第1話006


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:では、これでグランドOPは終了です。
GM:10分休憩ね。
GM:なお、第1話OPは「PC3⇒PC4⇒PC2⇒PC1」の順番を予定しています。
GM:さらに、グランドOP終了時点で各自はキャンペーンパスを自動取得しています。

  PC1「筧秋彦」:「(妹)はるかへの家族」
  PC2「エルロック・ショルメ」:「アルビオン連合王国への義務感」
  PC3「“レメゲトン”双鷺紋」:「秘密結社“古代の叡智”への憎悪」
  PC4「西ヶ丘カナタ」:「カシス先生からの信頼」

GM:これは「自由に上書きしてよい」パスです。
エルロック :さっくりと「はるかへの義務感」にしても良いわけですね、わかります
GM:アルビオンへの義務感を捨てて、それを上書きしてもいいし。新規取得してジレンマを楽しんでもいいw
秋彦 :おいおいおいおい、お兄ちゃんはスルーですか!?w
:とりあえずは憎んでおこう。
:せっかく、苦労して契約した仲魔たちがっ
カナタ :どうなっちゃったんでしょう、一回休み?
:魔力が足りず呼び出せない=経験点不足
秋彦 :マグネタイト(経験値)を頑張ってためてくださいw
:魔貨も溜めないと……w
GM:それゲームが違うよw
GM:‥‥さて。では始めましょうか。