あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

第二十八話「その名は春奈」


ウルトラマンゼロの使い魔
第二十八話「その名は春奈」
サーベル暴君マグマ星人
侵略宇宙人ナターン星人 登場



『はぁッ!』
「うりゃあッ!」
 マグマ星人のサーベルと、デルフリンガーの刃がぶつかり合う。二人の刃が重なり、激しい金属音が鳴った。
『ふんッ! はぁッ!』
「くッ!」
 一旦互いに剣を下げると、マグマ星人がサーベルをピュンピュン鳴らして振り回し、才人に
斬りかかる。才人は斬撃の連続を、デルフリンガーで受け止める。
『はぁぁぁッ!』
 次は、サーベルの連続突きが押し寄せる。それも、デルフリンガーで耐えしのいだ。
『今だ相棒ッ!』
「せやッ!」
 連続突きの合間のかすかな隙を見つけたデルフリンガーが合図を出すと、才人が水平切りを繰り出した。
マグマ星人は咄嗟に首を引いたが、切っ先がかすめて頬に赤い線が走った。
『何ッ!? 地球人の分際で俺様の攻撃を防いだばかりか、一太刀浴びせるとは……小癪なッ!』
 マグマ星人は切られた頬を撫でて歯ぎしりした。才人はルイズと春奈を背にしたまま、
マグマ星人へ啖呵を切る。
「ただの地球人じゃねえぜ! 俺はゼロの使い魔だ! お前みたいな宇宙のゴロツキに、
ルイズたちには指一本だって触れさせるもんか!」
「サイト……!」
 ルイズは才人の背中に熱い視線を向ける。
『ほざけ! これでも食らいなッ!』
 マグマ星人は後ろへ跳んで才人から距離を取ると、弧を描くようにサーベルを振り上げてから、
先端を才人へ突きつける。
 するとサーベルから、ビームが発射された。
「うわッ!?」
「あぢぃッ! おい、そりゃねえだろ! ちゃんと剣で勝負しろよ!」
 突然のビーム攻撃を、才人はデルフリンガーを盾に防いだ。熱がったデルフリンガーが
文句を言ったが、マグマ星人はもちろん取り合わない。
『もう一発だ!』
 二発目のサーベルビームを放つマグマ星人。その時、デルフリンガーが叫んだ。
「跳べ相棒!」
 言われた通り、才人が跳躍する。ビームは彼の立っていた場所に命中したが、才人はそれを
跳び越えた。そしてそのままマグマ星人へ接近し、太刀を浴びせる。
「でやぁぁぁーッ!」
『何ぃ!? ぬあぁぁぁッ!』
 顔面に剣をもらったマグマ星人が顔を押さえ、激しくうめいた。
 マグマ星人はいくつもの星を侵略した恐ろしい侵略者だが、実は直接的な戦闘技術はそれほど
優れたものではない。地球に侵略に来た者は、既に宇宙空手の達人ではあったが、実戦経験のなかった
駆け出し戦士の頃のレオに圧倒された程度の腕前だった。今才人が戦っているマグマ星人も、
剣の腕はそこまでではないようだ。
 このまま押せば行ける、と思った才人は、マグマ星人に追撃を掛けようとする。と、その時、
マグマ星人が叫んだ。
「ナターン星人! 出て来いッ!」
「相棒! 左だ!」
 デルフリンガーが警告してくれたお陰で、才人は林の中から飛んできた光弾を回避することが出来た。
「新手か!」
 才人とルイズが光弾の飛んできた方を振り返ると、木々の間から、奇妙な形状の光線銃を
手に持った、頭部のヒレや脚のつけ根の膨らみで横幅の広い印象を与える、光線銃に負けず劣らず
奇妙な外見をした宇宙人が現れた。
「マグマ星人の仲間……宇宙人連合の一員か!?」
 才人が問うと、新手のナターン星人は肯定した。
『その通り。我らの計画のために、その娘は回収する。そのためには、邪魔者には消えてもらおう!』
 才人はナターン星人の光線銃と、マグマ星人のサーベルを二方向から向けられる形になった。
「二人掛かりってか。さすが悪モンは、やることがこすいねえ」
 デルフリンガーが挑発の言葉を掛けると、マグマ星人が開き直った。
