第1話031


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM:ではクライマックスいきますよー
:はーい
カナタ :かかってこーい!

クライマックス

シーンプレイヤー:PC4、西ヶ丘カナタ。
全員が自動登場。

 かつて、地底にあった時代の名残りだろうか。ロンデニオンの人々は治水に関して非常にデリケートだ。
この巨大なダムは、まさにロンデニオンの生命線といっても過言ではないだろう。
‥‥だが、そのダムに邪悪な魔の手が迫っていた!

GM/アズリーリア女公爵?:「くひゃひゃひゃは!」 堪え切れぬように笑い。
GM/アズリーリア女公爵?:「流石に女王暗殺までは無理だったか! あの生意気女も大したことねぇな!」
GM/アズリーリア女公爵?:「‥‥まぁいい。もう用済みだ。この儀式さえ完了すれば、小細工なんざ要らねぇ!」
GM/アズリーリア女公爵?:「今日がロンデニオン最後の日だ」 げははははっ!!

カナタ :ではその時に響く声。
カナタ :「そうはさせません!」
GM/アズリーリア女公爵?:「っ?! 誰だ!」
GM/アズリーリア女公爵?:周囲を見回す。
カナタ :じゃあ無意味に高いところ……ダムの監視所の屋根の上あたりに立つ人影が!
カナタ :「ダスクフレア! アズリーリア公爵に化けてたってわかるわ。あなたの野望はここで潰えます!」
GM/アズリーリア女公爵?:では。まだ夜中だが。眩しそうにカナタを見上げる。「なんだぁ、テメェは?!」
GM/アズリーリア女公爵?:「‥‥誰かと思ったら。あの時の女教師サンか」 くっくっく。「博物館では世話になったなァ」
GM/アズリーリア女公爵?:「こんなところに、テメェたった1人きりで。いったい何ができる?」
カナタ :「一人なんかじゃないわ」ふふっと笑って「みんな!」と皆の登場を促す発言をする。
エルロック :「いやなに、初歩的な事だがね、ラグナグラー君」
エルロック :「君の謀略が成功していないにも関わらず勝ち誇った時点で、既に君は負けているのだよ」
エルロック :「せめて自慢げに語るのであれば、‥‥そう、35分前には全てを終わらせていたまえ」
:「ラグナグラー、まだそんな格好してたんだな」
:登場時に《魔神召喚》しておきますw このシーン終了時まで、HP+20!
GM/アズリーリア女公爵?:「テメェ、“レメゲトン”っ?!」 咄嗟に飛び退き。ダム湖の水面に立つ。
:カナタの言葉を受けて。「裏切り者には死を」
:指をぱちん、と鳴らすと、背後に黒い影が湧き上がる
:イメージとしては、真・女神転生3の感じでw

GM/アズリーリア女公爵?:「ハ」 軽く笑い。「それっぽっちかよ。手前ェら。俺様の力を侮ってやがるな‥‥?」
:「侮ってなどいないさ。面倒だが、これも仕事なんでね」
GM/アズリーリア女公爵?:「既に秘宝は6つ揃った! あと3ターンもありゃ儀式が完了する」
GM/アズリーリア女公爵?:「‥‥判るか? もうカウントダウンは始まってるンだよ」
:「なんだ、そんなにもあるのか」
:「そろそろそのおしゃべりな嘴を閉じたらどうだい、ラグナグラーくん」
GM/アズリーリア女公爵?:「手前ェらは黙って、ロンデニオンが滅びゆく様を見物してな!」
GM:と叫ぶと。奴の背後にズラーリと怪人軍団モブが出現。3グループね。
GM:そして、轟音と共に巨大な飛行型フィーンドが出現する。
GM:ラグナグラーの手にある秘宝に惹かれて呼び寄せられたらしいね。

GM:つまり、こーゆー状態だ。

:げ、水かよ。
カナタ :あれ、水中状態は[保健室]が効かないぞ。
:飛行するしかないw
:もしくはMTか船。
カナタ :あ、アズリーリアさーん、助けてー!
GM:実は、この場まで「銀仮面」が居たら戦況が変化していたでござるw

※ 「水中状態」

: 「水」と同じエンゲージに居る場合、「飛行状態」でないキャラクターに自動的に適用される。

: 「水中状態」にある間、全ての判定値が「装備している防具の必要能力値」だけ低下する。

:さらに「行動値修正が-1以下の武器やあらゆる乗り物の効果を失う」(【行動値】は変化しない)。

:他のエンゲージに移動または「飛行状態」になることで解除できる。


GM:あと「滝」に落ちると「落下ダメージ:3d6HP喪失」+「放心」+「自動的に隠密状態となる」ですw
エルロック :しかし滝か! 無性に落ちたくなるのは何故だろう
秋彦 :モリアーティ教授と一緒に落ちてろよ!w
:やめてーー! エルロック先生おちないでー!w


エルロック :怪人軍団モブだけか。勝ち誇るにはちょっとなー
GM:諸君が秘宝2つを護りきり、さらに犯罪結社を偽女公爵から離反させたので、もう敵増援は出現しないよ。
カナタ :「むむむ、いくら手勢を呼んだからって!」 屋根から飛び降りて着地。
秋彦 :「お断りだね。あそこには大事な人達がいるんだよ」と現れて。
秋彦 :あぶねえ、ちょっと迷子になってた!w
エルロック :「では、教育して差し上げよう」 回転式拳銃に弾薬装填。
秋彦 :ところでGM。さっきのシーン最後で描写されてた、
秋彦 :フィーンドのロンデニオンへの襲来についてはダムから見えてる?
GM:見える。そして、その原因がラグナグラーの手にある「秘宝」6つの共鳴によるものだとも自動的に判るよ。
:その秘宝って叩き落とすとかそういうことできるの?
GM:ぶっちゃけフレーバーなので儀式阻止する=ラグナグラーを倒す、以外には難しいね。
:おk
秋彦 :「‥‥守る。幾ら俺の血が流れたとしても」


添付ファイル