※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「もう、どれくらい経つだろう」
「そんなの、もう、誰も数えてないよ」
「あのひとは、どうしたんだろう」
「あのひと、来ないかな」
「誰か、来ないかな」
「誰か……」


GM   :ここはリーゼン地方、ミラボア王国。魔術師と兎の集まる国。
      みなさんはこの国の、ティルスティアルという一都市にいます。(オリジナル都市です)
      突然ですが、冒険者の宿を訪ねてきた依頼人の話を、個室で聞いている最中です。
      依頼人は若い人間の学者。リードと名乗りました。
      リード「依頼って言うのは、ね。師匠の残した研究施設を、調査してほしいんだ」
      (RPどうぞ!)>ちりり
ダスト  :「調査?調査だけで依頼になるっていうの? 随分厄介そうな研究施設ね」
GM   :リード「ああ、正確には、研究資料を持ち帰ってくれればそれでいいよ。全体を探索する必要はないから」>ダスト
ロジャー :「研究施設の調査ですか…。師匠と言うのはどのような?」
オーベルン:「研究って何の研究?おもしろい?」
ハイド  :「師匠ねぇ…わざわざ俺らに頼むってーことは、物騒なもんでもあるのかい?」
GM   :リード「んー、師匠はコンジャラーだったんだけど。ちょっと違法に踏み込んじゃった人でね」
ユーリ  :「あー、番人置いてるんですかぁ」
GM   :リード「うん、その可能性が高いかな。番人、兼、実験体とかいるんじゃないかと」>ユーリ
ロジャー :「コンジャラーですか…。違法となると…(何やら想像中)」
ハイド  :「まぁ、操霊術自体偏見持たれる要素は多分にあるもんなぁ………なんか暗いし(←偏見」
オーベルン:「お人形さん作って面白おかしくいじりすぎちゃったとかかなー」
ロジャー :「暗くて、すいませんね。まあすべて否定はしませんが」>ハイド
ハイド  :「世間様にゃ真語魔法も大差ねーけどな。ま、恩恵貰ってる連中はありがたく思ってるって」
      まぁ怒るなとけらけら(笑)>ロジャー
ダスト  :「人よりけりでしょ、私の知ってるコンジャラーは暗いというか…うーん」(笑)
ユーリ  :「コンジャラーの人も其々だと思いますよぉ」
ロジャー :「(…ただ、私もあまり人のこと言えない気がします)」
ダスト  :「ところで、欲しい資料ってどういうの?専門家じゃないとわかんないっていうのは困るけど」>リード@GM
ロジャー :「まあ、コンジャラーの資料なら多少は私が…わかりますかね?」
オーベルン:「んー、オーちゃん難しいお話嫌い。とにかくそのしりょうを持って帰ればいいんだよね、見ればわかるの?」
GM   :リード「多分、研究室かどこかに、研究成果なんかをまとめたレポートがあると思う。筆まめな人だったから」
ロジャー :「なるほど、それを持って帰ればいいわけですね。ただ、番人か何かがいる可能性がある、と。」
ハイド  :「ふーん。研究施設の見取り図とかはあるかいー?」>リード@GM
GM   :リード「うぅん。やばめの研究をやってた所だから、詳しくは師匠しか知らないんだ」>ハイド
ハイド  :「…中々おもしろい師匠を持ってるんだな。まーいいや、出すものがでれば」
ダスト  :「ふむ…じゃあ、肝心のコレは?」(指で輪っかをつくる) (笑
ハイド  :「おぅ、ねーちゃん気が合うな」(笑)
ダスト  :「月神様は言いました、正当な対価は正当な人間関係の賜物だと」>ハイド(笑)
ハイド  :「人間関係…あー、うん、大事よね。信頼関係とか」棒読み(笑)>ダスト
GM   :リード「あぁ、報酬だね。とりあえず、一人3000かな。ただ、ちょっと条件をつけさせて欲しい」>ちりり
ロジャー :「条件。何でしょう?」
GM   :リード「施設で見つけたものは、戦利品なんかも含めて、全部こちらに渡してほしいんだ。そのぶん、ボーナスはつけるから。
          あ、剣の欠片だけは好きにしていいよ」>ちりり
ユーリ  :「戦利品も研究してきたものの一つになりそうなんですかねぇ」
ハイド  :「戦利品もか。むぅ、楽しみが…」(笑)
ロジャー :「なるほど…。まあ、私はその条件で構わないと思います。皆さんはどうでしょう?」>ちりり
オーベルン:「おもしろいものみつけたらおまけしてもらえるって事でしょ?
       何もなしで全部よこせとか言われないだけましだと思うなー」
ダスト  :「やってもいいわよ?」
ユーリ  :「僕もOKです」
ハイド  :「ま、やばそうなら上に回せば良さそうだし。おっけーだぜー」
GM   :リード「やってくれる? 有難う。施設までの道は、こんな感じで」と、場所を教えてくれます
オーベルン:「何が出るのかなー、ちょっと楽しみ?」
ハイド  :「ま、任せておいてよ。経費が出るならもっと張り切るけど(にこにこ)」
GM   :リード「あぁ、行き帰りの経費くらいは出すよ。せいぜい、片道一日だけど」
ハイド  :「まー、貰えるもんは貰っておくのが長生きするコツなんだよ。サンキュー」
GM   :リード「じゃ、他に何かなければ、僕は帰るよ。仕事が終わったら、店を通して連絡入れてくれればいいから」>ちりり
ロジャー :「わかりました」
ハイド  :「はいはい、ごくろーさん。寝て待ってなー」
オーベルン:「はーい」
ユーリ  :「待っててくださいねぇ」
GM   :リード「ごめんね、今ちょっと、子供の世話で忙しくて。じゃ、頼んだよー」と、リードは帰っていきます
ダスト  :「あんた子持ちだったのね…」>リード
ハイド  :「………世帯持ちはこれだから」溜息(笑)
ダスト  :買い物とか出来ます?>GM
GM   :はい、今のうちに買い物どうぞー>ちりり
ハイド  :俊足の指輪*1、5点魔晶石5つ買ってきますわー>GM
ダスト  :魔晶石5点を二個買い足します(1000G)>GM
GM   :はーい
ロジャー :買い物はなし、予備の叡智の腕輪を左手に装備しておきます
オーベルン:同じく5点魔晶石2つ購入~
ダスト  :「月神様は言いました、貯蓄して死ぬより無駄遣いして生きよと」(笑)
ユーリ  :買い物はなしです
ハイド  :報酬分さっくり使っちゃった。まぁいいや(笑)
GM   :ちょうど3000か(笑)
ユーリ  :「貯蓄しないと欲しいものが買えないときありますよぉ」(笑
オーベルン:「お散歩先の露店とかでいいものあるとほしくなっちゃうよねー」(笑
ロジャー :「それほんとにシーン神のお言葉ですか?(笑)」>ダスト
ダスト  :「決まってるじゃない」といいつつ、ダストの師匠は元冒険者で、かなりはっちゃけた人なんで(笑)
       教義はタブン歪んでいます(爆)
ハイド  :「ま、魔晶石は魔法使いのたしなみさぁー(じゃらじゃら)おっし、準備はおっけーか?」
ダスト  :「未来のマジックアイテムより今の魔晶石よ、前思い知ったわホント…」
オーベルン:「わー、キラキラがじゃらじゃらだー。あんちゃんごうかいだねー」(笑
ハイド  :「本番はもっと豪快だぜ?まぁあんま見せたくはねーが」(笑)
ロジャー :「ハイドさんの魔術は豪快なんですか。楽しみにしてましょう(笑)」
ダスト  :「照明よし非常食よし、大丈夫かな?」
ロジャー :「私はOKです」
オーベルン:「うん、オーちゃんも妖精さんも準備オッケーだよー」
ユーリ  :「僕も準備OKですよぉ」
ハイド  :んじゃ、施設に向けて出発ーぅ>GM
GM   :はーい

GM   :ティルスティアル郊外の森の奥。一見、ただの岸壁に見えるところに、隠された扉がありました
ハイド  :「ふぅん、流石におおっぴらにゃーみえねーわな。んじゃま、ボチボチ仕事すっかーぁ」
オーベルン:「えいえいおー」
ロジャー :「秘密の研究所って感じですか…」
ハイド  :では扉に触れる前に中方面への聞き耳を。レンジャーOK?>GM
ユーリ  :「さて、何が出迎えてくれますかねぇ」
GM   :はい、聞き耳は制限なしー
ハイド  :はーい
ダスト  :2d6+5 れんじゃー
[az_dice] Dust_G -> 2D6+5 = [1,5]+5 = 11
ハイド  :2d6+9 おっしーごとー
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [6,1]+9 = 16
ハイド  :期待値(´-`)
オーベルン:2d6+5 れんじゃー
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+5 = [5,3]+5 = 13
GM   :特に変わった音は聞こえませんでした
ハイド  :「んー、気配はなしか。まぁゴーレムは普段動いてねーだろうし呼吸もしねーからなぁ」
ロジャー :「入ったら動き出すとか、大方そんなパターンですよね」
ダスト  :「何がいてもおかしくなさそうだけどさ、探知は苦手だわ…」
ユーリ  :「どっちみち仕事ですから中に入るしかないですけどねぇ」
オーベルン:「多分入ってみればわかるよー」(ぉ
ハイド  :「ま、各々自分の役割こなしてりゃーいいんだよ。殴られるのは任せたぜ」
ダスト  :「…また仁王立ち係かしら、私」
ハイド  :では続けて足跡追跡を入り口周辺に>GM
GM   :はい、足跡どうぞー>レンジャーorスカウト
ダスト  :2d6+5 レンジャー
[az_dice] Dust_G -> 2D6+5 = [4,4]+5 = 13
ハイド  :2d6+9 あっしーあとー
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [4,6]+9 = 19
ユーリ  :2d6+4+1 足跡
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+4+1 = [5,1]+4+1 = 11
ダスト  :レンジャー5は凄い、憧れる
GM   :足跡は見つからない
ハイド  :ちちち、スカウトだ(笑)<5
オーベルン:2d6+5 れんじゃー
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+5 = [5,2]+5 = 12
ハイド  :「ん、幸い足跡はないみてーだな。さてと」
オーベルン:「仁王立ちってかっこいいよね、名前」(笑
ハイド  :では入り口周辺の探索を>GM
GM   :はーい、探索どうぞー>レンジャーoスカウト
ハイド  :2d6+9 ここが本命
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [2,6]+9 = 17
ユーリ  :2d6+4+1 探索
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+4+1 = [1,3]+4+1 = 9
オーベルン:2d6+5 れんじゃー
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+5 = [4,6]+5 = 15
ダスト  :2d6+5 レンジャー
[az_dice] Dust_G -> 2D6+5 = [5,3]+5 = 13
GM   :入り口の扉には、鍵がかかっているようです。他には特になし
ハイド  :「流石に施錠はしてるわな。開けるがー…ユーリ、ぴこぴこしてみるか?」サーチといいたいらしい
ユーリ  :「そうですね、ちょっとぴこぴこしましょうかー」という訳でマナサーチして見ます。
GM   :はい、マナサーチどぞー
ユーリ  :マナサーチ MP20/23
ユーリ  :2d6
[az_dice] Yuri_G -> 2D6 = [5,5] = 10
GM   :ぴこーん
ハイド  :これは良いぴこぴこ
GM   :反応あり。扉の鍵ですが、どうやら魔法の鍵ですね
ハイド  :「どーよー?」
ユーリ  :「お、反応ありましたよ。どうやら扉に魔法が掛かってるようですね。魔法の鍵が掛かってるようですよぉ」
ハイド  :「2回も言うほど魔法の鍵か。しゃーねーなぁ」
ハイド  :開けていいよねー?
