第1話001


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


GM:では、早速グランドOPをさくっといきましょう。
GM:その後、第1話のOPを改めて行いますよ。
:はーい
GM:それから後にPC間パスを取得していただきます。
秋彦 :了解


グランドOP1「時空崩壊」

シーンプレイヤー:PC3、“レメゲトン”双鷺 紋(ふたさぎ あや)
他のPCは登場不可

 ※ 好敵手「グバージ」を追い詰め、倒した直後からスタート。「とどめを刺す」宣言が行われるとシーンENDです。
  あなたはデフォルトでは「VF団から盗まれた新兵器を追っていた」ことになります。応相談。

 ※ 重要なのは「グバージの死亡」と「時空振動弾の暴走(?)」です。プロミネンス《砕け散る天》の演出効果ですw

 ここはロンデニオン郊外の最終防衛ライン間際。アルビオン連合王国は滅びの危機に瀕していた。
連日の戦いで疲弊した王国軍は、首都へのフィーンド侵入を必死に食い止めている。ここを突破されては、
もはや人類に逃げ場はない。フィーンドに国土を蹂躙され、ロンデニオンは滅亡するだろう。
 だが、その絶望的な戦場の片隅では‥‥人知れず、超越者同士の戦いが繰り広げられていた。

 一方は秘密結社“古代の叡智”の幹部にして、“赤き爪の妖術師”“絶望を喰らうもの”と呼ばれている半獣半人の巨漢グバージ。
3mを越えるその巨体を大地に沈め、戦闘不能となったばかりだ。その邪眼の片方を潰され、魔法すら使えなくなっている。
 もう一方は、キミだ。

:「ようやく、追いつめたぞ。てこずらせてくれたな」 と言いながら煙草を咥える。火はつけない
:「ティターニア、ピクシー、リリム。周辺の警戒を頼む」
紋/三人娘 :「「「おっけー」」」
GM/グバージ:「ククク。この程度で、この俺様を倒したつもりか? 甘いな、“レメゲトン”!!」
GM/グバージ:「おまえが探す“時空振動弾”が何処にあるか‥‥教えてやろう」 にやり。
GM: がばっ、とグバージは胸元を晒した。そこには真新しい手術痕が!
:「……なっ」
GM/グバージ:「俺様の身体の中さ! このまま俺様の生体パルスが途絶えれば、即座にドカンだ!」
GM/グバージ:「これは並の爆弾じゃない。貴様ごとロンデニオンを丸ごと消滅させるくらいは、カンタンな代物だぜ!」
:「なん……だと……」
GM/グバージ:「新旧ロンデニオンの百万人を道連れに俺様と心中するか? そんな度胸はあるまい!」 がはははっ!
:「……」 すっと目を細めて
:「じゃあ、おまえを殺さずに、その爆弾を解除すればいいわけだ」
:封魔管を一本取り出すと、そこからエンジェルが登場する。
GM/グバージ:「なん‥‥だと‥‥っ?!」
:「よーし、エンジェル。回復魔法を……」

 だが。その直後。グバージの胸元から血が噴き出した。2秒ほど遅れて銃声が響く!

:「!」
GM/グバージ:「ば‥‥馬鹿‥‥」 信じられない、という表情でキミへと‥‥
GM/グバージ:いや、キミの背後、遙か遠方へと視線を向ける。
:そちらにため息をつきつつ振りかえる。
GM/グバージ:「これ‥‥貴様も逃‥‥ラグ、ナ‥‥ごふっ」 そのまま死亡。
:「……あーあ。こりゃあ……困ったねぇ」
:頭をボリボリと。

 そして。
 ‥‥時空振動弾は作動した。キミ達のいる場所を中心に、時間と空間とが凄まじい勢いで歪められていく‥‥っ!!
振り仰いで見上げた天空には巨大な亀裂が広がり‥‥ 闇より深い暗黒が満ちていた。
地脈は乱れに乱れて、地震が治まらない。

 ※ これはプロミネンス《砕け散る天》の演出です。PC側のリアクション待ち。

:封魔管を両手に構えて悪魔たちを召喚。
:「やれるだけは……やってやろうじゃね?」
GM:キミの背にそっと添えられる手。深い信頼がこめられている。
:ヘラクレスが天空を閉じようとし、シヴァが大地の震動をとめんとする。
:「……レメゲトンとはいえ、こりゃ、きっついねー」
:いつもの軽口だが、その目は真剣そのもの。周囲では仲魔たちも様々な手段で対処している。
GM/ピクシー:「でも、やるんだよね。あやちん?」 にへら
:「もちろん。やるにきまってるじゃん」 と、ピクシーのおでこを軽く指でつつく
:そして、世界は飲み込まれた。
GM:では、そのまま画面がホワイトアウトして‥‥

シーンEND