あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

世界最強コンビハルケギニアに立つ-17



トリステイン魔法学院、学院長室。
ルイズたちがもたらした、フーケの正体がミス・ロングビルだったという報告はオールド・オスマン、そしてその傍らに立つコルベールに衝撃を与えた。
彼ら自身今回の事件が内部の者による犯行などとはまったく予想しておらず、
またオスマン自ら雇い入れた秘書であり、信頼して現場に向かわせたはずのロングビルが犯人だったということで、その驚きは大きかった。

「ご苦労じゃったの、ミス・ヴァリエール、ミス・ツェルプストー、ミス・タバサ。
 皆、よくぞ無事に戻ってきてくれた、わしは何よりもそれをうれしく思う。」

だがそれ以上に、彼らはルイズたちの帰還を喜んだ。
フーケ討伐に向かわせたのが子供たちとその使い魔のみ、という状況はやはり不安だったのだろう。

「ミス・ヴァリエールとミス・ツェルプストーには『シュヴァリエ』の爵位申請を、
 ミス・タバサには精霊勲章の授与をそれぞれ宮廷に申請しておいた。追って沙汰があるじゃろう。」

オスマンの言葉に、ルイズたちの顔がぱぁっと輝く。
シュヴァリエ――それは大功のあった者に与えられる『騎士』の称号。
オスマンが行うのはあくまで申請であり、実際に授与するかは宮廷が判断することだ。故に本当にルイズたちにその称号が与えられるかはわからない。
だが彼女たちにとっては、それほど価値のあることを成したという事実が嬉しかった。

「さて、そろそろいいかな学院長殿。一つ、アンタに聞きたいことがある」

静かに佇んでいた暁が、ゆっくりと口を開く。
口調こそいつも通りだったものの、その目は真剣。それは傍らに立つボーも変わらない。

「構わんよミスタ・アカツキ――神秘の鎧のことじゃろう?」
「わかってるなら話は早い。あんたらが神秘の鎧って呼んでるそれは、どうやってここに流れ着いた」

机の上に置かれた、ひとつのケース。
そのケースも、神秘の鎧も。本来この世界には存在しないはずの物だ。
だがその両方が確実に、ルイズたちの目の前に存在している。

「では、少し昔話をしようかの」

そう言ってオスマンは、窓の外に目をやる。
その表情はどこか遠く、懐かしい場所を見つめているようだった。



「30年ほど前、わしは森の中でミノタウロスに襲われた。そこを救ってくれたのがこの『神秘の鎧』の持ち主――ボーマンという男じゃ。
 君たち同様、異世界からこのハルケギニアに来たと言っておった」

――ボーマン。
至極ありふれた名である。その名を持つものなど世界中にごまんといるだろう。
だがAMスーツを着用し得るのは『アーカム』もしくは『トライデント』に身を置く、非常に高い能力を持った戦闘員のみ。
そして暁は、その条件を満たす『ボーマン』という人物に心当たりがあった。

「そいつは、今どこに?」
「死んでしまったよ。10年ほど前にポックリとな」
「そうか」

およそ1年前、暁たちの世界において太平洋上に『幽霊島』と呼ばれる古代遺跡が出現した。
そこは異空間を彷徨しながら一定の周期で出現と消滅を繰り返す島であり、またその内部には『エルドリッチ』『畝傍』等、
バミューダトライアングルや世界中の海域で消息を絶った船舶・航空機が散乱する不可思議な空間であった。
その調査のために『トライデント』から派遣されたエージェント。そして、その任務にて消息を絶った人物。
それが、ボーマンである。

ボーマンが消息を絶った時期とこの世界に現れた時期は大きく食い違っている。
だが目の前にあるAMスーツはここ数年の間に開発された最新式、30年前には存在し得ないものだ。
過去に飛ばされたのか、そもそも二つの世界の時間軸が違うのか。それを調べる術は暁にはなく、本人に確認することももう出来ない。
それでも、おそらく間違いはないだろうという確信があった。

「そのボーマンって奴は、元の世界には帰れなかったのか?」
「ああ、そうじゃ。わしらはずっと、あやつを元の世界に帰すための方法を探しておったが……結局、何も見つけることは出来んかった」

無念そうなオスマンの呟き。
暁はボーマンと面識はなく、フルネームも知らない。だが、彼が優秀なエージェントであったということは知っている。
そんな人物が元の世界に帰る方法を見つけられず、この世界に没したという事実は、それなりに大きい。

「期待に応えられず、申し訳ないの」

その謝罪は目の前の暁に向けてなのか、それとももういない男に向けてだったのか。
ふとそんな事を考えながら暁は「気にするな」と答え、苦笑した。



日は沈み、二つの月が大地を照らしている。
本来であれば学生たちは皆宿舎に帰り、学院を静寂が包み始める時間帯。
だが今日はアルヴィーズの食堂の上階にあるホールを中心として、学院は煌びやかな喧騒に包まれていた。
豪華な食事が並び、華やかに着飾った貴族たちが踊る。
『フリッグの舞踏会』と呼ばれるそれを暁は少し離れたバルコニーに立ち、眺めていた。

「……金持ちってのは、どの世界でも変わらんな」

『社交界』と呼ばれる場所で生きる者達がこういった場を好むのは洋の東西どころか、世界が違っても変わらないらしい。
パーティーを満喫する貴族たちを眺めながら、暁はそんな事を考えていた。
無論彼がこういった場に混ざるのは、これが初めてである。
豪華客船の護衛など裏方として居合わせることはあったものの、華やかな世界への憧れなど暁自身抱いたことはないし、
また彼のように血に塗れた傭兵をそういう世界に引っ張り出そうとする奇特な人間も、これまでは居なかった。