ロジャー :よろしくお願いします~
ダスト  :どうぞどうぞ
オーベルン:ごーごー
ハイド  :では、扉に「アンロック」を>GM
GM   :はい、アンロックどうぞー
ハイド  :MPはカエルから出して9/10
ハイド  :2d6+10 知ってるか?ソサの意地のためにアンロックキーは使わないんだぜ!(笑)
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [4,3]+10 = 17
ハイド  :人間泣かせ(´-`)
ダスト  :(笑)
GM   :はい、17なら開くー
ハイド  :「ほい楽勝。んじゃ前衛よろしくー」
ダスト  :ゴゴゴゴ・・・
GM   :中に明かりはないようです
ハイド  :「…電気くらい自動でつかないのか。不親切な」
ハイド  :「ん?電気?」(滅
ユーリ  :「明かりを用意しないとダメっぽいですねぇ」
ダスト  :「付くほうが怖いわよ」
ロジャー :「どうします? 私もライトはかけられますが」
ハイド  :「出来れば頼みたいなー。俺今疲れたし(´-`)」
ロジャー :ではライト、ユーリさんの武器あたりに?
ハイド  :定番ですね。よろしうー
GM   :ライトどうぞー
オーベルン:「じゃあ、その間にお友達よんでおこっと」 フェアリーウィッシュいきたいです、いらない気もするけど(笑>GM
GM   :ウィッシュもどぞどぞ
ロジャー :2d6 MPはファミリアの鳥から4/5
[az_dice] Roger_G -> 2D6 = [3,6] = 9
GM   :ぴかー
オーベルン:2d6 MP25/26
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6 = [3,1] = 4
ユーリ  :「おー、剣が光りましたよぉ」
ハイド  :「いやー、そういや最近ライト使ってねーな。良きかな良きかな」(笑)
ダスト  :扉の中って木造ですか?>GM
GM   :木造ではないです。材質は石っぽい>ダスト
オーベルン:「フーテンくんかむひあ~」「なーご」 白い猫のよふなものが空中に(笑
ダスト  :じゃあ、松明もつけますね。ポチっとな
GM   :しゅぼっ
ダスト  :判定無しって寂しい…(笑)
ハイド  :では隊列は 前<Yu/Or<3m>Ro/Hi<3m>Du>後 でいきます。幅が狭い場合はこの順に一列で>GM
GM   :隊列了解ー、裏トピに貼っといてくださいな
GM   :幅は、二人は並べますね
ハイド  :りょうかいですー
ハイド  :「んじゃ、準備できたら覚悟決めて行くかね=ごきごき)」
ロジャー :「ええ、行きましょうか」
ダスト  :「ぼちぼちやりますか」
ユーリ  :「行きましょうぉ」
GM   :では、入って歩いていきますと
GM   :少し進んだところで、小さな部屋に出ました
GM   :対面の壁には、同じような扉が三つ並んでいます
GM   :そして、床には、大きく文字が書いてあります
GM   :「どの扉を選ぶも、あなたの自由。その先に何があろうとも」(交易共通語)
ハイド  :「とうちゃーく。なわけねーか。…なんじゃこら?」
ダスト  :「何だろ、普通こんなこと書かないわよね」
ロジャー :「謎かけ…?」
オーベルン:「えーと。ドアを開けて何があっても文句言うなよ?なんだろこれ」
ハイド  :「だな。誰かが来るの前提ってわけか。おもてなし準備は万端?」けらけら
ユーリ  :「どんなおもてなしか怖いですねぇ」
ロジャー :「『選ぶ』とあるからには、ひとつ選ぶと他は選べない。そんな感じがしますね」
ハイド  :「まぁ、ヒントでも探そうかね…」
ダスト  :「あー成る程」
ハイド  :というわけで、先ずは今いる部屋の探索を>GM
GM   :はい、探索どうぞー(スカウトのみ)
ハイド  :2d6+9 なんかないかー
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [5,6]+9 = 20
ハイド  :相変わらずだな(´-`)
GM   :うん、見事なまでに
GM   :何もなかった!
ハイド  :「はいウェルカムワインもなしー。次つぎ」
ハイド  :では3つの扉に順に聞き耳を。3回必要でしょか?>GM
GM   :いや、一回でいいですー
ハイド  :ではでは
GM   :レンジャーも聞き耳はOK
ハイド  :2d6+9 ヒントおくれー
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [6,1]+9 = 16
ダスト  :2d6+5 レンジャー
[az_dice] Dust_G -> 2D6+5 = [5,2]+5 = 12
ユーリ  :2d6+4+1 聞き耳ーレンジャー
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+4+1 = [6,3]+4+1 = 14
オーベルン:2d6+5 れんじゃー
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+5 = [4,1]+5 = 10
GM   :しーーーん。どの扉からも、物音は聞こえません
ハイド  :「…つまんねーな…こりゃ本格的に運試しってか?」
オーベルン:「扉には何も書いてないのかな?」
GM   :扉はどれも至ってシンプルです
ハイド  :探索しても無駄です?(笑)<扉>GM
GM   :うん、無駄(笑)
ロジャー :「選択の時ですかね…」
オーベルン:「せめておっきくマルかバツが書いてあれば元気よく飛び込むのになー」(待て
ハイド  :「ま、書いてあるように自己責任だろ。誰も文句はいえねーし、気楽にいこうや」
ハイド  :「それは先に問題がないとダメだろ…」(笑)
ハイド  :迷ったら最悪ダイスの神様にお伺い立てるけど(笑)
ダスト  :「間違ったら泥だらけ?魔術師っぽくは無いわね」
ダスト  :ここは愚直ダッシュで真ん中でしょう(笑
ハイド  :右手はファリス。左手はファラリス…
GM   :真ん中はラーリス
ダスト  :シーン様はどっちかなあ
ハイド  :神の啓示が!?
GM   :いや、冗談です(笑)
ロジャー :左がファリスじゃありませんでしたっけ?
ハイド  :「ま、これで開けたらみんな同じとこっていうオチが見えるぜ。さってどうする?」
ダスト  :1d3
[az_dice] Dust_G -> 1D3 = [3] = 3
オーベルン:ファラリスの右手法(笑
ダスト  :「シーン様は右っていってるわ」(爆
ロジャー :「では右でいいでしょう」
ハイド  :「おうけぇ、何かあったらシーンさまのせいで」
オーベルン:「なにがでるかな(わくわく」
ユーリ  :「決まったなら進みましょうかぁ」
ダスト  :「それは、試練を乗り越えられないほうが悪いのよ(苦笑)」
ハイド  :じゃ、隊列戻して前衛オープンよろしく(笑)
オーベルン:はーい、じゃあ開けちゃう?
ロジャー :うぃ、よろしう
ハイド  :ごーごー
ユーリ  :お願いします
ダスト  :くぱー
オーベルン:では、どあおーぷん>GM
ハイド  :それは扉じゃない(´-`)<くぱ
GM   :はい、扉には鍵もなく、開ければ普通に開きますが
GM   :扉が開くと同時に、他の二つの扉は、すうっと消えていきました
GM   : 
ハイド  :「…へぇ、イリュージョンには見えなかったが」
ロジャー :「どういう仕組みでしょうね?」
GM   :扉を開けた先は、丸天井の小さな部屋。両側の壁には、細かい穴が規則正しく並んでいます
GM   :部屋の中央に、奇妙な機械のようなもの
GM   :機械の横には、棚のようなものがあります
ダスト  :「…滅茶苦茶やな予感がするんだけど、気のせいよね、うん」
ハイド  :「へいストップ。怪しさの塊だなこりゃ…」
GM   :そして、床に大きく文字
GM   :「逃げることは叶わず、死ぬことも許されず。ただ夜の闇だけが、安らぎをもたらしてくれる」(魔動機文明語)
オーベルン:「変わったインテリアだねー」
ユーリ  :「なんの機械ですかねぇこれ」
ロジャー :「交易共通語から魔動機文明語に…? どういうつもりで変化したんでしょうか?」
ハイド  :「逃げることはまぁ分かるが。死ぬことできねーってのはナンだろうねぇ…」
ハイド  :魔動機文明語の読み、覚えてて良かった!(笑)
ダスト  :とりあえず機械と棚を調べるべき?
ハイド  :というわけで皆に翻訳しておこう。得意げに(笑)
ユーリ  :そう言えばユーリも読めるんだった(笑<魔動機文明語
ロジャー :機械と棚、調べますか?
ハイド  :調べるより他なさそうね。先ずは棚からかねぇ
ハイド  :その前に穴調べたほうがいいかな?
ロジャー :ああ、穴忘れてました。危険が飛び出すとしたらそっちですかね?
オーベルン:穴の数っていくつとかわかります?>GM
GM   :小さな穴が無数に。とても数えられる数ではないです>オーちゃん
オーベルン:1,2,3、たくさんとかだったらそれでいいんですが(笑
オーベルン:らじゃー
ハイド  :では、鏡越しに小さな穴の一つを調べて見ます>GM
ハイド  :(手鏡取り出して)
GM   :はーい、えーと、スカウト探索のペナルティ-2ってことにします>ハイド
ハイド  :はいなー
ハイド  :「ま、まずは怪しいところからってねー」
ハイド  :2d6+9-2 直接覗くのは素人だぜ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9-2 = [2,5]+9-2 = 14
GM   :はい、えーとね
ハイド  :そしてレーザーとか(笑)
GM   :穴は、指先も入らないほど小さな穴で
GM   :穴と言うよりは、壁全体に網を被せた感じかも
ハイド  :ほほぅ
GM   :先は真っ暗で、見えないです
ハイド  :光も届きそうにないですか?
GM   :うん、光を近づけても、真っ黒
ハイド  :りょうかーい
ハイド  :「…全く分からんな。奥も良く見えねーし…塞ぐにしちゃ数も多すぎて対処のしようもねーな」
オーベルン:「何のための穴なんだろうねー。あの真ん中の機械もだけど」
ロジャー :「ではやはり機械と棚のを調べますか?
