プロローグ~遠い幻想


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ Ver1.0 07/07/08


 ここはどこだ?
 見たことも無い風景、視界には湖と木々、そして空には黒いカーテンと月。
 ここはどこなんだろう。
 ……いや、知っている? 俺はこの場所を知っているのか?

 …いや違う。 知っているのは俺じゃない。
 今ここに立っているこいつだ。
 …こいつ? 今見ているのは俺の視点だ。
 ならなぜ”こいつ”なんて言う必要があるんだろう?
 何も知らないはずなのに、その知らないはずの何かが次々に浮かんでくる。

【”こいつ”】「ちっ、ここもハズレか。」

 即座に視線が移る。

【”こいつ”】「残るはあの場所のみ…おあつらえ向きってワケか」

 見上げた先には、小高い丘の上に建つ古めかしい聖堂。

【”こいつ”】「急ごう、もう時間も無い筈だ」

 聖堂を目指して走り出す。
 急な疾走感に、体が震える。
 速い。 いつも自分が走っているのなんて、比べ物にならないほど速い。
 風を斬り
 風を倣い
 風を誘い
 風を攫い
 風を纏い
 走る。
 さっきまで出ていた月は、雲に隠れてしまっている。
 しかし頂上までは一本道らしく、迷うことなくひたすらに走る。

 俺は誰かを探している。
 何かをその人物に問い質したかった。
 今は、それが何なのかハッキリとは覚えていない。
 だが、その人物に会えればきっと思い出せるという、根拠の無い確信はある。
 …それほどまでに大切な問いなのだろうか?
 こんな夜中に”こいつ”を走らせている何かは。

 元々目視できた距離だったので、早くも聖堂の全容を目前に捉える。
 まるでゲームか何かに出てくる神殿のような様相だ。
 決して大きくは無い。 しかし、その荘厳な雰囲気には圧倒されそうになる。
 だが、”こいつ”はそれさえ感じていないように、真っ直ぐに前だけを見据えて進む。
 距離にして、およそ200メートル。 すでに、到達したも同然だ。

 いや待て、誰かが聖堂の門の前に佇んでいる。

【”こいつ”】「やはりここだったか。」

 この人がそうなのだろうか…違う、この人じゃない。 頭の中の情報が告げる。

【???/レン】「誰だ、お前は。」

 声は女性のものだ。 だとしたら、この人は…

【”こいつ”】「レン・ロバインか。 頼む、あの方に会わせ貰いたい。」

 しゅんっ!

 先の尖った何かが額に突きつけられる。
 生暖かい液体が額を伝って鼻先へ至り、地面へと吸い込まれて行く。
 鼻につく鉄の臭い、それは俺の…いや、”こいつ”の血だ。

【レン】「ならん。 姫様はこれより転移法を行使される。 王族の者でも無い者に、これより先へ進む資格は無い。」

【レン】「それにこちらも時間が無いものでな。 早々に来た道を引き返せ。」

【レン】「さもなくば…」

 今度は、首に何かを突きつけられる。
 そして雲に隠されていた月が姿を現し、暗幕の中にあった聖堂を照らし出す。

 目の前にあったのは、淡い月光を鋭く反射する剣。
 そして、真っ直ぐに”こいつ”を見つめる漆黒の瞳。

【”こいつ”】「問答無用、ってワケか。」

 気付けば、手には二振りの剣を握っている。
 一足飛びに距離を取り、両手の剣を構え、レンと呼ばれた女を睨む。
 対してレンは、首に剣を突きつけていた時のままの姿勢で、門への道を遮る様に立ち塞がっている。

【”こいつ”】「やれやれだ…!」

 一陣の風と共に、一気に突撃をかける。

 姿勢を低く屈めて懐へ這入り込み、両手を同時に振り上げる。
 だが、レンは飛び退きながらワンテンポ遅れで逆袈裟に切り払い、それを受け流す。
 更に飛んだ勢いで背にしていた扉を蹴り、一瞬宙に浮いた状態で体を捻る。
 無理矢理剣の軌道を縦から横に変化させ、全体重を乗せて、薙ぐ。
 咄嗟にもう一度身を屈めて溜めを作り、剣が頭上を通るタイミングで右手の剣を突き上げる。

【レン】「くっ!」

 剣を振り上げる格好になってしまい、レンに大きな隙ができる。

【”こいつ”】「見えた!」

 空いた左手の剣を、レンの胸元めがけて振るう。

【”こいつ”】「勝っ…!」

【レン】「詰めが甘いな」

 気付いた時には、頭上には銀色の塊が肉薄していた。

【レン】「はぁぁぁぁっ!」

 なんとか右手の剣でガードするが、絶対的な質量の差に押しつぶされる。

【”こいつ”】「くぁっ…」

 あまりの衝撃に腕が痺れ、唯一の頼りだった二振りの剣もどこかに消えてしまう。

 正に、勝負は一瞬だった。

【”こいつ”】「流石は守護の一族…といったところか」

 恨み言が口をつく。

【レン】「諦めろ、今の貴方では私という一線を越えることは叶わない。」

 そんなこと、痛いほどよく分かった。 それでも、俺は彼女に会わなくちゃならないんだ。

【レン】「どうやらこちらは時間ようだしな。 私は姫様と共に行かなくてはならん。」

 いつの間にか聖堂から光が漏れている。 もう…準備は終わったということか。

【”こいつ”】「待て、待ってくれ! せめてほんの数秒でいい、彼女に聞かせてくれ!」

 答えることなく、レンは近付いてくる。

【レン】「しばらく眠れ。 ここから先は、貴方の這入り込む領域ではない。」

 首筋に鈍い痛みが走り、視界に黒い幕がかかる。
 俺の意識は、昏い闇の中へと堕ちて往った―――
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。