あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

第34話 地獄




 「何よ、これ……」

 ルイズは目の前の光景を、とうてい現実のものと思えなかった。

 「いくら何でも、こんなのって有りなのかい……」

 マチルダも、ただ呆然とそれを眺めることしか出来なかった。

 「なんなの、これ……なんでこんなことがあり得るの?」

 なのはですら、思考が停止しかかっていた。
 そして。



 「ひどい、ひどすぎます! これが、戦争なんですか!」

 ティファニアが、あまりのことが起こっている戦場を見て、慟哭していた。



 ――眼下の戦場は、文字通りの『地獄』になってた。







 結局レコン・キスタからはなんの回答もなく、教皇聖下認可の元、王軍は『討伐軍』となって出陣した。
 そう、討伐軍である。レコン・キスタは、もはや『反乱軍』ですらなかった。
 破門宣告により、人間外、亜人や魔獣と同等の、人としての尊厳を持つ必要無しの存在と認識されたのである。
 そして、彼らは見た。
 首都ロンディニウム郊外。
 彼らは、そこに布陣していた。
 何故か、破門宣告を告げにいったはずの兵達、その全てすら含んで。
 彼らがいるのなら、その分の船もあるはずなのに、それも使わず。
 いや、それどころか。
 彼らの敷く陣の中央には。

 レコン・キスタ代表、オリバー=クロムウェルが、堂々とその身を晒していた。



 「どういう事だ……?」

 討伐軍総帥として出陣してきたウェールズが訝しがる。
 どう考えてもここに彼が出てくる意味が無い。ロンディニウムに籠もっている方が遙かに勝算がある。
 参謀の一人は、

 「市民に破門のことが伝わって、市内にいられなくなったのでは」

 そう意見を述べてきた。納得出来るものであったが、それは違うと、ウェールズは思った。

 「いや、それなら戦場の後ろに本陣を構えている方が正しい。あのような目立つ位置に出る意味が無い」
 「それもそうですが」

 そのこと自身は、参謀自身が不審に思うことでもあったので、強い反論はしなかった。

 「いずれにせよ、もはや我々にもあちらにも後はない。降伏勧告すらもはや無意味だ。我々に出来るのは、たとえ虐殺と後世いわれようとも、目の前の軍勢を殲滅することのみ――征くぞ」

 そして、開戦の宣言がなされ、軍は動き始めた。
 この時の双方の軍勢は、王党軍約四万、対するレコン・キスタ、約八千。
 五倍の軍勢のぶつかり合いは、彼らの壊滅を持って決するはずであった。
 これだけの勢力差があるなら、そもそも攻め手に策はいらない。受け手の策を警戒するだけでよい。
 そしてこの場、この開けた戦場ではそれを警戒する謂われはなかった。
 何しろ相手は間違いなく全軍がここに出ているのだ。伏兵はないと参謀諸卿も口を揃えて宣言した。
 事実、伏兵も何も無かった。両軍の正面衝突によって、夥しい死が、その場にまき散らされた。
 だが。



 その『死』は、一方的なものになった。



 「なんで死なないんだ! いいかげんにしねっ!」
 「な、なんでおまえが!」
 「い、生き返った……うわぁ、やめろおっ!」



 敵軍は『死者の軍勢』だった。突いても切っても死なず、倒れず。四肢が残る限り、戦闘を続けた。
 さらに恐ろしいことに、倒された者のうちのいくばか……この時点では彼らは知らなかったが、彼らの血を浴びたもの……が、死してなお立ち上がり、こちらの敵となって友軍に襲いかかってきたのだ。
 この時点で直接接敵していた前衛軍の士気が崩壊した。そして戦場での情報伝達の誤差が、さらなる悲劇を読んだ。
 なまじ大軍なことが仇になり、崩壊する前衛が後続の軍とぶつかって混乱状態になってしまったのだ。
 この場合後方の指揮官が指示を出して軍を再編成しなければならなかったのだが、前衛の実体が伝わった時、既に前線部は手がつけられない大混乱になっていた。
 進軍する中衛と、崩壊・退却する前衛がごちゃ混ぜになり、さらにそこへ無敵の死体軍団が乱入、そこでさらに不死者が増えるという最悪の連鎖を生み出してしまった。
 どうにか後方のウェールズたちがその状況を掴んだ時には、既に最前線は取り返しのつかないことになってしまっていた。
 何とか軍の崩れを立て直し、戦列を再編した時点で、軍の数はこちらが三万二千、敵は一万二千になっていた。
 しかも相手は死なず、それどころかこちらの戦死者が相手に加わるという。
 この魔法をどうにかしない限り、いくらこちらが多くても何の意味が無かった。







 「一体、どんなからくりがあるというのだ! それを打ち破れねば、手の打ちようがないぞ!」

 いらついたようにウェールズは作戦台に拳を打ち下ろす。それは行き場のない怒りを込めた八つ当たりで、誰かを責めるものでないのはその場の誰もが判っていたので、彼を非難するものはいない。
 成り行き上、この場にいたルイズ達も、口をつぐんでいた。

 「全く、死者が生き返るなど、一体どんな魔法だというのだ……」

 が、誰となく呟かれたその一言を聞いた瞬間、そのことが脳裏にひらめいた。

 「あ、アンドバリの指輪!」

 ルイズの叫びに、その場にいた全員の視線が集まる。
 一斉に注目を浴びたルイズは、思わずうろたえてなのはの方を見る。
 そしてルイズに見つめられたなのはも、その存在を思い出していた。