ハイド  :「あそこに説明書でもありゃ助かるんだけどなー。調べてみるか」
ユーリ  :「現状だとさっぱりですからねぇ」
ハイド  :では、機械脇の棚を調べてみますー>GM
GM   :はーい、探索かな。どうぞー
ハイド  :2d6+9 こーいうの漁るのって楽しいよね
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [1,2]+9 = 12
オーベルン:あ、そのあいだハイドに付かず離れずなでぃふぇんす要員として待機(笑
GM   :危ない(笑)
ハイド  :うぉ、こりゃ酷い
GM   :えー、まあ見つかる
ハイド  :どーしよ…って助け舟が出た。良かった(笑)
GM   :棚には、正方形のハンカチ大の大きさの平たいケースが、三つ収納されていました
GM   :ケースにはそれぞれ、魔動機文明語で
GM   :「フーガ」「レクイエム」「セレナーデ」と書いてあります
ハイド  :「…また3つか。えーっとー…これってアレか、音楽関係?」翻訳ー
ダスト  :PC知識で意味わかります?フーガとか>GM
GM   :んー、わかったことにします>ダスト
GM   :フーガ=遁走曲、レクイエム=鎮魂歌、セレナーデ=小夜曲
ダスト  :「えっと…逃げる曲と鎮魂歌と…寝るときの曲?」(あいまい)
ハイド  :「ふぅん。おもしろい研究施設だな、まったく」
ロジャー :「部屋ののメッセージに対応してるようですね」
GM   :で、ケースを開けると、裏面が銀色の、真ん中に穴が開いた円盤が出てきたりして
オーベルン:CDプレイヤーか(笑
ハイド  :若干大きめだな(笑)
ハイド  :ちなみにこのお部屋、入ってきた場所以外の扉なり出口なりはありますか?>GM
GM   :ないようですねー>ハイド
ハイド  :ですよねー(笑)
ダスト  :deathよねー
ハイド  :じゃ、次は機械しらべようー
ロジャー :「とするとこの機械はこの円盤をどうにかするものでしょうか?」
GM   :はいはい、探索どぞー
ハイド  :2d6+9 ヘンなとこさわらないようにーっと
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [6,1]+9 = 16
GM   :はい、機械には、いくつかスイッチがついていまして
ハイド  :どうも今日は来た位置付近が多い(´-`)
GM   :「開」「再生」「停止」と、魔動機文明語で(笑)
ハイド  :どうやってPCに理解させようか(笑)
ユーリ  :本当にCDプレイヤーか(笑
ハイド  :「………だってさ。なにこれ、とりあえず開けていいか?」(笑)
ダスト  :「いいんじゃない?」
ハイド  :因みにセージチェック有効です?(笑)>GM
ユーリ  :「他に何かあるわけじゃないですし、良いじゃないでしょうかぁ」
ロジャー :「お任せします。多分大丈夫だと思いますが…」
オーベルン:「再生?…押すと何か出てくるのかな?」
GM   :んー、セージ+知力で判定OKにします。>ちりり
ハイド  :ありがたやー
ダスト  :再生だとリジェネレイトを思いついちゃうかも(笑)
オーベルン:みんながんばれ(笑
ダスト  :がんばれー
ハイド  :2d6+9 こいつはまさか…
ロジャー :2d6+6 ではセージ+知力
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [1,2]+9 = 12
[az_dice] Roger_G -> 2D6+6 = [1,1]+6 = 8
ハイド  :あっはっは(笑)
GM   :おめでとー(笑)
ハイド  :ロジャーずるいぞ(笑)
オーベルン:みんな音楽というか機械に弱かったのか…(笑
ロジャー :いただきます(笑)
ダスト  :ぎゃばー(笑
GM   :まあ、知識はないけど、推測はできるかな。記録媒体を再生する機械じゃないでしょうか(笑)>ハイド
ハイド  :ほーい(笑)
オーベルン:魔動機械ならマギテックでも代用…と思うけどわかるならいいか(笑
ハイド  :「まぁ、多分恐らくだが、物騒なもんではないはず」というわけで”開”ボタンぽちっとな>GM
GM   :うぃーん。機械の上部が開いて、ちょうど円盤が入りそうな仕組みが見えました
ハイド  :「うむ、ここにさっきのヤツいれるんだろ。やるしかないよなー?」
ロジャー :「そうみたいですね。他に何もありませんし」
ユーリ  :「入れましょう」
オーベルン:「で、どれをいれるの?」
ハイド  :「安らぐやつー」
ダスト  :「セレナーデを頼むわ」
オーベルン:「じゃあこのセレナーデってやつにしようよー、夜の字が入ってるんでしょ?」
ハイド  :「ほいほい。んじゃ入れるぜー」というわけで、セレナーデの円盤を入れて、蓋閉じて(笑)”再生”ボタンぴこっ>GM
GM   :はい。再生ボタンが押されると
GM   :機械が動き出したようです。
GM   :ほどなく、両側の壁から、静かな曲が響いてきました
ハイド  :あぁ、スピーカーか…ステレオ(笑)
GM   :そうそう(笑)
ダスト  :5.1chってレベルじゃないよ?
GM   :そして。正面の壁に、扉がふうっと現れました>ちりり
オーベルン:確かに穴に網がかぶさってるね(笑
ダスト  :「当たりかな?」
ハイド  :「むぅ…いつの時代の技術力なんだか。ま、進むしかねーわなー」
ロジャー :「みたいですね。一応扉も調べておきます?」
ハイド  :「おう、油断は家に帰ってからなー」
ユーリ  :「慎重に進むなら、調べた方が良さそうですねぇ」
ハイド  :というわけで扉に聞き耳を>GM
GM   :はい、聞き耳どうぞー。音楽がかかってるのでペナルティ-2で!
ハイド  :2d6+9-2 ぁふ…やべぇ、眠くなる
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9-2 = [6,6]+9-2 = 19
ハイド  :………
ハイド  :うそだっ
ロジャー :ぱっちりしてますね(笑)
オーベルン:安らぎ効果でた(笑
GM   :なんと(笑)
ハイド  :コイツに音楽が分かるわけがない(笑)
ユーリ  :なんと言う効果覿面(笑
GM   :「……いかな」「……よ」「……えない?」「……」
オーベルン:いい音楽は疎い人にも通じるという奴か(笑
GM   :何人かの話し声、のようなものが、かすかに聞こえました>ハイド
ロジャー :ちなみに何語でしょう?>GM
ダスト  :ありゃ?無人だと思ってたのに
ハイド  :ふむ。声の人物像とかは分かりません?年齢性別とか>GM
GM   :えーっと、交易共通語ですね
GM   :んー、何人かが同時に喋ってるような声で、よくわからない>ハイド
ハイド  :りょうかいですー
ロジャー :なるほど
ハイド  :「……ん?誰かいるのか。あんまり物騒な感じじゃねーが、何人かいそうだぜ?」
ダスト  :「どうしよう、踏み込む?」(ひそひそ)
オーベルン:「誰か先に入ったのかな?」(ひそひそ
ユーリ  :「進むしか無いとおもいますよぉ」(ひそひそ
ハイド  :「まぁ、少し待て。調べてる間に動きがあるかもしれん」
ロジャー :「あるいは声をかけるか」(ひそひそ
ハイド  :探索は地味に10分かかる(´-`)
ハイド  :というわけで、扉に探索してみます>GM
GM   :ほい、探索どうぞー
ハイド  :2d6+9 今日はウあることおおいな~
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [5,5]+9 = 19
ハイド  :音楽効くなぁ(笑)
GM   :変わったことはないようです。鍵もかかっていません
ハイド  :「んー、基本的にわならしい罠を仕掛ける気はないのかね。まぁ消えたり出てきたりする扉だしなぁ」
ハイド  :「じゃ、よろしく。オーベルン辺りで威圧しつつGOGO」後に下がって(をぃ
オーベルン:「はーい、じゃあ踏み込んじゃうぞー。ユーリ、いっしょにやろー」
ユーリ  :「はーい。じゃ開けましょうかぁ」
オーベルン:というわけで、扉バーン>GM
ダスト  :ゴゴゴゴ…
GM   :はーい
GM   :扉を開けると、そこは広い部屋
GM   :光源は不明ですが、妙に明るいです
GM   :背後には、出てきた扉を合わせて、三つの扉。奥の正面に、一つの扉。
GM   :扉の前に……妙なものが立っています
GM   :「……誰か来た」
ハイド  :「はろー、とらわれのお姫様…じゃーねーかな?」
ダスト  :「こんにちは、どなた様?」
GM   :それは、大きな人間のようですが
GM   :良く見ると、何人かの人間が、組み合わさってできています
GM   :?「……誰だろう」「あのひとじゃないね」
GM   :?「あのひとじゃなければ、侵入者だ」
オーベルン:「わー、組み体操?運動会?」
GM   :?「侵入者じゃなければ、倒すんだよね」「うん、倒すんだ」
ハイド  :いやーん、ベトちゃんドクちゃん状態?
GM   :?「ナイトメアは殺したらだめだよ、あのひとが使うから」「わかってる」
ロジャー :「なんか、歓迎の雰囲気ではなさそうです」
GM   :?「仲間が増えるかな」「楽しみだね」「楽しみだ」
ユーリ  :「なんか不穏当なかいわをしてるようですがぁ」
GM   :と、いうわけで……
ハイド  :ダストぴーんち!?