『黙れ! 何をしようと、勝負は勝った奴の勝ちなのさ! さぁ行くぞぉッ!』
 マグマ星人の合図で、サーベルと光弾が同時に迫る。
「やぁぁッ!」
 それを前にして、才人は気合いの雄叫びを上げると、片手で握ったデルフリンガーでサーベルを弾き、
光弾をよけると空いた手でガンモードのウルトラゼロアイを抜いて、ナターン星人の手から光線銃を
弾き飛ばした。
『おのれ! 脆弱な地球人の分際でぇッ!』
 攻撃が失敗したことに激昂したナターン星人が一気に巨大化し、50メイル級の巨人と化した。
それを目にして、才人は即座にウルトラゼロアイを顔に装着した。
「デュワッ!」
 才人の姿が一瞬でウルトラマンゼロのものに変わり、ナターン星人と同等の身長まで巨大化した。
『ナターン星人、勝手に巨大化しやがって……!』
「あッ! 待ちなさい!」
 取り残されたマグマ星人は、二人の戦いに巻き込まれてはたまらないとばかりに林の中に
飛び込んで姿を消した。ルイズが阻止しようと腰を浮きかけたが、すぐ傍らの春奈の存在を
思い出し、足を止めた。
 一方で、巨大化したゼロとナターン星人はじりじり弧を描くように動いて、間合いを測り合っている。
その中で、ナターン星人が言い放つ。
『ウルトラマンゼロ、邪魔立てはさせんぞ! ナターン星の正義のために、娘もこの星も我々が頂く!』
 その言葉を聞いて、ゼロが怒鳴った。
『ふざけるな! 人をさらって、大事なもんを奪って、何が正義だぁッ!』
 それを皮切りに、ゼロとナターン星人が同時に肉薄した。
『おらぁぁぁッ!』
『ぐふッ!?』
 ナターン星人のパンチをいなしたゼロの連続パンチが、ナターン星人に決まった。
『せいッ!』
『ぐはぁッ!』
 更にみぞおちに正拳突きが入り、ナターン星人は大きく吹っ飛んだ。
『おのれぇ……食らえッ!』
 胸を抑えたナターン星人は両腕を前に突き出し、怪光線を発射した。ゼロが光線に晒される。
 しかし光線は、ゼロの交差した簡単に腕に受け止められた。
『ひッ!?』
 それに怖気づいたナターン星人は背を向け、一目散に逃げ出そうとする。だがゼロは、
卑劣な侵略者をみすみす逃したりはしない。
「シェアッ!」
 投擲されたゼロスラッガーが、ナターン星人の背面から腹部へと貫通した。
『ぎゃああああああああああああッ!!』
 ナターン星人が断末魔を上げて、粉々に爆散した。
『この俺がいる限り、侵略者なんかの好きにはさせねぇぜ。……にしても、あの娘は一体何なんだ? 
どうして宇宙人連合に狙われてるんだ……』
 ナターン星人を破ったゼロはマグマ星人も探すが、マグマ星人は既に林の中に身を隠していたので、
発見することは出来なかった。仕方なく、変身を解除して才人に戻っていった。

『ちッ……ナターン星人、役に立たねぇ奴だ』
 林の中に身を潜めているマグマ星人が、ゼロにあっさり敗れたナターン星人に大きく舌打ちした。
だがすぐに気を取り直す。
『だがまぁいいか。「接触」自体には成功したんだ。これからが見物だ……』
 一人ほくそ笑むと、背後へ跳ぶ。その身体がスパークに包まれて、林の中から消え去った。

 マグマ星人とナターン星人を撃退した後、ルイズと才人は春奈をこっそりと魔法学院へと連れ帰った。
本来なら、無断で平民を学院に入れるなど許されないことだが、宇宙人たちに目をつけられている以上、
他の場所に預けるのは危険すぎるので、それを承知の上で自分たちの手元に置くことにしたのだ。
「ふ~ん……で、この女の子がその宇宙人連合に狙われてたって娘か」
 人目を盗んで運び込んだ場所は、ルイズの部屋。ベッドに寝かせた春奈を、五人の人間が見つめている。
内二人は部屋の主のルイズと、同居人才人。三人目はシエスタで、四人目は人間大のミラーナイト。
彼が春奈の容態を診ている。