 「うかつでした……あれ、確かクロムウェル司教が持っていたんですよね……」
 「そうよね。けど、まさかここまですごいとは予想外だったわ」
 「水の精霊の秘宝……甘く見ていました」
 「何か知っているのか、ミス・ルイズ」

 ウェールズがその声に一縷の希望を乗せて問い掛けてくる。ルイズはその目を見つめ返しながら頷いた。

 「うかつにも私自身忘れていたというか、気に留めてはいなかったのですが……私はラグドリアン湖の水の精霊から、一つの任務を負っています。
 それが彼の精霊の持つ秘宝、『アンドバリの指輪』の奪還。
 そしてそれは、レコン・キスタの首領たる、オリバー=クロムウェルの手にあることまでは判っていました。
 そして、その秘宝の力とは……死者に偽りの命を与えて蘇らせ、そしてそれを操ること。
 彼はその力で偽りの虚無を名乗っていたと思われるのですが……」
 「まさか、ここまでの力とは……という訳か」

 ウェールズの言葉に、ルイズは頷いた。

 「力が力だけに、あくまでも虚無を名乗るために密やかに使っているのだと思っていたのですけど……」
 「あるいは、後がないと知ってなりふり構わなくなったか、ですね」

 ルイズの言葉をなのはが補完する。

 「……他にそんな事が出来る何かがあるとも思えないな」

 そしてウェールズは、ため息と共に言った。

 「まいった。こうなるともう、これは『戦争』じゃない。どっちかというと、魔法比べの領域だ。数も、質も、全く意味が無い」
 「それこそ、奇跡の出番、っていう訳かい」

 ティファニアに付き添っていたマチルダが合いの手を入れる。

 「かも、しれないね」

 ウェールズも、疲れたようにそうぼやき……自分たち以外の視線が、どこかに集まっていることに気がついた。
 自分たち以外……自分と、ルイズ&なのは、そしてティファニア&マチルダ以外の人物の視線が、ルイズに集中していてた。
 確かに、奇跡の担い手と言えば彼女だ。
 だが、いくら何でもそれは都合がよすぎるだろう。
 そして当のルイズは。

 「なのは……何とかなるのかしら」
 「私だと何とかなるかもしれませんけどちょっとまずいですし、ご主人様は何とか出来てもたぶん魔力が足りないと思います。無理すれば命に関わりますし」

 そんな危険な相談をしていた。

 「死者をいくら精霊の秘宝とはいえ、あんな冒涜的な形で使うのはちょっと許せないとは思うけど」
 「虚無の魔法なら、何とかならない訳では無いと思いますけど、一人二人ならともかく、全軍はさすがに無理かと」
 「ちょっと待って? 何とかはなるの?」
 「推測ですが……虚無の魔法の特質を考えますと、こういう魔法を打ち破るというか、魔法そのものを打ち消してしまうタイプの魔法もあるんじゃないかと思うんです」

 実のところ、なのははレイジングハートが解析したリストでそういう魔法があるのはイリュージョンの時同様判ってはいる。だが、その魔法は対象の魔力を相殺する形のものゆえ、今のルイズではせいぜい一部隊分の魔法しか打ち消せないのも判っている。
 それゆえ、そういうお茶を濁したような答弁になっていたのだが。

 「だとしたら……」

 ルイズは、肌身離さず持っていた『始祖の祈祷書』を取り出し、同時に預かっていた『風のルビー』も取り出した。
 そしてそれを、外の光景に震えていたティファニアに差し出す。

 「たぶん、何とか出来るのはあなただけよ。『アルビオンの虚無』たる、あなただけ」

 ティファニアは、差し出されたそれを見て、ゴクリと唾を飲み込む。

 「私だけ、なのですね」
 「ええ。私か聖下が何とか出来ればよかったのかも知れないけど、私も聖下も虚無の力を使っちゃってて、たぶん全軍を何とかするだけの力は残ってないの。でも、あなたなら、足りるかもしれないわ」
 「始祖の秘宝は、それが本当に必要とされる時、その力を担い手に明かします」

 震えるティファニアを、ルイズとなのはが励ます。
 そしてそんな彼女を支えるものもいる。

 「やってみるかい、テファ。もしやり遂げられたら、もうテファを蔑む人はいなくなるよ。立場だけじゃなく、名実共にね。あの子たちも、もう肩身の狭い思いをさせなくてすむ」
 「あの子たちに……」

 マチルダの言葉に、ティファニアの脳裏に、めんどうを見ていた孤児たちの姿が映る。
 このまま震えていたら、彼らにも命の危険が迫ることになる。
 彼女の震えが、止まる。
 それは決意の証。

 「やって、見ます……」

 ティファニアは、ルイズから受け取った、『風のルビー』を指に嵌める。
 そして『始祖の祈祷書』を手に取る。



 「おお……」



 その場に居合わせた人々の口から、そんな感嘆の声が漏れた。
 彼女の決意に答えるかの如く、祈祷書は光を発しつつめくれていき。
 ティファニアに、この事態を押されうる、一つの呪文を託したのであった。







 希望は、見えた。
 だが、彼らは知らない。
 芽生えた希望を打ち破る魔の手は、もうすぐそこに迫っていることを。 



新着情報

取得中です。