GM   :魔物知識判定どうぞ!>ちりり
ダスト  :「何か勝手言ってるけど、ふざけんじゃないわよ?」
ロジャー :2d6+6 魔物知識
[az_dice] Roger_G -> 2D6+6 = [4,6]+6 = 16
ハイド  :2d6+9 わーい、知ってるかなー
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [3,6]+9 = 18
ハイド  :よいよし
ユーリ  :2d6 ヒラメ
[az_dice] Yuri_G -> 2D6 = [1,6] = 7
ダスト  :2d6
[az_dice] Dust_G -> 2D6 = [6,5] = 11
ダスト  :無駄に高いー
オーベルン:2d6 ひらめ
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6 = [2,6] = 8

ナイトメア・フレッシュゴーレム ML8
※複数体のナイトメアを組み合わせて造られたゴーレム。
 合成前の能力を受け継いでいる。
種族:魔法生物 知能:人間並み 知覚:五感 言語:交易共通語、リーゼン語、魔動機文明語、魔法文明語 反応:命令を聞く
知名度/弱点値:13/13 先制値:15 移動速度:20 生命抵抗:11(18) 精神抵抗:11(18)
弱点:銀武器ダメージ+2、土属性ダメージ+2(魔戦士&拳士)、水・氷属性ダメージ+2(銃士)
部位数:3(魔戦士・銃士・拳士) コア部位:なし
魔戦士 攻撃方法:剣 命中:11(18) 打撃点:r28+12@10 回避力:11(18) 防護点:7 HP:80 MP:45
銃士 攻撃方法:銃 命中:12(19) 回避力:10(17) 防護点:3 HP:40 MP:32
拳士 攻撃方法:蹴り 命中:11(18) 打撃点:r15+10@10 回避力:12(19) 防護点:2 HP:60 MP:18
特殊能力:
○全身
「マナの効率的運用」
 一部位にかけられた魔法や錬技の効果を、任意に他の部位にも適用することができる。
「余剰マナの有効活用」
 補助動作でMPを任意の数値、他の部位に移すことができる。
「指揮系統のバックアップ」
 いずれかの部位のHPが0になっても、他の部位が残っていれば、壊れた部位を行動させることができる。
 この場合、壊れた部位の全ての行使判定にペナルティ-2がつく。
●魔戦士
「操霊魔法8Lv/魔力11(18)」
「魔力撃」※回避・抵抗ペナルティがかかるのはこの部位のみ
「マルチアクション」
●銃士
「魔動機術5Lv/魔力8(15)」※銃の射程30m、装填数6
「精密射撃」
●拳士
「追加攻撃」
「錬技」キャッツアイ、リカバリィ、ビートルスキンを使用する

GM   :うむ
GM   :距離は前衛から20m
GM   :NF「戦うんだね」「久しぶりだ」「うまくやれるかな」
GM   :NF「うまくやるんだ」「あのひとの命令だもんね」「うん」
GM   :と、いうわけで……
GM   :~戦闘開始~
GM   :先制判定どうぞ!>ちりり
ユーリ  :2d6 ひらめ
ダスト  :2d6 「とりあえず、コレをつくった奴は一発殴りたい気分だわ…」
[az_dice] Yuri_G -> 2D6 = [2,3] = 5
[az_dice] Dust_G -> 2D6 = [2,6] = 8
ロジャー :2d6 先制は平目
[az_dice] Roger_G -> 2D6 = [3,3] = 6
オーベルン:2d6 せんせいひらめ
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6 = [5,2] = 7
ハイド  :2d6+9 6以上。色々使えば確定
[az_dice] Hide_G -> 2D6+9 = [2,3]+9 = 14
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:80/40/60
オーベルン:おしい
ハイド  :ぐ、指輪割りますよ(´-`)
GM   :ぱりーん
ダスト  :すんません。
GM   :そちら先制!
ハイド  :セレナーデを流してください(笑)
GM   :○一回表 冒険者
オーベルン:効果が切れたのね(笑
ダスト  :3m前進して、Fプロを行使しますよー
GM   :はい、どうぞ!
ダスト  :2d6 死ぬと面倒だから守れー
[az_dice] Dust_G -> 2D6 = [6,5] = 11
GM   :良い発動
ダスト  :「さて、今日はちゃんと持たせないと」mp33/34
ロジャー :まずはファミリアを戦闘区域から遠くに飛ばしておきます。いいですか?>GM
GM   :はい、OKですー>ロジャー
ロジャー :では自分の行動、
ロジャー :5人全員にカウンターマジックを
GM   :はい、個別でお願いしますー
ロジャー :2d6+2d6+2d6+2d6+2d6 アルファベット順
[az_dice] Roger_G -> 2D6+2D6+2D6+2D6+2D6 = [5,4]+[1,6]+[6,5]+[1,5]+[5,3] = 41
GM   :全発動
ロジャー :「マナよ、魔法から守れ」MP47/52
ハイド  :では、制限移動で3mバック。確実化3倍で敵中心に「ファイアーボール」ぶっぱします>GM
GM   :はい、どうぞ!
ハイド  :カエルから7点借りて自前で14点 MP32/46 カエル2/10 っと
ハイド  :「ま…悪く思うなよ?」
ハイド  :2d6+10 ひとつ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [1,3]+10 = 14
ハイド  :むぅ…
ハイド  :いや、大事なのはデバフ
ハイド  :2d6+10 ふたつ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [4,6]+10 = 20
ハイド  :よし!
ダスト  :おお
ハイド  :2d6+10 みっつ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [2,5]+10 = 17
オーベルン:いいね
ハイド  :二つ目で確定
GM   :2d6+11 魔
ロジャー :なかなか
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [5,2]+11 = 18
ハイド  :よーしよし
GM   :2d6+11 銃
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [6,4]+11 = 21
GM   :2d6+11 拳
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [3,5]+11 = 19
GM   :銃士のみ抵抗!
ハイド  :まぁよし、場所が悪いが(笑)
ユーリ  :おkおk
オーベルン:気合はいってるな、銃(笑
ハイド  :ダメージは一括でしょうか?
GM   :ダメージ一括でお願いしますー
ハイド  :はーい
ハイド  :r20+10+1@10 そら、開始の合図だ…ぜ!
[az_dice] Hide_G -> Rate20+10+1@10 = [1,6:5]+10+1 = 16
ハイド  :銃には8点ですな
ハイド  :茶ウ、9点だ
GM   :マナリング込みで9点、かな
ハイド  :ですです
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:64/31/44
ハイド  :「まずまず…かね。さて、頼むぜお二人さんー」
GM   :NF「熱い、っていうんだっけ」「うん、そういう感覚だ」「懐かしいね」
ハイド  :「…っち」
ユーリ  :「一気にはいけないので、ちょびちょびっと移動ですがねぇ」
オーベルン:「だねー」
ユーリ  :3m前進してシャドウボディです。 MP17/23
GM   :はい、どうぞー
ユーリ  :2d6
[az_dice] Yuri_G -> 2D6 = [5,4] = 9
GM   :発動ー
ハイド  :「俺の前で立っててくれりゃー十分」
オーベルン:では、同じく3m前進してウィンドカッターを銃に MP22/26
GM   :こいこいー
オーベルン:2d6+6 発動すればよし
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+6 = [3,2]+6 = 11
GM   :2d6+11 抵抗
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [5,1]+11 = 17
ハイド  :固定値まで頑張った!
オーベルン:r10+6 「フーテンくん、とりあえずじゃれちゃってー」「にゃーご」
[az_dice] Orbeln_G -> Rate10+6 = [6,6:7]+6 = 13
ハイド  :素晴らしい(笑)
GM   :あぶなっ
オーベルン:ちっ
オーベルン:半分だから7点かな
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:64/24/44
ロジャー :おお、なんか凄い
ハイド  :発動で出てれば…
GM   :全員ですねー
ロジャー :はい
ダスト  :ですね
ハイド  :でーす
ユーリ  :です
オーベルン:うい
GM   :●一回裏 フレッシュメア
GM   :まずは3m前進
GM   :拳士は、キャッツアイ・リカバリィ・ビートルスキン発動。
GM   :銃士はっと
ハイド  :リカバリィは難点でしょ?
GM   :あ
ハイド  :今気付いた(´-`)
GM   :……なんでだ、固定点だと思ってた。3点ですね
ハイド  :はーい
GM   :1d2
[az_dice] azalea_GM -> 1D2 = [1] = 1
GM   :タゲサクリバレをユーリに!
ユーリ  :ひー
GM   :2d6+12+1+1
ハイド  :よけてー><
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+12+1+1 = [4,6]+12+1+1 = 24
ハイド  :ひえぇ!?
ダスト  :なんじゃそりゃー
ユーリ  :2d6+10+1 無理
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [1,1]+10+1 = 13
ダスト  :ぶぶー
ハイド  :おっけぇ!
ロジャー :50点おめー
GM   :どうします?
ユーリ  :確定で。ここで使うと後が怖い
GM   :うい!
ハイド  :AW追加ルールは提供外!(笑)
GM   :r20+8@9
[az_dice] azalea_GM -> Rate20+8@9 = [3,5:6]+8 = 14
ハイド  :あっぶなぁ…
GM   :14点!
ユーリ  :Fプロで1点引いて13点貰いました。 HP43/56
GM   :そして、魔戦士はーと
GM   :……カンタマ
GM   :2d6
[az_dice] azalea_GM -> 2D6 = [3,5] = 8
ハイド  :(悲鳴)
GM   :全部位に適用!
オーベルン:堅実派だ
ダスト  :てっきり雲だと
ロジャー :むう…
GM   :で、3点ずつ回復。こちら以上!
ハイド  :長期戦上等!(笑)
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:67/27/47
ダスト  :3m前進、キュアウーンズをユーリさんにつかいます
GM   :どうぞ!
ダスト  :2d6 「傷を治してシーン様っ」
[az_dice] Dust_G -> 2D6 = [6,1] = 7
GM   :発動ー
ダスト  :r10+8 治ったー
[az_dice] Dust_G -> Rate10+8 = [4,2:3]+8 = 11
GM   :回復ー
ユーリ  :「助かりますぅ」
ユーリ  :HP54/56
ダスト  :全快は無理かー、すまんですmp31/34
ロジャー :続いて、プロテクションを全員にかけます
GM   :どうぞっ
ロジャー :2d6+2d6+2d6+2d6+2d6 アルファベット順
[az_dice] Roger_G -> 2D6+2D6+2D6+2D6+2D6 = [3,6]+[5,1]+[2,5]+[6,4]+[3,5] = 40
GM   :発動ー
ロジャー :MP42/52「マナよ守りの盾となれ」
ハイド  :では続いて。3m前進して、「ファイアーボール」確実化2倍>GM
GM   :どぞ!
ハイド  :カエルから2点、魔晶石一個べきっ MP25/46
ハイド  :2d6+10 小生意気な…
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [6,6]+10 = 22
GM   :うわ
ハイド  :確定(´-`)
ロジャー :きたー!
ダスト  :すっげえ!
ハイド  :2d6+10 厄払い
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [3,3]+10 = 16
GM   :2d6+2d6+2d6 ゾロチェック
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+2D6+2D6 = [4,1]+[1,5]+[3,6] = 20
ハイド  :一個目で☆
GM   :完全に通った! ダメージどうぞ!
オーベルン:ふぁいあー!
ユーリ  :どーん!
ハイド  :r20+10+1@10 せめて気付かないうちに寝かせてやるよ
[az_dice] Hide_G -> Rate20+10+1@10 = [3,4:5]+10+1 = 16
ハイド  :マナリング込み
GM   :いたたた、16点ずつもらい
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:51/11/31
ダスト  :強いなー、心の師匠にしよう、新キャラの(笑
ハイド  :あがめよー(をぃ
ロジャー :ははぁ~(平伏(笑)
GM   :前衛ズも行動どうぞー
ハイド  :「…ふん。”あのお方”によろしく言っとけ」
ハイド  :あのひと、か
GM   :NF「……あのひと」「どこにいったのかな」
オーベルン:ではオーちゃん、3mじりじりしてウィンドカッターをまた銃に
GM   :どうぞ!
