第2話017


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ミドル4

シーンプレイヤー:PC3、“レメゲトン”双鷺紋
登場目標値7です。

GM:さて。どんなシーンにします? デフォルトだと「翌朝」で「はるか処刑まで、残り20時間!」ですが。
カナタ :猶予無いな!
:とりあえずみんなボロボロな状態で朝になったって感じか。
:んー。‥‥2階はぶっ壊れたからw
:こっちで双鷺が拠点にしてる宿で集まるとか?
:シルキーやリャナンシー、ティターニアあたりが料理を作ってくれるさ! 演出でw
GM:OK。では涙目のハドソン夫人を後に残し、キミは自分のアジトへと戻った。
GM:ターゲットを補足できた以上、この街に滞在を続ける理由もないわけだしねぇ‥‥?w
:引き払うための準備もしつつ、かな。
:というか、秋彦をかついでくる感じかな。
:さすがに倒れたまま置いていくわけにもいかんしw
秋彦 :適当に目を覚ますのでそれでw
:あ、ハドソン夫人には場所伝えておくからw
GM/ピクシー:「やーさしいんだぁ?」 にやにや。秋彦の様子を気遣うあや様をからかうように。
:「ダスクフレアと相対するのに、一人ではなんともならんだろ?」
:と、至極真面目にw
GM/ピクシー:「いっぱいダイス振るもんね、あいつ」 腕組みしながら空中でころんころん。
:おまえまでメタるのかっ!?w
秋彦 :メタが侵食してきている…
:くそう、グレズがここまで‥‥!

GM:さて。では調理を済ませた魔神娘たちが戻ってくるぞ。
:「‥‥二人分にしては多いな?」
:と、どう見ても4人分以上ある料理が狭いテーブルに並んでいるわけで。
GM/ティターニア:「あなた様。秋彦さんを元気づけるためにも、賑やかな方がよろしいかと」
エルロック :登場判定2d6+4(ダイスを振る)成功。ハドソン夫人およびウィルソン女史同伴で。
エルロック :「やあ諸君、元気なようで何よりだ」
:「‥‥それはお前達に任せる。俺ではどうしようも‥‥ん? 来たか」
GM/リリム:「ぐったーみん!」 歓迎だよー♪
:「すまんな、狭いところで」と。3人を案内。
エルロック :「ベーカー街の方は片付けも何とかなりそうなのでね。 事件の調査も大事だ」
GM/ハドソン夫人:とりあえず壁の修理の手配は済ませてきたので、秋彦くんの様子を心配しているよ。

カナタ :じゃあ私も登場判定ー(ダイスを振る)成功。
カナタ :自転車でエルロック先生たちと走ってきます
エルロック :ああ、こっちはプロトベンツ(自動車)だけど大丈夫?w
カナタ :平気、オートバイ相当品だから!w
:結構スピードは出るけどさ‥‥w >自転車
カナタ :「はー、取り逃がしちゃった‥‥はるかちゃんがー‥‥」 凹んでます。
カナタ :「秋彦くんにも無理させちゃって‥‥あうー」
:「自転車であれだけ追えるのは大したもんだが」と心底感心したようにw >カナタ先生

:「まだ、坊主‥‥いや、秋彦は目を覚ましていない」
:「今の内に聞いておきたいのだが」 > エルロック&カナタ
:「‥‥こいつの妹に何があったんだ?」と尋ねる。
カナタ :「う」 気まずそうに目線をそらす
:「‥‥ま、今ので事情は察しがついた」
:「大方、そういうことなのだろう?」
:と、目を逸らしたことと、状況、態度あたりから推測。
紋/魔神娘たち :(‥‥なんてわかりやすいんでしょう)2828w
エルロック :「まあ、それは彼女の口から聞くべき事だろうさ」
エルロック :「彼女は私の依頼人でね。守秘義務というものはある」
:「俺は別段どちらでもいいが」と、ここで秋彦に視線を。「こいつにはどう説明する?」
カナタ :「そ、それは‥‥ええと‥‥」
カナタ :本当のことははるかちゃん自身から語ってもらいたいなあ、と思うので答えられない‥‥
カナタ :「そ、それはひとまず置いておいて! まずはあの剣を取り戻すことが先決なんです!」
:それはまぁ‥‥、情報収集だよなー。どうにかできるのか。
GM:では、再び情報項目を並べておきましょう。追加分込みで。

情報項目
済「はるかとなつき」(30)
済「ミツルギ」(25)
☆「キャプテン=カーティス」(20)
済「連続殺人事件」(20)
済「なつきの病状」(20)
☆「なつき奪還方法」(25)

