第1話025


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:では。セットアップだ!
GM:行動値の高いキャラクターのセットアップ宣言から順番に解決していこう。
:なしでー
GM/銀仮面:では。《アイドル》を使用! 敵側、彼女以外の5体はメジャーアクション達成値に+2!
エルロック :自分はセットアップは特になし
秋彦 :《神性顕現》
カナタ :何もなーし、現在、《光翼の盾》は40点分。
GM:以上でセットアップは終了だな。

GM/銀仮面:「‥‥秋彦くんか。キミと戦う羽目になるとは残念だよ」
GM/銀仮面:「ああ。でも‥‥キミを“息子”にするチャンスだと思えばいいのかな?」 自嘲するように。
秋彦 :「戦いなんかじゃない。家族を守るだけだ」
秋彦 :「はるかの母になると言ってくれた、貴方のためにだ」
カナタ :「そうです、絶対にそんなことさせません!」と前に出て。
カナタ :「カシス先生が貴女のところに行ったはずです」
カナタ :「先生をどうしたんですか!?」と聞いておかないと
GM/銀仮面:「ああ。そうか‥‥キミが彼女の」 小さく頷く。「元気にしているはずだよ。‥‥まだ」
GM/銀仮面:「少し特別な牢に送り込んだおかげで、旧友の顔も見れないがね」
GM/銀仮面:「なに。あと百年もすれば出てくるだろうさ」
カナタ :「何てことを……、いえ、貴女のせいじゃない。まずは貴女から助けます!」
GM/銀仮面:「大丈夫だ。‥‥あそこならば彼女には誰も手出しはできない」
GM/銀仮面:自分に言い聞かせるように。「誰もだ」


GM:では
GM:イニシアチブプロセス開始!
GM/銀仮面:《サイコキネシス》使用。対象は秋彦、あや様、カナタ先生!
GM:というわけで「飛行状態」を得てください。フレア1枚を支払うなら拒否できますよ。
秋彦 :払う余裕はある。3人とも合わせた方がいいか。払う、払わない?
カナタ :おや? 敵が飛んでなかったら先生を守りに飛んでいけるけど……
:敵って全員とんでない?
GM:ああ、銀仮面だけ「飛行状態」だね。
秋彦 :エルロックを守りにいってもらった方がいいかな。
カナタ :じゃあ私は先生をかばうのに飛んでたほうがいいですね、秋彦くんたちは防御属性あるし
GM:では3人とも「飛行状態」を獲得しました。


GM:そして、最初のメインプロセスはキミだね。あや様。
:んじゃ、私はマイナーで《契約:バイヴ・カハ》して
:メジャーで《シンセンス》からの《契約:ロキ》を召喚するか。
:エルダー2体とボゲードゥン3体を範囲攻撃して、重圧を与えることにしようw
:白兵値あげた意味ないが……仕方ないね。
GM:判定どうぞ!
:9+14+2d6 命中判定(ダイスを振る)「1・4」で28。
:む、微妙だなぁ…… フレアで+10して38で。
GM:ok。回避判定いくよ!(ダイスを振る)‥‥全員、回避失敗。
カナタ :エルダーさん…
GM:エルダーヴァンパイアは反撃の射程が至近なので、避けるしかないんだもん!(涙)
:差分値はない ダメージは30+14+3d6点の<社会>ダメージで‥‥58点。
GM:ふむ。厳しいな。
GM:まだ倒れはしないが‥‥かなり痛い一撃だ!
:ピクシーとティターニアが呪文を詠唱すると
:そこから、現れるロキさま!
:「ロキよ! 彼奴らに、裁きを!」
:ロキ「どぉれぇ~」
カナタ :どんなロキですか!
:と、急に足元が崩れるのだ!
GM/銀仮面:「まさか‥‥あの魔神を手懐けるとはな!」
:実はロキさまが仕込んでいてくれたのさ!w
:……という、幻覚である。
:ついでに重圧ね~
GM:ぎゃふんw
:HPは……49/74 だいぶへったなぁ。
秋彦 :シンセンスだとゴリゴリ減りますね
カナタ :命削ってますねえ
:ロキをそのまま召喚するより安いけどねw


GM:次。行動値17で銀仮面か。
GM:では軍団武器「幻虎兵隊」でエルロック氏を攻撃しようかな。巨大な虎(3m程度)の群れが!
カナタ :今回は銀の守護者が届きません、頑張って避けてー!
GM/銀仮面:「貴方の活躍をもっと間近で見ていたかった‥‥!」
エルロック :「機会はあるとも。私は探偵を辞める気はないのだからね」
GM/銀仮面:2d6+14 《ウィークポイント》を使用して+差分値!
GM/銀仮面:くそう。達成値上昇特技がLP不足で使えないっ!w
GM:(ダイスを振る)出目「1・2」で17‥‥orz
秋彦 :これは酷い
:……不憫だなぁw
GM/銀仮面:「まだ、わたしの中に迷いがあるようだ」 フ。

 ※ 実は《アーマーパージ》+13の適用を忘れていたGMであった‥‥御免よ銀仮面!orz

GM:当たれば社会属性ダメージだよ、どうぞ!回避しやがれ!w
:「エルロック! その幻虎兵団は、右側面が弱点だ!」
:と、よく作戦を手伝ってもらっていたので、弱点も知っている!w
GM/銀仮面:「今のわたしは“邪魔者は殺せ”との命令を受けている。手加減はせぬぞ!」 GM涙目w
エルロック :うーむw
エルロック :回避は低いんだけどねw
エルロック :2d6+6 (ダイスを振る)「4・4」で14。C4+クズ札2枚使用で達成値20。
エルロック :ほい、20点で回避ー
エルロック :「しかし、先ほどのチェスほどには冴えが無いね」
エルロック :「手筋が良く見えすぎている」
GM:ぎゃーw


GM:では次! 行動値14の赤いヒト!
カナタ :名前で呼んでもらえなーい!?
秋彦 :シャア!
:赤い人、いいなぁw
カナタ :まあとりあえずマイナーとメジャー両方使って先生たちのエンゲージに移動かな?
カナタ :謎の力で浮かされたけれどフレアの翼を使って強引に前に進むよ!
GM/銀仮面:「そう。貴方にも興味があるよ」 確か‥‥カナタ。
:確か……w
秋彦 :【根源】14だから美味しそうだよねw > カナタ
GM:それだと卷族にするのも大変だろうけど!w