オーベルン:2d6+6 はつどうすればよし MP19/26
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+6 = [4,2]+6 = 12
GM   :2d6+11+2 抵抗
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+2 = [5,3]+11+2 = 21
オーベルン:r10+6 「フーテンくん、わんすもあ~」「なーお」
[az_dice] Orbeln_G -> Rate10+6 = [6,6:7]+6 = 13
オーベルン:えー(笑
GM   :優秀だなあ(笑)
ユーリ  :またか(笑)
オーベルン:7点
ハイド  :えー(爆
ロジャー :ほんとにワンスモア来た(笑)
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:51/4/31
オーベルン:後が怖いぞ(笑
ハイド  :おいらもだぜ(´-`)
オーベルン:「フーテンくん、今日はごきげんだね!」「ごろなーご」
ダスト  :後が無いうちに倒せばOK!(笑
GM   :NF「風だ」「ああ、風が痛い」「風って、痛い物だった?」
オーベルン:「『世間の風は往々にして冷たく痛いものだ』って施設のおやびん言ってたよー」(笑
ユーリ  :「流石に一人で突っ込むのは無謀ですねぇ」 3m前進で終了です
GM   :NF「……ああ、そうだね」「みんな、冷たかった」「あのひとだけが、優しかった」
GM   :はーい。全員ですねー
ハイド  :いぇーす
ダスト  :いぇあ
GM   :●二回裏 ゴーレム
ロジャー :「……『あの人だけが優しかった』、ですか」
ハイド  :「まー、否定は出来ねーとこだな」チラっとダストを見遣って
GM   :ちまっと3m前進してっと
ユーリ  :「否定も出来ませんが肯定はしたくないですねぇ」
ダスト  :「悪いけど、私は恵まれていたわね…同情はしないわよ」
GM   :グラップラーはリカバリィ
GM   :ガンナーは、お待ちかねタゲサショットガン
オーベルン:きゃー
ダスト  :待ってない!
ハイド  :避ければノーダメだもん!><。
GM   :2d6+12+1+1 「さあ、よぉく狙って」
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+12+1+1 = [2,1]+12+1+1 = 17
GM   :うわ優しい
ハイド  :おっと、狙いが甘いぜ(笑)
ユーリ  :2d6+10+1 「これは避けないとぉ」
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [6,6]+10+1 = 23
オーベルン:2d6+7 それでも10以上…
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7 = [2,3]+7 = 12
オーベルン:うん、むり
GM   :r20+8@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate20+8@10 = [2,4:4]+8 = 12
ハイド  :今日は何事…
ハイド  :やさしげ(´-`)
GM   :12点!
オーベルン:1減らして11もらうのかな HP35/46
GM   :そしてアシッドクラウドだ
ハイド  :プロテもー>オーちゃん
ダスト  :プロテクションもあるでよ
ロジャー :Fプロとプロテも
オーベルン:おっと失礼 では36/46
GM   :2d6+11 酸性雨
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [4,3]+11 = 18
ハイド  :カンタマごーごー
GM   :オーちゃんとユーリ、抵抗お願いします!
オーベルン:2d6+7+2 がんばれー
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+2 = [6,1]+7+2 = 16
ユーリ  :2d6+8+1 むりっぽ
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+8+1 = [5,1]+8+1 = 15
オーベルン:く、足りない
GM   :r20+11@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate20+11@10 = [5,1:4]+11 = 15
ハイド  :基準値差が…(ρ_T)
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:54/7/34
GM   :こちら以上!
オーベルン:これはプロテ引けないのよね 21/46かな
GM   :○三回表 冒険者
ユーリ  :HP39/56
ダスト  :3m前進して、ユーリさんとオーベルンさんにキュアハート拡大数です
GM   :どうぞー
ダスト  :2d6+2d6 「今日は早めに終わりますように!」
[az_dice] Dust_G -> 2D6+2D6 = [1,5]+[4,4] = 14
ダスト  :r30+8 ユーリ
[az_dice] Dust_G -> Rate30+8 = [3,1:4]+8 = 12
ダスト  :r30+8 オーベルン
[az_dice] Dust_G -> Rate30+8 = [1,3:4]+8 = 12
ダスト  :ごめん低い!mp23/34
オーベルン:HP33/46 「いたたた…でも大分治った、ありがとーダスト」
ユーリ  :「ありがとうですよぉ。痛みがやわらぎました」 HP51/56 
ダスト  :[
ダスト  :「無限には治せないからね?頼むわよ!」
ハイド  :「うっし、んじゃ攻勢に出るぜ。さっさと黙らせりゃいいだろ」
ハイド  :3m前進して「ファイアーボール」確実化2倍で>GM
GM   :こいこい!
ハイド  :魔晶石べきり MP16/46
ハイド  :2d6+10 近づかない方がわりーんだよ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [5,3]+10 = 18
ハイド  :2d6+10 もうすぐお出迎え、だぜ?
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [1,5]+10 = 16
ハイド  :一個目で
GM   :2d6+13 魔
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [1,4]+13 = 18
GM   :2d6+13 銃
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [3,5]+13 = 21
GM   :2d6+13 拳
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [4,2]+13 = 19
ダスト  :惜しいー
ハイド  :うん、確定(笑)
GM   :抵抗ー
ハイド  :r20+10 当てることに意味があるっ
[az_dice] Hide_G -> Rate20+10 = [5,5:8]+10 = 18
ハイド  :10てーん!
オーベルン:お、高い
ハイド  :何だこれ(滅
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:44/-3/24
GM   :まだ動いている様子
ハイド  :「…ふん、しぶてーな流石に。なに仕込みやがったか」
ユーリ  :「欠片でしょうかねぇ」
ロジャー :3m前進
ロジャー :ユーリとオーちゃんにファイアウェポンをかけます
GM   :どぞ!
ロジャー :2d6+2d6 上の順で「炎よ武器に宿れ」
[az_dice] Roger_G -> 2D6+2D6 = [4,5]+[6,3] = 18
GM   :発動!
ロジャー :火属性でダメージ+2です
ロジャー :MP34/52
オーベルン:「わーい、斧がめらめらー」
ハイド  :そういえば、HP0になった部位はカンタマは切れますか?>GM
GM   :あー、そうですね。行動できるけど、一部位のみで死には至りません。えんえん気絶状態
GM   :補助は切れるかな
ハイド  :はい、ありがとうございますー。まぁ意味はないか(笑)
ユーリ  :8m前進。マッスルベアーとキャッツアイを掛けつつ、銃士をバスタードソードで攻撃します。 MP11/23
GM   :こーい!
ユーリ  :2d6+10+1
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [3,5]+10+1 = 19
GM   :2d6+10 合成前は体術持ちなの
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+10 = [5,2]+10 = 17
GM   :でも当たり!
ハイド  :いよーっし!
ダスト  :舞われ回れー
ユーリ  :r20+11+2+2@10 「一つは潰したいですねぇ」
[az_dice] Yuri_G -> Rate20+11+2+2@10 = [6,5:9][5,6:9][2,3:3]<クリティカル>+11+2+2 = 36
ハイド  :回ったー!
オーベルン:おおー
GM   :うわー
ダスト  :わあい
ロジャー :おおー!
ハイド  :余剰分を他部位に(´-`)
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:44/-/24
オーベルン:任意だから…(笑
GM   :NF「……一部破損」「バックアップ開始」
GM   :カンタマ切れ、錬技もかからなくなります。タゲサは銃には効果なし、他部位への効果のみ出るようになります
ハイド  :そうか、タゲサも乗るのか…猫もうざー
オーベルン:乱戦突入しながらヒーリングポーション飲みます 風の翼も発動しておこう
GM   :はーい、ポーションどぞ
オーベルン:r20+5 のどかわいたー
[az_dice] Orbeln_G -> Rate20+5 = [2,6:6]+5 = 11
オーベルン:HP44/46 「(ちゅーちゅー)」
GM   :全員動いたよね
ハイド  :でーす
ロジャー :です
ダスト  :ういっす!
GM   :●三回裏 フレッシュ
GM   :まずは銃士がショットガン、ダスト起点
ハイド  :っと、そっちも来るんだった…
ダスト  :後衛に届いた!?ごめん!
ハイド  :いや、こっちの移動ミスだわー
GM   :タゲサも入れてと
ロジャー :いや、これはしょうがない
GM   :2d6+12-2 命中
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+12-2 = [6,2]+12-2 = 18
ハイド  :2d6 うん、無理☆
GM   :後ろ三人回避どうぞー
[az_dice] Hide_G -> 2D6 = [3,5] = 8
ロジャー :2d6
[az_dice] Roger_G -> 2D6 = [6,3] = 9
ダスト  :2d6+6 仁王立ち回避ー
[az_dice] Dust_G -> 2D6+6 = [3,5]+6 = 14
ダスト  :いい数字でるようになったんだけどなあw
GM   :r20+8@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate20+8@10 = [2,5:5]+8 = 13
GM   :13点ずつー
ロジャー :11点もらってHP15/26
ハイド  :11点貰ってHP16/27
ダスト  :2点引いて11点頂きます hp27/38
GM   :続いて拳士行こう。さてと
GM   :1d2
[az_dice] azalea_GM -> 1D2 = [2] = 2
ハイド  :久々の被弾ヽ(´▽`)ノ
GM   :ユーリに攻撃!
ユーリ  :こいやー
GM   :2d6+11+1+1 一回目ー
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+1+1 = [5,4]+11+1+1 = 22
ユーリ  :2d6+10+1 無理
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [3,6]+10+1 = 20
GM   :確定?
ユーリ  :確定で
ハイド  :厳しいのぅ(ρ_T)
GM   :r15+10@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate15+10@10 = [4,1:3]+10 = 13
GM   :2d6+11+1+1 二回目ー
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+1+1 = [5,2]+11+1+1 = 20
ユーリ  :2d6+10+1
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [5,2]+10+1 = 18
ユーリ  :確定で
GM   :r15+10@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate15+10@10 = [2,5:4]+10 = 14
GM   :そしてリカバリィっと
ユーリ  :HP41/56
ハイド  :流石の防御力
ユーリ  :おっと HP42/56だった
GM   :魔戦士は……マルチアクション
GM   :まずは剣で攻撃
GM   :1d2
[az_dice] azalea_GM -> 1D2 = [2] = 2
GM   :ユーリだ
ユーリ  :またか(笑
GM   :2d6+11+1+1 攻撃!
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+1+1 = [5,2]+11+1+1 = 20
ユーリ  :2d6+10+1
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [6,1]+10+1 = 18
ハイド  :猫タゲサきっつー…
ユーリ  :確定で
GM   :はい。あ、ユーリ金属鎧でしたっけ?
ユーリ  :ですよー
GM   :r28+12@11
[az_dice] azalea_GM -> Rate28+12@11 = [1,3:3]+12 = 15
GM   :ひく!
ユーリ  :HP36/56
ハイド  :素晴らしい耐久力(´-`*)
GM   :えーい、アシッドクラウド、ダスト起点!
ダスト  :まー!
ロジャー :こっちきたー!
ユーリ  :ひー
ハイド  :ですよねー
GM   :2d6+11 「溶けて、溶けて、溶けて……」
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [3,2]+11 = 16
GM   :優しい★
ハイド  :2d6+10+2 助けてカンタマー!
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10+2 = [6,4]+10+2 = 22
ロジャー :2d6+8+2 精神抵抗力
[az_dice] Roger_G -> 2D6+8+2 = [2,2]+8+2 = 14
ダスト  :2d6+9 「ゴメン被るわ!」
[az_dice] Dust_G -> 2D6+9 = [4,3]+9 = 16
ハイド  :ろじゃー!?
