あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

るろうに使い魔-25



 その日、トリステイン魔法学院は快晴だった。
 シエスタは、貴族達の服の洗濯をする傍ら、この晴れやかな日差しを心地よく浴びていた。
「今日もいい天気ねぇ」
 そんな事を言いながら、シエスタは小鳥たちと戯れつつ、どこかウキウキした様子で洗濯物を干していた。すると…。
「あれ、ケンシンさん?」
 シエスタの遠くで、例の気になる男性、あの緋村剣心が、どこか森の中へと入っていくのをその目で見た。
 何だろう? シエスタは持ち前の好奇心で、剣心の後を追った。
 しばらくして、剣心はおもむろに草木が生い茂る林の中心に立つと、どこか神妙な顔つきで目を閉じていた。
 ひっそりと隠れながらも、シエスタはこの気になる行動に疑問符を浮かべていた。
 しばらくして…彼の周りから、ただならぬ雰囲気が立ち込めるのを感じた。
 そして次の瞬間――――。

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

 剣心は、それを一気に開放するかのように、急に唸り声を上げた。
 それに伴い、パン!! パン!! と周囲に舞う木の葉が弾け飛び、木々は悲鳴を上げる。
 シエスタは、この出来事に大層驚き、腰を抜かしてしまった。
「きゃああ!!」
 シエスタの悲鳴が聞こえると同時に、剣心はハッとしてそちらの方をむいた。
「シエスタ殿?」
「あ、御免なさい…えと、あの」
 シエスタは、しどろもどろになりながらも、これまでの経緯を剣心に話した。
「そうか、それは済まない事をしたでござるな」
「あ、別に大丈夫です。でも…」
 聞こうか聞くまいか、悩む仕草をしたシエスタだったが、やっぱり知りたい好奇心が勝ったのか、剣心に質問した。
「さっきのは、一体何だったんです?」
「まあ、気を引き締めてただけでござる」
 シエスタは、さらに疑問が増えた。気を締めてた? あれはそんなレベルじゃないような気が…。
 シエスタは、吐き出すように気迫を飛ばしていた剣心を思い出し、首をかしげた。
「拙者は、ああして時々気を締めないと、心の具合が黒くなる。だからさっきのようにやって、それを発散させているのでござるよ」
 思うところがあるのだろうか、時々左手を見つめながら剣心はそう言った。
「へえ、そうなんですか」
 正直、言っている意味はさっぱり分からないが、剣心が言うことなら、余程重要なことなのだろう。シエスタはそう思った。
(ってあれ? これって今、ケンシンさんと二人きり…?)
 そして、丁度二人っきりだということにシエスタは気付き、顔を赤らめた。
 対する剣心は、ルイズの事を思っているのか、どこか考え込むような表情をしていた。
 今のルイズに必要なのは、リラックス出来る環境だろう。
 何かないものか…そんな事を思案しているうちに、シエスタから声が掛かった。
「そ、そう言えば、ミス・ヴァリエール達と、どこかへ行っていたようですが、一体どこへ…」
 単なる話題を作るために、シエスタは質問したが、剣心は困ったような表情をした。
「う~ん、まあ、お忍びでござるな」
 頬を指でかきながら、剣心はそう返す。
「へぇ~…そうなんですか…」
 少し何とも言えなさそうな顔をして、シエスタはそう相槌を打った。
その後、しばらくの間沈黙が流れたが……やがて意を決したのか、勇気を振り絞ってシエスタは顔を上げた。
「あ、あの、実はですね、今度お姫様の結婚式のときに、特別にお休みがいただけたんですけど…それで…ケンシンさんも、私の故郷をどうかなって…。
 とっても綺麗な草原もありますし、気も休まると思いますよ」
 シエスタはシエスタなりに、彼の顔を見て思うところがあったのだろう。気を遣うような風で聞いてみた。
 剣心は、少しポカンとした感じで、それを聞いて、そして叫んだ。
「それだ!!」
「へっ?」



