※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『たった一つの探し物』

 いつどこで生まれたとか、どこから来たのかとか、細かい事は憶えてない。
 ただ、あの爺さんのことだけは、今でも時々思い出す。

 初めて会ったのは、いつだったか。
 トロそーなエルフの爺さんがいたので、ちょっとからかってやろうと思って懐に手出したら、あっという間にボコにされた。
 そのまま手足縛られて川に放りこまれたが、意識がなくなったくらいの所で助けてくれたらしい。気が付いたら二人で焚火に当たってた。
 何となく世間話になった。爺さんは旅をしてるっていうので、何となくついて行くことにした。
 気が付いたら爺さんの手下みたいな立場になってた。まー文句はない。食えるもん探してきたり、火焚いたり、その程度のことだ。爺さんは強いクセに、普段の動きはどうもトロいので、つい俺が動いちまう。エルフの爺さんとグラスランナーのガキじゃ、そんな役回りもしょうがねえ。
 結構、楽しんでた。長生きしてるだけあって、色々知ってる爺さんだった。教わったことはだいたい忘れたけどな。

 いつだったか、爺さんに旅の目的を聞いてみた。
「故郷を探している」
 ヘンなこと言うなーと思った。なんで探す必要があんだ?
「儂がまだ若い頃だったが、この世界が様変わりする出来事があってな……」
 ああ、大破壊とかいうやつな。そーいや、この爺さんいくつなんだろな。
 爺さんの言うには、つまり、色々ありすぎて故郷の場所がわかんなくなっちまったんだと。
 わかんねーならわかんねーでいーじゃねーか、と俺は思うけど、爺さん的にはそーじゃなかったらしい。
「生きているうちに、必ず、帰る」
 よくわかんねーが、そーゆー理由で爺さんは旅をしてたらしい。

 そんなデコボコ二人旅がどれくらい続いたか。月日を数えるほうじゃねーからわかんねー。
 けど、俺にしちゃ、わりと長いこと一緒にいたよーな気がする。とにかく爺さんはどこにでも行くから面白かったしな。
 僅かな記憶を辿って、ちょっとでも気になったらどんな場所にでも。アホみてーに険しい山の上だろーが、魔法なしじゃ潜れない海の底だろーが、おっかねー蛮族の支配域だろーが、何のその。危険なんて考えやしねえ。
 そーゆー爺さんが、結構好きだったけどな。

 旅の終わりは、唐突に訪れた。
 動くものも見つけられないような荒れ砂漠の中、建造物の破片を見て、爺さんが声を上げた。
 同じような残骸がいっぱいあった。追っていったら、でかい遺跡に辿り着いた。
 風に吹かれ砂に埋もれ月日に埋もれ、変わり果てた姿の、爺さんの故郷。
 かつては美しかったのだろう建造物も、人が行き交っていたはずの通りも、今は見る影もなく。子供のころの爺さんが遊んだであろう湖は干上がって、水の一滴も残っていない。
 俺には、それはもう、発掘する価値すらない、廃墟にしか見えなかった。
 でも、爺さんには、違ったらしい。
 小さくなった建物の欠片や、元の姿が想像もつかない日用品らしきものや……そんなものをかき集めて、爺さんは街を組み立て始めた。
 って言っても、無理がある。砂遊びみてーなもんだ。
 爺さんの真剣な顔が、なんだかすげー怖かった。爺さんが怖かったんじゃない。爺さんをそこまでさせるものが、怖かった。
「……なー、いつまで続けんだ?」
 …………。
「ここ、さあ。もう……」
 …………。
「なー、爺さん」
 …………。
 爺さんは黙って、終わらない砂遊びを続けている。

 手持ちの保存食と水でしばらくは凌いだが、ここじゃ新しく調達するのは無理がある。昼は死ぬほどあっついし、夜は死ぬほど冷えるのに、隠れる場所もなく燃やすものもなく、穴を掘って毛布ひっかぶってるくらいしかない。
 このままじゃどうにもならない。帰りの食料ももう危ない。
「なーなー、爺さん」
「……セッテ」
 爺さんは、こちらを向きもせずに、言った。
「一人で、行っていいぞ」
 言うと思った。こっちが期待もしてなかったと言えば嘘になる。でも、それって、ひどいじゃん?
「俺さー……。全然、わかんねーんだけど」
 足元に転がってた何かの破片を、爺さんのほうに放って、言った。
「ここじゃなくてもさ、いーと思うんだよな……」
「…………」
「なんで、ここじゃなきゃいけねーんだ? もう、だって……何もねーだろ。思い出の中にしかないなら、ここにいなくたっていいだろ」
 なーんて、自分でも説得力のかけらもねーと思った。だって、仕方ない。
 いつどこで生まれたとか、どこから来たのかとか、細かい事は憶えてない。気が付いたら今と同じ、旅の空の下だった。
 俺には、故郷なんてない。なら、爺さんに何が言える?
「セッテ」
 やっぱり、振り向かないまま、爺さんは言った。
「……すまんな」
 謝るなよ、バカ。どうしていいかわかんねーだろ。
「爺さん、俺……」
 どうしても言葉がまとまらなかった。口から先に生まれたようなこのセッテ様が、喉が詰まって声すら出せなかった。

 その日、俺は一人で、廃墟を離れた。

 それからは、一人で旅を続けている。
 路銀が欲しかったので、冒険者始めてみた。面白い奴らがいっぱいいて面白い。一緒に冒険したり離れたりしながら、顔なじみも何人かできた。
 ちょっと思う。あの時、他の連中なら、爺さんをどうしたんだろう?
 俺はああするしかなかったし、今だってああするだろうけど。
 別に後悔じゃない。ただ、あの爺さんのことだけは、今でも時々思い出す。