あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ソーサリー・ゼロ第四部-11

前ページ   /   表紙へ戻る   /   次ページ


三三〇

 どの武器を使う?

 短剣・四四六へ
 手斧(ちょうな)・五五三へ
 チャクラム・三九六へ
 デルフリンガー・四五三へ

 上記のいずれでもないなら、武器を手に黒エルフと闘え(四九三へ)。

四五三

  鞘から抜き放たれたデルフリンガーは、
「おお、やっと俺の出番かね。待ちくたびれたぜ」と嬉しそうな声を上げる。
 君は魔剣の柄を逆手に握り、肩の高さまで持ち上げる。
「相棒? 何するつもり……」
 デルフリンガーに最後まで言わせず、渾身の力で黒エルフめがけて投げつける。
 運だめしをせよ。
 吉と出たら四四へ。
 凶と出たら四六七へ。

四四

 君の手を離れたデルフリンガーは、狙いあやまたず黒エルフの胸板に命中する。
 体を貫かれた黒エルフはもんどりうって倒れる――即死だ。
 残ったふたりの黒エルフの片方が、攻撃の矛先をカリンから君へと転じる。
 術を使う暇はなく、デルフリンガー以外の武器を使って闘うしかない。

 黒エルフ
 技術点・八
 体力点・六

 勝ったなら三九三へ。

三九三 

 君は最初に倒した黒エルフの死体から、デルフリンガーを引き抜き、カリンのほうに目をやる。
 黒エルフが矢継ぎ早に繰り出す短剣をたくみにかわすカリンだが、形勢はよくない。
 彼女が手にしている武器は、細身の剣に似ているがあくまで刃をもたぬ杖であり、当たっても相手の革鎧にはじかれてしまうのだ。
 加勢に向かおうとしたその時、黒エルフが短い悲鳴を上げて顔を押さえる――カリンの杖に眼を突かれたのだ。
 その隙をのがさず、君は背後からの一太刀で黒エルフを斬り伏せる。
 闘いが終わったのを見て、ルイズとキュルケが駆け寄ってくる。
「かあさま……じゃなくてカリン殿、大丈夫ですか!?」
「心配いりません、ルイズ」
 そう答えるカリンの視線は、地に横たわる黒エルフたちに向けられている。
「なぜ、わたくしたちの魔法は発動しなかったのでしょう? この亜人たちには、何かそういった能力が備わっているのですか?」
 問いかけられた君は、そんな事はないはずだと答える。
 キュルケが試しに軽く杖を振るが、やはり何も起こりはしない。
「それじゃあ、何か魔法を妨害するようなマジック・アイテムでも持ってるのかしら?」
 ルイズの言葉を聞いた君は、黒エルフたちの死体のかたわらにしゃがみ込み、彼らの懐を調べるが、すぐにその手を止めることになる
――地鳴りめいたただならぬ音と揺れを感じたのだ。
 振り返った君の眼に映ったのは、こちらに向かって押し寄せてくる大群衆だ。
 人々はロサイスの市民や港で働く荷役夫、連合軍の兵士たちであり、いずれも恐怖に目を見開き、先を争って町から逃げ出そうとしている。
 たちまち周囲は人であふれ返り、君はルイズたちの姿を見失ってしまう。
 君は殺到する人の波にもみくしゃにされ、群集に押されるままに北門をくぐり、町の外へと出る。
 周囲を見回してルイズたちの姿を探すが、町から逃げ出した人々はあまりに多く、その数はどんどん増えていく。
「ジョン! ジョンはいないのか!」
「母さん、どこにいるの?」
「中隊長! 誰か、ルフェーヴル中隊長を見なかったか?」
 はぐれた家族や仲間を探す者たちが、めいめい声を張り上げる。
 君も負けじとルイズたちの名を叫ぶが、応える者はいない。
 そうしている間にも、門からは続々と人があふれ出す。
 その中にオークどもがまぎれていないのは、幸いと言ってよいだろう。
 とにかく、ルイズたちを――最悪の場合はルイズだけでも――探し出して合流しなければならない。
 手当たりしだいに探して回るか(四〇八へ)、それとも術を使うか?