 そして最後の五人目で、椅子の上であぐらをかいてつぶやいたのが、元アルビオン王国皇太子のウェールズ。
……だが、今の中身はグレンファイヤーだ。亡骸をヤプール人に利用され、奇跡的に命が蘇りながらも
二度目の死を迎えようとした彼をグレンファイヤーが、一体化することにより消えかかった命を繋いだのだ。
しかしウェールズの意識までは戻らず、完全に蘇生する時までグレンファイヤーが代わりに活動をしているという訳である。
この状態の呼び名は、さしずめグレンウェールズといったところか。
 グレンは普段「さすらいの傭兵」を自称して、人間の時は各地を回りながら荒事に首を突っ込んで
日銭を稼ぎ、怪獣が現れた時にはグレンファイヤーに変身して怪獣退治をこなす日々を過ごしている。
だが今のように、ウルティメイトフォースゼロで相談事がある時などは、ミラーナイトの作る鏡の道を通って、
ルイズの部屋に集結することにしているのだった。
「で、ミラーちゃん。肝心のその娘の具合はどうなんだ? さっきから目を覚まさねぇけどよ」
 グレンが軽薄な口調でミラーナイトに尋ねかける。見た目はウェールズなので、ルイズと才人は
その彼がグレンの口調でしゃべることに未だに強い違和感を覚えていた。
『見た限りでは、特に異常は見当たりませんね。恐らく、疲労が溜まってるだけだと思います。
しばらくしたら目を覚ますでしょう』
「そっか……良かった」
 ミラーナイトの回答を聞いて、才人がほっと息を吐いた。それからゼロが声を上げる。
『しかし驚いたな。才人以外の地球人がここにいることもだが……それがよりによって、
才人の知り合いだったなんて』
 才人は皆に、春奈が故郷にいた時のクラスメイトだということを話した。それを耳にして
ルイズとシエスタが奇妙な反応を示して、今も何だか春奈を警戒しているように見えるのだが、
才人にはその理由が皆目分からなかった。
 一方で、ウルティメイトフォースゼロは春奈のことについて話し合う。
『宇宙人連合にさらわれ、今も狙われている少女が、サイトの友人とは……これは偶然なのだろうか?』
『偶然にしては、出来過ぎてますよ。どうして宇宙人連合が、わざわざチキュウの人間を
こちらの世界に連れてきたかも、理由が見当つきません。もしかしたら、ゼロと一体化している
サイトを脅迫しようと、近しい人間を誘拐してきたのかも……』
「ちッ! 相変わらず侵略者ってのは、胸くそが悪くなることばっかするな! また現れやがったら、
ただじゃ置かねぇぜ!」
『何にせよ、この娘をあいつらに渡す訳にはいかないぜ。俺たちでしっかりと守ってやろうぜ、才人』
 ゼロの呼びかけにうなずく才人。と、ルイズが妙に慌てた様子でゼロに尋ねかける。
「ち、ちょっと待って。守るって……この娘をずっとわたしたちのところに置いておくつもりなの?」
『当たり前だろ。侵略者が狙ってるんだ。俺たち以外のとこで安全な場所なんてない。鏡の世界や
ジャンボットのコックピットにいつまでも置いとく訳にもいかねぇし、グレンの旅に女の子がつき合うのも
無理だろうしな』
「だな。俺は喧嘩に首突っ込む毎日だしな」
 ゼロの言葉にウンウンうなずくグレン。だがルイズはゼロに食い下がる。
「で、でも……そう! 何もわたしたちのところに置いとく必要はないじゃない! ゼロは
世界を移動できるんでしょ? それで元の世界に帰してあげればいいんじゃないかしら!」
「それです! 見知らぬ土地にいさせるよりも、そうした方がずっといいですよ!」
 シエスタも慌てた様子でルイズの意見に賛同した。しかし、肝心のゼロがうなり声を上げる。
『確かにそうしてやるのが一番だろうが……そいつは無理だぜ』
「ど、どうしてよ」
 帰すことが出来ない理由を説明し出すゼロ。
『別の宇宙へ移動する、なんて言うのは簡単だが、実行には莫大なエネルギーが必要だ。
