※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

♪五年くらい前のおはなし
「やぁ。飲まない?」
「……見てわからない?」
「本なんて何時でも読める……って事もないか。昨日から頁が進んでいない」
「あなたが何かと邪魔しに来るからでしょう!」
「飲み物を差し入れてあげているだけじゃないか」
「集中が乱れるのよ!」
「本当に邪魔なら、来るの止めるけど?」
「…………」
「まぁ、とりあえず。いいワインだよ?」
「……よく飲むわね、あなた」
「人並みだと思うけど? あ、きみの分は割った方が良いのだった?」
「……えぇ。私はあなたと違って、酒に酔っている暇などないの」
「また頭痛で寝込んでも困るしね?」
「あの時は慣れていなかっただけよ!」
「それなら、そのまま飲んでみる?」
「……いただくわ」
「……よし。それじゃ、乾杯」
「……乾杯」
「僕たちの未来に」
「……たち?」
「はは、酷いな。僕に未来があったら悪い?」
「悪いわ」
「それはどうも」




 リヴァはすやすやと寝入っている。朝までぐっすり寝てくれるようになってきたから、楽になった。流石に一人にはできないので、ベッドの傍らで本を読んでいる。
 変わった事もないまま、今日も一日は過ぎていく。
 ……あぁ、期待していたんだろうか。
 落胆している自分が面白い。いや、落胆とは違うかな。ただ単に、会いたいだけだ。
 僕がそう思っているという事は、彼女もそう思っているのだろう。それだけで充分だと、常々は思っているのだけれど。
「……会いたい」
 口に出して言ってみる。まるで恋に悩む少年のようだ。20歳にもなって。
 声を殺して笑っていたら、リヴァが煩がるような声を上げた。
 そのまま小さく寝返りを打つ。単なる寝言だったのだろう。
 穏やかで幸せそうな寝顔。彼女によく似ている。
 今ごろ、彼女も、こんな顔で眠っている? それとも、僕と同じ思いに駆られて懊悩している? 確信を持って言うが、後者だろう。
 ――やぁ、ファーレンディア。僕の事を考えてくれてる?
 ――馬鹿馬鹿しい。貴方の誕生日なんて憶えてもいないわ。
 ――また、君に追いついたよ。
 ――貴方と私では、過ごしてきた時間の意味が違うわ。
 ――まぁね。でも、僕なりに色々あったよ、この一年も。
 ――私の知った事ではないわ。
 ――プレゼントくらい、くれたっていいと思うな。
 ――贈り物なら、もう、あげたでしょう? 一生分。
 ――それ以上のものを貰ったよ。でも。
 僕は、強欲なんだ。君と同じ位にね。
 イメージの中で、彼女は、憮然とした顔をして……
 それは、直ぐに微笑みに変わった。
 僕たちは笑い合う。鏡のように、そっくりな仕草で。