「ったく、俺は部屋に戻ってるって言ったんだがな」
【あんたは強制参加よ!だったか】

ルイズの言葉を真似ながら、隣に立てかけられたデルフがカタカタと笑う。
オスマンとの話を終えた後、彼から『今夜のフリッグの舞踏会の主役は君たちじゃ、せいぜい着飾るのじゃぞ』というお達しがあった。
興味も関心もなかった暁はその場で不参加の旨をルイズに伝えたのだが――ルイズとキュルケ、さらにはボーとタバサにまで引き摺られ、このホールへと連行されることとなった。

「確かに料理も酒も質はいい。が、居心地が悪いったらねえな」
【誰かと踊ってみたらいいんじゃねえの?】
「勘弁してくれ」

ホールではキュルケが多くの男たちに囲まれて歓談し、料理の並ぶテーブルではタバサが巨大な肉料理と格闘している。
ギーシュがいつも通りの態度で女性を口説いている姿や、シエスタが給仕の仕事をこなしている姿も見える。
それぞれがそれぞれの形で舞踏会を満喫する様子を眺めながら、暁はふと自分の主人である少女の姿が見当たらないことに気付く。

「もう少し楽しそうにできないもんなの?」

背後からの声に振り返れば、美しく着飾った少女――ルイズが呆れたような表情を浮かべながら立っていた。

「無茶言うなよ、こういう所は苦手なんだ。お嬢さんこそ誰かと踊らないのか?だいぶ熱心に誘われてたろう」
「全部断ったわよ」

ルイズが登場した際会場は明らかに色めき立ち、多くの男たちが我先にと彼女にダンスを申し込んでいた。
おそらくは、今まで『ゼロのルイズ』と呼びからかっていた少女の美貌にようやく気付いた者達が、いち早く唾を付けておこうと行動したのだろう。
その変わり身の早さには暁も呆れるしかなかったが、どうやらルイズも同じ気持ちだったようだ。

「なんでしたら、踊ってあげてもよろしくってよ?」
「5年後にもう一度誘ってくれ」
「言うと思ったわ、あんたって本ッ当に失礼ね」

毒づきながらもルイズは暁の隣にある椅子に腰を下ろす。
二人はしばらく、とりとめのない会話をしながら舞踏会を眺めていた。
途中何度か男たち――おそらくはルイズが目当てだろう――が近寄ってこようとしたが、傍らに立つ暁と目が合うと例外なく退散して行った。

「皆アカツキが怖いのかしら」
【野獣がパーティーに紛れ込んでるようなもんだからな】
「同じケダモノでもボーはしっかりなじんでるのに、何が違うのかしら」
「それはあいつがおかしいだけだ」

二人の視線の先では、ボーがシエスタらメイドたちとともに給仕のために動き回っている姿があった。
普段どおりの格好で参加した暁とは違い、ボーはおそらく食堂の面々が用意したであろう正装に着替えている。

(あいつすっげえ浮いてる……よな?)

ボーの姿は、ほかの貴族たちと比べ縦にも横にも一回り以上大きい。
そんな巨漢が人の間を器用にすり抜けながら給仕している様に最初のうちは貴族たちも面食らっていたのだが、
今はもうほとんど誰も気にしている様子がない。おそらくは慣れてしまったのだろう。
何故慣れてしまったのか、暁にとっては不思議で仕方が無かったのだが。

「……ねえ、アカツキ」

神妙な表情でルイズが暁を見上げていた。

「その、残念……だったわね。手掛かりが見つからなくて」

その言葉にどんな感情や思いが込められていたのか、暁にはわからない。
ただ、おそらくは自身への気遣いから出た言葉だろうということだけは、なんとなく察することができた。

「気にするな、もともと期待しちゃいない」

ボーマンが遺した調査内容の中に、元の世界に帰るためのヒントになるようなものは何もないとオスマンは言う。
調べようがなかった、というのはもちろんあるだろう。しかしそれ以前に、彼はさほど積極的に帰ろうとしていていなかった。そんな印象を暁は抱いている。
地理、伝承、歴史、魔法。確かにボーマンは多くのことを調べていたらしい。
だがそれらについて深く、危険を冒してまで調査した形跡は存在しない。辺境に足を延ばす程度のことはしていたようだが、それもトリスティン国内に限定されている。
はたしてボーマンは何を考えていたのか、それを知る術はもはやない。
オスマンならば知っている可能性もあるが、彼はそれについて何も語らず、暁も聞こうとはしなかった。

「帰りたくなったら自分で調べるさ。少なくとも今はルイズお嬢さんに付き合わなきゃならないから、当分先の話だがね」

トラブルに巻き込まれやすい星の下に生まれ、またそう言ったものに首を突っ込みたがる性分も待ち合わせている――暁はそんな人物像をルイズの中に見ていた。
無論根拠はなく、漠然とした印象に過ぎない。だがこのまま彼女の下に居ても退屈はすることはない、そんな予感がある。
故に暁も当面、元の世界に帰る方法を積極的に探す気はない。ボーマンの遺した情報など学院内で調べられることは調べるつもりだが、それはどちらかといえば暇つぶしに近いものだ。

「……ありがと」
「どういたしまして――ってか、そんな恥ずかしそうに言うことじゃねぇだろ」

とても言いにくそうにその言葉を絞り出し、恥ずかしそうに俯いている少女を眺めながら暁は笑う。
舞踏会そのものは彼にとって退屈極まりなく、また居心地も非常に悪い。
だが普段勝気で生意気な少女の珍しい様子を見、笑うことができたのは悪くない体験だったかもしれない。
そんなことを考える自分に苦笑しながら、暁は手にした銘柄のよくわからないワインを飲み干した。




新着情報

取得中です。