あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

暗の使い魔‐18


狭く長い階段が、延々と上に続く。建物の隙間を縫うように築かれたそれを、複数の足音が駆け上がった。
僅かな月明かりに照らされながら、その六人、官兵衛一行は息を弾ませて、真っ直ぐに桟橋を目指していた。
先頭をワルドが駆ける。後をルイズ、タバサ、キュルケ、ギーシュと続き、最後尾には官兵衛が居た。
官兵衛は鉄球の鈍さもあるが、近接戦闘を得意とするために殿をつとめた。
後方に注意を傾ける官兵衛。風の流れで、周囲の動きを察知するワルドとタバサ。
気の休まらない行軍が続いた。
そして駆けること十数分、遥か上方に階段の切れ目が見えてきた。
もうすぐか、と官兵衛が息を切らして、そのさらに上を見上げた、その時だった。
「なっ!なんだコイツは……!」
彼は息を呑んだ。
そこにあったのは、月明かりに照らされた巨大な影。百メイルをゆうに超え、天まで届かんとする大樹であった。
四方八方に枝が伸び、空を掴まんとしている。そして良く見ると、その枝には果実のように、無数の帆船がぶら下がっていた。
官兵衛は思った。
「(これが『桟橋』か、驚いたな……)」
なるほど、船は船でも天駆ける船。そして発着場は高く聳える巨木ユグドラシル。
山を登らねば辿り着けないわけだ、と納得した。
長い階段を登り終え巨木が近づく。黒く影をつくる幹、その根元に僅かな明かりが灯ってるのが見えた。
どうやらあそこが入り口らしい。
一同は、周囲を見渡しながら、素早く巨木の中へ駆けて行った。
中に入ると、そこは吹き抜けの広大なホールになっていた。
見上げれば天井は見えず闇が広がる。
大樹の幹をくりぬいて作られたその空間に、再び驚く官兵衛。
「こっちだ」
不意に、ワルドが方向を指し示す。そこには、木で出来た階段があった。
隣の壁には、鉄の板に文字が書かれたものが貼られており、船の行き先を示しているらしかった。
見上げると、階段は遥か上の枝にまで続いてる。
ギシギシとしなる階段を、登り始める一同。官兵衛は、鉄球の重みで階段が崩れやしないか、と不安に思いながら後に続いた。
官兵衛達は、ただひたすら上へと上り続けた。


暗の使い魔 第十八話 『ユグドラシルの攻防』


上り始めて約十分。まだ船は見えず、下を見れば黒一色の世界があった。
周囲にはくもの巣のように、桟橋への階段が張り巡らされている。
しかし、メイジでもないかぎり、落ちたら一巻の終わりだ。
「ハァ……」
「どうしたね?」
目前を走るギーシュが、官兵衛のため息に振り返った。
「いやなに。こういう場所じゃあ、小生が落っこちるのが容易に想像できてな」
官兵衛の言葉に、ギーシュが笑った。
「なんだい?君は高いところが苦手なのかい?」
「違うわ。小生のツキを象徴してるようで嫌なんだよ」
官兵衛が吐き捨てるように言った。なるほど、下に広がる闇は奈落を思わせ、地獄まで続くように錯覚させられる。
官兵衛の不運を考えると、彼は真っ先に引きずり込まれそうである。
そう思うと、彼は不安に駆られずにはいられなかったのだ。
それを聞いてギーシュが言う。
「まあ安心したまえよ。一見頼りないが、意外と頑丈なんだぜ?この階段」
ギーシュがニヤニヤ笑いながら、激しく足踏みした。
「おいおいよせ!」
官兵衛が上ずった声で止める。それを見て、ギーシュはますます笑みを浮かべた。
「やっぱり怖いんじゃないかね!大丈夫だとも!ゴーレムでも現れない限り壊れは――」
その時だった。先を走るタバサが別の気配を察知したのは。
「来る」
「え?」
タバサが短く呟く。ギーシュが慌てて振り向いた。
その瞬間、どおん!と桟橋の階段全体に激震が走った。
「う、うわああああっ!?」
木の階段が、激しく軋んで揺れ動く。油断していたギーシュが、慌てて柵につかまった。
突然の出来事に動揺しながら、一向は衝撃の原因を探した。目前の階段、数十メイル先を見やる。
するとそこに白黒の甲冑の男が、薙刀を携えて佇んでいた。
闇に溶け込むようにたたずむ男は、薙刀をリズミカルに振るいながら、こちらに対峙している。