エルロック :では、キャプテン=カーティスについて調べておこうかw
エルロック :2d6+10(ダイスを振る)ちょうどで成功。

情報項目「キャプテン=カーティス」
10
: 遙か古代のオリジン由来の英雄‥‥の堕落した姿?
:かつて「破壊神獣ルイムニオン」を含めた宇宙怪獣たちとの戦いで
:生命を落とした、との逸話がある(《英霊:守護者》持ち)。
: 3人の心を繋いだ部下たちと共に超帆船[エトワール号]を駆り、
:オリジン各地の苛烈な争いを全て勝利へと導いてきた。
: なお「エトワール号」は彼らが開発した超文明の産物であり、
:「MTであり、歩行戦車でもあり、船でもある」機体である。
:(システムトレース3種を同時に適用されている)

15
: かつての英雄は秘密結社「古代の叡智」の秘術でグレズコアを得て
:蘇生された。現状では「3人の部下」や「エトワール号」をも自身の
:強化パーツとして利用している(エキストラ扱い)。

20
: 現状、彼はダスクフレア化してしまったため、その本来の目的を
:見失って力に溺れている。彼は「他人の心の深淵を覗く」術に長けており、
:はるかやなつきの苦悩を楽しみながら、彼女たちを絶望へと追いやっている。

: ※ キャプテンの狙いは「邪剣なつき入手」と「宿敵の打倒」です。
:  その「宿敵」については姫子大戦中の第3話にて‥‥

: ※ この項目が全て解放されたので、キャプテンは《鋼の従者5》を使用不能になりました。


:じゃあ、魔神ダンタリオンあたりを召喚して「なつきの奪還方法」を聞くかねw
GM/ダンタリオン:「‥‥おや。こんな場所に」 眼を閉じたまま話す背の高い美女。「いったい何事ですか」
:なんか本持ってそうだな!w
GM/ダンタリオン:「ロンデニオンには鉄道があるのですよ。当然です」 淡々とした口調で。
:‥‥別のダンタリオンが出てきたよ、おいw
秋彦 :おい!w
:普通にダンタリオンは読心とかが出来るから、召喚したのだが‥‥! だがっ!w
:いや、まぁ、アレを思い浮かべたのは否定しないけどw
GM:では情報収集判定どうぞー♪
:14+2d6 判定(ダイスを振る)「6・5」で25。素で成功。
:「やつから邪剣を奪い返すには、どのようにすればよい?」
:「恐らく、なんらかの“秘密”があると思うのだが」
GM/ダンタリオン:「ええ。全てはこの‥‥」 手元は空っぽ。「あら」 ぱたぱた。服装のあちこちを探す。「あらあら」
:「‥‥ロンデニオン鉄道に浮かれてるんじゃないだろうな、おい」w

情報項目「邪剣なつきを奪還する方法」

20
: “邪剣なつき”奪還には、以下の3つの条件を全て同時に満たす必要がある。
:条件1[なつき]が死亡していない。
:条件2[ミツルギ]を先に倒し、“邪剣なつき”使用者[はるか]への暗示を解除させる。
:条件3[はるか]へのパスを持つPCが【根源】30で説得を行う。

25
: なお[はるか]の罪状が先に解除されていない=ミツルギの洗脳が解除されていない場合、
:“邪剣なつき”のHPは0より大きくなることはない。

GM:ダンタリオン:「‥‥では失礼。また後ほど」
:「とっとと、かえれ!?」w

カナタ :つまり常時「覚醒状態」?! > HPが0より大きくなることはない 
GM:うん。そーゆーことだね。
GM:ミツルギ攻略を先にしないと、また「バッドステータス乱舞で、なつき死亡遊戯」なのですよ。
:つまり、ミツルギに「叩きつけて」洗脳をといてから、はるかを説得する。ってことか。
秋彦 :よし、殴る理由がまた増えたね!
GM:殴る当人が持ってないと無効だからね。要注意!w > 「事件の真相」
:本来の使用者は“はるか”だから、説得に成功すれば《明日への希望》を解除できる‥‥って感じか。
カナタ :なるほどー

GM:ああ、このタイミングで「事件の真相」を買い足しておく手はあるかな。目標値+10で、33なら購入を認めようw
GM:ミツルギ殴る大義名分が欲しいヒトは頑張ってGETするのだー
:‥‥なんだ、その「事件の真相」を買い足すってwww
GM:アレは[名声]相当品だからね?w
:今まで結構長いことTRPGやってたが、初めての言霊だわwwww
秋彦 :世の中金って事ですよ
カナタ :「事件の真相」って買えたのか‥‥w
GM:誰か1人が持っててもいい。そいつがミツルギ殴ればいいのだから。
GM:でも、皆で一緒に「事件の真相」を解き明かす努力をしてもいい。財産点のつかいどころだね!w
:イメージ的には「本当の真相をマスコミにいつでもバラせる状態に‥‥」って感じか?w

カナタ :ミツルギ殴りたいから「事件の真相」買おうかなぁ‥‥w
カナタ :しかし、私はとりあえず温泉に入らないと現在HPが1なのであった!
:じゃあ、温泉を探し出せる魔王を(ぉぃ
GM/ハドソン夫人:「まぁ。カナタ。あなた埃だらけじゃない!」
GM/ハドソン夫人:「‥‥こちらのバスを御借りしても?」 > あや様
カナタ :「う、本当だ。それにあちこち走り回ったからもう汗でべたべた‥‥」
カナタ :そしてアーマーパージでジャージが裂けてるんだよね。
:「ああ、かまわんよ」 >ハドソン夫人
:「リャナンシー、シルキー。専用の方を貸してやれ」と鍵を渡す。
:女性専用のは、広いよ!w
:男用は狭いよ!w
GM/ピクシー:「いっつも烏の行水だもんねっ」 ニヒヒw
:「お前も入ってこい!」 ピクシーをつかんでカナタに投げつけようw
カナタ :「と、わたたっ。‥‥それじゃ、一緒に入ろうか?」とピクシーに
エルロック :「ウィルソン君も入ってきたまえ。徹夜だろう、君は」と、此方も焚き付けておこうw
GM/ウィルソン女史:「なにか怪しいわね‥‥」 でもまぁ。せっかくだし。シャワーくらいは、ね。フフ。

カナタ :という訳で[温泉]の購入判定。[学生証]で+2(ダイスを振る)ん。普通に成功。
GM:購入失敗だと‥‥シャワーが途中で故障してしまうことに!(なんというサービスシーン!)w
GM:では無事にほくほく♪

:ただし、それでもなぜか音が漏れて聞こえるんだけどな!w
GM:それほど上等のホテルではないので。シャワー使用中は‥‥水道管伝いに音がね。うん。
カナタ :なるほど、そういうご趣味なのですね、紋さんは
:いや、魔神たちが、聞かせてるんだけど、双鷺はまったく気づいてない(ぉ
エルロック :パイプ煙草すぱすぱ 此方も気にしないし気付かないw
秋彦 :今、死んでるw
秋彦 :サービスシーンが終了したら目覚めるかなあw
:‥‥自分で言っといてなんだが、「こ の 男 ど も は ! w」
GM:(‥‥ヘタレどもめw)


 ** ** **


GM:では、シャワーも終わって。ほっかほかカナタ先生。
カナタ :「あー、さっぱりしたー♪」 ほくほくですよ。HP全快したし!
カナタ :ジャージも[エレメンタルアーマー]相当のマーキュリーなので、放っとけば直るのだきっと。
:シルキーあたりが破れたジャージをちくちく中。
紋/シルキー :「ほら、こちらがほつれていますわ。ここが破れかけていますわ」
GM/ハドソン夫人:「‥‥カナタ。あなた、また無茶をしたのね?」 先ほどHP1だったのでw
カナタ :「え。あ、そのー‥‥あはは。私はそれくらいしか取り得が無いから‥‥」頭を掻きつつ。
紋/シルキー :「今のうちに縫い直しますので脱いでください!」的なやりとりが‥‥w
カナタ :「え、ちょ、待っ、脱がさないでー!?」

秋彦 :2d6+14 登場判定(ダイスを振る)出目「5・5」で成功。
秋彦 :「うっ、くっ‥‥」気が付いてうめき声をあげながら顔を上げる
GM/ハドソン夫人:「なつきちゃん、無事だといいけれど‥‥」
GM/ハドソン夫人:秋彦クンが目覚めたことには気づかず。つぶやいてしまうw
秋彦 :辺りを見回して、なつきがいるかを確認‥‥いないか。
:秋彦はHP大丈夫なのかい?w
秋彦 :現在HP1だよ!w
カナタ :バスルームに放り込みますか!w
GM:ウィルソン女史が袖をまくり。ハドソン夫人が頷いて。リリムやピクシーがにたぁと笑い。
GM:秋彦クンはそのままお風呂へと放り込まれて、治療されます(演出)
秋彦 :オイィィィィ!w
秋彦 :一応温泉を購入しておく(ダイスを振る)よし。購入成功。HP全快。

GM:すっきり顔の女性陣が並び。これからの行動方針を訊ねてくるよ
:んではシャワー終わったら、「カーティス関連の情報」と「邪剣の奪還方法」を伝えよう。
カナタ :「あるんですか! そんな方法が!」
:ただ、はるかが必要だということは誤魔化すけどねー。
:そのあたりは、カナタ先生と秋彦の様子を見て。
:多分、すごいあやふやじゃないか。「はるか=なつき=邪剣」という正体を知らせないままだと。
GM:じゃあ、カナタ先生が秋彦クンにその事実を明かすかどうかだね。

カナタ :「秋彦くん、とりあえず今は身体を休めて。‥‥あの子を取り戻すのは、それから」
カナタ :「えっと」
カナタ :「ごめんね。はるかちゃんたちが大変なときに。けど、その、ええっと‥‥」
秋彦 :見つめて、言葉を待つ。
カナタ :「とにかく今は、全力であの剣を取り戻してあげて。そうしたら、全部分かるから」
カナタ :「多分、このことは私から言うべきじゃないと思うの。だから今は何も聞かないで。お願い」
秋彦 :「分かった‥‥分かったよ‥‥」
秋彦 :「‥‥先生がその方がいいって判断してるなら、その方が良いんだろうな」
カナタ :「うん‥‥ごめんね?」
秋彦 :「俺‥‥今、何言われたってロクに考えれやしないからさ」

 その後。あや様から秋彦たちへと状況の説明が行われた。
はるかとなつきの真相については、まだ知らせていないようだ。

GM/ウィルソン女史:「すると」 エルロック氏に視線を向けて「あのミツルギ氏が鍵なのね?」
秋彦 :「‥‥あいつか」
エルロック :「そうなるな」
エルロック :「諸君、また少しばかり無茶をしなければならないが――いけるかね?」

:「話はついたか?」 と、外の扉を開けて入ってくる。
:今の間に、この部屋のチェックアウト手続きしてましたw
秋彦 :「おっさん! 準備はいいのか?」
:「お前達こそ準備はいいのか? 俺はいつでも出立できる状態だ」
:と、どっから見てもいつもと変わらぬ感じですw
カナタ :「え、あ、はい、もう大丈夫です!」
秋彦 :「それじゃ、動きますか‥‥」

:みんなが部屋を出て行くのなら、秋彦を呼び止める。
秋彦 :振り返る
:んで、適当なグラス‥‥はないから、コップあたりにワインを入れる。
:「俺の持ってる一番いいワインだ」と、コップをつきつける。
:「ワイングラスなんて気のきいたもんはないが」と自分の分を入れて。
:「景気付けの一杯だ。飲んでいけ」
秋彦 :「あのさあ、おっさん‥‥まあ、色々とツッコミ所があるんだが‥‥」
秋彦 :「‥‥大事な人と会うかもしれないのに‥‥酒臭いままじゃいられない、だろ」
秋彦 :「ただまあ」
秋彦 :「‥‥あんたの優しさに乾杯って事でここは頂くよ」
秋彦 :呷って…
:「一杯程度で酒臭くはならんよ。ワインだしな」 と同じくあおって。
秋彦 :「おいおい、おっさん!」
秋彦 :「これ、マジで一番いい奴か?おかしいんじゃねえの、味!?」
秋彦 :清く正しい未成年に酒の味なんて分かるわけないだろ!w
:「ははは、構わんさ」
:と、大笑いしながら、肩を叩いて外へ出て行く。
GM/ピクシー:「あっきーはお子様だねぇ♪」 くすくすくす
:無言でピクシーの首根っこ掴んで外へ一緒に連れて行くw
秋彦 :「俺が構うっての!えーい、うるさいわ、行くぜ!」
:じゃあ、ぶどう相当のワインを使用してHPを完治。‥‥という感じでENDw
GM:じゃあそれでw
GM:次のシーンはミツルギとの対決ですよー

シーンEND

GM:ではパス調整いこうか。
エルロック :こちらは変更なし。
カナタ :[秋彦くんへの希望]とかで取ろうかな。
:[筧秋彦への不安]を[筧秋彦への仲間]にしようw
GM:うん。いいね!
秋彦 :おっさんに取りたいが、取りたいんだが‥‥
秋彦 :GM、もうパスが必要な系の項目は無いかい?(アヴァタールで脅しつつ)
GM:キミが必要だと思うなら枠を空けておけ。そうでないなら埋めてしまっていい。
GM:ぶっちゃけ第2話の主要人物は出揃ってるからね。あとは枝葉末節。
秋彦 :…よし[おっさんへのおっさん]を取る(一同爆笑)
:おっさんへのおっさん ってなんだよっ!?w
秋彦 :おっさんだなあ…としみじみ思う系の
秋彦 :信頼よりも親近感があるし。
:悪かったな!w でも、褒め言葉だ! ありがとう!

GM:では手札調整が終わったら次のシーンいくよー。


次へ続く