第1話026


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:ではあらためて。赤くないエルロック先生!
エルロック :ふうむ、とはいえ、シーン全体攻撃をもっかい撃つより他に手は無いんだが
カナタ :なんとおー!?
:いいんじゃね? >エルロック氏
エルロック :「さて、では――次はバリツを御見せしよう」
秋彦 :バリツタイム
エルロック :《※そして誰もいなくなった》 対象は敵全員。
エルロック :2d6+10 (ダイスを振る)「4・2」で16‥‥ええと、と。
エルロック :フレア7を切って達成値23で【心魂値】対決してねw
GM:げ。これ考えてみたら射撃攻撃じゃないから銀仮面も《機会攻撃》で阻止できないじゃないか!w
GM:23だね。んじゃリアクションいくよー(ダイスを振る)‥‥エルダーヴァンパイアBだけ回避成功!
カナタ :エルダー回避のダイス多いなあ
:じゃあ、成功してるエルダーBに《大いなる力》でー10。
:先ほど、崩した幻覚で身体が動かなかったのだよ。>エルダーB
GM:ぬぐぅw では敵は全員が回避失敗だ。
GM/銀仮面:では、エルダーヴァンパイアAの位置に《軍人としての誇り》で移動。ダメージを引き受ける!
 エルロック :ではダメージロール(ダイスを振る)【社会】属性で44点。
秋彦 :これで倒せると楽ですが‥‥?
カナタ :エルダーはHP多いですよ、155もある
カナタ :ボゲードンはHP82だからこれで倒れるはず?
秋彦 :ほうほう
:《軍人としての誇り》でエルダーの誰かのダメージを肩代わりするの? >銀仮面
GM/銀仮面:で、自身へのダメージを《城塞都市》で100点軽減!
:なるほど。>《城塞都市》
GM:ぬう。切り札1つ斬らされてしまったか。森巨人たちはエルロック卿の華麗なるバリツで壊滅!

位置情報:(H-S、カナタ)1(銀仮面、老吸AB、巨人兵ABC)1(兄、あや様)

GM:では次!
GM:行動値9のエルダーヴァンパイア2体!
秋彦 :肉体120か。痛いな。
カナタ :つよーい
:シーン単体だから、……他の連中にはダメージいくんじゃ?
GM:マイナーで移動。秋彦くんに‥‥Aが! あや様にBが!
カナタ :ああ、庇えなくなったところに!
エルロック :まあ、早いところフォーリナーの一撃に期待したいところだなーw
:特技は一切使用していない? 「重圧」効果中だが。
GM:常時特技しかないもの、エルダーヴァンパイアw
:なる。

GM:Aの攻撃。6d6+18 白兵攻撃・差分値あり。<肉体>属性
GM:(ダイスを振る)Aの達成値は38.秋彦くんよけてね
:《大いなる力》で-10して28。
秋彦 :2d6+11 回避判定(ダイスを振る)「4・3」で18。
エルロック :ん、支援いるー?
秋彦 :自分のフレアか《女神の祝福》で+10貰えば回避成功。当たってもHP1は残るけど‥‥
エルロック :では10点支援ー
秋彦 :では、援護で回避。
エルロック :絵札がないな‥‥クライマックスがキツそうだが、まあ、何とかなる。

   ※ 実は《アイドル》効果の適用を忘れていたGMであった。本人のフレア1枚分の差だけだが。

GM:Bの攻撃。6d6+18 白兵攻撃・差分値あり。<肉体>属性
GM:(ダイスを振る)Bの達成値は42。あや様避けてね。
:《大いなる力》で-10して32。
:支援欲しいなぁ。
:5+2d6 回避判定(ダイスを振る)出目「5・6」‥‥
:やばい、フレアがない!w
:仕方ない
:「リャナンシー!」
紋/リャナンシー :「はいは~い」と、敵の攻撃直前にリャナンシーが邪魔をして……
:こちらの出目ひとつを「6」にしてクリティカル。達成値35で回避。
:……大いなる力1つぶん余分にフレアつかっちまったorz
GM:ぬう。結局は空振りか
:まぁ、フレアは巡回するものだ!w
カナタ :秋彦君は大いなる力と女神の祝福で同値回避?

位置情報:(H-S、カナタ)1(銀仮面)1(老吸AB、兄、あや様)