※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モンスターサイドストーリーズ

クエスト一覧

第一話『マミーに愛の手を!』

準備アイテム :ミルク1個、綿毛5個、スケルボーン5個、赤ハーブ5個、黄ハーブ5個
クエスト方法:

  • !注意:各モンスターとの会話を始める「・・・」吹き出しは足元のセルにあります。
    カプラなどと違い、モンスターNPC自体はクリックできません。

    +ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかける。
    「第一話」→「名前を教える」を選択するとモロクへ行くようにう指示される。

    +モロク10時方向にいる[マミー](38,227)「マミメッド・ミイラ・ミー」に話しかける。
    「どうしてこんなところにいるの?」→「名前を教える」を選択し、最後まで会話を進める。
    無視するを選んでも「どうして~」になる。また、「名前を教えない」を選んでもまた聞かれる。

    +プロンテラ中央東の宿屋(204,192)に入り、2階にいる[メーイ](70,172)に話しかる。
    「嘘をつく」「正直に話す」のどちらを選択しても、以下の材料を持ってくるように言われる。
    ミルク1個、綿毛5個、スケルボーン5個、赤ハーブ5個、黄ハーブ5個


  1. 材料を集めて[メーイ]に渡すと薬を作り始める。
    静かにするように言われるので選択肢が出ても「静かに待つ」を選ぶ。
    !注意:何度も話しかけると作成失敗して材料を集め直しになる。
    完成したら3色の薬うち1つを選んで受け取る。
    (フラグアイテムのためアイテムとしては存在しない)
    --「溶岩のように煮え立つ赤い薬」
    • 「光り輝く黄色い薬」
    • 「体に悪そうな青い薬」

      +プロンテラで[メーイ]に薬をもらい、モロクのマミメッドに飲ますのを繰り返す。
      2回目以降はメーイに材料を渡す必要はなく、何度か飲ませると具合が良くなる。
      薬によって反応が違うようなので要検証。
      以下は成功例
      黄→赤→青(無理矢理のませる)→赤
      黄→青(無理矢理のませる)→赤
      赤→青(無理やりのませる)→黄(拒否される)→赤
      赤→黄→赤→青
      赤→青(無理やり)→赤 成功確認しました。多分最短です。
      

仮説

・青を無理矢理飲ませる必要があるが、初回は飲ませられない
・「赤→青→赤」「黄→青→赤」の合計3回が最短ルートと考えられる
・薬は順番ではなくポイント制?


  1. プロンテラの[メーイ]に報告すると特別な包帯をもらう。
    (フラグアイテムのためアイテムとしては存在しない)

    +モロクのマミメッドに話しかける。
    「包帯をあげる」「あげない」どちらでも同じ。包帯を巻いて欲しいと言われる。
    「(反)時計回りに○回~」のように指示されるので指示通りにマミメッドの周りを回る。
    制限時間あり(正確な時間不明)。時間がかかりすぎると包帯が上手く巻けなかったと言われ、やり直し。

    +マミメッドに愛の言葉を教えて欲しいと言われる。
    タイピングゲームで60秒以内に指示された言葉を数回入力する。
    言葉の例(コピペ用)
    結婚してください
    君のハートにプロボック
    僕の恋の病は万能薬でも治せない
    君の包帯に乾杯
    君の包帯の中が見たい
    俺に惚れると怪我するぜ
    手を握ってもいいですか?
    二人だけのバジリカを築かないか
    その包帯、とってもよく似合うよ
    君を想うと夜も眠れない
    良いね!グッドスマイル!
    僕と一緒にジャワイにいかないか
    僕らの恋はホルグレンでも壊せない
    毎朝僕のために包帯を巻いてくれ
    


  1. マミメッドの名前を尋ねられるので正しい名前を答え、「友達」と答える。
    「恋人」「モンスター」と答えてもシナリオが進行するので、選択肢はお好みで。
    ここで選んだ答えに応じてこの後の会話内容が若干変化する。