「新手か」
ワルドが敵を見て呟いた。
「平民の傭兵かしら?メイジ相手にたった一人なんて……」
ルイズが警戒しながら言う。しかしタバサが、即座にその言葉を否定した。
「一人じゃない、三人」
「え?」
タバサの言葉に、ルイズが辺りを見回す。官兵衛が後ろを振り返った。
するとそこには、いつの間に現れたか、同じ甲冑に薙刀を構えた傭兵が。
「挟み撃ち!?こんな場所で!」
ギーシュが叫んだ。
だが問題はそこではない。敵の残り一人の居場所だった。
官兵衛が、鋭くその気配を察知し、叫んだ。
「ルイズ、タバサ!上だ!」
官兵衛が言うと同時に、タバサとワルドが動いた。タバサは自分のいた場所から一歩背後に飛ぶ。
ワルドはルイズを抱えた。その瞬間、二人が居た場所に白刃の一撃が降ってきた。
轟音とともに階段が揺れ、埃が舞い上がった。そのあまりの出来事に、ギーシュが悲鳴をあげた。
恐るべき力で、刃が階段を割る。
メキメキと音が鳴り、階段に激しいヒビ割れが走った。
「いけない!」
キュルケが叫んだ。
各々が即座に詠唱を完成させ、フライで飛び上がる。ワルドはルイズを抱えたままで飛び、官兵衛は即座にその場で跳躍した。
すると、数十メイルに渡って伸びていた足場が、音を立てて崩落した。奈落に吸い込まれるように、階段が落ちていく。
ギーシュは宙に浮かびながら、青ざめた表情でそれを見ていた。官兵衛が壁にしがみ付き、手近な階段に飛び乗る。
キュルケとタバサは、一番近い数メイル下の階段に着地した。
そしてワルドが、上方に張り巡らされた別の階段に移るのを見て、ギーシュもそれに従おうと浮遊した。
その時、キュルケが叫んだ。
「ギーシュ!危ない!」
「へ?」
キュルケの言葉にギーシュが側方を振り向き、そして目を見開く。
なんと彼の目前に、薙刀を構えた男が迫っていた。
「なっ!?う、うわああああああっ!!」
驚愕し、声をあらんばかりに張り上げる。
ギーシュが居る位置は、崩落した階段の中腹。つまり空中だ。
階段が崩れた今、足場は無いはずなのにそこに敵がいる。
そしてその敵は今にも、その手にした得物でギーシュを叩き斬ろうとしていたのだ。
慌てて薔薇の造花を振り、回避を試みる。しかし、敵が一瞬早かった。
キュルケやタバサが呪文を詠唱するが間に合わない。
風を切り、数サント鼻先に刃が迫った。
「まずは一人」
まるで手作業を確認するかのように、淡々と男が呟いた。
斬られる――ギーシュが思ったその時、鈍い衝撃音が、その場に響き渡った。
「斬られっ!………へ?」
なんと目前の男が、黒い塊を胴体に受け、彼方へと吹き飛んだのだ。
甲冑の傭兵が、遥か下の闇に消えていく。
鎖つきの鉄球が敵をなぎ払うのを見て、ギーシュはそれの飛んできた方向を見やった。
「き、君!」
ギーシュが叫ぶ。
そこには、やや高い足場から鉄球を振るう官兵衛の姿があった。
「た、助かった」とギーシュは安堵した。しかしキュルケらの声で現実に引き戻される。
「ギーシュ!はやくこっちに」
見ると、数メイル下方に張られた階段で、キュルケとタバサが背中を合わせて周囲を警戒していた。
素早く二人のもとに降り立つギーシュ。彼はそんな二人に向かって言った。
「君達、こんな所にいないで、早く上に!桟橋に行かないと!」
しかし、その言葉をタバサが遮った。
「駄目」
「どうしてだね!?」
ギーシュが尋ねる。タバサに代わり、キュルケが答えた。
「狙い撃ちにされるわ」
キュルケの言葉に、えっ?と疑問符を浮かべるギーシュ。珍しく真剣な表情で、キュルケが続けた。
「わからない?あの妙な格好の傭兵達、闇の中からこっちを狙ってるわ。
フライで上に行こうとすればたちまち飛び掛ってくる」
「なんだって?」
ギーシュはそれを聞いて言った。
「冗談はやめたまえ!メイジじゃあるまいし、魔法無しでぼくらに飛びつこうだなんて――」
そのとき、ギーシュの言葉を遮るように、下方に無限に広がった闇の中から、影が飛び出てきた。
「なっ!」
ギーシュは驚愕に目を見開いた。
その影は、桟橋中に張り巡らされた階段を、ムササビのように渡りながら、こちらに向かってきたのだ。
