大罪星界006


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:PC間パスいきましょう。PC1>PC2>PC3>PC4>PC1です。
GM:つまり「PC2が“PC1からの××”を持つ」なので。相手と相談して決めてくださいね。
GM:なお、全員分のOP終了時点で補正OK。なんかしっくりこなかったら、そこで調整しましょうw

GM:なお、今回はそーじクンが姫様のもとにきてから、しばらく後のおはなしです。
GM:つまり、お互い初対面ではない設定ね。
さつき :あ、私は認めるまでは“執事くん”と呼ぶことにしますw 認めると名前呼び化ということでw
宗司 :私が皐月さまをどう思っているのかを皐月さまが決めるのですね
アーコック :じゃあ仕える主の友達とかそんな感じだな
さつき :……執事くんは、私に対してどう思っているのでしょう?w
宗司 :えーと‥‥敵?
飛虎建 :敵かよ!w
GM:「執事くんからの好敵手」かな?w
宗司 :「どちらがお嬢様のパートナーに相応しいか、勝負だ!」みたいな?好敵手
さつき :好敵手だとソレですなw
宗司 :興味とかかもね
さつき :興味だと、「あのアスカ姫と同等にツッコミをしないといけない存在……(ごくり」 かな?
さつき :執事くんのやり易い方でいいよw
宗司 :イヤ、ここはむしろ私の意志を無視して他人が勝手に決める流れ
さつき :じゃあ。好敵手で(きっぱり
宗司 :わかりました
さつき :「執事くんからの好敵手」を獲得w
GM:ういw