    +ゲフェンフィールド10(gef_dild10)10時方向の
    オークダンジョン入口前にいる[マミー]ことマミメッド(62,300)に話しかける。

    +アルベルタ4時方向(コンロン転送NPC付近)にいる[マミー]ことマミメッド(249,64)に話しかける。

    +プロンテラ2時方向の大聖堂裏にいる[マミー]ことマミメッド(265,344)に話しかける。

    +再びモロクのマミメッドに話しかける。
    「ついていく」を選ぶと別のマップに飛ばされる。

    +マミメッドに話しかけると感謝の言葉を受け取る。
    (エフェクトをONにしてから話し掛けたほうがよい)
    「ばいばい」を選ぶと元の場所に戻りクエストが終了する。
    --これ以降モロクのマミメッドに話しかけるとタイピングゲームができる。

    --ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかけ、
    「第一話」を選択すると、完成した物語を読むことができる。

第二話『ワンだふるリーダーになりたい!』

クエスト条件 :モンスターサイドストーリーズ 第一話完了
クエスト方法:

  • ゲーム内ではコボルトではなく濁音付きのコボルドです。
    //上の行は「コボルト」での単語検索用に残した方がいいと思います


  • !注意:各モンスターとの会話を始める「・・・」吹き出しは足元のセルにあります。
    カプラなどと違い、モンスターNPC自体はクリックできません。

    +ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかける。
    「第二話」を選択→ゲフェンに居るコボルドを探すようにう指示される。
    !注意:第一話をクリアしていないと進行できない。

    +ゲフェン9時方向(38,124)にいる「こじろー」(赤いコボルド斧のグラフィック)に話し掛ける
    こじろーの頼みを聞き入れ、名前を教えるとゲフェンフィールド13(ブリトニアギルドMAP)の
    「ジョニー」というコボルドリーダーに会うように言われる。

    +ゲフェンから西←南↓のゲフェンフィールド13の11時方向の「ジョニー」(130,339)に話し掛け、リーダーの秘訣を尋ねる。
    場所はマップの北端にあるくぼみが目印。
    すると次は、少し南にいったところに居る「ごんた」に会うように言われる。

    +同マップ中央付近(158,191)にいる「ごんた」に話し掛ける。
    「T」退治を依頼され小部屋に飛ばされる。

    +コボルドが「盗蟲クラッシュ!」というチャットを立てているのでそこに入室する。
    ミニゲームは1人ずつ参加のため先客が居た場合順番待ちになる

    +専用マップに飛ばされ、ミニゲーム「盗蟲クラッシュ!」スタート
    ルール:円陣を組んだ盗蟲が次々に現れるので、12匹(組)の円陣の中心に立つように移動する

出現位置は固定なので難易度はそんなに高くない

  1. ミニゲームをクリアーした後、「ごんた」に話し掛けると感謝される。

    +再び「ジョニー」と会話。リーダーになる秘訣その1を教えてもらう。

    +ゲフェンに戻って「こじろー」と会話。
    リーダーになる秘訣を聞かれるので『 困っている人を助ける 』と入力。

    +再びゲフェンフィールド13に行き、「ジョニー」と会話。
    次は東の橋を渡った先のギルド砦の裏側に居る「かい」に会って来るように言われる。

    +ゲフェンフィールド13の1時方向
    Britoniah Guild2の裏(308,302)にいる「かい」に話し掛ける。

    +絵札勝負のミニゲーム「絵札じゃんけん」スタート
    ルール:じゃんけんと同じ要領。
    〇魔術師⇔戦車×
    〇戦車⇔女教皇×
    〇女教皇⇔魔術師×
    死神は死神以外すべてに勝てる。死神同士だと引き分け。
    死神以外のカードを2枚ずつ。
    死神カードが1枚の計7枚のカードを交互に出し合い勝負。
    7枚出し終わった時、勝ち数の多い方が勝ち。
    
    これを3セット行い、先に2回勝てばいい。1回勝利と引き分け2ではだめ。
    引き分けや負けなら再戦する必要がある。
    

しっかりと相手の残りの手札を憶えつつやれば割と簡単です。

  1. 「かい」に勝ったら再び「ジョニー」と会話。
    リーダーになる秘訣その2を教えてもらう。

    +ゲフェンに戻って「こじろー」と会話。
    再びリーダーになる秘訣を聞かれるので『 常に群れで助け合い、思いやりをもて 』と入力。
    「こじろー」にお礼を言われてクエスト終了。
    --これ以降ゲフェンフィールド13の「ジョニー」か「かい」に話しかけると絵札じゃんけん
    同マップの「ごんた」に話しかけると盗蟲クラッシュ!のミニゲームができるようになる。

