あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロと雪姫-1


ゼロの雪姫

「宇宙の果てのどこかにいる私の下僕よ!強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔よ!
私は心より求め、訴えるわ!我が導きに答えなさい!」
少女が詠唱を終えて杖を振ると爆発が起きて煙が舞い上がる。
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは何十回やったかも覚えてない『サモン・サーヴァント』はまたも失敗かと誰もが思った。

が、そうでは無かった。
煙からルイズの元に何かが走って来た。
身体の大きさはリンゴ2つ分、白と黒が混じった体毛に長い尻尾を持ったリスの様なイタチの様な生き物だった。
ルイズは足下に寄ってきたその生き物を両手で優しく掴み、ひょいっと自分の顔の近くまで持ってきた
「やっ、やったわ!初めて魔法を成功させた!」
ルイズは涙と声を出して喜んだ。
自分がイメージしていた物とはかなり違うが魔法を成功させたという事実さえが真ならそれで良かった。
「あなたのお名前はどんなのしようかな~」
「おい!あれを見ろ!」
生徒の一人が大声を上げる
ルイズは前に顔を向けると、爆発があった場所に小さな人影が見えた。

「う~ん。何なのですか今の爆発は?」
そこには自分が今抱えているのと良く似た生き物を両肩にそれぞれ一匹ずつ乗せた少女が立っていた
背の高さは自分のお腹の所までか。
冬を連想させるフワフワした服を着ていた。

「どっ、どこから来た子なの?」
「っというか何故ゼロのルイズが召喚した動物がもう二匹いるんだ?」
周りの生徒達がどよめき始める。
「あー!リンク!駄目じゃない鏡に飛び込んじゃ!」
「へっ?リンク・・・・?」
少女はルイズが抱えている動物に指を差して声をあげるとルイズに近づいていった
「すみません、この子がご迷惑をおかけてして」
少女はルイズにペコリと頭を下げた
「あ、え?だ、大丈夫よ」
ルイズは呆気に取られた顔をして答えるとリンクと呼ばれた動物はルイズを離れて少女の腕の中に飛び込んでいった。
「リンク。めーっ!でしょ。それにしてもここは何処ですか?」
「あの~お嬢さん?あなたは何処からこの学院に入って来たのですか?」
横で見ていたコルベールが怪訝な顔をして少女に尋ねた。
「学院?それって学校の事ですか?おかしいですね。私は確かバッハ・クロンに繋がる通路を通っていたのに」
「バッフ・クラン?」
「バッハ・クロン!今から私はゲイナー達に会いに行くのです」
「ゲイナーとはこの学院の生徒ですか?」
「はい」
「君たち。ゲイナーと言う生徒をご存知ですか?」
コルベールは生徒達に尋ねるが、生徒達はそれぞれ相談した後首を振った
「皆知らないそうですよ?」
「そんな!ゲイナーはキングゲイナーのパイロットなんですよ!
この学校の生徒のガウリ隊が一人位知っている人が居いなんておかしいですよ!」
キングゲイナー?ガウリ隊?少女の口からまた知らない単語が出てきた。
コルベールは腕を組んでうーんと唸る。
「あの~、ミスタ・コルベール?私そろそろ『コントラクト・サーヴァント』を済ませたいのですが・・・・・・・」
ルイズは戸惑いながらコルベールに近づく。
「ミス・ヴァリエール。これは推測ですが、この子は貴女のサモン・サーヴァントでやって来たのかも知れません」
「えっ!?」
ルイズが驚きの声をあげた。
「この子は先程、バッハ・クロンと呼ばれる場所へ行く通路に居たと言っています。当然そんな場所はこの学院にはありません
それにさっきここに居る皆さんに聞いた通り、ゲイナーという生徒はこの学院には居ないです」
「じゃ、じゃあ本当にこの子はサモン・サーヴァント来たのですか?」
「そうかもしれません」
「そうなったらこの子が私の『使い魔』?」
「そうなりますねぇ」
「ちょっ、ちょっと待ってくださいミスタ・コルベール!人が使い魔だなんて聞いた事がありません!
その子の周りに居る動物が使い魔かもしれませんよ!?」
ルイズは手を振りながら言うと少女が微笑みながら答えた。
「この子達ですか?この子達は私のお友達です。この子がリンク、この子がリンス、この子がリンナ。可愛いでしょ!」
「う~んどうやらオマケみたいなものですね。大体三匹一緒に召喚されるとは今まで前例が無いですし」
「そ、そんなぁ!やり直しは出来ないのですか!?」
「ミス・ヴァリエール。これは神聖な儀式です。やり直すことが出来ません」
「そんな・・・・・」
ルイズはがっくり肩を落とした。
「あの~お話し中の所申し訳有りませんが、私はどうすればいいのですか?」
少女が二人の間に立つ、するとルイズはガシッと少女の両肩を掴んだ。
「使い魔の契約をするわよ!女の子同士だったら多分ノーカンだし!」
ルイズが吹っ切れた顔で言った。
「契約ですか?」
「そう、契約よ!貴女、お名前は?」
「アナ=メダイユです」
「アナね、わかった。」
ルイズはアナから手を離すと小さな杖を構えた
「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我が使い魔となせ」
呪文を唱えるとアナの唇と自らの唇を交わした
「んんーーー!!」
突然のルイズの口付けにアナは驚き声をだした。
そしてルイズが唇を離す
「いきなりキスをするなんて、ビックリするじゃない!」
「貴女の反応、イエスね!これで貴女は私の使い魔よ!」
少女とキスをした。ルイズは官能的と言うか背徳的というかよくわからない気持ちになっていた。
「きゃあ!あ、熱い!」
アナが突然の体の異常に気付き、大きな声を上げ、失神した
「た、大変!ミスタ・コルベール!この子・・・・」
「安心したまえ。これは一時的なものだ。おっ、ルーンが刻まれた」
アナの右手にルーンが浮かび上がる。
こうしてアナはルイズの使い魔となった


新着情報

取得中です。