あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

Another Mission 01 <新たなる異邦者>



その日の夜も、トリスタニアのチクトンネ街はいつものような夜の街としての賑わいを見せていた。
酒場では客達が酒やら料理やらを口にしながら陽気に歓談し合い、給仕達はせっせと客達への接客を続けている。
賭博場では平民達とは違い、財に恵まれた貴族達が昼間以上に集まって賭け事に夢中となる。
賭け事に勝ち喜びを露にする者もおれば、逆に負けて悔しそうに顔を顰めて負け犬のように立ち去る者もいる。

そんな毎日が続くチクトンネ街のある小さな酒場。
その日は珍しく貴族の客が一人、カウンターで酒を呷っていた。
だが、その貴族の客人に対して店内の人間達は従業員も含めて皆、変わった動物でも見るかのような視線を送っている。
いつも静かな酒場であるが、今日はそれよりもさらにしんと静まりかえっていた。
「あのぉ、お客様。そろそろ、お止めになさった方が……体に毒ですよ」
カウンターで寝そべりながら空のグラスを手にする、眼鏡をかけた長い金髪の貴族の女性にバーテンが恐る恐る声をかける。
だが、女性は無言で空のグラスを差し出してくるとバーテンは仕方なく酒を注ぎこんだ。
「バーガンディ伯爵さまぁ……」
すでに十杯目となるヤケ酒を呷り、エレオノール・アルベルティーヌ・ル・ブラン・ド・ラ・ブロワ・ド・ラ・ヴァリエールは
酒ですっかり赤く染まった顔をカウンターに横たえ、目元に薄っすらと涙を浮かべていた。
トリステインでも指折りの大貴族の令嬢にして、長女である彼女は王立魔法研究所の主席研究員という立場にある人間である。
だが、今の彼女にはそんな地位にある人間には見えない醜態ぶりを見せつけていた。
「あの貴族の女の人、どうしたのかねぇ」
「大方、男か何かが原因じゃないのかな」
「貴族も大変なもんだ」
ひそひそと、彼女に対する陰口が時折客達から発せられる。
彼女と応対するバーテンも、このような貴族の客とどう接すれば良いのか分からず困り果てる。
下手に怒らせようものなら、貴族の魔法が飛んで来るかもしれないのだ。
だから、彼女が酒をおかわりしようとした時に酒を注いでやることしかまともにできることはない。


そんな中、入口の羽扉がキイと静かに音を立てて開き、新たな客が姿を現す。
全身黒ずくめでコートを纏った長身の優男で、腰まで伸ばした黒い長髪は前髪の右側が顔の右半分を隠している。
「いらっしゃいませ」
新来の客と応対して、何とか緊張をほぐそうとバーテンはその平民の男へと顔を向けた。
「隣、よろしいですか?」
その客は、あろうことかエレオノールの隣の席へと座ろうとしていた。
従業員や客はその男の行動に目を疑う。見た所平民のようだが、貴族を相手にあそこまで堂々とできるとはどういうことか。
うつ伏せたままのエレオノールは酔った顔を、話しかけてきたその男へと向けて目を細めた。
「好きにすればいいじゃないの……」
投げやりに彼女が答える前に、男は勝手に席につくと開口一番、バーテンにこう告げる。
「何か甘い物でもありませんか」
「お客さん。うちは酒場ですよ?」
バーテンは意外な注文をしてきたこの男を馬鹿馬鹿しく思いつつも、同時に緊張をこれほどにほぐしてくれた彼に感謝していた。
「あいにく、うちはジュースなんか置いてないんですが。ミルクならありますがね」
「なら、それで良いです」
歳は三十直前といった所であるが、何でそんな子供が飲むようなものを頼むのか。
男が穏やかな表情をまるで変化させずに返すと、バーテンは一杯のミルクを用意して差し出す。
「ここは酒も飲めない平民が来る所ではないわよ」
本来ならば名門貴族としてのプライドや礼儀もあって、このような場所で自ら斯様な平民に話しかけるはずがなかったが、十杯も酒を飲んだ影響もあってか
エレオノールはその男が飲んでいる物に対してそう一言を述べていた。
もっとも、目つきだけはいつもと変わらぬきついものであったが。
「そういった物はあまり口に慣れていないもので。……ずいぶんと飲んでいるみたいですが、何かあったんですか?」
男はエレオノールの顔の色や表情などから、彼女がヤケ酒でかなり酔っていることを悟ったようだ。

「あの兄さん、どんな神経してるんだ」
「すごい度胸だよな……」
従業員や客達は男が貴族を相手にあそこまで堂々とできる姿に呆気に取られ、どのような展開になるのかを冷や冷やしつつも興味深そうに見守っている。