    --ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかけ、
    「第二話」を選択すると、完成した物語を読むことができる。

第三話『一泡ふかせろ かにニッパ!』

クエスト条件 :モンスターサイドストーリーズ 第一話第二話完了
クエスト方法:

  • !注意:各モンスターとの会話を始める「・・・」吹き出しは足元のセルにあります。
    カプラなどと違い、モンスターNPC自体はクリックできません。

    +ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかける。
    「第三話」を選択→アルベルタに居るバドンに会うように指示される。
    !注意:第二話をクリアしていないと進行できない。

    +アルベルタ5時方向(216,43)にいる「マイルス」に話しかける。
    師匠になり、食べることも修行だよ?とアドバイスすると、バイラン島に
    いる「クックー」から食べ物をもらってくるよう頼まれる。
    --食べることを薦めないと最後にはバテてパラメータが最低まで下がり、バイラン島へいくことになる。

    +イズルードから船でバイラン島へ渡り、12時方向北端(110,188)付近にいる
    3匹のモンスター(リーナ達)のいずれかに話しかける。
    マイルスの事に関する選択肢を選び、クックーの居場所を教えてもらう。
    --驚かすと半透明になり消えるが数秒で元通りになり会話の最初から再開。

    +トゥースからクックーの場所を教わる。
    「ゆっくりでいいよ」→「はっきり教えて欲しい」を選ぶ。

    +バイラン島の船着場右側の茂み(123,50)にいる「クックー」に近づくと自動会話
    がスタートして、大量の食べ物をもらう(アイテム欄には出ません)。
    ※一度会話をキャンセルすると見つからなくなるので、その場合は再度リーナ達
    に情報をもらってくると良い。
    --クックーの足元のセルをクリックしても会話は進まない。

    +アルベルタに戻り「マイルス」に話しかけると、料理を食べさせる選択肢式の
    ミニゲームがスタート。ゲームが終了(失敗でもOK?)のあとジョゼフとの決闘になる。

    +「マイルス」に再度話しかけると決闘用の専用マップ「わからない場所(room_00)」に飛ばされる。
    2匹のソードフィッシュがチャットを立てているので、どちらでも良いので入室する。
    チャットに入室した順番に進行するので先にプレイヤーがいた場合はここで待機になる。
    順番がくるとイズルードダンジョン最下層に似た専用マップ「わからない場所(jp_event03)」に
    飛ばされて、選択肢式の「ジョゼフ」と「マイルス」の決闘ミニゲームがスタート。
    勝負の決着が付くとアルベルタに戻される。

    +ジョゼフに負けた場合、再度マイルスに話しかけて励ますと「勇気」が1アップして、
    再度ジェゼフとの決闘になる。ジョゼフに勝てるまで決闘~特訓の繰り返し。

    +ジョゼフに勝利後、マイルスに話しかけると「今のままでは勝てない」という話になり
    「カウンターを憶えたいので見せて欲しい」と言われる。
    マイルスの周囲に出る白い発光エフェクトに会わせて「今だ!」の選択肢を選ぶ。
    5回中3回成功でクリア(さほどタイミングはシビアではない)
    --他の人が会話をしていると会話に関連したエモーションも出すが、それに惑わされず
    攻撃エフェクトのみに対して「今だ!」を選ぶこと。
    エフェクトに合わせれば同時に多人数もカウンターの特訓に挑戦できる。

    +マイルスに再度話しかけてヒューゴと決闘をしに行く。上記同様にチャットに入ると
    選択肢式の「ヒューゴ」と「マイルス」の決闘ミニゲームがスタート。
    反撃などを受けた場合は2回目でスタミナ切れになり負けてしまうが、負けても
    「マイルス」に話しかければ何度でも再挑戦できる。
    2回の攻撃で優位に立てると仲間が現れて勝利できる。