ダスト  :ロジャーさーん!
ロジャー :変転!
ダスト  :おお!
GM   :了解!
ハイド  :うん、ここは使い時
GM   :r20+11
[az_dice] azalea_GM -> Rate20+11 = [1,2:1]+11 = 12
ハイド  :ふー
GM   :なにこの優しさ
ロジャー :ふう
GM   :6点ずつどうぞ!
ダスト  :6点頂きます hp21/38
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:47/-/27
ロジャー :HP9/26
ハイド  :11/27か
GM   :こちら以上!
ハイド  :あ、違う10/27
GM   :○四回表 そろそろ山場
ダスト  :1m前進してキュアハートをオーベルンさん以外の四人に使います
GM   :どぞ!
ダスト  :2d6+2d6+2d6+2d6 アルファベット順で
[az_dice] Dust_G -> 2D6+2D6+2D6+2D6 = [1,6]+[4,6]+[4,6]+[5,6] = 38
ハイド  :あ。魔って!
ハイド  :うぐぅ…
ダスト  :やっちゃった、ゴメン
ハイド  :うん、遅かったです(ρ_T)
GM   :あー、うん、振っちゃったのでこれで
ダスト  :r30+8 私
[az_dice] Dust_G -> Rate30+8 = [4,5:9]+8 = 17
ダスト  :r30+8 ハイドさん
[az_dice] Dust_G -> Rate30+8 = [2,3:4]+8 = 12
ダスト  :r30+8 ユーリさん
[az_dice] Dust_G -> Rate30+8 = [2,3:4]+8 = 12
ダスト  :r30+8 ロジャーさん
[az_dice] Dust_G -> Rate30+8 = [3,6:9]+8 = 17
ダスト  :治ったかな?hp38 mp7
ロジャー :HP26/26 ぴったり全快「助かります!」
ユーリ  :HP48/56 「回復本当に助かりますよぉ」
ハイド  :「っちー、こっちゃデリケートなんだっつーの…」HP22/27
ロジャー :3m後退しつつ、オーベルンにファナティシズムをかけます
GM   :はい、どうぞっ
ロジャー :2d6 「高揚せよその精神」
[az_dice] Roger_G -> 2D6 = [6,2] = 8
ロジャー :MP31/52
オーベルン:「むふー。なんか気分がハイテンションまっくすな感じ!」
ユーリ  :魔戦士にバスタードソードで攻撃です
GM   :こいこい!
ユーリ  :2d6+10+1
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [3,4]+10+1 = 18
GM   :2d6+11 回避
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [6,3]+11 = 20
GM   :ごめんよけた
ハイド  :いけずー(ρ_T)
ユーリ  :ダイス目勝負だなぁ
GM   :NF「剣士だね」「でも、人間だよ」「人間か」
オーベルン:ではオーちゃん。マルチアクション宣言、まずはカオスショットを魔剣士に MP14/26
GM   :こいこい!
オーベルン:2d6+6 発動すれば(略
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+6 = [4,2]+6 = 12
GM   :2d6+11+2 抵抗
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+2 = [4,1]+11+2 = 18
オーベルン:r20+6 「ひゃっほーい、ぜんいんしゅーごーだよー!」
[az_dice] Orbeln_G -> Rate20+6 = [1,6:5]+6 = 11
GM   :6点もらいー
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:41/-/27
オーベルン:そして斧1Hで攻撃
GM   :ほいほい
オーベルン:2d6+7+2+1 当たれば御の字
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+2+1 = [1,5]+7+2+1 = 16
GM   :2d6+11 かいひー
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [5,1]+11 = 17
GM   :確定?
ハイド  :うぐぐ…
オーベルン:んー…よし、あえて言おう!指輪を割ると!
ハイド  :おー!><。
GM   :ぱりーん!
GM   :当たり。ダメージください!
オーベルン:r28+9+2@11 「今日の気分はうきうきふわふわー」
[az_dice] Orbeln_G -> Rate28+9+2@11 = [4,5:9]+9+2 = 20
GM   :いったー
ハイド  :いいダメージっ
GM   :11点通った!
ロジャー :ないす!
ハイド  :では私
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:30/-/27
ハイド  :2m下がって「パラライズ:回避」確実化5倍>GM
GM   :きたー!
ハイド  :魔晶石べきり MP11/46
GM   :あ、どこに?>ハイド
ハイド  :あ、剣士です
GM   :了解!
ハイド  :「さて、とー。覚悟しろ?」
ハイド  :2d6+10 一つ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [3,6]+10 = 19
ハイド  :2d6+10 二つ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [6,5]+10 = 21
ハイド  :2d6+10 三つ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [4,5]+10 = 19
GM   :うわお
ハイド  :2d6+10 四つ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [3,2]+10 = 15
ハイド  :2d6+10 五つ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [4,1]+10 = 15
ハイド  :ん、二つ目で
GM   :2d6+11+2 さあどうだ!
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+2 = [3,5]+11+2 = 21
ハイド  :割ります
GM   :ぱりーん!
ハイド  :魔力下がったけどね!
ハイド  :「…ふん、偶には熱くならー」
GM   :NF「……回避動作に異常あり」
ハイド  :あ、下がらないんだった。この前成長したし
GM   :では、こちらの番
GM   :●四回裏 ゴーレム
GM   :まずは銃士、MP6点を拳士に移動
ダスト  :でえ、死体からも取れるのかー
GM   :タゲサ入れてー、うーん
GM   :1d3
[az_dice] azalea_GM -> 1D3 = [2] = 2
GM   :オーちゃんにクリバレ!
ハイド  :早速狙われたー!?
GM   :2d6+12-2 命中
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+12-2 = [3,5]+12-2 = 18
オーベルン:2d6+7+1-2 むりむり
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+1-2 = [2,5]+7+1-2 = 13
GM   :r20+8@9
[az_dice] azalea_GM -> Rate20+8@9 = [2,5:5]+8 = 13
GM   :普通
オーベルン:2点引いて11もらい 33/46
ハイド  :ガンナーうざいよー(ρ_T)
GM   :拳士は、猫虫掛け直し、リカバリィも発動してーと
ダスト  :銃はしんどいよねー
GM   :1d2
[az_dice] azalea_GM -> 1D2 = [1] = 1
GM   :オーちゃんだ
ハイド  :死んでも動くのが酷い(笑)
オーベルン:うへえ
GM   :2d6+11+1+1 一撃目ー
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+1+1 = [5,2]+11+1+1 = 20
オーベルン:2d6+7+1-2 もっとむりむり
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+1-2 = [6,3]+7+1-2 = 15
GM   :r15+10@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate15+10@10 = [4,2:4]+10 = 14
ダスト  :集中打で死なないでー
GM   :2d6+11+1+1 二撃目ー
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+1+1 = [4,4]+11+1+1 = 21
オーベルン:物理だよね? 12引いて2点もらい 31/46
GM   :堅っ!
オーベルン:2d6+7+1-2 もっとむりむりせかんど
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+1-2 = [4,2]+7+1-2 = 12
ハイド  :じーえむ目が実は地味に安定してて怖い…
GM   :r15+10@10 ちまちま
[az_dice] azalea_GM -> Rate15+10@10 = [3,1:2]+10 = 12
オーベルン:かちん
ロジャー :堅いっ
GM   :弾かれた!
ハイド  :すばらすぃ
オーベルン:「ひゃっほーい、オーちゃん風の子我慢の子ー!」
GM   :では魔戦士。んー
ダスト  :プリーストとコンジャラーの組み合わせはずるいと思うんだ…
ユーリ  :流石オーちゃんだ
ハイド  :っ「コンプリ」
GM   :よし、マルチアクション
オーベルン:それ逆にしただけでは(笑
GM   :アイシクルウェポン>自分
GM   :2d6+11
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [2,5]+11 = 18
GM   :発動。拳士にも効果発現
GM   :1d2
[az_dice] azalea_GM -> 1D2 = [1] = 1
ハイド  :いえーい、魔力撃で+14?(喀血
GM   :そしてオーちゃんに攻撃
オーベルン:うわーい
ハイド  :ファナ効果がー!
GM   :2d6+11+1+1 ざくっと
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+1+1 = [2,4]+11+1+1 = 19
ダスト  :かわしてー!
オーベルン:ファナティって挑発だっけ…(笑
ハイド  :挑発は防御力が上がるはずです(´-`)
オーベルン:2d6+7+1-2 むりむり
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+1-2 = [3,4]+7+1-2 = 13
ダスト  :敵視点だと、普通のひとより興奮してる人のが怖いよねキットw
GM   :鎧は金属でしたっけ
オーベルン:いえ、ボーンベストであります、Sir
GM   :了解ー
GM   :r28+12+3@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate28+12+3@10 = [6,4:9][2,3:4]<クリティカル>+12+3 = 28
GM   :はっはっは
ハイド  :ぎゃー!?
オーベルン:ぎゃーす
ロジャー :ぶっ
ユーリ  :回った!?
ダスト  :ウゴップ!
ハイド  :金属鎧が笑ってる…
オーベルン:12ひいて16もらい 15/46
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:33/-/30
GM   :こちら以上!
ハイド  :ひぃ、回復着合い入れにゃ
GM   :○五回表 冒険者
ダスト  :けが人はオーベルンさんだけ?
ハイド  :ちょっと残ってるけど、前に出ないからいいや
オーベルン:「戦場で攻撃されるのは訓練された戦士、それを耐え抜くのはよく訓練された戦士!ほんと戦場は地獄だねフゥーハハハー」(やめれ
ダスト  :3m前進してキュアハートをオーベルンさんに、石3点のを使いますだ
GM   :どうぞ!
ダスト  :2d6 「気合入れて治すわよ!」
[az_dice] Dust_G -> 2D6 = [3,6] = 9
ダスト  :r30+8 てやー
[az_dice] Dust_G -> Rate30+8 = [1,3:4]+8 = 12
ダスト  :低いー mp6
ハイド  :返すのも手だけどなぁ…
ダスト  :返すって?
オーベルン:や、だすとさんナイトメア
ハイド  :あ、そっかメアでした…
ダスト  :ボクナイトメア、ワルイナイトメア
ハイド  :誰と勘違いしてたのやら(´-`)
オーベルン:HP27/46
ロジャー :3m前進して、魔戦士と拳士にエネルギーボルト
GM   :こーい!