階段同士の距離は数メイルから数十メイル。にもかかわらずそれを、脚の跳躍だけで飛び越える。
そして影は、彼らから三十メイル程離れた場所でバネのように身を屈めると、弾丸のような速度で一直線にこちらに飛んできた。
キュルケが即座に炎を放ち迎撃する。灯りに照らされ、ドクロの様な惚面が闇に浮かび上がった。
炎の塊と薙刀が交差する。
しかし炎は刀で受ける事は適わず、そのまま男の身体を包み込んだ。灼熱に身を焼かれ、下へと落ちていく男。
その姿は、再び闇の中へ掻き消えていった。
一連の攻防を見ていたギーシュは、震える声で言った。
「今のは、一体!?と、ととと飛んできた!魔法も無しに!」
「だから言ったでしょう?」
キュルケが油断なく杖を構えながら言う。
先程ギーシュに襲い掛かった傭兵も、このようにして空中の彼に迫ったのだ。
「フライで飛んでる隙に、あんなのに飛びかかられちゃたまったもんじゃないわ。だからうかつに上に行けない訳」
メイジは通常、フライを唱えてる最中の魔法の詠唱が難しい。飛んでる最中に狙い撃ちされれば、非常に分が悪いのだ。
敵の新たな攻め手を三人が警戒している時、上のほうから声がした。
「無事か!お前さん達!」
官兵衛の声だった。それを聞き、三人が顔を見合わせる。
キュルケが、三人とも無事である事を伝えると、官兵衛もこちらは皆無事である事を伝えてきた。
「こっちに来れるか!?」
「ちょっと取り込んでて無理ね!しつこくアプローチしてくる方々のせいよ!」
キュルケが軽口を叩きながら言う。そして、上で待ちあぐねている官兵衛らに伝えた。
「ダーリン!ルイズ!悪いけど私達、ここでお別れよ!」
「ちょっと、どういうことよキュルケ!」
ルイズの鈴のような声色が、ホール内にこだまして良く響いた。
「この面倒な方々は、ここで私達が食い止めるわ!その間に桟橋に向かって!」
キュルケが続ける。
「私達はあなた達が何しにアルビオンに行くか知らないし、これでいいのよ!
あ、言っておくけど残るのはダーリンの為よ!貴方の為じゃないからね!」
キュルケの勇ましげな言葉に、ルイズは唇を噛んだ。
キュルケは家同士の因縁もあり、普段喧嘩してばっかりで、お世辞にも仲が良いとは言えない。
タバサだって、普段無口で殆ど話した事は無い。ギーシュなんてキザで女の子に目が無い見栄っ張りだ。
それでも、これまで学院の日々を共に過ごしてきた仲間である。
任務の為とはいえ、こんな危険な場所に皆を残して行くなんて、とルイズは思った。
「ルイズ、ここは彼らに任せて先に行こう」
そんな彼女の心情を察してか、隣でワルドが囁いた。
肩にやさしい手の感触がかかる。
ルイズは意を決すると、下で奮戦しているキュルケらに対して言った。
「かならず追いつきなさいよ!あんたみたいなのでも、何かあったら後味悪いんだから!」
ルイズの言葉に、キュルケはフッと笑った。
「おい金髪の!行き先は昨日話したよな!迷子になるなよ!」
次に官兵衛が、ギーシュに向けて言い放つ。
ギーシュがわかったと返事をすると、官兵衛達は一目散に上を目指し始めた。

「どうするんだね?」
ギーシュが二人に問う。
「決まってるじゃない。無粋な御仁にはお帰り願うわ」
キュルケが杖に火を灯しながら、笑みを浮かべた。
「まずはこの暗闇ね。こんな場所でさっきみたいに飛び掛ってきたら困るから……」
そういうと、キュルケは杖を振るった。杖先に灯った炎が打ち上げられ、辺りを真昼のように照らす。
「姿を現していただくわ」
階下の階段に、薙刀を携えた二人の傭兵が見えた。
突然照らされたため動揺しているのか、下からこちらの様子を窺う二人。
とその時、タバサが不意に視線を持ち上げ詠唱を開始した。彼女の周りに、無数の氷の刃が形成されていく。
膨れ上がった魔力に乗り、氷の刃がある方向へ吸い込まれるように飛んだ。
そこには、階段を伝い上へと向かおうとする一人の影があった。手には薙刀ではなく太刀を手にしている。
先程頭上から奇襲し、階段を崩落させた男だ。
男は向かってくる氷刃に気づくと、一直線に太刀を振るった。
ぶおんっ!
