第1話016


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:では。待機していた銀仮面、怪盗ゆるまーるの行動手番!
GM/銀仮面:「‥‥“女神の眼鏡”。確かに頂いていく!」
GM/銀仮面:《欺かれる心理》使用! クライムロードABを連れて、一緒に退場!
GM:空に浮かぶ巨大な飛行船が、銀仮面達を乗せたゴンドラを吊り下げたまま、悠然と飛び去って行った‥‥

位置情報:(H=S、カナタ、警部、妹&夫人)1(兄、あや、女公爵)

GM:さて。ここで本来は戦闘終了ですが‥‥
カナタ :本来は!w
エルロック :が?w
GM:まだギスギスしてるとこがあるのよね? 一触即発的にw

GM/アズリーリア女公爵:「‥‥どういうつもりだ?」 > あや様に
GM/アズリーリア女公爵:「なぜ、VF団がヤツの盗みを手助けする!」
:「聞きたいのはこっちなんだがね」
:「あいつらのことは知らん。関係ない。オレが受けた使命はひとつ」
:「あんたが盗んだ機密情報だ」
GM/アズリーリア女公爵:「知らんな」 鋭い視線をアヤ様に向けた後。
GM/アズリーリア女公爵:警部たちに命令する。「何をしている! 早く秘宝を追いかけろ!」
GM/レストレード警部:「はっ」
GM/レストレード警部:慌てて大穴の空いた屋根に上り「急げ! 今の飛行船を追うんだ!」

エルロック :「落ち着きたまえよ、きみ」 > アヤ
エルロック :「君がどういう事情を持っているのかは定かではないが、現実を認識するべきだ」
エルロック :「――アズリーリア公爵が2人いた以上」
エルロック :「現時点で、どちらが君らの機密情報を盗んだかはわからない」
:「これはこれは、高名なるエルロック氏ではないか」
:「キミの噂はVF団でも轟いているよ」 と言いつつ、エルロック氏に耳打ちしようかな
エルロック :ほう、なんと耳打ちをば
:「……ところで、先の盗人と、このヒステリーとが同一人物に見えたのだが、気のせいかね?」
:とw
エルロック :「今言った通りさ。アズリーリア女公爵は2人いた」
エルロック :「どんなに信じがたくとも、真実は一つさ。現実に起こったことは認めるべきだよ」
エルロック :「――面白くなってきた」
GM/アズリーリア女公爵:「知らんな。あの犯罪者が、わたしに化けて何かを企んでいたのだろう」
:「ま、世の中、転生(リターナー)だとか、複写(エラーハ)だとかいろいろあるからな」
:「だが、“アズリーリア公爵がVF団を裏切った事実”はいまだ覆っていない……」
:と、呟いて、沈黙するかな。

カナタ :「アズリーリア……先生が会いに行った相手?」と一人つぶやいておきます
秋彦 :とりあえず、色々言いたい事はあるがはるかの傍に駆け寄って無事で良かった…と。
カナタ :とりあえず危機は去ったっぽいので「大丈夫だった?」とはるかちゃん達に声をかけます。
GM/はるか:「‥‥さっきは助けてくれてありがとう」 ぺこり。 > かなたん
秋彦 :「赤ジャージさん。助かりました。ありがとうございました」と、一息ついたら礼を
GM/ハドソン夫人:「あまり無理はしないでね。ショルメさんもだけれど」 嘆息の後に「でもありがとう」と笑顔。
GM:では。ここでシーンを切ろうと思いますが。どうでしょう?

シーンEND

GM:ではパス処理が終了したら、食事休憩しましょう。
GM:19:30再開予定です。よろしく。
GM:次のシーンは状況を整理するシーンにしようと思います。
:ほいほいー
GM:現段階で「アズリーリア女公爵」がどちらを示すかは限定せずOK。2人ともを示すパスになりますw
カナタ :えー、「エルロック・ショルメ」への感服をとります!
エルロック :わあいw
:「ショルメへの感服」を。
秋彦 :「カナタへの感謝」を取ります
GM:自由にどぞw
エルロック :ここで「アズリーリア女公爵からの慕情」とかいうと怒られそうだね?w
GM:別にいいが‥‥彼女、吸血鬼だぜ?w
カナタ :わーい
エルロック :吸われてしまう……!w
紋/女公爵 :「……ドーベルマンも美味しそう」
エルロック :まあ、面白いのでそれで行こうw