※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「兄さん! ……兄さんっ!」
「……ただいま、エレ」

「私、とてもとても考えたの。兄さんに、兄さんに今、何をあげたらいいのかって。でも、でも……」
「いいよ、その気持ちが嬉しい」
「違うの。それじゃ、駄目」
「え?」
「私が想って、兄さんが想う、それじゃ駄目なの。それだけじゃ、前に進めない」
「エレ……君は」
「だから、兄さん。
私、思ったの。私が今、兄さんにあげられるもの」

「兄さん。全部、兄さんに任せます」

「兄さんが選ぶことを、私も選ぶ。兄さんが守りたいもの、私も守りたい。
兄さんが……、すくいきれないと思うなら、それでも、いい」
「エレ……」
「私、もう、我が侭は言いません。全部、全部、兄さんにあげる。
だから、大丈夫」
「……エレ。
やっぱり君は、僕の自慢の……」
「…………」
「……違うね。そういうことじゃ、ない。
……確かに受け取ったよ、エレ。
ごめんよ、もう少し……待っていて」
「……はい」



―――――

「……だからね、エレ。人を使うっていうのがどういう事かは、考えなさい」
「はい、兄さん……」(ぐすぐす)
「まあ、似てるからって連れてきた伯父様も伯父様だけど……」
「私もびっくりしたの。それで、つい……」
「うん、執事として雇ったんだよね?」
「伯父様は、そう。でも、あの子、私の言う事、何でも聞いてくれるっていうから……」
「それに甘えたら駄目だよ」
「……はい」
(なでなで)「……うん、僕も悪かった。不安にさせてたと思う」
「そう……兄さん、私の事、忘れてしまうんじゃないかって」
「忘れるわけないじゃないか。エレは僕の、大事な……」
「…………」
「……大事な、たった一人の、妹なんだから」
「……はい」
「だから、とりあえず、あの子は普通にお屋敷に置いて、執事として扱ってあげて」
「はい、兄さん。……でも、時々お手紙を届けてもらうわ。それはいい?」
「い、いいけど……思いがけない所であの顔見ると、かなりドキっとするんだよ」
「…………」(くす)