※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

口調・口癖

一人称:私、二人称:君・あなた・呼び捨て、三人称:彼・彼女
「~だな」「~だろうか」「…………」が多い



リータ・アンセン(Lieta Ancien)

死亡当時18歳、エルマの義理の姉。人間女性、1月13日生まれ。
生まれつき病弱で、長くは生きられないと宣告されていた。両親は八方手を尽くして、リータを生き長らえさせる方法を探したが、その甲斐もなく、エルマが17の時、リータは病没。
彼女自身、自分の運命を悟ってしまっていて、随分荒れたり、自棄になったりもしていた。
そんなリータの側に、いつもいたのが、義理の弟、拾い子のエルマ。
普通の人間よりも寿命の長いハーフエルフのエルマに、リータは時として理不尽に当たり散らしながら、少しずつ、依存するようになっていった。
エルマはいつも、リータの言う事を、ただ素直に何でも聞いていただけ。リータを支えるほどの強さも、リータを拒むほどの強さも、持っていなかった。
リータとエルマの関係は、結局のところ、どういうものだったのか。若くして死んでいったリータは、多少なりとも幸福だったのか。
エルマは今も、リータの心を探している。