第2話024


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


クライマックス2

シーンプレイヤー:PC1、筧秋彦
PC全員が自動登場

クライマックス戦闘 「 vs キャプテン=カーティス」


:邪剣なつきは倒してしまうとまずいのだろうか。
GM:別に問題ないよ。むしろパワーアップフラグを阻止するには有効かもね?w
GM:無論、倒したままEDを迎えると死亡確定だけど。

カナタ :“総帥”とか“騎士団”って誰!
:総帥はさっき殺された人。
:騎士団は、血だまりじゃないかな?w
GM:そうでーすw キャプテンが壊滅させた秘密結社「古代の叡智」構成員たちの遺骸を再利用したの。
秋彦 :プロミネンス《死の大地》で用意された連中ですな。
カナタ :ああそうか、そういえば起き上がってたね。
GM:そして、先程キャプテンが「観客」と呼んでいた2名も一緒に姿を消しております。
:あ、そういやいないなw
GM:その2人は第3話に出てくるから今は気にするなw 以上!
一同:はーいw

GM/キャプテン:『ち。忌々しいガキだ。‥‥愛する妹の手にかかっておっ死にやがれッ!!』
:「ははははは。さすがクラウン=カーティスだな! 道化まるだしじゃねーか」
カナタ :「……っ!」正体をばらすのは本人の口から語らせてあげたかったのに!
:多分、まだ正体気づいてないなw > 秋彦くん

GM/キャプテン:指を鳴らす。邪剣なつきに《変身宇宙人》を使用させ、“なつき”の姿を‥‥とらせるよ。
GM:キャプテンは彼女の「魂」を掌握している。どんな無理な命令でも可能なのだ!

秋彦 :「何となく、そう感じていた、けど……やっぱりか……なつき…」
カナタ :「あなたっ……よくも!」キャプテンを睨みつける
GM/虚ろな瞳のなつき:「お兄ちゃん。‥‥あたしを殺しに来たの?」
GM/虚ろな瞳のなつき:「でも、無理だよね。‥‥あたしは死なない。キャプテンが護ってくれるもの」
秋彦 :「そんなわけないだろ」
秋彦 :「ま、ちょっと待ってな。すぐ助けてやるさ」
GM/虚ろな瞳のなつき:「だから」
GM/虚ろな瞳のなつき:「もう、あたしを護らなくていいよ。お兄ちゃん」
カナタ :「そんなわけない! この三千世界全てを壊そうとしている人が、誰かを護るなんて絶対にできない!」
秋彦 :「成る程な……」ゆっくり頷いて
秋彦 :「全力で断る!」

GM/虚ろな瞳のなつき:「‥‥あたしはキャプテンの方がいいよ」 空っぽな笑みを浮かべる。
GM/虚ろな瞳のなつき:「あたしのことを理解して。あたしの力を必要としてくれる。キャプテンの方が」
GM/虚ろな瞳のなつき:「判った? もうお兄ちゃんは要らないの」
秋彦 :「あのさぁ、なつき……そういうのはまともな恋人を連れてきた時に言ってくれ!」
秋彦 :「というわけで、聞いてあげません。可愛い妹の我侭でもな」
GM/虚ろな瞳のなつき:「‥‥そう。やっぱりわかってくれないんだ。お兄ちゃん」
GM/虚ろな瞳のなつき:「なら、もう要らないわ。ばいばい、お兄ちゃん」
GM/虚ろな瞳のなつき:そう告げつつ。涙が頬を伝う。

GM/キャプテン:『随分と嫌われたなぁ、おい?』 にやにや。
秋彦 :「ああ……おかげ様で。やれやれだよ、娘を嫁にやるお父さんの気持ちが少しわかった」
秋彦 :「ま、何だ?…妹を泣かせる奴の所に居たままにはさせられないな……」
秋彦 :「ましてや、妹に殺しをさせる奴の所にはな」
カナタ :「何度も言うけど、あの子に罪無き人の血なんて絶対に吸わせたりしないんだから」

:「あー、もうそろそろ黙れ」
:「茶番は終わりだ。クラウン」
GM/キャプテン:『吠えたな、小僧ッ!』 
秋彦 :「ああ、吠えたぜ…ヒーロー、俺はあんたが踏み外した道を行く」
GM/キャプテン:『ハ! その減らず口を吹き飛ばしてやるぜ』
:ということで、セットアップの《魔神召喚》をしたいのですが。
GM:では戦闘処理はいりましょう。


添付ファイル