     第二十五幕 『宝探しと冒険』



「う~~~~~ん…」
 同時刻、ルイズは学院の中庭のベンチに座り、一人考え事をしていた。
 膝の上には、ボロボロの本『始祖の祈祷書』が乗っけられている。
 あれから、ルイズは悶々として詔を考えていたのだが、いかんせん良い詩が思いつかない。まだ時間はあるとはいえ、そろそろ何か思い浮かんでもいい頃なのであるが…。
「…どうしよう…」
 どれだけ声を唸らせて考えてみても、やっぱり何も出てこない。
 ちなみにこの事は、剣心には言ってなかった。何というか、これ以上、彼に頼りっぱなしも良くないと思うし、何よりこれは自分自身の問題だ。
 剣心も、その空気を察してくれているのか、必要以上には介入してこない。勿論困ったことがあれば、何時でも駆けつけてきてくれるだろうが。

「はーい、ルイズ」
 気付けば、いつの間にか隣にはキュルケがいた。
 面倒なのに見つかった。そんな雰囲気を隠そうともせずにルイズは目を細めた。
「…何しに来たわけ?」
「やあね、折角面白いものを見つけてきてあげたのに」
 剣呑な雰囲気を受け流しながら、キュルケは胸の、その大きい谷間から何やら取り出し始めた。
 それは、幾つかに分けられた羊皮紙の束だった。
「…で、これ何?」
「宝の地図よ」
 怪訝な顔つきで見るルイズに、キュルケはしれっと答えた。成程確かに、それらしいことがその紙には書かれている。
 しかし、ルイズは怪訝な顔つきを崩そうともしなかった。
「それを私に見せてどうする気よ?」
「連れないわねえ、誘ってるんじゃないの。宝探しに行こうって」
 キュルケの言葉に、ルイズはハァ? って顔をした。いきなり何を言い出すのだろうかこの変態巨乳は。
 しかし、キュルケの表情は、至って真剣そのものだった。

「あんた、この頃張り詰めてるでしょ」
「えっ…?」
「隠したって無駄よ。昨日の事件を見れば、誰だってそう思うわよ」
 ルイズは、昨日の出来事を思い出した。
 確かに、あの時自分の感情も爆発して、泣いてしまったことは覚えている。でも…。
「分かるわよ、王子様の事よね。普段強がりばっか言ってるあんたが、人目を気にせずに泣くんだもの。相当辛かったんでしょ?」
「そんな…私…」
「こういう時はね、何か気を紛らわすものが、必要なものなのよ」
 キュルケの押しに、ルイズはグイグイ押される。こうなると、彼女は本当に強かった。
「でも、今私は…」
「でももさっちもない! 私が行くと決めたんだから、あんたも行くの!!」
 ほぼジャイアニズムのような言動だったが、ルイズは妙に心打たれた。そう言えば、ワルドの結婚を吹っ切らせてくれたのも、彼女の言葉のおかげだった。
 家系が家系故に、憎らしさが前面に出てるため、表立って言うことはないが…こういうところは素直に感心するなぁ、とルイズは思った。
 確かに、環境を変えれば、まだ何か思いつくかもしれないし、それに、行くのを断れば、またキュルケが剣心をたぶらかそうとするかもしれなかった。それはやだ。
 という訳で、ルイズは覚悟を決めた。
「……分かった、付き合うわよ。それで、いつ行くの?」
「勿論今からよ。後タバサと、ついでにギーシュの奴も誘ってあるから」
「ちょっと待って、授業中よ!?」
「いいじゃん、サボれば」
 そんな風なやり取りをしていたところへ、上手い具合に剣心とシエスタが通り掛かった。
「おお、ルイズ殿。ちょうど良かったでござる」
「あら、ダーリン。いいとこに来たわね」
 ナイスタイミング、と言わんばかりに、二人は同時に口を開いた。