    +ヒューゴに勝利するとクエスト用のバイラン島に飛ばされてお礼を言われる。
    ここでログアウトするとセーブポイントに戻るが、再度マイルズに話し掛ければ来れる。
    記念撮影をして「ばっちり」を選べば終了。
    --以後、マイルスに話し掛けるとクエスト用バイラン島に行ったり、パラメータの確認とミニゲームができる。
    特訓・食で素早さ、特訓・カウンターは力のパラメータをアップできる。
    決闘を選ぶとマイルスとヒューゴの決闘ができる。
    --アルベルタのジョゼフに話しかけるとジョゼフとマイルスの決闘ができ、

これに勝つとマイルスの勇気のパラメータがアップする。

  • パラメータを上げることで決闘で有利になる?

    --ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかけ、
    「第三話」を選択すると、完成した物語を読むことができる。

第四話『グッバイ・マイ・ドール』

準備アイテム :オリデオコンの金槌1個
クエスト条件 :モンスターサイドストーリーズ 第一話第二話第三話完了
クエスト方法:

  • !注意:各モンスターとの会話を始める「・・・」吹き出しは足元のセルにあります。
    カプラなどと違い、モンスターNPC自体はクリックできません。

    +ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかける。
    「第四話」を選択→アルベルタに居るマリオネットを探すように指示される。
    !注意:第三話をクリアしていないと進行できない。

    +アルベルタのマリオネット・アバンダ(201,128)に話しかける。

    +イズルードのドロッセル(98,139)に話しかける。
    簡易修理キットをもらう。次のミニゲームの説明をされるのできちんと聞いておくこと。

    +アバンダの所へ戻る。
    ミニゲーム。簡易修理キットのツマミA、Bのレベルを両方同時に5になるように合わせる。
    Aを1上げるとBが1下がる。
    Aを1下げるとBが1上がる。
    Bを1上げるとAが2上がる。
    Bを1下げるとAが1下がる。
    レベル5以上になってしまうとゲームオーバー。
    AとBのツマミの上がり下がりを理解していれば、そう難しくない。
    


  1. ドロッセルの所へ。修理対象がマリオネットと聞き、ドロッセルは口をつぐんでしまう。

    +プロンテラの人形商人下にいるラフレシア人形(248,150)に話しかける。
    街灯の影になっているが、若葉色の球体が動いているので分かるはず。

    +ドロッセルの所へ。ラフレシア人形の伝言を聞いて翻心したドロッセルに協力してもらうことになる。

    +アバンダに話し掛けた後、沈没船の島の監視員(32.94)に話しかける。
    沈没船マップ左上に区画が出来ている。
    黒いものに怯える彼女のために対策を講じることに。

    +ブリトニア(gef_fld13)のごんた(157,191)に話しかける。
    第2話で出てきた盗蟲退治のイベントNPC。彼から特製殺虫剤(フラグであり現品なし)を入手。

    +沈没船の島の監視員の所へ戻り、特製殺虫剤を渡す。
    その際の取引条件として、もう一つの沈没船(anothership)へ行くことを見逃してもらう。
    以後、彼女に話しかけるともう一つの沈没船へ行けるようになる。

    +もう一つの沈没船のエンシェントミミック・バロック(103,71)に話しかける。
    バロックはマップを進めば正面にいる。
    入ったすぐの所にマップの注意点があるので、一度は目を通しておこう。
    構造自体は沈没船ダンジョンと同じ。リログするとセーブ地点へ戻されてしまうので注意。

    +マップ内にいるミミック3匹とミニイベントを行う。
    --マップ右下小部屋のスケルツァンド(157,35)
    最多鍵Lv1
    あわせて10個ある□と■のうち、どちらの方が多い(または同数)かを当てる。
    このレベルは1列しかない上白黒なので、見ただけで分かる。
    彼に勝つと「トネリコの球体関節」(フラグアイテム)をもらえる。
    
    • マップ左下小部屋のフリオーソ(49,34)
      数錠解除Lv1
      表示された3~4桁の数字を数字入力窓にそのまま入力する。
      テンキーがあると非常に楽。
      彼に勝つと「蒼き樹脂」(フラグアイテム)をもらえる。
      
