あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

幕間その八「ウルトラマンだった男たち」


ウルトラマンゼロの使い魔
幕間その八「ウルトラマンだった男たち」
伝説魔獣シャザック 登場



 アンリエッタの命により、ティファニアをトリステインに案内するためにアルビオンに
発ったルイズたち。途中、才人の感情の改竄が発覚したり、ガリアからの刺客怪獣に襲われたりと
問題に見舞われたが、結果的には無事に全員で帰りのフネに乗ることが出来た。後はティファニアを
アンリエッタの元まで連れていけば、任務は達成だ。
 そのフネの中で、ルイズたちの任務に協力したタバサは、鏡に向かって自分の髪をいじっていた。
「……」
 女の子なのだから髪くらいいじるものだろう、と思うなかれ。タバサは『タバサ』になってから
この方、お洒落のような女の子らしいことには全く興味を示すことがなかった。ジョゼフに復讐を
果たすまでは、そういったことは全て切り捨ててきた。
 それが変わったのは、アーハンブラ城で才人に救われてからだった。あの時、タバサは才人に
『勇者』を見た。それからタバサは救われた命を才人に捧げ、ウルトラマンゼロとして世界のために
戦う彼を支える騎士になることを心に誓ったのだ。
 しかし……タバサの変化はそれだけに留まらなかったのだった。才人の顔を見ていると、
才人を意識していると、変に心が高鳴るのを感じる。どこかそわそわとしてしまい、無意識に
髪を整えたり、彼の姿を目で探したりする。ゴブニュに襲われていた時の危機的状況で、
才人にキスしてルイズの嫉妬を招くという手段を咄嗟に思いついたのも、もしかしたらそれも
関係しているのかもしれない。
 そんなタバサの変化に目敏く気づいたシルフィードは、タバサが恋をしているのだときゅいきゅい
騒いでいた。しかし、タバサはそれを否定する。自分は勇者に仕える騎士なのだ。分不相応に、
恋心を抱くなんて許されない。仮に自分が気を向けたところで、勇者が好きな人は……。だから、
迷惑になるに違いない。
 タバサは熱に浮かされそうな自分の思考を冷ますために、意識を別のところに向けた。
 勇者といえば……疑似空間で自分とイザベラを助けてくれたウルトラマンダイナと、それ以前に……
ファンガスの森に現れた、あの名前も知らないウルトラマンは今どうしているだろうか。それがふと気になった。
 才人とウルトラマンゼロは、別の世界からやってきたという。ならば彼らも別の世界にいるのか。
そこで、どんなことをして過ごしているのだろうか……。

