大罪星界005


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:では次いこう。
GM:PC1は、皇帝ディオスの第十六王女「アスカ姫」に仕える少年執事さんですね。
宗司 :名前は「鷹山 宗司」 「聖戦士/フォーリナー/装着者」です
宗司 :アスカ姫お嬢様の執事をさせて戴いております
宗司 :お嬢様には私がこの世界へ突然連れてこられて右も左も分からないところを助けていただいたので
宗司 :そのご恩を返したいと考えております
宗司 :シナリオパスは「アスカ姫への忠誠」です。と言ってもむしろ「庇護」に近いかも知れませんが
宗司 :お嬢様の行くところ、例え地獄の底だろうと付いていってツッコミを入れる覚悟ですのでよろしくお願いします
宗司 :と、こんな感じでしょうか?
アーコック :執事がツッコミが仕事なのか
宗司 :基本業務です
さつき :アスカ姫は突っ込みどころ多いだろうしなぁ‥‥w
GM:ええと。姫様になんと呼ばれたいか最終確認しておこうw
アーコック :よう兄ちゃん
さつき :セバスチャン、アルフレッド、爺、ヴァルケンハイン
宗司 :セバスチャンでいいですよ、とPLが返答
GM:ふむ。んじゃそのあたりの執事ネームを適当に呼べばいいのだなw
宗司 :それでオッケーですw >適当に
さつき :姫様が気分で適当に読んでそうだ。>執事ネーム
GM:ほい。そんなところですねー。
宗司 :はーい