※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それぞれの構造式を表せ。
CH_{4} NH_{3} H_{2}O CO_{2} HCl
メタン アンモニア 二酸化炭素 塩化水素
Cl_{2} O_{2} H_{2}S HF CCl_{4}
塩素 酸素 硫化水素 フッ化水素 四塩化炭素

分子からなる固体の例を二つあげよ。
ヨウ素、二酸化炭素

原子からなる物質の例をあげよ。
ダイヤモンド

金属の性質を三つあげよ。
金属光沢がある
延性がある(線状に引き伸ばすことが出来る)
展性がある(薄くひろげて箔にすることが出来る)

金属が電気や熱を通す理由を述べよ。
自由電子が電機や熱エネルギーを運ぶから

周期表と元素の性質
周期表の両側に位置する1,2族と、12~18族の元素を典型元素、そのほかに位置する3~11族の元素を遷移元素という。

H以外の1族元素をアルカリ金属、Be、Mg以外の2族元素をアルカリ土類金属、17族元素をハロゲン、18族元素を希ガス元素という。

左下に向かって陽性すなわち金属性が増し、希ガス元素を除いて右上に向かって陰性すなわち非金属性が増す。

次の元素を金属元素、非金属元素に分けよ。
Na F Mg Li C Cl Ne P K S

原子量の求め方

原子量=相対質量A×存在比A/100+相対質量B×存在比B/100

よく出る原子量
元素 H C N O Na Mg Al S Cl K Ca Fe Cu Ag
原子量 1.0 12 14 16 23 24 27 32 35.5 39 40 56 63.5 108

次の物質の分子量を求めよ。
CO_{2} NH_{3} H_{2}SO_{4} C_{6}H_{12}O_{6}
二酸化炭素 アンモニア 硫酸 グルコース

質量保存の法則
1774年、ラボアジェ(フランス)は化学反応の前後において、物質の総質量は変わらないことを発見した。

定比例の法則
1799年、プルースト(フランス)はある化合物中の成分元素の質量比は、化合物の作り方などによらず常に一定である法則を提唱した。

原子説
1803年、ドルトンは「物質は原子(atom)から出来ている」ことを提唱した。

倍数比例の法則
ある物質間では、簡単な整数比で表すことが出来る。

気体反応の法則
1808年、ゲーリュサック(フランス)は同温同圧中で、反応物と生成物の気体の体積は整数の比になることを見出した。

アボガドロの法則
1811年、アボガドロは「期待はいくつかの原子が結合した分子という粒子からなる」と分子説を前提とした法則を説明した。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー