第2話004


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


OP4「破滅の継承者」

シーンプレイヤー:PC4、西ヶ丘カナタ
他のPCは登場不可。

 ※ 回想シーン終了後、事件に遭遇します。そのままミドル1の戦闘へと続くので‥‥


 さて。ロンデニオンでの生活も悪くない。朝食だけ3度食べてもいいぐらい。

カナタ :あれ、なんかデジャヴ?w
GM:カシス先生はまだ帰ってきてないね。数日前に、彼女と「はるかちゃんについての話」をした程度だ。
GM:彼女にはリオフレードンの好敵手“破壊神獣ルイムニオン”の巫女の素質があるのではとのことだ。
GM/カシス先生:「おそらく“親”のアズリーリア女公爵から“座”を継承したのだろう」
GM:はるか本人にその自覚はないが、いろいろ大変そうである。
カナタ :「……破壊神獣、ですか。何だかいかにも要注意といった感じですねえ」
GM/カシス先生:「あまり気にするな。景気づけのようなモノで、大した意味はない」
カナタ :(……ないんだ)
:二つ名ってそんなもんだよなぁw
GM/カシス先生:「彼女にもカオスフレアとしての素養はある。おそらく、何かのきっかけで目覚めるだろう」
GM/カシス先生:「‥‥もしかすると、分裂の件も、それに所以するのやもしれんな」
GM:と。次元回廊越しに呑気な会話をしていた君たちであったが。
GM/カシス先生:「む。‥‥これは」 ゆらり、とその姿が歪む。
カナタ :「あ、カシス先生! ……今回はここまでですか?」
GM/カシス先生:「いかん! これは“境界の域”に‥‥っ?!」と叫んだ直後、ふつっと気配が消える。
GM:しばらく次元回廊は使用不能となりました。原因は不明。
カナタ :「え、あれ? いつもと様子が違う!? 先生!? せんせーーーい!?」
GM:へんじはない。ただの
:次元回廊のようだ。

 ** ** **

 その日の夜更け。アズリーリア女公爵の屋敷からの帰り道。キミが人気のない路地にさしかかると‥‥
カナタ :あ、移動用にオートバイ相当の自転車をレンタルしたとかで購入判定したいです。
GM:うい。調達しておきたまえ。
カナタ :2d6+7 目標は12~(ダイスを振る)うし、出目9で余裕!
カナタ :ちりんちりーんと路地へ自転車を漕ぎ入れました。するとそこには!?

GM/少女:「‥‥放し(むぐ)っ」
GM/暴漢たち:「大人しくしろ‥‥この!」
GM/少女:ぐったり。
GM:かよわき少女を拉致しようと動く、怪しげな男たちの姿が!
GM:あ、少女には見覚えあるよ。「はるかちゃんだ!」とキミは思った。
カナタ :「そこのあなた達! はるかちゃんに一体何をしてるのーーーっ!!」
カナタ :フルスロットルで超突っ込みます
紋/暴漢 :「なんだてめ……げぶぁっ!?」
GM:エキストラ暴漢たちは吹き飛びますが、そこに現れる新たな人物が。
GM/???:『――ほう。カオスフレアか』 ゆらぁり。夢状態で登場。

シーンEND