と剣筋が風を呼び、無数の氷の矢を逸らす。
先頭の氷矢がクルクルと回り、あらぬ方向へと弾け飛んだ。
しかし、防いだ氷の矢はブラフ。後ろに隠れるように放たれた氷の矢が男をとらえ、正確に鎧の隙間を貫いた。
「ぬ……っ!」
太刀の男がうめく。
装甲の間から血を噴出しながら、彼はぐらりと体勢を崩した。
タバサの研ぎ澄まされた技量を窺わせる、実に緻密な攻撃であった。
「やった!」
ギーシュが声をあげる。強力なトライアングルスペルは喰らったら致命傷である。ひとまずこれで一人が片付いた。
彼はそう思った、しかし。
「……まだ」
タバサが感情なく呟く。
「なんだって?」
ギーシュは首を傾げた。
ある程度の手傷は負わせたはずである。常人が動ける負傷ではない筈だ、しかし。
「……」
負傷した影が、ゆっくりとこちらを向いた。チャキリと刀を反す音が鳴る。
そしてその刹那、男は跳躍すると瞬時に、タバサたちが陣取る足場に降り立った。
彼女らの目前、数十メイルの場所に、男の姿が灯りによって鮮明に映し出された。
両者の間に緊張が走る。
「あら、ようやくご対面ね」
キュルケが、これまで散々姿を見せなかった男を、小ばかにしたように言った。
しかし、そんな言葉を気にした風もなく、甲冑の男はゆっくりと佇んでいた。
タバサはそんな男を注意深く観察する。
見ると鎧兜の隙間から、黒髪の長髪が伸びている。手にした太刀は三日月のように光を反射し、中々の業物を思わせた。
そして負傷の具合を探る。先程の魔法の矢は致命傷には程遠く、わずかに甲冑を血で染めただけのようだ。
さらには魔法をその身に受けても怯まない、強靭な精神力。
どうやらこの男が、この三人のリーダー格であるようだった。
「中々やるな、予定が狂う」
歳若い男の声が、惚面の奥から発せられた。
「お生憎様、あなた方のご予定にお付き合いするほど暇ではございませんの」
キュルケが杖を突きつけて言い放つ。しかし、それを意に介した様子も無く、男は口を開く。
「だが、これまでだ」
すると、階下から猛烈な勢いで飛び上がる影が一つ。下で様子を見ていた二人の薙刀の男の一人だ。
そしてもう一人、階段を素早く駆け上がってくる男。
二人は、男の言葉に呼応するように背後に降り立った。
「命を請え」
背後の一人が、呟きながら得物を鳴らす。
「泣き喚け」
もう一人も同じように喋りだす。
三者は、長髪の男を先頭に並ぶ。そして舞うように身を翻し、横一列に並んだ。
「「「我らは死神、三好三人衆。主の命により、お前達を闇に葬らん」」」
一定の調子で奏でられる鍔鳴り音が、不気味に響き渡った。
「ミヨシ三人衆……」
キュルケ達に緊張が走る。バラバラだった男たちが揃い、目の前に現れたのだ。
普通のメイジなら、たかが平民の傭兵ごとき束になってもメイジの前には適わない、と思うだろう。
しかしこの三人が醸し出す雰囲気は、平民のそれとは比べ物にならない危険を感じさせた。
加えてメイジ殺しを遥かに上回る、人間離れした身体能力を見せ付けてくる三者。
彼女たちは、各々杖を構えた。
「タバサ、作戦は?」
「各個撃破」
「そ、それだけかね?」
タバサのあまりに簡潔な一言に、ギーシュはよろめいた。しかし、気を取り直すと杖を振るった。
二つの花びらが散り、ワルキューレを形成する。
手には柄の長い戦斧を携えた戦乙女が、凛々しく立ち上がった。
ギーシュは高らかに言い放つ。
「無礼な賊共!先程は遅れを取ったが……この青銅の戦乙女、ワルキューレが揃ったからには、好きにはさせないぞ!」
勇ましく口上を述べる。しかしポーズを決めようとして、階段に片足を乗せるも、その足は震えていた。
ギーシュの斜め後ろで、キュルケがため息をつく。
三好三人衆は、淡々と言葉を発した。
「人形遊びか」
「児戯だな」
「手早く終わらせよう」
それを見て、三人衆は跳躍した。
「一体何のマネだねあれは?」
それは、実に不可解な行動であった。三人衆は、長髪の男を頂上に肩車をして見せた。
縦に連なる三者は、少しも乱れず、見事な感覚で肩に足をのせ直立する。
「なんだね?まるで平民がやるような大道芸だ」
ギーシュは首を傾げた。三人衆は、手にした得物を縦に連なるように合わせる。
そしてその穂先と柄尻をカシリと繋げて見せた。
するとどうであろう。
二本の薙刀と、一本の太刀が合わさり、9メイルにも及ぶ一本の大薙刀が出来上がったではないか。
連なった三者に大薙刀。それが堂々と屹立する。
そんな一連の動作を気にも留めず、ギーシュはワルキューレに突撃を命じた。
「合体してみせたつもりかい?よくわからないが、いけっワルキューレ!あの三人を突き崩せ!」
突撃するワルキューレを見て、男達の目が殺気に満ちた。
いけない!――キュルケは叫んだ。
「危ない!下がってギーシュ!」
彼女が叫ぶと同時に、それは起きた。
「「「ゆくぞ」」」
三つの声が重なり響く。
肩車をした三人衆がその場で、車輪のごとく旋回した。
周囲の空気がゆっくり、しかし徐々に速くかき回される。
ぎゃるぎゃるぎゃる!と、刃と地面が擦れる。
乱雑な摩擦音が響き、煙が舞い起こった。
ワルキューレの目前で完成した『それ』。それは、長さ9メイルに及ぶ、白刃のかまいたちであった。
輝く刃が風車のごとく旋回し、迫りそして――。

ずぎんっ!ずぎぎぎぎん!

