第1話015


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:では次。行動値11のエルロック氏
エルロック :「さて、と。 ふぅむ、ウィルソン君には怒られてしまいそうだが」
GM/レストレード警部:「ショルメくん! これだけの手勢を相手に‥‥無茶だ!」
エルロック :「久方ぶりに、バリツを御見せしよう。レストレード警部」
秋彦 :警部はフラグ立ての達人だなw
エルロック :《※そして誰もいなくなった》
エルロック :敵全員の動きを統計学的に推理予測し、片っ端から投げ飛ばす&回転式拳銃で撃つ
カナタ :「バリツ! あのエルロック・ショルメの得意技!」
エルロック :2d6+10で【心魂値】対決(ダイスを振る)15。フレアで25点にしておこう。
GM:超巨大・犯罪組織の人たち:「む」「これは」「なんだと?!」「そんな」「馬鹿なぁっ?!」
秋彦 :「まるで相手の方から吸い寄せられて…」
紋/リャナンシー :「これは……まるで、舞踏(ダンス)のよう……!」
紋/ピクシー :「すご~い、さすがショルメちんだー♪」
カナタ :ピクシーは知ってるんだー
:ピクシー、リャナンシーあたりは知ってるw
GM/銀仮面:2d6+10で判定。クリティカル値は11(ダイスを振る)

銀仮面が振った2d6の出目は「1・1」。


GM:ぎゃーw
:ふぁんぶった!w
秋彦 :美味し過ぎるだろ…w
:初めてみたw
GM/銀仮面:【心魂値】判定の達成値-6です(涙目)
GM:(ダイスを振る)他の連中も全員が回避失敗。
:全滅か。
秋彦 :これで顔は割れそうだ
エルロック :30+3d6で(ダイスを振る)全員に<社会>42点ダメージ。
エルロック :犯罪者扱いなら更に+30だ。
カナタ :ハイウェイマンは飛んだかなー
GM:全員が「分類:犯罪者」だから72点もらいますね。銀仮面は《古傷》持ちなので更に77点。
GM:ハイウェイマンCDEFGは壊滅! 175人が一瞬のうちに!
カナタ :「すごい、あれだけの数があっという間に!」
:どんだけいたんだwww
エルロック :「ふむ。こんな所か」
エルロック :「ハドソンさん、後で洗濯を頼むよ。派手に動くと汚れてしまうのが難点だな」
秋彦 :「何て早業だ…」

GM:さて、ここでイベント発生だね
GM:銀仮面にひびが入る!
カナタ :おお!
GM/銀仮面:「なん‥‥だと‥‥っ?!」 《アーマーパージ》使用! 《コスチュームヒーロー》解除!
:アーマーパージかよっw
GM/銀仮面:その仮面の下から長い金髪がふぁさりと流れ落ち‥‥
GM/銀仮面:アズリーリア女公爵の美貌の素顔が!
GM:銀仮面のHPが残り1点になりました。
:「なっ!? なんでアズリーリア公爵が二人いるんだ!?」
GM/レストレード警部:「なんだってェ?!」
秋彦 :「何…だと……!?」思わずゆるまーるとアズリーリア女公爵の顔を見比べて
カナタ :よく考えたら暗闇の中我々は相手の顔をどれだけ視認できるというのか
秋彦 :フレアの光で一つw
GM/銀仮面:ノーリアクション。月の光に美しい素顔を照らされて。
カナタ :まあいいや、「同じ……顔!?」と驚いておくw
紋/ピクシー :「えええっ!? どっちの公爵が本物なのぉ!?」
エルロック :「――――成程。興味深いね」
紋/ティターニア :「わたくしが推測するにどちらも本物ではない、のではないでしょうか」
紋/リリム :「ボクはどっちも本物に一票~」
:「だーーー! てめえら、黙りやがれ!」
GM/アズリーリア女公爵:「ち、小癪な真似を‥‥」
エルロック :「アズリーリア女公爵。宜しければ、あとで御自宅にお邪魔したいのですがね」
エルロック :と、2人に言うよw
秋彦 :「一体、どういう事なんだ、アズリーリアさんっ?!」
カナタ :そういえば公爵さまは動いてたっけ?
:動いてないね。
秋彦 :待機していましたね

位置情報:(H=S、カナタ、警部、妹&夫人)1(銀仮面、部下AB)1(兄、あや、女公爵)

GM:では続き。行動値5で兄さん!
秋彦 :混乱中。ええと、待て。
秋彦 :女公爵が二人で片方は賊で片方は俺と一緒に外から来た人でという感じで……放棄で。
GM:了解w


GM:では、待機していたカナタン!
カナタ :は! はるかちゃんたちを守らないといけないので放棄です!
GM:ですよねー