    • マップ左上小部屋のアジタート(24,145)
      アップダウンLv1
      ↑↓の表示通りにカーソルを動かして、最後に止まった選択肢を選ぶ。
      コツが分かれば最後の数手だけで位置を把握できるようになる。
      彼に勝つと「銀の燭台」(フラグアイテム)をもらえる。
      


  1. ドロッセルのもとへ戻るが、アイテムが足らないと言われる。
    沈没船の監視員のところへ自動転送。

    +バロックを問い詰めると、ミミック達の側面に別の領域があるといわれる。

    +ミミック3匹と再度ミニゲーム。
    --スケルツァンド
    アップダウンLv2
    Lv1より矢印の数が増える(16個)。但しコツは同じ。
    フラグアイテムは「ルビーのドールアイ」。
    
    • フリオーソ
      最多鍵Lv2
      今度は◎と回になる。列も3列10個に。
      但し最初の1列を見れば答えられるよう(1列目が◎過多で他が回過多というパターンはない?)。
      フラグアイテムは「翠の樹脂」。
      
    • アジタート
      数錠解除Lv2
      桁が1程度増える。やはりテンキーで楽勝。
      フラグアイテムは「ムスペルの灯心草」。
      


  1. ドロッセルに話しかけるとアバンダを連れてくるように言われる。

    +アバンダを回収。跡地にドロッセルからもらったダミー人形を置いてくる。

    +ドロッセルにアバンダを渡す。アバンダは修理され、2人で秘密の会話。

    +アバンダのダミー人形を回収。アバンダからマリオネットキラーと対決する決意を聞く。

    +ドロッセルに話しかける。マリオネットキラーに対抗するため、アバンダを強化することに。
    ここで、溶剤の量を量るか溶剤の原料となるアイテムを集めるかの選択になる。
    --計量の場合
    1000ml入っている袋から500mlの容器Aと300mlの容器Bを使って、500mlの容器に400mlの溶剤を入れることになる。但し10回以内。
    やり直しできないような言い方をされるが、そのようなことはない。何度でもリトライできる。
    最短ルートは6回。2パターンの解答を反転で↓
    袋→A、A→B、B→袋、A→B、袋→A、A→B
    袋→B、B→A、袋→B、B→A、A→袋、B→A、袋→B、B→A
    --アイテムを集める場合
    以下のアイテムを要求される。
    アルコール2個、カルボーディル2個、コーディング薬1個、紅ポーション22個、白ポーション11個、空きビン1個

但し、計量した方が楽で、かつコストが圧倒的にかからない。よほど時間がない時ぐらいしかアイテムで済ませることはないだろう。
なお、アイテムを集めるとした場合でも、計量の方にし直すことは可能。

  1. ミミックから入手したフラグアイテム6つとオリデオコンの金槌1個を消費してアバンダを強化する。
    肌・蝋燭・体の各パーツごとに、2種類のアイテムから1つ選択する。
    肌:蒼き樹脂・翠の樹脂
    蝋燭:ムスペルの灯心草・銀の燭台
    体:トネリコの球体関節・ルビーのドールアイ
    

この選択によって、アバンダのタイプ(攻撃・防御ステータス)が変わる。
タイプを変更する場合、フラグアイテムを取り直す必要はないが金槌は変更の度に必要となる。

  1. バロックに話しかける。
    さらに強化するかそのまま戦闘に向かうかの選択になる。

    強化の場合はミミック達とミニゲームをしてフラグアイテムを入手、それを使用してドロッセルによる強化を行う。
    但しLv3は時間制限がある。しかも時間経過はミニゲーム中表示されない。
    --スケルツァンド
    数錠解除Lv3
    桁が2程度増える。時間制限は122秒。やはりテンキーで楽勝。
    フラグアイテムは「金糸のウィッグ」。
    
    • フリオーソ
      アップダウンLv3
      矢印ではなく「上」「下」になる。時間制限は80秒。
      Lv2よりも移動数が増える。但しコツは同じ。
      フラグアイテムは「紅き樹脂」。
      