ミキサーのように目前の全てを切り刻んだ。
壁も、足場も、ゴーレムも、そしてゴーレムを操る者自身も。
「え?」
粉微塵になった青銅の塊を蹴散らして、呆気に取られたギーシュに刃が襲い掛かる。
タバサが咄嗟に、威力を抑えたエア・ハンマーをギーシュに向けて放った。
「うわあっ!」
間一髪、ギーシュは横殴りに風を受け、階段から空中へと投げ出される。
そして吹き飛ぶギーシュの横スレスレを、刃となった三人衆が通り過ぎた。
タバサとキュルケも階段から空中へ身を投げ出して、それを回避する。
その時だった。三好三人衆が即座に合体を解除し、空中に身を躍らせた三人に狙いを定めたのは。
「しまったわ」
キュルケは舌打ちした。あの三人の狙いは自分達を空中へおびき出すことだったのだ。
空中で呪文を使えない自分達を、狙い撃つ為に。
それを証明するかのように、三人衆の一人が跳んだ。狙いは、僅かな精神力で宙を舞う彼、ギーシュだった。
「くっ!」
「弱者より消え行くのが戦の常。悪く思うな」
淡々と語る三好。このまま援護しようにも、空中では思うように魔法が撃てない。キュルケは歯噛みした。
男の刃が、静かに吸い込まれるように、ギーシュを貫いた。
「うわあああああっ!!」
ギーシュの叫び声が、ホールに響き渡った。その時だった。
「何?」
ギーシュに一撃を加えた男は、目を疑った。己の武器を持った腕に、巨大な氷の槍が突き刺さっていたのだから。
「これ、は?」
どくり、と血が滴り落ちる。氷の槍がずぶりと、肉を抉った。その感覚に、負傷した腕が武器から離れた。
そして男は、背後に冷気を感じて振り返った。そこには。
「ッ!?」
風に唸る杖の先端が、目前に広がっていた。
ドゴン!と鈍い音がして兜がひしゃげる。
兜の隙間から血を噴出しながら、その男は意識を手放した。
意識がなくなる直前、鮮やかな青色の髪が視界の端に映った。

長髪の男は、その瞬間を逃さず目撃していた。
三好の三男があの金髪の貴族を貫こうと、飛び迫った瞬間。
視界の遥か上から、人の脚ほどある氷の槍が降り注いだのを。
それが三男の腕を貫き、攻撃の狙いを逸らせたのを。
そして、ツバメのごとき速度で降下した青髪の少女が、勢いのまま杖を頭部に叩き込み、弟を葬り去ったのを。
隣に控えた次男はあまりの速さに、何が起こったのかすらわからず、ただ闇の底に落ちていく三男を見つめていた。
長髪の男――三好の長男は、落ちていった三男を見た後、宙に浮かぶキュルケらに目をやった。
「潰えたか?」
「わからぬ」
キュルケらを見つめながら、次男は長男に語りかける。三男は頭を砕かれ落下していったが、死んだかは分からない。
分かるのは、この場でこちらが一人が欠けた。そんな状況だった。
キュルケが足場に降り立ち、二人の男に対峙する。そしてゆっくりと力強く、呪文を唱え始めた。
階下では、ギーシュを抱えたタバサが彼の傷を見ている。
「あらあら?少々おいたが過ぎるんじゃあありませんこと?」
キュルケが冷ややかな笑みを浮かべながら、三好の二人を見据えた。
しかし彼女は笑ってはいるが、内心は溶岩のような怒りが支配していた。
自分のクラスメイトに傷を負わせた傭兵風情、このゲルマニアの炎で骨の髄まで焼き尽くしてやる。
そんな感情が渦巻いていた。
そんな彼女の怒りを察してか、次男が武器を構えたまま後退する。
すると、キュルケの杖先から炎が伸び、三好の背後に炎の壁を作った。
「どこへ行かれるのかしら?このわたくし主演の歌劇はこれからでしてよ?」
キュルケの底冷えするような笑みが、次男に恐怖の感情を芽生えさせた。
「おのれ……!」
次男が奥歯を噛み締めながら、キュルケに踊りかかった。
頭上から一直線に薙刀を振るう。
かなりの大振りだが、しかしその速さは達人のそれに近い。
初撃で仕留めるべく、渾身の力が籠められた一撃だった。
その華奢な杖ごと頭を裂いて葬ってやる。そう次男は思った、しかし。