ウルティメイトイージスを以てしても、一度移動したらエネルギーを使い果たして、
しばらくは使えなくなっちまう。それで今ハルケギニアは、侵略者とヤプール人に狙われてる。
そんな状況で、俺が数日でもここからいなくなる訳にはいかねぇ』
 狡猾なヤプール人のこと。ゼロが不在と分かったら、すぐに何かしらの行動に出るだろう。
敵につけ込ませる隙を作って、ハルケギニアの人々を危険に晒す訳にはいかない。
「だったら、向こうに送り届けたらすぐに引き返せばいいんじゃ……」
『それも考えたけどな。到着場所は細かく設定することは出来ない。俺がついてなきゃ、
宇宙に放り出すことになっちまう。地球人は宇宙空間じゃ、生身じゃ一秒だって生きてられねぇんだよ。
こっちから向こうに連絡を入れて、春奈を受け止めてもらうことも出来ないしな』
 ルイズは前に、ゼロに宇宙まで連れていってもらったことを思い出した。あの時も同じことを
言っていたし、自分は終始バリアで守られていた。
 春奈を今すぐ帰すのはどうにも無理そうだとルイズらももう理解したが、更にミラーナイトが
ゼロの後を引き継ぐ。
『それに、敵が彼女をつけ狙う理由を取り払わない限り、仮に帰したところでまたさらわれるのが
目に見えてますよ』
「分かったわ……。わたしたちで面倒見る以外にないのね。はぁ……」
 敵のたくらみをくじかないことには、どの道春奈を帰すことが出来ないとなったので、
ルイズはため息を吐いた。そこに、グレンが励ますように声を掛ける。
「そんな嫌がるなって。もうサイトと同居してるんだろ? だったら二人も三人もそう変わらねぇだろ」
「……そうじゃないんだけど……」
 だがルイズは意気消沈したままだった。その理由が分からず、グレンは仲間たちに問いかける。
「なぁ、何でルイズはあんなに嫌そうなんだ? 同じ女なんだから、むしろサイトよりも
気兼ねなくつき合えると思うんだけどよ」
『さぁ……何でだろうな』
『私の電子頭脳でも、答えは出てこない。人の心は難しいものだな……』
 ゼロもジャンボットも、才人も首をひねる。それを横目で見たミラーナイトが肩をすくめる。
『ウチのチームメイトは、朴念仁ばかりですねぇ……』
 とその時、ずっと寝ていた春奈が不意に声を漏らした。
「う……ううん……」
『いけない、彼女が目を覚ましそうだ。グレン、撤収しますよ』
「え? 何でだよ? そりゃミラーナイトは姿が姿だし、ビックリさせちまうかもしれねぇけど、
今の俺は人間の姿なんだぜ。見られても大丈夫だと思うけど?」
 グレンが不思議そうに尋ね返すと、ミラーナイトは呆れて肩を降ろした。
『確かにそうですけど、あなただって学院の人間じゃないでしょう。侵入しているところを
部外者に見られたら、後々面倒なことになるかもしれないじゃないですか』
「あッ、そっか。じゃあしょうがねぇな。俺もこいつの様子を見てたいんだけどなぁ……」
『私が鏡を通して見せてあげますよ。それより急いで。もう目を覚ましそうです』
 ミラーナイトに急かされて、グレンは立ち上がって姿見に向かう。
「そんじゃあお前ら、また後でなー」
 ミラーナイトが鏡の中に入ると、グレンも手を振りながら後に続いた。二人が退散すると、
春奈が目を開いて、ひと言つぶやいた。
「み、水……」
「水だって。シエスタ、飲ませてあげなさい」
「は、はい。どうぞ」
 ルイズの命令で、シエスタが春奈を起こし、コップ一杯の水を飲ませてあげた。
「ありがとう……ここは……?」
 春奈は辺りを見回し、尋ねかけた。自分の置かれている状況が把握できないのだろう。
そこでルイズが簡単に説明する。
「ここはトリステイン魔法学院よ。分かる? あなたは、道端で倒れてたところをわたしたちが
見つけて、ここに運んであげたの」
「あ、そ、そうだったんですか。すいません、ありがとうございます」