 SUN・六四五へ
 KID・七〇〇へ
 ZAP・七二九へ
 FAR・七六八へ
 PIN・六七四へ

六四五

 体力点一を失う。 
 太陽石を持っているか?
 なければ術は使えず、ルイズを探して歩き回ることになる(四〇八へ)。

 太陽石を持っているなら、術をかけて頭上高く掲げよ。
 朝とはいえ薄暗い空の下、君の作り出すまばゆい輝きは大いに人目を引く。
 しばらく待つうちに、君の名を呼ぶ声を聞きつける。
 ルイズの無事な姿を目にした君は、ほっと胸を撫で下ろす。
 キュルケも一緒だ――彼女は人波のなか、ルイズの手をしっかりつかんで放さずにいたらしい。
 しかし、カリンはどこに居るのだろうか? 三六二へ。

三六二

「母さまはどこ?」
 ルイズが尋ねるが、君は、わからないと答える。
 キュルケが、不安げな表情で門のほうに視線を向ける。
 ロサイスの北門からあふれ出す人の流れはほとんど途絶え、今は、十数人の兵士たちが武器を手にして見張りに立ち、敵の追撃を警戒しているところだ。
「まさか、まだ中に残って……?」
 キュルケのつぶやきを聞いたルイズは、はじかれたように門に駆け寄るが、兵士たちの指揮をとっていた将校が、それを見咎める。
「おい、近づくんじゃない! いつ奴らが来るか、わからんのだぞ!」
 ルイズは門の内側に向かって
「母さま!」と叫び、
さらには、兵士たちの間をくぐり抜けて町の中に戻ろうとする。
「やめろ、正気か!?」
 将校が腕をつかんでルイズを引き止め、君とキュルケもそれに加わる。
 ルイズの瞳に涙が浮かぶ。
「放して、お願い! 中にまだ、母さまが! 母さまが!」
「無理よルイズ! 死んじゃうわ!」
「母さまー!」
 悲痛な声が響きわたる。五五五へ。

五五五

 涙ぐむルイズに励ましの言葉をかけながら、君は十分ほど待つ。
 だが、門からは人間もオークも誰ひとり現れない。
 城壁の向こうからは、太鼓と角笛の荒々しい響きが聞こえてくる。
 城壁に沿って西門に向かいカリンを探してみるか(五二〇へ)、もう少し待ってみるか(四四四へ)、それともあきらめて先へ進むか(四三一へ)?

五二〇

 三十分ほど壁に沿って歩き西門のそばまで来るが、そこも北門同様、町から逃げ出した人々でごった返している。
 君たちは大声でカリンの名を叫び、人々に尋ねてまわるが、無駄に終わる。
 得られたものといえば、無関係ないくつかの噂話だけだ。
「ふたり連れの若い女が町を離れ、シティオブサウスゴータへと向かう街道を北上していった」
「逃げ遅れた者たちは堅固な赤煉瓦(あかれんが)造りの司令部に立てこもり、包囲されながらも敵を撃退し続けているらしい」
「船着き場は敵の襲撃を受け、多くの船が焼き払われた。船で逃げようとした者の多くは、死ぬか捕らえられるかしたようだ」
 最後の噂は君たちにとって不吉なものだ。
「お姫様は大丈夫かしら。『ロリアン』号の出港が、間に合っていればいいんだけど」
 キュルケが眉根を寄せる。
「姫さまはきっと無事よ……母さまも。ふたりとも、こんな所で死んじゃうはずがないわ。そんなのありえない。絶対に」
 ルイズは言う――自分自身を納得させるかのように。
「だから、もう行かなきゃ。トリスタニアが攻撃を受けるまで、あと五日しかないわ。それまでにわたしたちが≪門≫を破壊しないと、
ここまで来たのが無駄になっちゃう」
 ルイズは潤んだ目を袖でぬぐう。
「ルイズ……本当にいいの?」
「ええ。わたしはもう平気よ。さあ、いつまでもぼやぼやしていられないわ」
 ルイズは街道に立ち、北へ向かって足を踏み出す。四八五へ。