がしん!とその一撃はあっけなく受け止められた。キュルケは涼しい顔で、横にした杖で薙刀を受け止め、次男を見据えた。
「何だと……!?」
「あらあら?か弱い女一人手篭めに出来ませんの?随分と期待はずれな御仁ね」
この女のどこにこんな力が。次男はそう思いながら歯噛みした。
キュルケが男の薙刀を弾き返し、その無防備な身体を炎であぶる。
即座に熱せられた鎧が次男の全身を焼いた。
「ぐおおおおっ……!」
あまりの熱にその場に倒れ伏す次男。そして歩み寄る足音に見上げれば、そこには赤毛を逆立たせたメイジの女が見下ろす。
その目に、目前の獲物を品定めする獣のそれを感じ取り、次男は声を上げた。
「ひっ!」
キュルケの杖先に再び炎が宿る。小さな火種は徐々に膨張し、直径一メイルはあろう大きさにまで膨れ上がった。
次男は恐怖に震え、とうとう命乞いを始めた。
「ヒッ!命は、命だけはっ!」
「あら、死神と名乗っておいていまさら命乞い?
オホホホ、どこの生まれか存じませんけど、随分とつまらない冗談を口になさるのね?ミヨシ?」
「ち、違う!俺はミヨシなんとかとは関係ない!そいつに、そこの黒髪に雇われただけだ!」
離れた場所の黒髪の甲冑を指差しながら、男は喚いた。
「俺はただのハルケギニアの人間だ!メイジ殺しなんて呼ばれちゃあいたが、ニホンの人間なんかじゃない!」
「ニホン?」
その言葉に、キュルケの眉が釣りあがった。ニホン、間違いでなければ官兵衛のやってきた国の名だ。
そこの人間ではない、とはどういう事だろう?
「何をおっしゃってるのかさっぱりだわ?そのニホンがどうかしたのかしら?」
それに対して、男は震えながら喋り続けた。
「知らねえのか?バカみたいに強いやつだよ!
俺みたいなメイジ殺しなんか、いやメイジなんか及びもつかねえ程な!俺みたいな裏の人間ならよく知ってる!」
まくしたてる男に、キュルケはさらに質問した。
「へぇ、そう。その人間が他にも居るって訳ね?」
「そうさ!そこの黒髪や、噂じゃあ今アルビオンで内戦中の――」
その時、ドス!と鈍く貫く音が聞こえた。ぶしゅう、と液体が噴出した音が響く。
ごぽごぽっ、と男の口から赤黒い液が漏れた。
男は続きを話すことが出来なかった。その喉から生えた刀の切っ先が、男のそれ以上の生存を許さなかったから。
キュルケの目の前で、鮮血を撒き散らしながら男は事切れた。ビクンビクンと痙攣した死体が、血の海を泳いだ。
その死体を冷ややかに見つめながら、男を殺した張本人、三好の長男はこう呟いた。
「我らは死を恐れない、我らは過去を忘れた、そう誓約した筈だ。それを忘れるとは……」
呟きながら、長男はもう興味なさげに、死体を蹴り飛ばす。
「メイジ殺しなど当てにはならぬ……」
ずるり、と血の跡を残し、次男だったモノは冥底を思わせる奈落へと落ちていった。
キュルケは、息を吸うように人を殺してみせた目の前の男の様に、ごくりと唾を呑んだ。
ゆらり、と長男がこちらに向き直る。白い仮面の奥の瞳が、じっとキュルケを見た。
一切の感情を宿さない、淀んだ瞳だった。たった今人を殺したにも関わらず、まるで意に介した様子も無い。
男が、キュルケを見て呟く。
「お前は我らを怖れるか……?」
淡々と、感情を込めずに口ずさむ。
「我らはお前を怖れない……」
まるで歌うように。
「怖れるとすればただ一つ……いや、言うまい」
言い終わるや否や、三好は刀を振りかぶった。
その荒れ狂う振り下ろしを、キュルケは即座に杖で受け止める。がしん!と鈍い音が鳴った。しかし。
「こいつ……!」
速く、重い一撃。先程の次男とは比べ物にならなかった。
キュルケは一筋の汗を浮かべ、渾身の力を込めて刀を弾き返す。
そのまま即座に距離をとり、ファイヤーボールを唱える。
燃え盛る一メイルもの炎が、長男を飲み込んだ。焼けるなんてものじゃない、炭になる程の火力だ。
そのまま燃え尽きなさい、とキュルケはそう思った。
それ程までに、目の前の男は得体が知れなかった。このまま終わってくれと、願うほどに。
上半身を炎に包まれた長男はしばらく微動だにしなかった。
