※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フェイダン地方出身、住んでいたのはリオス
生まれた集落は滅びて今は蛮族の領域内、当時の記憶はあまりない
人間の街の孤児院で育てられた
結婚後、街の剣術教室(シーン神殿管理・主婦向け)の講師を務めていた
夫が亡くなってから一年ほど後に冒険者に

息子1:人間、出来のいい孝行息子、既婚子持ち
娘1:人間、不安定、一度結婚に失敗したが再婚した、子持ち
息子2:人間、ちょっと出来が悪い、未婚
娘2:エルフ、大人しい、子供が生まれました
孫×5

ゆかいなヴィーアさん一家

夫:早起き、背は低め、娘愛、親戚がいる(長男?)、ヴィーアとのゲームではわざと負ける、怒ると怖い、まめに妻に花を贈っていた、ヴィーアとは幼馴染
長男:いい子、早起き、剣術を習っていた、剣を持つと人が変わる
長女:気が強い、早起き、お菓子作りが好き
次男:寝坊ぐせ、背が高い、立場が弱い、力も弱い、マイペース
次女:寝坊ぐせ、お菓子作りが好き、結婚したのは父の死後

長女さんの離婚騒動

(15年くらい前の話)
父親(ヴィーアの夫)の反対を押し切って結婚した長女が孫を連れて帰ってきました
「お父さんお母さんお兄ちゃん、ごめん、助けて」
酒びたりで暴力をふるう夫から逃げてきた
家への襲撃を恐れてシーン神殿に相談→神官長「任せなさい!」
長女と孫はシーン神殿のお世話に、家の方は両親(ヴィーアと夫)が厳戒態勢
長男「お前バカだなー」長女「何よ私だって色々」取っ組み合いのケンカ→長男「こんな風に旦那殴ってやればよかったのに(ぽんぽん)」長女「うわーんお兄ちゃーん」
しばらくして長女の元夫も諦めたようだ
シーン神殿のお世話になっているうちにティダン神官の優しい男性といい感じに→再婚
数年経ってから、長女の元夫が孫に接近→現夫「うちの子に近づくな!」撃退
だいたい丸くおさまりました