 春奈が礼を述べると、才人が質問をする。
「ねぇ、君はもしかして、高凪春奈さん?」
「え? 私のことを知ってる? ……もしかしてあなた……平賀才人くん?」
 驚いて才人に振り返った春奈は、その顔を見て聞き返した。才人はすぐに首肯する。
「ああ、俺、平賀才人。高凪さんお久しぶり」
 才人だと分かるや否や、春奈は一気に顔を輝かせた。
「嬉しい……。こんなところで会えるなんて! 平賀くんッ!」
「うわッ!?」
 涙を目尻に湛えると、いきなり才人に飛びついた。突然のことで、才人は押し倒される。
ルイズとシエスタは仰天した。
「た、高凪さん!? 何を……?」
「私、いきなり宇宙人に捕まって、知らないところへ連れてこられたの。何とか隙を見て
逃げ出したんだけど、外も全然知らないところで、すっごく心細かった……。でも、まさか
平賀くんに会えるだなんて! すごく嬉しい!」
 才人に力一杯抱きつく春奈に、ルイズが癇癪を起こして怒鳴りつける。
「な、なに、何でいきなりわたしの使い魔に抱きつくのよ! 離れなさい!」
 すると春奈は、ルイズに胡乱な視線を向けた。
「使い魔? 使い魔って何ですか? 平賀くんはれっきとした人間です! それを使い魔呼ばわりだなんて、
あなたこそ何者ですか!?」
「うッ!」
 怒鳴り返されるとは思わなかったルイズが一瞬ひるむが、気を取り直して春奈に説明する。
「わ、わたしはラ・ヴァリエール公爵家の三女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
魔法学院の生徒よ。サイトはわたしが使い魔を召喚する魔法で呼び出して、契約を交わしたの。だから、
サイトは人間だけどわたしの使い魔なの。ほら、左手に使い魔の印があるでしょ」
「……それは分かりました」
 春奈はハルケギニアの知識をある程度は持ち合わせているようで、ルイズの説明を理解した。
が、すぐに反論を続ける。
「分かりましたけど。あなたに、私が平賀くんに抱きつくのを邪魔する権利はありません!」
「なんですってえ!?」
「平賀くんは、私がこの世界に来てから初めて会った、ただ一人の知り合いなんです。再会を喜んで、
何でいけないんですか!?」
「い、いけなくはないけど、表現方法に問題が……」
「抱きつくことの何がいけないんですか? 自分の使い魔に誰かが抱きついただけでそんなに
怒るなんて、変です!」
 ルイズに一歩も退かずに口論を繰り広げた春奈は、才人に笑顔で振り返る。
「それに私のことは春奈と呼んでくれていいですよ、平賀くん」
「あ、ああ……。春奈ね……」
「な……!」
 春奈に押されてタジタジな才人。もっと目くじらを立てるルイズ。
 その一方で、シエスタがキラリと目を光らせた。
「……そうですね。確かに、サイトさんに誰が抱きついてもいいはずですよね」
 と言うと、素早く春奈から才人を奪い取り、自分の胸元に寄せた。
「ふえッ!?」
「はい、こんな風に!」
「な、な、な!?」
 目を白黒させるルイズ。春奈はシエスタに対抗心を燃やす。
「ああッ!? 勝手に平賀くんを取らないで下さい! えーいッ!」
「おうふッ!?」
 シエスタと春奈に挟まれて、才人は変な声を上げた。そしてふとルイズに目をやると、
彼女は杖をわななく手で握っていた。
「サイト……。随分と、楽しそうな姿になってるじゃない……」
「い、いや、これ俺のせいじゃ……」
 弁明しようにも、ルイズの怒りは既に頂点に達していた。掲げた杖がスパークする。
「この馬鹿使い魔ーッ! いい気になってるんじゃないわよおおおおおッ!」
「いい気になんてなってねえよぉぉぉぉぉ!」
 ルイズの部屋で、すさまじい爆発が発生した。
「けほッ……なあにやってんだか、相棒も娘っ子も」
 デルフリンガーがせき込みながら呆れ果てた。


新着情報

取得中です。