リテラル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リテラルの種類

リテラルの種類 記述例
整数リテラル 3, 10, -1, ...
実数リテラル 1.25, 0.2, -1.01, ...
文字リテラル 'A', 'x', '3', ...
文字列リテラル "ABC", "a", "123", ...

リテラルと書式指定子

リテラルの種類 書式指定子 printf記述例
整数リテラル %d printf("int: %d\n", 5);
実数リテラル %f printf("float: %f\n", 1.25);
文字リテラル %c printf("char: %c\n", 'X');
文字列リテラル %s printf("str: %s\n", "hoge");

リテラルの表示

書き方
/* リテラルの表示 */
printf("int: %d\n", 5); /* printfで整数リテラル5を表示 */
printf("float: %f\n", 1.25); /* printfで実数リテラル1.25を表示 */
printf("char: %c\n", 'X'); /* printfで文字リテラル'X'を表示 */
printf("str: %s\n", "hoge"); /* printfで文字列リテラル"hoge"を表示 */
 
実行結果
$ gcc literal.c -o literal
$ ./literal
int: 5
float: 1.25
char: X
str: hoge

リテラルの表示方法

目的 表示方法 出力結果の例
4バイト超整数の表示 末尾にLまたはl 100000000000000L
正の整数であることを明確化 末尾にUまたはu 128U
16進数 先頭に0x 0xFF
指数表現 仮数部と指数部の間にe 2e3( = 2の3乗 = 8)

ソースコード