    • アジタート
      最多鍵Lv3
      今度は「ぬ」と「め」になる。時間制限は111秒。列も3列12個に。
      これを解くのは至難の業、恐らくこのクエスト最大の難関。
      しかしよく見ると、2列目6個目を境に点対称になっていることが分かる。
      このため、2列目6個目までの数を9個を基準に数えればよい(クリア後プレーできるS.Aも同じく点対照)。
      尚、後にパッチで「グラス」アイテムを装備した状態で話しかければ、「ぬ」「め」がそれぞれ「◆」「◇」に換わって見えるようになった。
      フラグアイテムは「ミストレスの蜜蝋」。
      

なお、途中でアイテム入手を断念すると、獲得済みのLv3アイテムは回収されてしまう。
また、3つ全てクリアしないと強化できないため、諦めて戦闘に向かうかクリアまでミニゲームに挑戦するしかない。
もっとも、再強化しなくても時間さえかければ勝つこと自体は可能。再強化した場合は楽勝。

  1. マリオネットキラー・ヘイトリッド(101,151)と決戦。
    もう一つの沈没船中央上の小部屋にいるが、ここで戦闘になるまではこの部屋へは侵入できない。

    攻撃か防御をしてヘイトリッドのHPを先に0にすれば勝ち。ターン数は表示されるが回数制限はないと思われる。
    --攻撃を選択した場合、通常攻撃・特殊攻撃・空振りのどれかとなる。
    --防御を選択した場合、完全回避・ガード・カウンター・HP回復・防御失敗のどれかとなる。
    HPは1000あるが、HP回復の特殊防御で1000以上になることもある。
    カウンターでも多少攻撃はくらう。
    防御に失敗するとHPを300近く引かれるので、防御失敗しないことが勝利の秘訣だろう。
    また劣勢でもHP回復やカウンターで逆転できる。
    


  1. 勝利後アルベルタに戻ると、ドロッセルに報告に行こうと言われる。(省略可)

    +ドロッセオに勝利の報告、あわせて謎の解明等が行われる。

    +アバンダのいたところへ戻り、転生を見届ける。

    +ドロッセオの過去話を聞く。
    --バロック、マリオネットキラーからも話を聞ける。
    --これ以降、もう一つの沈没船内のミミック達に話しかけると各種ミニゲームができる。
    それぞれエキストラステージも追加されている。
    スケルツァンド:最多鍵Lv.1、アップダウンLv.2、数錠解除Lv.3、アップダウンS.A.
    フリオーソ:数錠解除Lv.1、最多鍵Lv.2、アップダウンLv.3、数錠解除S.A.
    アジタート:アップダウンLv.1、数錠解除Lv.2、最多鍵Lv.3、最多鍵S.A.
    
    • ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかけ、
      「第四話」を選択すると、完成した物語を読むことができる。

第五話『a Love Story はじまりはミョルニール』

クエスト条件 :モンスターサイドストーリーズ 第一話第二話第三話第四話完了
クエスト方法:

  • !注意:各モンスターとの会話を始める「・・・」吹き出しは足元のセルにあります。
    カプラなどと違い、モンスターNPC自体はクリックできません

    +ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかける。
    「第五話」を選択→ゲフェン北東のミョルニール山脈に居るミノタウロスを探すように指示される。
    !注意:第四話までクリアしていないと進行できない

    +ミョルニール山脈06(ゲフェン→↑)のミノタウロス[ジャン](275,54)に話しかける。

    +話に割ってはいり、会話を進めていくと、
    ごっついミノタウロス・シャルロットの父親[リュシアン]に会いにいくように指示される。

    +ゲフェンフィールド00(ゲフェン→)にいる[門番](252,289)に話しかける。
    正直に答えても追い返される。

    +ミョルニール山脈06に戻り[ジャン]か[シャルロット]に話しかける。

    +抜け道を教えて貰えるのでゲフェンフィールド00に戻る。
    (266,281)を通ると自動対話で抜け道を見つけるので、そこから屋敷に入る。
    --抜け道には警報草(見た目緑色草)が生えており、触れると看板の位置まで戻される。