 ――無限に広がるマルチバースに浮かぶ次元宇宙の一つ。その中の地球は、かつて宇宙の彼方から
悪意を持って攻めてくる「根源的破滅招来体」という存在の脅威に見舞われていた。だが地球は、
人間と、怪獣と、そして『二人』のウルトラマンの力によってその脅威を打倒したのであった。
 それから数年後……二人のウルトラマンの片方『だった』青年は、とある研究施設の格納庫にて、
カナダのアルバータ州に広がる樹海に建つログハウスにいる女性と電話していた。
「キャス、エントの調子はどうだい?」
『バッチリよ! もうプログラムには何の欠陥もない。ガム、あなたやみんなが手を貸して
くれたお陰でね』
 女性の名はキャサリン・ライアン。実際に根源的破滅招来体に立ち向かい、地球を守った
天才児集団アルケミー・スターズの一員であり、自然循環システム・エントの開発者である。
彼女の発明したエントにより、人間により伐採されてきた森林は徐々に回復していっているのだった。
『プアァ――――――――!』
『キュウー!』
 テレビ電話に映る、ログハウスの窓の外の樹海の光景を、背中にヤマアラシのようなトゲを
生やした巨大怪獣が、四匹の子供をぞろぞろ引き連れて横断していった。怪獣の名はシャザック。
かつてこの樹海で人食いの伝説の魔物として恐れられていたが、実際は温厚な性質の怪獣だ。
キャサリンはエントの起動実験を巡ってシャザックと争ったこともあるが、その時のエントには
致命的な欠陥があり、シャザックはそれを止めようとしていただけということを知って、己の過信を
深く反省したキャサリンはアルケミー・スターズの仲間の手も借りて、今度こそエントを完成
させたのであった。シャザックも、もう攻撃してくることはない。
 そしてその仲間の一人が、今通話している青年……かつてウルトラマンガイアであった、
この高山我夢である。
「よかった。君のエントで自然が復活したら、人間と怪獣は本当に共存できる世界に近づくかもしれない」
『私も、その世界が一日でも早くやってくることを望んでるわ。怪獣も人間も、地球の自然の一部。
一緒にこの地球で生きていくのが、あるべき姿だわ』
 根源的破滅招来体を倒したのは、アルケミー・スターズだけの力でも、ウルトラマンだけの
力でもない。人間と怪獣、そしてウルトラマン。この地球に生きる全ての命が手を取り合うことで
勝利と未来を掴めたのだ。
 しかし人間と怪獣は生活の大きな違いから、未だに交わって生きていくことが出来ない。
互いに不干渉を貫いているのが最善という現状である。だが、我夢はそんな状態もいつかは
変え、人間と怪獣が本当に共に生きる世界を作ることを目指しているのだった。
『ガム、私たちが護った地球の未来を、私たちで作っていきましょうね!』
「ああ。がんばろう!」
 キャサリンとの電話を終えると、モニターに飛行機をデフォルメしたかのようなCGモデルの
キャラクターが表れた。我夢の作った人工知能、PALである。
『ガム、お客さまです』
「客?」
 格納庫の扉が開かれ、もう一人の『ウルトラマンだった男』が入ってきた。
「久しぶりだな、我夢」
「藤宮!」
 彼の名は藤宮博也。もう一人のウルトラマン、アグルに変身していた。一時は地球を守るためには、
自然を壊し続ける人間を滅ぼすしか方法がないと思い込んでガイア=我夢と衝突していたが、挫折と
復活を何度も経験したことで、今は迷いを捨て去って最も良い地球の未来を実現する活動を精力的に
続けている。
 ウルトラマンとしての最後の戦いを終え、それぞれの道を歩み出した我夢と藤宮。この二人が
こうして対面するのは、本当に久しぶりのことだった。
「ガクゾムとの戦い以来じゃないか。今日はわざわざこんなところまで、どうしたんだ?」
「何、お前が最近資金集めに熱を入れて、何かを作っているらしいとの噂を聞いてな。様子見も
兼ねて、何をやってるのか少し教えにもらいに来たんだ」
 我夢は大学卒業後、地球防衛機構『G.U.A.R.D.』に就職して、己の頭脳を地球の安寧や
再び現れるかもしれない根源的破滅招来体に対する防衛機能構築のために役立てていた。
しかし最近は、思い立ったように何かの資金を集め、研究室にこもっている時間が多くなっていた。
「お前のことだ……。何か、大きな事態に対する準備をしてるんじゃないか?」
「さすが鋭いな、藤宮……。まだ完成はしてないけど、同じウルトラマンだった君にも関係
することかもしれない。ご希望通り見せてあげるよ、今僕が作ってるもの」
 我夢が壁際のスイッチを押すと、壁の一面がスライドして開いていき、奥に隠されていたものが
露わになった。
「これは……」
 そこに鎮座してあるのは、左右に暗緑色のホイールを備えた車両のような、ロボットのような
マシンだった。このマシンを紹介する我夢。
「アドベンチャー二号。出来てるのは外装だけで、肝心の時空移動装置はこれからだけどね」
「アドベンチャー……時空移動機か。この宇宙空間の更に外側、マルチバースを移動するための装置。
ある意味では、リパルサーリフトを超えるお前の最大の発明だな」
 アドベンチャー号。我夢はレベル3バース、いわゆるパラレルワールドを股にかける大事件に
巻き込まれた際、これの一号で滅びに瀕した世界に自ら突入、その世界を救ったことがあるのだった。
「XIG時代ほどに予算を自由に出来る訳じゃないから、自力で開発資金をやりくりしてるんだよ」
「なるほど。時空移動機ともなれば、安い買い物で作れるものじゃないからな。……しかし、
二号機を作るのは別にいいとして、どうして今なんだ? 作ろうと思えば、もっと早くに
出来ただろう」
 根源的破滅招来体を地球から追い払ってから、もう数年が経過している。そんな半端な時期に
二号機製造に着手したのは何故なのか。
 その理由を、我夢は語り始める。
「……これは誰にも話したことがなかったことなだけど……実はパラレルワールドに旅立って、
こっちに帰ってくる途中に、僕はまた別の世界に迷い込んだんだ」
「何だって? つまり、第三の世界にか?」
「どうもそうらしい。もっとも、ガイアに変身してるだけの短い時間で強制的に戻されたし、
その世界は特別危機に瀕してるという風でもなかったから、時空移動にはそういうことも
あるだろうとあまり気にしてはいなかったんだけど……」
「最近になって、そうじゃなくなった、ということか」
 藤宮の指摘に首肯する我夢。
「最近、同じ夢を連続して見た。それは第三の世界で僕が助けた少女に、姿の見えない恐ろしい
闇が忍び寄って、少女を苦しめるという夢だった。その夢を見た直後にエスプレンダーを握ったら……
光を失ったこれが、一瞬だけ光ったんだ」
 懐からエスプレンダー……ガイアになるために使用していた道具を取り出す。現在は変身する
力を失ったために、ランプに光は灯っていない。かつては頻繁にこれを使っていたものだ。
「これはただごとじゃない。もう夢は見なくなったけど、いつかあの世界で、僕の力が再び
必要になる時が来る。そう感じて、こうしてもう一度アドベンチャーを作り始めたんだ。
またあの世界に行けるのかどうかは分からないけど……『その時』が来たとしたら、きっと
これが必要になるはずなんだ」
「なるほど、そういうことだったか……」
 理解した藤宮はしばし考え込んだ後、我夢に申し出た。
「分かった。もし俺の力も必要になると感じたのなら、いつでも呼んでくれ。すぐに駆けつけよう」
「いいのか? 藤宮」
「ああ。違う世界のことでも、人間と世界を滅びから守る。それが一度光を失っても、再び
アグルに選ばれた俺がするべきことだと思う。それに、お前は一人だと何かと危なっかしい
からな、我夢」
「ありがとう、藤宮」
 我夢と藤宮はうなずきあうと、互いの拳を突き出してガツンと合わせる。
 二人のウルトラマンだった男たちが、時を重ねて別々の道を進んでも変わることのない友情を、
約束とともに確かめた瞬間であった。


新着情報

取得中です。