しかしその次の瞬間、長男は太刀を無造作に振るった。
疾風が巻き起こり、上体を包んでいたキュルケの炎をかき消した。
「ッ!?」
キュルケが驚愕に目を見開く中、三好の長男は埃を払うように、残った火の粉をよけた。
彼女の奥歯が噛み締められる。ならばさらに強力な炎の二乗、フレイムボールで。
彼女がそう思って杖を振るった、その時だった。
三好の太刀が唸り、地面を捲り上げるように太刀が振り上げられた。
ミシミシと階段が軋んだかと思いきや、その一撃はなんと、地面を巻き上げながら進む衝撃波へと変貌。
キュルケに襲い掛かった。
「(速い!フライを――ッ!?)」
恐るべき速度で地面を這う一撃。彼女は咄嗟に杖を振るった、しかし。
「(痛――ッ!?)」
なんと巻き上がった木屑が一瞬速く、彼女の杖持つ腕を裂いていた。三好が太刀を振り上げる際、同時にこちらに飛ばしたのだろうか。
痛みで詠唱が中断される。そして。
「あうっ!」
彼女は不意をつかれ、押し寄せる衝撃波に吹き飛ばされてしまった。
数メイル程高く宙を舞い、地面に激突するキュルケ。
「ぐうっ!ん……!」
階段に身を打ち付け、思わずうめき声を上げる。
三好がそれを見て、刀を翻しながら一歩一歩と近づいてきた。
まずい、殺られる。
急いで身を起こそうとしたが、打ち所が悪かったか呼吸が出来ない。
「うっ……!」
「これ以上足掻くな。そのまま潰えるがいい」
「だっ……れがっ!」
息を切らしながら、よろりと立ち上がる。
「まさか、これで……勝った、おつもりっ、かしら?」
その手に固く杖を握り締め、キュルケは誠意一杯の抵抗を見せる。
三好は淡々と呟いた。
「終わりだ」
甲冑が軋み、男が駆け出す。振りかぶられた太刀が光を反射し、迫った。
脇腹に鋭い痛みが走る、がその痛みをごまかしながら、キュルケは身構えた。
その時であった。
ヒュンヒュヒュヒュと、自分の背後から、冷たい空気とともに無数の風切り音が聞こえた。
ハッとしてそちらを見やる。
そこに立つ小さな人影を見て、キュルケは安堵した。
「タバサ……」
タバサが、キュルケを庇うように三好と対峙していた。
無数のウィンディ・アイシクルを刀で捌きながら、三好は一歩、二歩と後退する。
十数メイルの距離を開けて対峙する両者。
タバサは無表情だが、見るものには分かる威圧の光を目に宿し、三好を見据えた。
そのまま、時間にして数分が経過する。
と、突如三好が空を見上げ、呟いた。
「頃合か……」
その言葉に、キュルケらも空を見上げる。するとそこには帆を広げて風を受け、アルビオンへ飛び立つ船が浮かんでいた。
速度を上げ、雲の彼方に小さく消える帆船。どうやらルイズ達は、無事出航したらしい。
標的を逃してしまった事を確認すると、三好は対峙するタバサとキュルケを見据え、静かに呟いた。
「やはり、中々やる。あの男が警戒するだけはあったな」
未だ自分に杖を向けるタバサを尻目に、三好は階段の縁に立つと、その深い闇の底へ身を躍らせた。
そして静かに、底へ底へと降下していった。
脅威が過ぎ去ったのを見て、タバサは静かに杖を下ろした。

「あいででででっ!痛い!痛いじゃないか!もう少し優しくだねっ!」
「あんた、男なんだから少しは我慢なさいな。全く!」
キュルケは呆れながら、目の前の出来事を見やっていた。
ギーシュは今タバサの手によって、負傷した傷の応急的な処置をほどこされていた。
見るとギーシュの肩には、薙刀で切りつけられた裂傷があった。
骨には達しておらず、パックリと切り裂かれたその傷からは血が滲んでいたが、軽症だった。
あの時タバサがジャベリンを放ち、攻撃を逸らしてくれていなかったら。彼はもっと重傷を負っていたに違いない。
「はあ全く、死ぬかと思ったよ……」
「なあにが死ぬかと、よ。こんなかすり傷程度であんな大声上げて。情けないわねぇ」
「だって考えても見たまえ!あんなおっそろしい連中に、精神力ギリギリで追い詰められて!殺されそうになって!
