旧朝町の冒険の手引き(行動編)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旧朝町の冒険の手引き(行動編)



● 行動編 ●▲
■ プルダウンリスト
手紙を書くの下にあるクリックすると中身飛び出るリストのことです。(微妙な説明)
そこには参加者の名前やIDが記されています。
それの見かたですが例としてID0000の質屋というキャラクターを見てみます。
0000【拒質生××】質屋(質屋:Lv1)

となっているはずです。
はじめの0000これはそのキャラのIDです。
つぎの【】の内部は【保存状態 職業タイプ 生存状況 龍所持者 お見合い設定】をあらわしています。
保存状況には6種類あります。
町・・・町で保存しているので、普通に会えるということです。
離・・・人里はなれて保存しているので、運がよくないと会えません。
拒・・・戦闘拒否して保存しているので、普通に会えますが戦闘はできません。
瞑・・・瞑想保存しているので、普通に会えますし、戦闘を挑んだときに相手の戦闘判定が下がります。
不・・・アイテムで保存しているので、会うことができません。
初・・・ダンジョンで保存しているので、会うことができません。
中・・・ダンジョンで保存しているので、会うことができません。
上・・・ダンジョンで保存しているので、会うことができません。
最・・・ダンジョンで保存しているので、会うことができません。
?・・・現在使用中か保存し忘れのどちらかです。
保存し忘れだと思ったら会いにいってあげてください。

職業タイプには4種類あります。
戦・・・戦闘系をあらわします。
販・・・販売系をあらわします。
両・・・戦闘系でもあり販売系でもある事をあらわします。
無・・・無職のままの人です、彼らは転職をして何か職につかない限りゲームをプレイしていることになりません。

生存状況はには2種類あります。
生・・・生きてます。
死・・・死んでます。
まぁ見たまんまです。

龍所持者というのは龍を召喚石に入れている人のことです。
ただ持っているだけでは所持者にはなりません。
龍・・・龍が召喚石にいる。
×・・・龍が召喚石にいない。
お見合い設定というのはお見合いを許可しているかどうかを判断できます。
見・・・お見合い設定をしている。
×・・・設定していない。

■ 他のプレイヤーを探す
登録している他プレイヤーと遭遇する事が出来ます。

相手をプルダウンメニューで選択するか、相手のIDを入力して決定を押します。
但し、以下の場合は会う事が出来なかったりします。

 ○保存していないプレイヤー
  保存していないとゲーム中扱いとなって他の人からは会えません。
  但し、ゲーム中断後、暫くたった相手とは接触出来るようになります。

 ○隠れて保存したプレイヤー
  見つけ出す事は可能ですが、発見できない場合があります。
  ※盗賊は隠れる確率が上がります(他人に発見されにくい)
  ※賞金稼ぎは賞金首を発見する確率が高いです。
  プレイヤーリストの居場所は、放浪と表示されます。

 ○テントなどのアイテムを使って保存したプレイヤー
  次回プレイ時まで特定のスキルをもつ人以外には発見されません。
  プレイヤーリストの居場所は、不明と表示されます。

■ 手紙を書く
相手に接触しなくてもメッセージを残す事が出来ます。
相手をプルダウンメニューで選択するか、相手のIDを入力して決定を押します。
■ アイテムの探索
アイテムを探します。
探索一回につき体力を1消費します。
poison状態にあるプレイヤーは一定の確率で更に体力が1減ります。
また罠などにかかることもあります。
■ アイテムの装備・使用
アイテムを使用するコマンドです。
チェックを入れたものを使用します。
武器・防具類アイテムを使用すると装備します(装備をはずすにはチェックをはずして下さい)。
■ アイテムを捨てる
いらないアイテムを捨てます。
「貢物」のスキルを修得していて、レアアイテムを捨てた場合は経験値が入ります。
■ アイテム並び替え
チェックを付けたアイテムを一番上に持っていきます。
■ レベルアップする
経験値が規定量たまっていればレベルアップして能力を高めることができます。
■ 作戦変更
このゲームの戦闘において最も重要な「作戦」を設定します。
作戦の相性は後ほど戦闘の部分で。
参照:戦闘編へ
■ 通り名設定
自分に二つ名のようなものを付けられます。
「初心者」のままでは味気ないので変えるようにしてください。
■ 戦闘時の設定
戦闘時の台詞などの設定ができます。
デフォルトでは味気ないので変えるようにしてください。
■ ステラツィオの設定
このゲームにはステラツィオ(略称:ステラ)と呼ばれる宝石が存在します。
ステラは探索で発見できます。
ステラには以下の12種類があります
Aries Taurus Gemini Cancer Leo Virgo Libra Scorpio Sagittarius Capricorn Aquarius Pisces

これらを全種類集めるとこのコマンドでアイテムと交換できます。
またこのコマンドではトレード設定も行えます。
うまくいけば欲しいものを交換してくれるときがあるので、トレードは積極的に行いましょう。
■ ステラツィオを捨てる
上で説明したステラは25個までしか持てません。
上限を超えて見つけても拾えません。
そのためいらないステラを捨てるのも一つの手段です。
余談ですがステラを捨てるとアイテムが手に入ったりまします。
■ 詩・日誌を書く
それぞれ必要なスキルを持っていれば書いてトップページに載せることができます。
アピールしたいことや日常のこと、募集しているものなどを書いてみるのもいいでしょう。
■ 商品の設定
売りたいものにチェックを入れて値段を入力することで売ることができます。
売れるものは職種によって異なります。