ロジャー :2d6+7 行使(真語) 魔
[az_dice] Roger_G -> 2D6+7 = [3,6]+7 = 16
ロジャー :2d6+7 行使(真語) 拳
[az_dice] Roger_G -> 2D6+7 = [4,3]+7 = 14
GM   :2d6+13 ま
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [4,2]+13 = 19
GM   :2d6+13 ぐ
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [5,3]+13 = 21
GM   :抵抗ー
ロジャー :r10+7 魔
[az_dice] Roger_G -> Rate10+7 = [2,6:4]+7 = 11
ロジャー :r10+7 拳
[az_dice] Roger_G -> Rate10+7 = [5,5:5]+7 = 12
ハイド  :いい具合ー
GM   :6点ずつもらいました
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:27/-/24
ロジャー :MP21/52
ユーリ  :バッソで魔戦士名栗です
ユーリ  :殴りだ
GM   :こいこいー
ユーリ  :2d6+10+1
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [1,5]+10+1 = 17
GM   :2d6+11 回避
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11 = [3,3]+11 = 17
ハイド  :むぐ…
GM   :確定?
ハイド  :パラはー?
GM   :あ!
GM   :ごめん、当たり!
ユーリ  :おっと
ハイド  :ふー、あぶなかった…(笑)
ユーリ  :r20+11+2+2@10 「ちょっとはダメージを与えたいですねぇ」
[az_dice] Yuri_G -> Rate20+11+2+2@10 = [4,6:8][3,4:5]<クリティカル>+11+2+2 = 28
ハイド  :おうけぇ!
GM   :ぐはっ
ロジャー :また来たー!
GM   :19点!
オーベルン:うおー
ハイド  :「はっはっは、俺のお陰だなっ」
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:8/-/24
オーベルン:「やふー、ハイドあんちゃんもユーリものってきたねー」(笑
ハイド  :「おぅ、お前さんも続けてヤッチマイナ」
GM   :NF「あ……」「痛い?」「かも」
オーベルン:では、オーちゃんマルチアクション。まずプライマリィヒーリングを自分に MP9/26
GM   :どうぞっ
オーベルン:2d6 「いえっさー!ミッちゃん出番だよー!」
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6 = [1,3] = 4
GM   :そのようなアレは困る
オーベルン:10点治って 37/46
オーベルン:茶色い猫なで声出してないよ!?(笑
オーベルン:そして魔剣士を1Hで殴る
GM   :かむかむ!
オーベルン:2d6+7+1+2 あたってほしいなー
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+1+2 = [5,5]+7+1+2 = 20
GM   :2d6+11-2 さすがに
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11-2 = [2,4]+11-2 = 15
ハイド  :ミっちゃん違い(´-`)
GM   :当たり!
ダスト  :あたった!
ロジャー :まわれー
ハイド  :おとせー!
ダスト  :かませー!
オーベルン:r28+9+2@11 「さっきのおかえしだぁ~」
[az_dice] Orbeln_G -> Rate28+9+2@11 = [3,3:6]+9+2 = 17
オーベルン:うん、普通
GM   :8点もらい!
ハイド  :ぴったりか
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:0/-/24
オーベルン:後はかけらのみ
GM   :NF「まだ、ちからが、のこってる」「あのひとにもらった、力」
ハイド  :では3m前進。「エネボ」確実化2倍を魔剣に。魔晶石べきり MP8/46 >GM
GM   :来いっ
ハイド  :2d6+10 力ってのはなー
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [2,2]+10 = 14
ハイド  :2d6+10 人に貰うもんじゃねーんだよ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [3,2]+10 = 15
ハイド  :ん、二つ目で確定
GM   :2d6+13
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [4,5]+13 = 22
ハイド  :r10+10 削ることが大事
[az_dice] Hide_G -> Rate10+10 = [5,3:4]+10 = 14
ハイド  :8点
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:-8/-/24
ハイド  :とどかんかぁ
GM   :二つ目突入
ハイド  :で、こっちおわりー
GM   :はーい
GM   :●五回裏 フレッシュじゃなくなってきた
ダスト  :発酵ゴーレム?
オーベルン:クラッシュゴーレム
GM   :よし、タゲサショットガン、ダスト起点
ダスト  :私だけかな、範囲にいるのは
GM   :あ、距離……
ダスト  :うふふ…
GM   :ごめん、クリバレに変えていいです?
ダスト  :どうぞー
GM   :2d6+12-2 ずきゅん
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+12-2 = [2,3]+12-2 = 15
ダスト  :2d6+6 仁王立ちα!
[az_dice] Dust_G -> 2D6+6 = [3,5]+6 = 14
オーベルン:おしい
ハイド  :惜しい><。
ロジャー :おっしい~
ダスト  :指輪も無いし!こいやー!
GM   :r20+8@9 まわれー
[az_dice] azalea_GM -> Rate20+8@9 = [6,2:6]+8 = 14
GM   :惜しかった
ハイド  :あっぶねぇ…!
ロジャー :あぶない
ダスト  :12点いただきますhp26
オーベルン:こっちもギリギリ…
ダスト  :[
GM   :拳士はリカバリィ発動してっと
GM   :1d2
[az_dice] azalea_GM -> 1D2 = [1] = 1
GM   :オーちゃんが好きらしい
ダスト  :オーベルンばっかりやー;;
オーベルン:やーん
ハイド  :鱗がいいのか!><。
ユーリ  :もてもてだ
GM   :2d6+11+1+1 一回目ー
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+1+1 = [1,1]+11+1+1 = 15
GM   :やったー!
オーベルン:おや
ハイド  :おめっとー
ロジャー :おお
ダスト  :ウロコガ堪らないは…この光沢が…
ダスト  :つ 50点
GM   :2d6+11+1+1 二回目!
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+1+1 = [2,1]+11+1+1 = 16
ハイド  :優しい!
GM   :だいすてめえ
オーベルン:2d6+7+1-2 まだめはある?
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+1-2 = [2,1]+7+1-2 = 9
ダスト  :ウロコにうっとりしてるからだよキット(笑
オーベルン:うん、当たった(笑
ハイド  :ダイスが腐ったー!?
GM   :r15+10+3@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate15+10+3@10 = [1,6:4]+10+3 = 17
オーベルン:むしろGMににらまれたからだと予測(笑
GM   :魔戦士は……うん、そろそろ魔力撃だ
オーベルン:12引いて5点いただきます 32/46
GM   :1d2
[az_dice] azalea_GM -> 1D2 = [2] = 2
GM   :ユーリに!
ハイド  :当たらなければどうということはない!
ユーリ  :ひー
GM   :2d6+11+1+1 てや
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+1+1 = [3,5]+11+1+1 = 21
ユーリ  :2d6+10+1
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [2,3]+10+1 = 16
ハイド  :厳しい…
ユーリ  :ひっくり返してもダメかー
ハイド  :割り物がないとですね…
GM   :確定でおけ?
ユーリ  :確定で
GM   :r28+12+11+3@11 ダメージ
[az_dice] azalea_GM -> Rate28+12+11+3@11 = [1,5:6]+12+11+3 = 32
ハイド  :さすっがにきつい…
オーベルン:まだ満タン近かったはずだし、きっと大丈夫
ユーリ  :23点貰いました。HP25/56
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:-5/-/27
GM   :こちら以上!
ダスト  :なんじゃそりゃあー;;
GM   :○六回表 冒険者
ハイド  :これが7レベル前後の戦いさっ
オーベルン:1ランク上がるともっとひどい事になるっすよ(笑
GM   :うん、私なんか優しい優しい
ハイド  :ききたくなーいー(笑)
ダスト  :その場からユーリさんオーベルンさんに、キュアハート拡大数、石も一個割ります
GM   :どうぞ!
ハイド  :あ
ハイド  :うー、しかし仕方ないところか?むぅ・・・
ユーリ  :ん?
ダスト  :私、前でようかとも思ったんですけど
ダスト  :あんまり前に出ると今度、前衛にショットガンきそうで
ハイド  :うむ。どのみち3m出ると乱戦エリアに引っかかる
ダスト  :あ、それは死ぬw
ダスト  :では発動します、失礼しました
ダスト  :すません訂正!、3m接近します
GM   :了解! どうぞー
ダスト  :2d6+2d6 じりじり
[az_dice] Dust_G -> 2D6+2D6 = [2,5]+[5,3] = 15
GM   :発動ー
ダスト  :r30+8 ユーリさん
[az_dice] Dust_G -> Rate30+8 = [2,3:4]+8 = 12
ダスト  :r30+8 オーベルンさん
[az_dice] Dust_G -> Rate30+8 = [1,6:7]+8 = 15
ユーリ  :HP37/56
オーベルン:満タンです 46/46
ダスト  :うーん低調ぎみ、何とかしてー!mp3 石残り3個
オーベルン:ではオーちゃんマルチアタック 今回は通常攻撃を先に魔剣士に
GM   :うい、どうぞ!
オーベルン:2d6+7+1+2 あたってくれないとぐれちゃうぞ
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+1+2 = [4,5]+7+1+2 = 19
GM   :2d6+11-2-1 回避ー
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11-2-1 = [1,6]+11-2-1 = 15
GM   :さすがに当たり!
ダスト  :ぐれなかった、よかった
ハイド  :いっちゃえー!
ロジャー :いっけー!
オーベルン:r28+9+2@11 回ってくれないと(略
[az_dice] Orbeln_G -> Rate28+9+2@11 = [4,6:9]+9+2 = 20
ハイド  :うっし!
オーベルン:おしい
ロジャー :惜しい、けど上等!
GM   :うむ
ハイド  :4つ目まではいったろう
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:-/-/27
ハイド  :ないっすー!(ぱちぱち
ダスト  :後1つ!
ユーリ  :よし
GM   :NF「……破損状況、深刻。バックアップ作動」
オーベルン:「ひゃっはー、宴もたけなわだー…たけなわって何?」(笑
ダスト  :「竹に結んだ縄のことよ」
ハイド  :「どこかの地方の植物で編んだ縄だ(さらり)」
オーベルン:で、倒れてしまわれたので次の魔法はキャンセル…だっけ?続けて撃って平気?
ハイド  :「酷い嘘つきがいるぜ」(笑)
GM   :撃っていいですよー、マルチの酷いところ(笑)
ダスト  :「どっちが?」(笑)
ロジャー :「どちらもでしょう(笑)」
オーベルン:「へー、みんなものしりだねー」 では、カオスショットを拳に(笑 MP4/26
GM   :こーい
オーベルン:2d6+6 発動すればいいのです、お偉方には(略
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+6 = [2,4]+6 = 12
GM   :2d6+11+2 抵抗
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11+2 = [1,3]+11+2 = 17
オーベルン:r20+6 「みんなー、アンコールだぞー」
[az_dice] Orbeln_G -> Rate20+6 = [2,4:4]+6 = 10
オーベルン:5点
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:-/-/22
ユーリ  :マッスルベアーとキャッツアイ掛けなおしてバッソで拳士にアタック MP5/23
GM   :こーい!
ユーリ  :2d6+10+1
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [6,5]+10+1 = 22
GM   :2d6+12 むりむり
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+12 = [1,6]+12 = 19
ハイド  :いい感じっ
ロジャー :よし、いけー!
ハイド  :無理でもなさそうだし(´-`)
ユーリ  :r20+11+2+2@10
[az_dice] Yuri_G -> Rate20+11+2+2@10 = [1,6:5]+11+2+2 = 20
GM   :16点もらい、いたた
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:-/-/6
ハイド  :では3m前進。拳へ単発「リープスラッシュ」 MP2/46
GM   :どうぞっ!