    +抜け道を通り抜け、ごっついミノタウロス[リュシアン]に話しかける。

    +ミョルニール山脈06の[ジャン]か[シャルロット]に話しかける。

    +ゲフェンフィールド00の[門番]のところから屋敷に入り、[リュシアン]に話しかける。
    --一応抜け道から入る事も可能。

    +チャットに入るとミニゲームマップへ移動。
    中央のミノタウロス[ジャン]に話しかけるとミニゲーム開始。
    8方向からミノタウロスが迫ってきて、ある程度近づくと体色が赤く変化する。
    ジャンの周囲には8カ所のターゲットがあり、
    赤く変化したミノタウロスに対応する方向のターゲットをクリックして撃退する。
    ジャンの横までミノタウロスが来るとHFされてゲームオーバー。
    60秒間頑張ればクリア。
    座ってやるといいかもしれない。
    


  1. クリアすると[リュシアン]の前に戻るので話しかける。

    +客間に移動するのでミノタウロスに話しかける。

    +ミョルニール山脈06に戻り[ジャン]か[シャルロット]に話しかける。
    --これ以降[リュシアン]のところへ行くと少し難易度の上がったミニゲームが出来る。

    +ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかけ、
    「第五話」を選択すると、完成した物語を読むことができる。


第六話『パンプキン・ドリーム ~レディへの道~』

クエスト条件 :モンスターサイドストーリーズ 第一話第二話第三話第四話第五話完了
準備アイテム:おいしい魚1個、空瓶1個、バナナ1個、リンゴ1個、緑ハーブ1個
クエスト方法:

  • !注意:各モンスターとの会話を始める「・・・」吹き出しは足元のセルにあります。
    カプラなどと違い、モンスターNPC自体はクリックできません

    +ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかける。
    「第六話」を選択→イズルードのロリルリを探すように指示される。
    !注意:第五話までクリアしていないと進行できない

    +イズルード中央テント北にいるロリルリ[ローラ](127.142)に、「話しかけてみる」→「手伝う」

    +ゲフェン内回りの北階段横(ヨーヨーしてる頭装備作成NPCそば)の不思議なジャック[ランターン](128,153)に話しかけ、「声をかける」

    +魔法使いの家に飛ばされるので[ランターン]に二度話しかけ、「準備はできている」でダンスの練習場に移動。

    +楽屋に飛ばされるので説明を聞いた後上のチャットルームに入る

    +ミニゲーム「ダンスレッスン」
    地面にエフェクトが出るのでついて歩く(左クリック押しっぱなしがよい)。

    +成功すると楽屋に戻るので下のWPから魔法使いの家に戻る。

    +[ランターン]→[ローラ]→[ランターン]と話しかけ、弟子に話しかけゲフェンへ戻る。

    +プロ宿屋(204,190 Pvのある方)2FのDr.メーイへ話しかけ、材料(おいしい魚1 空瓶1 バナナ1 リンゴ1 緑ハーブ1)を持って行き、元気が出る飲み物を作ってもらう。

    +元気が出る飲み物を持ってゲフェンから魔法使いの家へ。

    +[ローラ]→[ランターン]と話しかけ、「行く!」でニブルヘイムへ飛ばされる。

    +[ランターン]に飛ばされたところのロリルリ[カミラ]→少し南西の防具屋のディスガイズ[ヴァン]→離婚デビルチのいるところ1Fのロリルリ[ローズマリー]に話しかけ魔法の教養書を貰う。

    +飛ばされたところのロリルリ[カミラ]に話すとゲフェンへ戻る。

    +不思議なジャック[ランターン](128,153)に話しかけ魔法使いの家へ。

    +[ローラ]と話すとクイズに。5問中3問正解すればクリア。

    +修行が終了すると楽屋へ送られるのでチャットルームに入り舞踏会会場へ。

    +廃墟の砂浜へ送られる。

    +ゲフェンに戻される。
    --これ以降[ランターン]のところへ行くとミニゲームが出来る。

    +ゲフェン中央カプラ隣にいる[語り部](122,62)に話しかけ、
    「第六話」を選択すると、完成した物語を読むことができる。