基本的に下取り価格+10G以上の値段でしか売れません。
■ 料金の設定
解毒費、蘇生費、鑑定費などの設定を行えます。
設定しないと人に利用してもらえないので気をつけてください。

必ず設定する義務は特にありません。
■ アイテム鑑定
手持ちのアイテムの効果を調べます。
体力を1消費します。

■ ○○強化
参照:加工編へ

■ 傭兵ギルドへ
お金を出して傭兵を雇えます。
傭兵はアイテム扱いとなるので所持数を一つ使います。
使用すると一時使用となり、次の戦闘で援護をしてくれます。

■ アイテム複成
体力を消費してアイテムを複成します。
失敗するとアイテムは消滅します。

■ 王様のところに運ばれる
いくらか所持金を失いますが体力MAXで蘇生できます。

■ 銘入り品の名前を変更する
銘入り証明書を一時使用することで一回行えます。
作成品、強化品の名前を変更できます。
すでに変更したことがあるものは再度変更できません。

■ RATEを初期化する
戦績リセッタを一時使用することで一回行えます。
勝利数等をすべて0にしてRATEを0に戻します。

■ 画像の変更
不思議な魔鏡を一時使用することで一回行えます。
登録時のようにもう一度画像を変更できます。

■ カジノへ行く
カジノへいけます。
お金をメダルに変えて遊ぶことができます。

■ コロシアムへ行く
コロシアムへいけます。
参加したり誰が勝つか賭けたりできます。

■ ドラゴン
を召喚石に入れる:手持ちの龍を召喚石に入れることができます。
召喚石に入れた龍でないと食事を与えたり、戦わせたりできません。
マスターレベルより高い難易度のドラゴンは入れられません。

に食事を与える:召喚石の中の龍に食事を与えます。
食事は通常の食料と同じです。
長期間与えなくても餓死することはありませんが信頼度を高める手段ではあります。

を召喚石から出す:召喚石の中の龍を手持ちに戻します。
所持数に空きがないといけません。
外に出すと信頼度がリセットされます。

の戦闘設定:召喚石の中のどの龍を戦わせるか選択します。
戦闘設定をしている龍を外に出した場合、必ず設定しなおしてください。

の希望交戦距離変更:近距離と遠距離どっちで戦いたいかを決めます。
技の中には距離によって出るものでないものがあります。

の狩場へ出向く:ランダムで出現する敵とドラゴンテンペストします。
対人戦と違い、マスターには経験値は入りません。

を強化する:強化用アイテムを使って龍に新たな技を覚えさせます。

を交配する:雌雄の龍に子供を生ませ新たな龍を誕生させます。
生まれてくる子供は特定の組み合わせ以外はランダムで親の難易度が高いほど難易度の高い龍が生まれやすくなっています。
親龍は死んでしまいます。

のお見合い設定:詳しくはお見合い編で。


■ 転職する
初登録時には必ずやらなければいけないことです。
スキルや強さを引き継ぎ上級職に上がることと、スキルやレベルをリセットして無職になることができます。

■ キャラ削除
キャラを削除します。
削除したキャラは復活できません。

■ バックアップ
データのコピーをとっておきます。
定期的にとったほうがよいですが過信しすぎないでください。

■ 保存について
次回のプレイまで保存します。保存しないと体力が回復されません。保存方法は5種類あります。

「町で保存」・・・体力回復率は高いのですが、他のプレイヤーに必ず発見されます。
「人里離れて保存」・・・発見される確率が低くなります。体力回復は遅くなります。
「瞑想保存」・・・体力回復率は非常に高いのですが、戦闘の時に負けやすくなります。
「戦闘拒否保存」・・・お金を払い戦闘のみを拒否できる保存を行えます。
「アイテム保存」・・・テントや変装キットなどを一時使用して町で保存を選べば自動的にこの保存となります。
誰にも発見されないうえに回復量が高いです。


● コンタクトアクション編 ●▲
■ メッセージを残す
遭遇時のコマンド。相手にメッセージを残す事が出来ます。
■ 買う
相手が値段設定したものだけ買う事が出来ます。尚、質屋から買物が出来るのは販売系のみです。
■ 売る
相手が質屋だとアイテムを売る事が出来ます。
■ 解毒・蘇生・鑑定
遭遇した相手にお金を払って治療、鑑定してもらう事が出来ます。
■ 戦う
相手と戦う事が出来ます。迎撃者には攻撃アドバンテージがつきます。
襲撃時に死ぬと経験値は入りません。
戦闘では武具破損と強奪が発生します。
自分の体力が少ないと戦闘出来ません。
■ アイテムを送る
その名の通り、相手に自分の所持しているアイテムを送ることが出来ます。
あまりにも目立つ複数人で協力した不正は処罰します。
■ お金を贈る
その名の通り、相手に自分の所持しているお金を譲渡出来ます。
あまりにも目立つ複数人で協力した不正は処罰します。
■ 傀儡を作る
詳細はスキル説明で。
■ ドラゴンテンペストを行う
相手の龍と自分の龍を戦わせます。体力を2消費します。
■ ドラゴンのお見合いを行う
詳しくはお見合い編で。
■ ステラツィオのトレード
ステラをトレードできます。
■ 別れる
遭遇したプレイヤーと別れ通常のプレイ画面へ戻ります。