叫ばないほうがおかしいじゃないか!」
ギーシュはキュルケの言葉に、ひたすら異を唱え続けた。
タバサがギーシュの手当てを終える。
二人のやり取りを聞いて、タバサは役目は終わったとばかりに本を読み始めた。
そんな彼女を見て、キュルケが言う。
「それにしてもタバサ、ナイスだったわよ!ギーシュのときも私のときも。」
タバサは気にしないで、といった視線をキュルケに送った。ギーシュも続ける。
「いや!本当にあの時は助かったね!しかし、君はあの状況でどうやって魔法を?」
あの状況とは、ギーシュが空中で狙われたときの事だ。
フライで浮いていたにも関わらず、どうやって魔法を唱えたのかという事だろう。
あの時タバサは、フライで上へ上へと飛んだのだ。
そして程よい高さに来たところでフライを解除、ギーシュに向かって急降下した。
降下しながら恐るべきスピードで詠唱を終えたタバサは、ギーシュに殺到する刺客に向けてジャベリンを放った。
つまり彼女は、落下の時間を利用して魔法を唱えたのだ。
そしてあとは、そのままの勢いで敵を殴打して倒す。
それがあの攻防の一連の流れだった。
タバサの咄嗟の判断力が、ギーシュを救ったのだった。
そんなキュルケの解説を聞いて、ギーシュは空いた口が塞がらないでいた。
「全く、感心してないで少しは自分を恥じたら?貴方、守られてばっかりじゃない」
キュルケが指を立てて言う。そう言われたギーシュは一瞬、表情をこわばらせた。
軽く唇を噛み締め、うつむく。
「ちょっとギーシュ?」
キュルケが返事が返ってこないのをいぶかしんで呼びかける。
しかしギーシュは、すぐに薔薇を振りかざすと、口調を強くして言った。
「わかってるとも!今回は遅れを取ったが次こそは!グラモンの名に懸けて獅子奮迅の活躍を……って、いだだだだっ!」
大げさなポーズをとろうとして傷が痛んだのか、ギーシュはその場でうずくまった。
彼のキザったらしい仕草。それにいつものキレが無い事を、二人はうすうす感じていた。
キュルケとタバサはそんなギーシュを一先ず置いて、空を見上げた。
出航したアルビオンへの連絡船は影も形も無い。
追いかけるのは骨が折れそうね、と思うキュルケとタバサ。
その時、三人は桟橋の外から聞こえてくる羽音に気付いた。
幹の穴から外を見る。するとそこに、重なった月を背に、大きな翼を持った風竜が現れた。
タバサの使い魔シルフィードだった。口に何かをくわえているようだが、暗がりで良く見えない。
ともかく三人はホッと息をつく。そしてキュルケは声を大きくして言った。
「さあダーリン達を追うわよ!なんの任務か知れないけれど、置いてけぼりなんて冗談じゃないわ」
彼女の勇ましい言葉に、二人も頷く。三人は幹の外へ出るべく、階段を駆け上がった。

「(それにしても……あの男といい、テンカイといい。ニホンから来た連中。一体なんなのかしら?)」
キュルケは密かに考えを巡らせる。
殺された男が直前に言っていた言葉。内戦中のアルビオンに行けば、官兵衛と同じ日本の人間に会うのだろうか?
そしてその時はまた、戦いになるのだろうか?
「(このままいいようにされてたまるもんですか)」
未だ鋭い痛みを発する脇腹を、密かに庇いながら、キュルケはシルフィードに跨るのだった。



新着情報

取得中です。