「一緒に宝探しに行かない?」
「少し休養をとってはどうでござるか?」

「…え?」
「おろ?」
 しばしの間、同時に放られた言葉の意味を、片側が理解するのに数秒かかった。
 そして、剣心はキュルケの持っている地図の方を見て聞いた。
「宝探し?」
「そ、たまにはパァーッとさ。いいでしょ?」
「ってか、休養って何よ?」
 ルイズは、隣にいるシエスタを怪訝な表情で見つめながら、剣心に聞いた。
 そう言えばこのメイド、最近やたら剣心と一緒にいる気がする。
 自分のことで精一杯だったから、そこまで回す気は無かったけど……なんだろう。何か嫌な予感がしたのだ。
 女の勘で、何となくシエスタの心情を察したルイズは、無意識に彼女を睨んでいた。
 ここで普通なら、貴族に睨まれただけで、シエスタは怯えただろう。しかし、表立っては出さないが、そこだけは譲れないという強い意志を宿して、シエスタも睨み返していた。
 二人の間にバチバチと花火を散らす中、剣心がおもむろに言った。
「ルイズ殿、最近思い詰めてたでござろう? あんなことがあったんだし、ここは少し休みでもとったほうが良いと思うでござるよ」
 この言葉に、ルイズは内心勝った! と叫んでいた。
 いいでしょ? 心配されてるのよ、ワタクシ。アンタなんかにワタクシの相手が務まると思って?
 しかし、シエスタの方も、あくまでも営業スマイルを崩さずに、ルイズに対抗した。
「いいのですか? 行き先は私の村ですよ? 私の村には何にもない、つまらない所ですよ? 貴族の皆様が満足していただけるかは、保証しかねるのですが」
「へえ、いいじゃない。どんなつまらないところなのか、逆に興味が湧いてきたわ」

 笑顔で睨み合う二人を見て、ようやくらしくなってきたなあ、と思ったキュルケは、ルイズたちの間に入って折衷案を出した。
「それじゃ、まず最初の何日かは宝探しで、その後にそこのメイドの故郷に行くって事で、いいかしら?」
「ちょっと待ってください。宝探しなら私も行きます!!」
 さも当然だと主張するかのように、シエスタは手を挙げてそう言った。
 無論ルイズは即座に反対する。
「はぁ? 魔法もないアンタに何ができるっていうのよ?」
「料理ができます!!」
「それが何の役に立つのよ!?」
「美味しい食事を提供できますわ!!」
 相手は貴族だというのに、シエスタはルイズに対し、一歩も引かなかった。
 それにより、ルイズは何か内側から燃えるようなものを感じていった。
 しかし、これには思うこともあったのか、今度はキュルケが口を挟んだ。
「まあでも、そういう意味合いじゃ、確かにうってつけかもね。マズイ料理なんて私やだし、いいじゃないルイズ。連れてってあげましょ」
「あ、あんたは横からしゃしゃり出て来ないでよ!!」
「ねえ、ダーリンはどう思う?」
 ここぞとばかりに、キュルケは決定権を剣心に渡した。
 ルイズはグッとした目で剣心を見る。シエスタも、ルイズと同じような目で剣心を見つめた。
 そんな二人の雰囲気に若干気圧されながらも、剣心は確認するかのようにシエスタに聞いた。

「休暇の方は、大丈夫なのでござるか?」
「はい、早くに取るつもりですから!!」
「危険もあるかも、でござるよ」
「平気です!! だってケンシンさんが守ってくれますから!!」
 即答するシエスタを、剣心は改めてまじまじと見た。意地でも従いていく。目がそう語っていた。
 まあ、それなら…と、ついに剣心も折れた。
「シエスタ殿が良いなら、拙者は構わないでござるよ」
「やったあああ!! ありがとうございます!!!」
「ちょ…ケンシンまで何言ってんのよ!!」
 一人わぁわぁ喚くルイズとは裏腹に、シエスタはここぞとばかりにガッツポーズをした。
「という訳で、宜しくお願いしますね。ミス・ヴァリエール」
 深々と頭を下げながらも、若干皮肉がこもった言い分に、ルイズは思いっきり髪をかきむしって、空に向かって叫んだ。
「もう、何なのよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」
 そんなルイズの様子を見て、剣心も、やっと少し調子を取り戻したか。と思った。
 あの魔法の失敗以来、どこか俯いた感じで、人を寄せ付けないオーラを放っていたが、今のルイズを見ると大丈夫なようだ。
「そんじゃ、今日はもう遅いし、出発は明日から。皆ちゃんと準備してきなさいよ」
 キュルケの言葉を最後に、剣心達は一度解散した。


新着情報

取得中です。