「ふん、平民に話すことなんて無いわよ」
彼女がこうもヤケ酒を呷っている原因は、客達の陰口通り、男女関係にあった。
今日の昼頃、いつものようにアカデミーの研究室で勤務していた彼女の元に届けられた一通の手紙。
それは彼女の婚約者であり、数ヵ月同棲もしていたバーガンディ伯爵からのものであった。
……いや、〝婚約者であった〟というのが正しい。
何故なら、その手紙には〝もう限界〟などという婚約を破棄することが淡々と記されていたからだ。
何がどう悪くて〝限界〟なのか、エレオノールは分からない。しかし、婚約を破棄されるという現実は彼女にとってはあまりにもショックであり、
明日にはアカデミーが魔法学院に預けてあるマジックアイテムの調査を行うはずであったが、その準備を中断して悲しみに暮れ、結果としてヤケ酒に走ったのである。
「まったく、何がいけないのよ。何が〝限界〟なのよ……」
話すことはない、と言っていた割にはその口は自然と愚痴をこぼしてさらに悲しみに暮れる。
男はミルクを口にしつつも、エレオノールをじっと見つめていたが、本人はその態度に反応して食ってかかった。
「……ちょっと、平民!何よ、その顔は!」
「いえ、僕は別に……」
エレオノールがついに突っかかったことに、店の人間達もたじたじとなる。
「どうせあなたも、私の婚約が破棄されたことを馬鹿にしてるんでしょう!」
やはり、かなり酔っている。自分でバラしてしまってはどうしようもない。
「……婚約を? 何故」
「知るもんですか。伯爵様は、〝もう限界〟なんですって。まったく、私のどこが悪いというの!」
自分から自白してしまっているエレオノールの姿に、店の人間達は婚約相手の男が婚約を解消した理由に納得し、その男の気持ちを痛いほどに理解していた。
エレオノールはグラスの酒を一気に飲み干すと、バーテンにさらに酒をグラスに注がせた。
「まったく、結婚は人生の墓場という奴ね。男はみんな、意気地がないわ。伯爵様も伯爵様よ。いつも不甲斐なかったんだから。あんな男、こっちから願い下げよ!」
怒りを露にして吠えるエレオノールに、もはや店の人間達はここから逃げ出したいという思いでいっぱいだった。
それに反して、彼女と向かい合う男はまるで動じず穏やかな表情のままエレオノールの愚痴を受け止め続けている。
「平民、あなたもそう思うでしょう!? 結婚なんて、人生の墓場なのよ!」
「僕に振られても困るのですが」
「口答えしない!〝結婚は人生の墓場〟よ! こうなったら、一生独身で通してやるわ!」

(この世界の人間も、対して変わらないな)
男は穏やかな表情を浮かべながら、エレオノールの姿を見てそんなことを考えていた。

チクトンネ街とブルドンネ街の境を、一人の人間がうろついていた。眼鏡をかけ、黒髪を後ろに束ねた20代半ばの女性である。
彼女はアカデミーに在籍する主席研究員の一人であり、名をヴァレリーという。
数時間前、長い付き合いである同僚の主席研究員が婚約者から婚約を解消されたらしく、その憂さ晴らしなのか、街へ繰り出してくると言ったきり帰ってこない。
いい加減、そろそろ戻らなければ上司より依頼された明日の仕事の準備に取り掛かれない。
そんな訳で、彼女はその同僚を迎えにきたのであった。
「……エレオノール?」
ふと、彼女の視線と足が止まった。
もはや見慣れた金髪の同僚が、顔を真っ赤に染めながら項垂れて眠りつつ誰かに体を支えられている。どうやらヤケ酒でも飲んでいたらしい。
……実に単純な憂さ晴らしだ。
「この人の知り合いですか?」
そして、その同僚の体を支えて肩を貸してくれているのは黒い長髪が特徴な長身の男だった。どうやら平民のようである。
「……え、ええ。そうよ」
「ちょうど良かった。この人を送る場所が分からなくて困っていた所なんです。すみませんが、この人を引き取っていただけませんか?」
非常に礼儀正しく穏やかな態度を取る平民に、ヴァレリーは遅れてから数度頷く。
男からエレオノールの体を受け渡され、ヴァレリーは自分の肩に彼女の腕を回した。
それにしても、彼女がまさか平民に世話になってしまうとは。もしも知ったりすればどのような反応をするのだろう。
プライドが非常に高いエレオノールのことだ。恐らく、平民に醜態を晒したなどとギャーギャー喚くかもしれない。
「ああ、それと……」
男は懐をまさぐると、中から青い輝きを仄かに放つ星形の石を取り出してきた。
ヴァレリーが怪訝そうにする中、男はその石を差し出してくる。
「もしもその人が起きた時に調子が悪ければ、これを使ってください」
何かの秘薬なのだろうか? ヴァレリーはエレオノールの体を支えつつその石を受け取り、まじまじと見つめる。
……見たこともないものだった。こんな形の秘薬、これまでに読んできた数多くの書物にも記されていない。
この男、どうしてこのような得体の知れない物を持っているのか。
だが、決して悪い代物ではないようなので受け取っておくことにしよう。
できれば、研究材料として調べてみたい意欲もあったが、今はそれ所ではない。
「……分かったわ。平民、あなたの好意には感謝します。この者にはあなたの厚意を知らせておきましょう」
「いえ、気になさらないでください。単なる行きずりですから。では」
軽く一礼し、男は身を翻してその場から立ち去ろうとする。
「待ちなさい、平民。一応、名前を聞いておくわ」
一度ヴァレリーが呼び止めると男は立ち止まり、肩越しに振り返ると一言だけ答える。

「モデウスです」



新着情報

取得中です。