Tone Class


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Tone Class

利根級
Type:CA
種別:CA
In Service:1938
配備:1938年
Displacement:15200brt
排水量:15200トン
Dimensions:649'7"x60'8"x21'3"
寸法:649フィート7インチ×60フィート8インチ×21フィート3インチ
Crew:850
乗員:850名
Speed:28kts
速度:28ノット
Armour:100
装甲:100
Weapons:
兵装:
8x8"/50 gun
8インチ50口径砲 8門
8x5"/40 AA gun
5インチ40口径対空砲 8門
4x13mm/76 AA gun
13ミリ76口径対空砲 4門
6x25mm/60 AA gun
25ミリ60口径対空砲 6門
12xtorpedo tubes
魚雷発射管 12基

The Tone class is very unusual amoungst heavy cruiser designs,in
利根級は砲塔に搭載された8門の8インチ砲すべてが船の前方に装備されている
that all eight their 8" gun are mounted in turrets at the front of
という点に置いて一般的な重巡洋艦の設計とはかなり変わっています。
the ship.Although this gives them a powerful salvo when attacking
これにより正面や側面から攻撃をする時には強力な一斉射撃をすることが
head-on or broadside,it does mean that they have no weaponry
出来ますが、これは背後をカバーする兵装がないことを
covering their rear,which can give an opponent the opportunity to
意味し、敵はこの盲点に位置して一方的に攻撃することが
sit in this blindspot and attack unchallenged.
できることになります。
Nevertheless,they are considered a good design,possessing good
それにもかかわらず、良い対空能力を得るために考え抜かれた設計で
anit-aircraft capability,and like all Japanese heavy cruisers they
あり、他の日本軍重巡洋艦と同様に大量の魚雷を
carry a sizeable amount of torpedoes.
搭載しています。

Ships in class:Tone,Nachi,Chikuma,Suzuya
同級艦:利根、那智、筑摩、鈴谷
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。