ハイド  :2d6+10 確実化しないとなんか違和感があるぜ
[az_dice] Hide_G -> 2D6+10 = [3,5]+10 = 18
GM   :2d6+13 抵抗
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [5,3]+13 = 21
ハイド  :r20+10 まぁ、斬られておけ
[az_dice] Hide_G -> Rate20+10 = [3,1:2]+10 = 12
ハイド  :7てんっ
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:-/-/-1
ロジャー :3m前進、エネルギーボルトを拳に
GM   :どうぞ!
ロジャー :2d6+7 行使(真語)
[az_dice] Roger_G -> 2D6+7 = [5,3]+7 = 15
GM   :2d6+13 抵抗っ
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [2,1]+13 = 16
ダスト  :おしいっ
ロジャー :ちっ
GM   :確定で?
ハイド  :いけずー
ユーリ  :おしいなぁ
ロジャー :あ、割っときます
GM   :ぱりーん!
ハイド  :おー
ダスト  :行くのか男だぜ!
ロジャー :r10+7@10 「これでっ!」
[az_dice] Roger_G -> Rate10+7@10 = [5,4:5]+7 = 12
ハイド  :うっし!
ロジャー :惜しいけど、上々!
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:-/-/-13
オーベルン:あとちょっと!
ハイド  :くぅ、でこピンで落ちそうなのにっ
ハイド  :こっちはおしまい
GM   :はーい
GM   :●六回裏 最後の抵抗
ロジャー :MP16/52
GM   :銃士:タゲサソリッド
GM   :1d3
[az_dice] azalea_GM -> 1D3 = [1] = 1
GM   :ダストに!
GM   :2d6+12-2 命中
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+12-2 = [4,1]+12-2 = 15
ダスト  :耐えてやるー!
ダスト  :2d6+6 仁王立ち
[az_dice] Dust_G -> 2D6+6 = [5,4]+6 = 15
ロジャー :耐えた!
ハイド  :ないっす!!
オーベルン:たえたー!
GM   :おお
ユーリ  :ナイスや
ダスト  :やった!仁王立ちは完璧だ!(笑
GM   :拳士の攻撃
GM   :1d2
[az_dice] azalea_GM -> 1D2 = [1] = 1
GM   :オーちゃんに
オーベルン:よし、こい
ハイド  :好きやなぁ…(ρ_T)
GM   :2d6+13 一回目
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [2,5]+13 = 20
オーベルン:2d6+7+1-2 むりむり
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+1-2 = [2,6]+7+1-2 = 14
GM   :r15+10+3@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate15+10+3@10 = [6,6:8][1,1:0]<クリティカル>+10+3 = 21
GM   :極端なことしやがって!
ハイド  :最後っ屁ー!!?
GM   :2d6+13 二回目
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+13 = [5,1]+13 = 19
ロジャー :6ゾロ後1ゾロって
ハイド  :意外とダメージ低いと思ったら…(笑)
オーベルン:いたいいたい 12引いて9もらい 37/46
オーベルン:2d6+7+1-2 むりむり
[az_dice] Orbeln_G -> 2D6+7+1-2 = [2,4]+7+1-2 = 12
GM   :r15+13@10
[az_dice] azalea_GM -> Rate15+13@10 = [2,1:1]+13 = 14
ハイド  :やっぱ優しいな
オーベルン:12引いて2もらい 35/47
GM   :もーう
オーベルン:本当に鱗ふぇちなのかしら(笑
GM   :そして戦士はっと……
ダスト  :「ステキだよステワニー、うなじの光沢が…」
GM   :マルチアクション、攻撃
GM   :1d2
[az_dice] azalea_GM -> 1D2 = [2] = 2
GM   :ユーリ!
オーベルン:あ。最大値を間違えている(笑 35/46
ハイド  :ワニ…(笑)
ユーリ  :こいやー
GM   :2d6+11-2 でももう死に体
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11-2 = [6,1]+11-2 = 16
ユーリ  :2d6+10+1
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [3,1]+10+1 = 15
ハイド  :目がぁ~
ユーリ  :げふ。確定で
GM   :r28+12@11
[az_dice] azalea_GM -> Rate28+12@11 = [2,6:8]+12 = 20
GM   :ついげきのー
GM   :1d3
[az_dice] azalea_GM -> 1D3 = [3] = 3
ユーリ  :11点貰いました。HP26/56
GM   :やっぱりユーリ。クリメイション!
ハイド  :きとぅあー
GM   :2d6+11-2 「……一緒に」
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+11-2 = [2,6]+11-2 = 17
ハイド  :お願いカンタさま
ユーリ  :2d6+8+2
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+8+2 = [5,5]+8+2 = 20
オーベルン:カンタ祭り
ダスト  :ナイスレジスト!
GM   :r20+11 ダメージ
[az_dice] azalea_GM -> Rate20+11 = [3,5:6]+11 = 17
ハイド  :コンジャは偉大だ…
GM   :9点!
GM   :最後の抵抗終了っ!
ユーリ  :Fプロとプロテで2点減らして7点かな。HP19/56
GM   :○七回表 やっちゃってください
ハイド  :やっちゃってください(´-`)
ロジャー :よろしくお願いします
ダスト  :とどめっちゃえ!
オーベルン:ごーごー
ユーリ  :ではバッソで拳士さんを殴ります
GM   :どうぞ!
ユーリ  :2d6+10+1
[az_dice] Yuri_G -> 2D6+10+1 = [1,5]+10+1 = 17
GM   :2d6+12
[az_dice] azalea_GM -> 2D6+12 = [1,3]+12 = 16
GM   :当たり!
ハイド  :ナイス(笑)
ユーリ  :r20+11+2+2@10 「トドメですかねぇ」
[az_dice] Yuri_G -> Rate20+11+2+2@10 = [5,3:6]+11+2+2 = 21
GM   :NF「……あぁ」
GM   :NF「これで」
GM   :NF「……これで眠れる」
GM   :NF「ありがとう」
ダスト  :「ゴメンね、ごめんなさい…」
ハイド  :「ま…今度は穢れのない身体で生まれてくるといいなぁ?」
GM   :NF「ありがとう……」
*azalea_GM Topic : 魔/銃/拳:破壊
GM   :~戦闘終了!~
ダスト  :「…」無言でハイドを睨みます
オーベルン:「ぷしゅー。 組体操終わっちゃうんだねー…今度会うときは別のことで遊ぼうね」
GM   :異形のゴーレムを倒し、解放された扉のその先には
ハイド  :「…ふん。皮肉じゃねーよ」>ダスト
GM   :小さな、研究室がありました
ユーリ  :「ふぅ」
ダスト  :「ふん…仕事はしないと」 探せば見つかります?
GM   :棚には不気味な色の液体の瓶が沢山。部屋に積まれた、用途のわからない品の数々
GM   :そして、机の引き出しから、何冊かのレポートが出てきます
ハイド  :「さて、そんじゃ最後の仕上げっと。全くこりゃ引きこもるのも頷けるわ…」
GM   :(魔法文明語)
ロジャー :内容を確認してみます
GM   :『ナイトメアの耐久実験記録』
GM   :『複数の素材によるゴーレムの作成と運用』
GM   :『生体を利用したゴーレムの利点と問題点』
GM   :……そんな感じの論文
ハイド  :内容はみんなには翻訳しませーん
ダスト  :ナイス配慮
ロジャー :「…」目を閉じる
オーベルン:「ハイドあんちゃん、見つかった?」(尻尾パタパタ
ユーリ  :「目的のものが見つかったなら戻りましょうかぁ」
ハイド  :「…ふぅ。ったく学院がどんだけ苦労してると思ってんだ…ぁー、見つかった見つかった」ひらひら>オーベルン
オーベルン:「わーい、それじゃ帰ってお金もらって、おやつ食べようよー」
ロジャー :「そうですね、戻りましょう」
ハイド  :「だなー。こんな根暗な部屋さっさとおさらばだぜ」
GM   :では、戻りますね?>ちりり
ハイド  :おうけぇー
ユーリ  :はーい
ダスト  :はーい
ロジャー :うぃ、最後にちょっと振り返りつつ…

GM   :~ティルスティアルの街・冒険者の店個室~
GM   :リード「……はぁ」レポートをぱらぱら見て、リードはため息をつきます
ハイド  :「随分デキた師匠だったみてーだなぁ?」
オーベルン:「ため息出るほどすごいの?それともひどいの?」(無邪気に
GM   :リード「わかっちゃいたけど、酷いものだね……。ごめん、嫌な思いさせたかな」>ちりり
ダスト  :「まったくだわ」
ユーリ  :「どっちもじゃないですかねぇ」
GM   :リード「……師匠は、ね。僕の、母なんだけど」
ダスト  :「アンタの師匠とやらにあったら殴ってやりたいわね…って、そういうことなの?」
GM   :リード「……ナイトメアなんだよ」
ロジャー :「……」
ハイド  :「ふぅ…そういうことなら俺がどうこう言えた立場じゃねーな。ほら、早く報酬出せ」
ユーリ  :「・・・・言葉がみつかりませんねぇ」
GM   :リード「……うん。ボーナスもつけるよ。口止め料込みで」>ハイド
GM   :リード「……さて、と」
ハイド  :「口止めねぇ…ま、貰えるもんはありがたく?」
GM   :リードは、受け取ったレポートを、まとめて部屋の暖炉に投げ込みました
ダスト  :「へえ…」
ロジャー :「いいn…」と言いかけて口をつぐむ
GM   :リード「ま、そういうことで。ありがとう」>ちりり
ダスト  :「別にいいわ、仕事だし」
ハイド  :「あの部屋超汚くて臭かったぜ。そのうち掃除にでもしにけや」
GM   :リード「そうだね。そのうち、大掃除しに行くよ」
ユーリ  :「役に立てたならなによりですよぅ」
オーベルン:「くちどめ?…よくわかんないけどお口にチャックすればいいんだね」暖炉の方を見ながら
ハイド  :「仕掛けなら俺らがバッチリ解いてやったからな。んじゃ…サヨナラ」ひらり
ロジャー :「操霊術の実験の犠牲者、か…。いて欲しくないですね、もう…」
ダスト  :「コンジャラーが皆あんなだとは思いたくないけどさ、ったく!」
ユーリ  :「次の仕事が入るまでゆっくりしましょうかぁ」
オーベルン:「…あの子たち、またどこかで会えるといいなー。そしたら友達になっていっしょにあそぼっと」

GM   :こうして、研究施設に残された、命あるゴーレムは
GM   :冒険者たちの手によって、永い眠りにつきました。
GM   :リード「全く、碌なもの残してくれてないよね……」
GM   :リード「……自分のしたことが、正しかったって思いそうになるじゃないか」
GM   :リード「……今、どこにいるのかな、あのひとは」
GM   : 
GM   :-END