※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

結城杏「ねえ、凍矢くん。最近トウモロコシ畑荒らされてるみたいなんだけど・・・なんか知ってる?」

氷野凍矢「きっと・・・・・微妙にいるっていう、からすとか夜盗とかですかねぇ」

結城杏「からすだとさ、残骸がのこるじゃない?なんか残骸ないんだよねー…。夜盗かなぁ・・・?」

氷野凍矢「うーん、夜盗なら夜中に誰か見張って無いといけないですけど・・・・・・・・」

結城杏「でも、うちの男の人みんな忙しそうだし、私の畑だけ見てくれる人なんていないよね…。旦那がいれば頼むのになぁー・・・」

氷野凍矢「ぽむ)それでイイジャナイですか!」

結城杏「ぇっ?」

氷野凍矢「ちょうど対黒のオーマ用のお見合いがあったはずですし・・・・・・折角ですし応募してみては?」

結城杏「お見合いッ!?…でもオイラ泥んこまみれで綺麗な服とか持ってないよー?」

氷野凍矢「服ならいくらでもありますよ、王宮からかっぱらってくれば(何」

氷野凍矢「それに女王様とか団長とかが大喜びで手助けしてくれますよ(本音:これで皆の女装用の服がなくなる!)」

結城杏「ま、まぢでっ?!じゃあ、ちょっと駄目もとでやってみるか…ナ」

結城杏「一人でご飯もそろそろ寂しくなってきたし・・・」

氷野凍矢「なおさら行くべきですよ!服さえ正せば絶対いけますってば!」

結城杏「そ、そっかな…。よし、じゃあちょっと団長に聞いてみるかなッ!?(何処からか電話取り出し)」

氷野凍矢「(いったいどっからでてきたんだろうか・・・・・・・)」

結城杏「(不思議そうに見る凍矢くんにここ、ここと袋指差す)」

氷野凍矢「(一体どんな袋なんだろ・・・・・前違うものがそっから出てきてたような)」

結城杏「もしもし、団長ですかー?!杏でーす!!お見合いってまだ申し込み行けますか?!!結城杏行きますッ!!!」

氷野凍矢「Σ決まるの早っ!!」

結城杏「今、凍矢くんと話してて決めましたッ!!一緒にご飯食べてくれる人見つけますッ!!」

結城杏「(といって、電話を切った)」

結城杏「すはーっ…ってところで何すればいいんだろ??」

氷野凍矢「考えてなかったんですか!?」

結城杏「うん。」