族霊鎧を持つカード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白C2U1 3
青C1U2 3
黒0
赤0
緑C2U1R1 4

エランドの陰影/Eland Umbra(1)(白) C
 エンチャント-オーラ
 エンチャント(クリーチャー)
 エンチャントされているクリーチャーは+0/+4の修整を受ける。
 族霊鎧
ハイエナの陰影/Hyena Umbra(白) C
 エンチャント-オーラ
 エンチャント(クリーチャー)
 エンチャントされているクリーチャーは+1/+1の修整を受けるとともに先制攻撃を持つ。
 族霊鎧
マンモスの陰影/Mammoth Umbra(4)(白) U
 エンチャント-オーラ
 エンチャントされているクリーチャーは、+3/+3の修整を受けるとともに警戒を持つ。
 族霊鎧
長魚の陰影/Eel Umbra(1)(青) C
 エンチャント-オーラ
 エンチャント(クリーチャー)
 エンチャントされているクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
 族霊鎧
蟹の陰影/Crab Umbra(青) U
 エンチャント-オーラ
 (2)(青):エンチャントされているクリーチャーをアンタップする。
 族霊鎧
ドレイクの陰影/Drake Umbra(4)(青) U
 エンチャント-オーラ
 エンチャント(クリーチャー)
 エンチャントされているクリーチャーは、+3/+3の修整を受けるとともに飛行を持つ。
 族霊鎧
蛇の陰影/Snake Umbra(2)(緑) C
 エンチャント-オーラ
 エンチャント(クリーチャー)
 エンチャントされているクリーチャーは+1/+1の修正を受けるとともに、「このクリーチャーがいずれかの対戦相手にダメージを与えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。」を持つ。
 族霊鎧
蜘蛛の陰影/Spider Umbra(緑) C
 エンチャント-オーラ
 エンチャント(クリーチャー)
 エンチャントされているクリーチャーは+1/+1の修正を受けるとともに、到達を持つ。
 族霊鎧
猪の陰影/Boar Umbra(2)(緑) U
 エンチャント-オーラ
 エンチャント(クリーチャー)
 エンチャントされているクリーチャーは+3/+3の修正を受ける。
 族霊鎧
熊の陰影/Bear Umbra(2)(緑)(緑) R
 エンチャント-オーラ
 エンチャント(クリーチャー)
 エンチャントされているクリーチャーは+2/+2の修正を受けるとともに「このクリーチャーが攻撃するたび、あなたがコントロールするすべての土地をアンタップする。」を持つ。
 族霊鎧

陰影の神秘家/Umbra Mystic(2)(白) R
 クリーチャー-人間・ウィザード
 あなたがコントロールするパーマネントにつけられているオーラは族霊鎧を持つ。
 2/2

以下、公式FAQより引用


新キーワード能力:族霊鎧


族霊鎧は一部のオーラが持つ能力で、それがエンチャントされているパーマネントが破壊されることを防ぐことができる。

《猪の陰影》
{2}{G}
エンチャント ― オーラ
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは+3/+3の修整を受ける。
族霊鎧 (エンチャントされているクリーチャーが破壊される場合、代わりにそれからすべてのダメージを取り除いてこのオーラを破壊する。)

族霊鎧に関する公式ルールは以下の通り。

702.86.族霊鎧

702.86a 族霊鎧は、一部のオーラが持つ常在型能力である。「族霊鎧/Totem Armor」は「エンチャントされているパーマネントが破壊される場合、代わりにそれが負っているすべてのダメージを取り除いてこのオーラを破壊する。」を意味する。

702.86b 一つのオーラに複数の族霊鎧があっても効果は変わらない。

  • 族霊鎧の効果は義務である。エンチャントされているパーマネントが破壊される場合、代わりにあなたはそれからすべてのダメージを取り除いてそのオーラを破壊しなければいけない。
  • 族霊鎧の効果は、エンチャントされているパーマネントが破壊される理由を問わず適用される。これには、致死ダメージを受けた、「破壊する」効果を適用された(《破滅の刃》等)等が含まれる。いずれの場合も、代わりにそのパーマネントからすべてのダメージが取り除かれ、そのオーラは破壊される。
  • 族霊鎧は、エンチャントされているパーマネントが他の理由で墓地におかれる場合には効果が無い。これには、生け贄に捧げられた、それが伝説のパーマネントで同名の伝説のパーマネントが戦場にある、タフネスが0以下になった等が含まれる。
  • あなたがコントロールするいずれかのパーマネントに複数の族霊鎧がエンチャントされていて、そのパーマネントが破壊される場合、代わりにそれらのうちのいずれか1つのオーラが破壊される――ただし、1つだけである。エンチャントされているパーマネントはあなたがコントロールしているので、どれを選ぶかはあなたが決める。
  • 族霊鎧を持つオーラが破壊されないクリーチャーにエンチャントされている場合、致死ダメージは破壊する効果は単純に効果が無い。この場合、族霊鎧は何もしない。する必要が無いからである。
  • 族霊鎧を持つオーラがエンチャントされているクリーチャーが、同時に複数の状況起因処理により破壊される場合(致死ダメージを受けていて、なおかつ接死を持つ発生源からのダメージを受けている等)、族霊鎧はそのすべてを置換し、クリーチャーを助ける。
  • 呪文や能力(《次元の浄化》等)が族霊鎧を持つオーラとそれにエンチャントされているパーマネントの両方を同時に破壊する場合、族霊鎧の効果はエンチャントされているパーマネントを破壊から救う。代わりに、その呪文や能力はそのオーラを2つの異なる方法で同時に破壊しようとするが、その結果は1回破壊することと同じである。
  • 族霊鎧の効果は再生ではない。族霊鎧の効果が適用されても、エンチャントされているパーマネントはタップされず、戦闘から取り除かれることも無い。エンチャントされているパーマネントが再生できない効果(《血の復讐》等)は、族霊鎧の効果が適用されることを防がない。
  • 族霊鎧を持つオーラがエンチャントされているパーマネントをあなたがコントロールしている状態で、そのエンチャントされているパーマネントが再生の盾を得たとする。次にそれが破壊される時点で、あなたは再生効果か族霊鎧効果のどちらを適用するかを選ぶ。もう一方の効果は使われずに残り、そのパーマネントが再び破壊される場合に適用される。
  • 族霊鎧を持つオーラがエンチャントされているパーマネントをあなたがコントロールしている状態で、そのオーラが再生の盾を得たとする。次にエンチャントされているパーマネントが破壊される場合、代わりにオーラが破壊される――しかしそれは再生し、結果として何も破壊されない。同様に、何らかの理由でそのオーラが破壊されない場合、エンチャントされているパーマネントも実質的に破壊されなくなる。
  • 呪文や能力が族霊鎧を持つオーラにエンチャントされているパーマネントを「破壊する」場合、代わりにその呪文や能力はそのオーラーを破壊する。(これは《霊体の正義》等のカードに関連してくる。) 族霊鎧はオーラを破壊しない。そうではなく、それは呪文や能力の効果を変更するのである。一方で、呪文や能力により族霊鎧を持つオーラがエンチャントされているクリーチャーに致死ダメージが与えられる場合、そのオーラを破壊するのは致死ダメージに関するゲームのルールである。その呪文や能力ではない。