あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

無から来た使い魔-1

「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。五つの力を司るペンタゴン。
 我の運命に従いし、"使い魔"を召喚せよ!」

 ルイズはサモン・サーヴァントの呪文を唱えると、白く光る鏡のような形をしたゲートが現れた。
…ただし2メイルほどの高さで、しかも横になった状態である。
 しかしルイズは初めて魔法が成功したことに、喜びを感じていた。
「やった! わたしはもう「ゼロ」じゃないわ!」

 しかし現実は無常であった。
「ふにゃ…ふにゃ!?」
ドン!
 ゲートから現れた…いや落ちてきたのは、どう見ても幻獣などの類ではなく人間であった。

 時は少し(?)戻る

 何とかネオエクスデスを倒し、クリスタルも無の力、クリスタルのかけらに残った力、そして光の四戦士達の心が合わさることによって、
世界とクリスタルは再生され彼らも、今は亡き暁の四戦士とタイクーン王の力によって呼び出されたバル城の飛竜によって再生された世界へ帰れるはずであった。しかし、
「もうだめだ…眠いよ・・・」

 ネオエクスデス戦で気力を使い果たしたバッツは、そう呟くと飛竜とは逆のほうに流され行く…レナ達は何か叫ぶが、
その声を聞き取れるほどの気力は彼には残っていなかった。そしてレナ達が乗った飛竜は、無常にも再生された世界へ向かい飛び立ちどんどん小さくなっていく…
 完全に飛竜が見えなくなるのを見ながらバッツは眠りについた。
それからどれだけ時間が経っただろうか? バッツに懐かしい声がかけられる。
『まだその時ではない…』
「おやじ? それにガラフも?」

 その声の主が自分の父親であるドルガンと共に旅をした仲間の一人であるガラフだと認識し声をかけようとしが、彼の体は謎の光が覆いどこかへ連れてゆく…

そして冒頭へ戻る

 ルイズは混乱していたなぜならサモン・サーヴァントが成功したと思った次の瞬間ゲートから現れた…いや落ちてきたのは人間、
身につけているものからしてただの平民ではなく傭兵であるとは思うのだが、杖もなければ武器らしい武器も持たずあるとすれば、
腰の辺りに付けているナイフくらいであった。それに追い討ちを掛けるように回りの級友の声が聞こえてくる…
「おいおい、ルイズのやつ平民を呼びやがったぜ?」
「いや、あいつ平民か? 平民にしては身につけているのが豪華じゃないか?」
「でも杖を持ってないから貴族ではないことはたしかだな!」
「じゃあ、あいつは傭兵か?」
「でもよー身につけている防具はすごそうだけど、あいつの持ってる武器なんてあんなちゃっちぃナイフ位だぜ?」
「じゃあ、きっと戦うことが怖い臆病者の傭兵だぜ!」
「ゼロのルイズが臆病者の傭兵を呼びやがったぜ」
『ははははは』
 反論をしたくても肝心の呼び出されたバッツは落ちた衝撃で伸びているので、反論できる材料はない。
「ミスタ・コルベール! もう一度サモン・サーヴァントをやらせてください!」
「ミス・ヴァリエール、これは神聖な儀式であなたは無事にサモン・サーヴァントを成功させました。
召喚に失敗したのならともかくあなたは無事に彼を召喚しました、やり直しを認めるわけにはいきません彼に【コントラクト・サーヴァント】を行って下さい」
「そんな!? 人間ですよ!?」
「召喚されたのであればなんであろうと関係ありません。たとえ召喚されたのが召喚主が苦手とする生き物であろうと、未知の生き物であろうとコントラクト・サーヴァントは行ってもらってるのですから」
「くっ、分かりましたミスタ・コルベールコントラクト・サーヴァントを行います…」

ルイズはがっくりとうなだれながら、今だうつぶせになって倒れているバッツに近づき仰向けにする。
「感謝しなさいよ、貴族にこんなことされるのは一生ないんだからって気絶してるんじゃいっても仕方ないか…
 我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我の使い魔となせ!」
ルイズはコントラクト・サーヴァントの呪文を唱え、今だ気絶しているバッツに口付けをしようとするが…
ゴン!
彼の頭があったはずの空間を通り過ぎ、そのまま彼の持っていた盾に彼女は頭をぶつけるのであった。
「おいおい、せっかくサモン・サーヴァントに成功したのにコントラクト・サーヴァントに失敗するか?」
「いやいやきっと、臆病者の傭兵とキスするのが嫌でわざとはずしたんだろ?」
「ミス・ヴァリエール! これは神聖な儀式なんですよ! 悪ふざけはよしてください!」
「いえ、ミスタ・コルベール! わたしはふざけていません! この使い魔、いえまだコントラクト・サーヴァントを行っていませんが…
と、とにかくこの使い魔がわたしを避けたんです!」
「? なにを言っているのですか? ミス・ヴェリエール、彼は気絶していて少しも動いていませんが?
「へ?」
ルイズはすぐにバッツのほうを見ると、仰向けにした状態から代わりのない彼の姿あった。
「あれ?」
 しかしこれは仕方のないことであった。
彼、バッツが着ている服は【ミラージュベスト】分身を作り出し物理的な攻撃(この場合はキスなのだが)を、
本人の意思と関係なく避けられるのである。しかしそれを知らないルイズ達は【ルイズがわざと彼にキスをせずに盾に頭突きをした】
としか見えなかったので周りの生徒達は、さらにルイズをからかう。
「ふにゃ…ふにゃ!」

そんな周りのからかう声で、バッツは目をさますのであった。

新着情報

取得中です。