※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

blenderはオープンソースソフトウェアでwindowsはもちろん、Mac OSX,Linuxなどで動くように設計されています。統合開発環境なのでモデリングからアニメーション、ゲーム、物理演算、など1つのソフトでほとんどのことが出来ます。

安定版を使ってみたい方は Get Blender からダウンロード出来ます。zipとインストーラ版がありますが、分からない方はインストーラ版でいいと思います。Q&Aにもう少し詳しく書いてます。
不安定でも最新のバージョンを使ってみたい方は Get2.56beta からダウンロード出来ます。
現状2.49と2.5では別物と言っていいほどUIから変わっているので、初めて使われる方は慣れのためにも、2.5から入っても大丈夫だと思います。βになってから落ちることはあまりなくなっています。ただし以前のツールが全て実装されているわけではありません。

実験中のツールを使ってみたい方は GraphicAll.org からダウンロード出来ます。
latest Blender buildとOptimized buildsの2つがありますが、普通は前者からで大丈夫です。後者はその名の通り特定の環境のために最適化してあります。詳しくは IT用語辞典 をどうぞ。

blenderの

長所

  • オープンソースなので無料で使える。
  • 開発の速度が早い
  • 複数の環境で使える
  • 欲しい機能があれば自分で作ることもできる
  • 動作が軽く、低スペックでもそれなりに動く

短所

  • 海外ソフトなので日本語の情報が少ない
  • フリーソフトなので手厚いサポートはない
  • バージョンアップが早いので書籍やネット上での情報が古くなりがち

色々と短所はありますが、blender.jpや2chのスレなどで聞くとだいたいのことはわかると思います。ただし、教えてもらうのですから、できるだけ分かりやすく書くのが相手も答えやすいです。将来性や価格、性能を考えると凄いソフトだと思います。