肌を這うように伝った。
頬から顎へ。
顔のラインに沿うように進んでいく。
まるで愛しくてたまらないものを愛撫するかのように。
「ちょ、ちょっと、美優?」
「うふふ。お姉ちゃん、大丈夫よ。全部私に任せて……」
美優の手が美羽の背中へと回された。
そのまま、美優は体重をかける。
美羽の体が傾き、やがて押し倒された。
「だ、だめ……。んッ!?」
か細く漏れた声は、すぐにかき消された。
──美優の口付けによって。
「ん……ちゅ、ん……」
唾液の交わる官能的な音と共に、美優は強引に美羽にキスを続けた。
横たわった二人の体は、ぴたりと重なっている。
覆いかぶさっている美優の下で、時折美羽は手足をバタつかせる。
だが、まるで力が入っていない。
体から力が抜けて、思うように抵抗できないのだ。
「お姉ちゃん、お姉ちゃん……」
「嫌、美優……嫌ぁ……」
美優はキスを止めない。
小刻みに揺れる二人の体。
美羽のスカートは半ばはだけて、細い脚があらわに投げ出されている。
「だめ……美優、だめぇッ……」
美羽の顔が羞恥で赤く染まる。
その姿を見た美優は、意地悪げに薄く笑った。
「お姉ちゃん、かわいい」
美優の舌が、美羽の唇を舐め上げる。
そのまま舌は口内へと挿し進んでいく。
「んんッ……ぁ……嫌ぁ……」
拒んでも蛇のように美優の舌は絡み付いてくる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。