osamu_dazai 太宰治bot


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これからどんどん生長しても、 少年たちよ、容貌には必ず無関心に、 煙草を吸わず、お酒もおまつり以外には飲まず、 そうして、内気でちょっとおしゃれな娘さんに 気永に惚れなさい

なぜ生きていなければいけないのか、 その問に悩んでいるうちは、私たち、 朝の光を見ることができませぬ。 そうして、私たちを苦しめているのは、 ただ、この問ひとつに尽きているようでございます

過ぎ去ったことは、忘れろ。 さういっても、無理かもしれぬが、 しかし人間は、何か一つ 触れてはならぬ深い傷を背負って、 それでも、堪えてそしらぬふりをして 生きているのではないのか。 おれは、さう思う

人間三百六十五日、何の心配も無い日が、一日、いや半日あったら、 それは仕合せな人間です。

人間は不幸のどん底につき落とされ、ころげ廻りながらも、 いつかしら一縷の希望の糸を手さぐりで捜し当てているものだ。

私には、誇るべき何もない。 学問もない。才能もない。 肉体よごれて、心もまずしい。 けれども、苦悩だけは、その青年たちに、 先生、と言われて、だまってそれを 受けていいくらいの苦悩は、経て来た。 たったそれだけ。 藁一すじの自負である