基地操作について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基地(空母・飛行場・造船所)の操作は、MAP画面では行えないため基地そのものが画面に表示されている時にしか行えません。

ユニット選択時に、基地が表示されているときに行えます。

  • 基地から航空機、艦艇を出撃させるときにはRBボタンを押し、飛行甲板パネル(空母・飛行場の場合)、ドックパネル(造船所)を表示させます。
  • □枠で表示されているのが、その基地から出撃できるユニット数です。□枠が3つある場合、最大3つまでユニットを出すことができます。(シナリオにより1~4)
  • □枠に「H」と表示されているのは、Hanger(格納庫)にユニットが待機中の意味で、その□枠のユニットは出撃していないことを意味しています。
  • □枠に矢印が表示されている場合は、「→」は出撃中、上向きは離陸中、下向きは着陸中、どくろマークは戦闘などによりユニットが全滅したことを意味します。
  • 出撃中は、現在の存在機数を数字で表します。
  • 割り当て済みは、その兵器の出撃数/保有数を意味します。

  • 出撃のしかた
  1. 十字キーでカーソルを□枠にあわせ、そこから下方向にカーソルを一段階移動させ、そのユニット枠から出撃させる兵器を選びます。(一部シナリオでは兵器が一種類しかないため選ぶことができない場合もあり)
  2. 一部シナリオをのぞき、空母・飛行場には、戦闘機・急降下爆撃機・雷撃機が配備されています。
  3. 出撃させたい飛行機を選択後、さらにもう一段階十字キーを下に動かすと、選択中の飛行機の武装を変更することができます。
  4. 武装の種類は、なし(機銃弾のみ装備)、爆弾、魚雷、爆雷(対SS用)です。戦闘機は武装なしの状態が一番空戦性能が発揮できます。
  5. 出撃させる兵器、兵器の武装を決めた後に□枠にカーソルを戻して決定ボタンを押すと、出撃をはじめます。最大出撃機数(パネル右上に表示)内であれば、1編隊あたりの機数も変更できます。(1~5機)
  6. 出撃決定後、キャンセルは基本的にできません。そのユニット枠で他の機種(武装)を出撃させたい時は、飛行機の場合は着陸指示を出して一度基地に戻す必要があります。(自分で操縦して墜落させると強制的に□枠は空きますが・・・)
  7. 艦船の場合は、ユニットが沈没するまで次のユニットを出撃させることはできません。
  8. 出撃後、指示しない限り飛行機は基地上空で待機し続け、艦船はドックをある程度離れたところで同様に停止して待機し続けます。

  • 帰還の仕方
  • 帰還できるのは飛行機だけです。爆弾・魚雷を投下し終えた飛行機は基地に戻らないと、再び武装を搭載することができません。
  • 艦艇は帰還させることができません。
  • 攻撃指示によって、爆弾・魚雷を投下し終えた飛行機は自動的に基地にもどり着陸しますが、投下後にユニット操作画面で何らかの操作をすると着陸しなくなるので注意してください。
  • プレイヤーの操作で着陸を指示させたい場合は、基地操作画面で□枠を下向き矢印にするか、ユニット操縦画面でXボタンを押し、命令コマンド>着陸を選択する必要があります。
  • また、プレイヤー自身が操縦して着陸を試みることもできます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。