四八五

「ルイズ、ちょっと待って!」
「な、なによ。調子狂うわね」
 憮然とした表情のルイズに、キュルケは言う。 
「ロンディニウム塔まで三百リーグもあるのよ。まさか、歩いて行くつもり?」と。
 君は三百リーグがどれほどの距離かを、ざっと計算する――このハルケギニアの地で使われているリーグという単位は、
君の故郷のそれとは別物なのだ。
 ハルケギニアにおける三百リーグは二百マイル以上に相当し、徒歩だと六日前後はかかる距離だ。
「本当は、ロサイスで馬を調達する予定だったのよね」
 キュルケが肩をすくめる。
「馬を連れてロサイスから逃げ出した人なんて……」
 ぱっと振り返り、城壁の周りに集まった人々をざっと眺めて、
「……都合よく居るわけもない、か」と続ける。
「とにかく、進むしかないわ」
 ルイズは意を決したように告げる。
「途中で馬に乗った人たちに会ったら、譲ってもらいましょう。わたしたちは勅命で動いているんだから、なんとかなるはずよ」
「そう都合よくいくかしらね? ここじゃ王室の権威も通じないと思うけど」
 キュルケの言葉に、君もうなずく。五三二へ。

五三二

 道を北へと歩き続けていた君たちは、街道の向こうに動きを認めてはたと立ち止まる。
 距離が縮まると、相手がそれぞれ馬にまたがった、三人の男たちだとわかる。
 彼らは飾りのついた帽子や兜をかぶり、派手な胴着を身にまとっている。
「レディの頼みを断れない立派な騎士様には見えないわね。傭兵みたい」
 キュルケが意味ありげに囁く。
「とにかく、馬を貸してもらわないと」
 ルイズが緊張した面持ちで、大きく息を吸う。
「手段は問わず、かしら?」
 キュルケが胸元に差し込んだ杖に手をやると、ルイズは慌てて
「だめよ! 味方を傷つけるわけにはいかないわ!」と制止する。

「貴族のお嬢さんがたが、こんな所で何をしているんだ?」
 騎馬の男たちの隊長格が尋ねてくる。
 ルイズは、シティオブサウスゴータに向かうので馬を譲ってほしい、相応の礼はすると持ちかけるが、彼らはその言葉を鼻で笑う。
「二日前に奇襲を受けて司令官のド・ポワチエ将軍が行方不明になって以来、シティオブサウスゴータは大混乱のさなかにある。そんな所へ出向こうとは、
あんたらも見た目によらずとんだ命知らずだな」
 男の目が細められる。
「あの町だけじゃない。このアルビオンにいる諸国連合軍の部隊は、どこもひどいありさまだ。士気も軍規もありゃしない。
部下を置き去りにして逃げ出す将校、追い剥ぎや山賊に鞍替えする兵隊、それに、払われることのない給料のかわりとして、
上官の持ち物を頂いていく不届き者だっている」
 君は、男の言葉に込められた皮肉に気づく――彼らの乗る馬もその馬具もかなり上等であり、乗り手とは不釣合いなものだ。
 盗人に身を落とした傭兵たちだが、君たちを襲うつもりはなさそうだ。
 魔法を操る貴族を正面から相手取るのは、危険が大きいと考えているのだろう。
「そんな物騒な状況だから、馬を手放すわけにはいかねえんだ。悪いが他をあたってくれ」
 男は話を終えて立ち去ろうとしている。
 その場を動かず、黙って連中を見送るか(四六一へ)?
 それとも武器を取るか(二九四へ)?


前ページ   /   表紙へ戻る   /   次ページ

新着情報

取得中です。