ラインの談話室


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サザンクロス監督のラインの談話(とプレイヤーとしての心の声)を徒然と気まぐれに掲載。

6月25日:S4-C0
斉藤和が7安打完封。2試合欠場から復帰の多村が2安打。
「良く投げきってくれた。8回のピンチの時は変えようかと思ったが、良く粘ってくれた。」
(先発陣の調子が非常に良い。この勢いで5割、Aクラス、2位奪取と駆け上がりたいところ)

6月25日:S0-GB1
小野が7回1失点も、打線援護無く。
「小野は責められないね。8回の1死満塁で1点も取れなかったのが全て。
こういうときこそ少ないチャンスを確実にものにしないといけないんだけどね」
(珍しく・・・珍しく、珍しく小野が好投したのにorz)

6月24日:S2-GB1
渡辺俊が3安打1失点の好投。
「先発陣がいい仕事をし始めてるね。打線にもう一頑張りして欲しいところではあるけどね」
(5割まで、あと1つ!)

6月23日:S9-B2
和田が9回無四球2失点で完投
「エースが仕事をしてくれた。パリーグ最強打線にセリーグのエースの力を見せつけたね」
(和田は最多勝&最優秀防御率、出来れば最多勝率の三冠まで行って欲しい)

6月22日:S4-B7
交流戦開幕戦は、パ首位のブルージェイズに打ち負けて黒星スタート
「打たれた横山も横山だが、オーティズのエラー絡み・・・内海にしても、3点もらった直後の失点は良くなかったね」
(借金3、5割が遠いorz)

6月18日:S2-OG4
3連敗で貯金0
「明日からまた1からやり直し」
(首位と6ゲーム差、ピンクス止まらないなぁ。気づけばチーム打率も4位転落。何かてこ入れが必要なのだろうけど・・・)

6月18日:S2-P5
エース和田でも連敗止まらず。ピンクス戦5連敗
「和田で駄目なら・・・仕方ないね。復調気味に見えた打線もまた元気が無くなって来たねぇ・・・」
(ピンクスに・・・勝てない。2カード終了時は4-2で勝ち越してたのにorz)

6月17日:S3-P4
9回に追いつかれ、10回勝ち越すも逆転サヨナラ負け
「(無言で談話拒否)」
(こういう日もあるよねorz ピンクスに4連敗。31試合目から歯車が狂いはじめたなぁ)

6月16日:S8-Y5
緊急先発の木塚、8回5失点の投球に
「先発陣の危機を救ってくれた。5回まで持てばとの思いだったけども、8回まで行けたのは嬉しい誤算。
打線も良く援護してくれたしね。これで明日からのピンクス戦に勢いを繋げて行きたいね。」
(木塚と大家を間違えて先発したwww とりあえず勝てて結果オーライ、木塚GJw 
明日からのピンクス連戦、前回3タテの借りを返す為にも2連勝したいところだけども・・・先発どうするか・・・)

6月15日:S13-Y12
両チーム合計37安打の乱打戦
「小野と齊藤悠は厳しいな。先発の一角として、もっと自覚を持ってもらわないと。
とりあえず、勝てて良かった。が、監督代行は明日先発予定の齊藤悠を何で2番手で投げさせたんだ?明日の先発は一体どうする気だ?」
(小野orz 齊藤悠登板orz この2人、せめて防御率5点台くらいにまでは立ち直ってくれないものか・・・)