あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

HUNTER×HUNTER×ZERO-00



二人の少年が道を歩いている。
付き添いの大人の姿は何処にも見えず、子供だけで旅をしているようであったが、彼らに怯えや畏れといったものはなく、実に楽しそうにしている。
彼らは旅を冒険を心から楽しんでいるようであった。

「……それにしてもジンは何処にいるのかな?」

黒髪の少年が何とはなしに口を開いた。
彼の名はゴン=フリークス。
幼い頃に自分を残して失踪した実の父、ジン=フリークスを探して旅をしている。
まだあどけなさが残るその外見とは裏腹に、ハンターライセンスを所持しており、幾多の修羅場をくぐり抜けてきている。
幼い頃から自然と共に育ってきたゴンは、野生児特有のパワーと勘で、並み居る強敵との戦いを生き抜いてきたのだ。

「……さあな。結局、グリードアイランドの中にも、お前の親父の今いる場所の手掛かりまでは無かったからな」

そう返した銀髪の少年の名は、キルア=ゾルディック。
ゴンの友達である。
ハンター試験でゴンと知り合い、そのまま意気投合し、今は彼の父親探しを手伝っている。
キルアも見た目こそ、年端もいかない子供ではあるが、実は伝説の暗殺一家、ゾルディック家の三男なのである。
彼自身もまた暗殺者であり、数々の暗殺術を用いて何百、何千もの人間をその手に掛けていた。
彼もまたゴンと同様にハンターライセンスを所持している。
ハンターとは怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける人々の総称であり、全世界に600人しかいないとされる選ばれた人間のことである。
プロのハンターの資格を得るには、数百万分の一の難関と言われるハンター試験を突破しなければならず、それに合格しても更に裏試験というものがあり、これも突破しなければ一人前のハンターと認められない。
ゴンとキルアはそのハンターなのである。
だが、二人が子供ながらに強いのはハンターだからというだけが理由ではない。
その秘密は念にある。

念。
それはオーラと呼ばれる生命エネルギーを自在に操る能力のことである。
一人前のハンターであるならば半ば習得必須であり、戦闘だけでなく芸術の分野など多岐に渡って活用されている。

ゴンもキルアも未熟ではあるが、念の使い手なのである。
それぞれが独自の能力を持っており、彼らの強さの源となっている。

二人はつい先程、グリードアイランドと呼ばれるジン=フリークスとその仲間たちが作った念能力専用のゲームをクリアしたところであった。
その中で知り合ったビスケことビスケット=クルーガーと別れ、再び二人でジン=フリークスを探す旅を始めたのであった。

「……にしても、ゴン。お前、ゲンスルーとの戦いで片腕捨てたんだって?無茶し過ぎだっつーの!大天使の息吹が無かったら、お前一生片腕だったんだぞ?」
「えへへ、だって思い付いちゃったんだもん。それにやられっぱなしじゃ悔しいじゃん!」
「ビスケもその話聞いたら、流石に呆れてたぞ」
「でも今はもう何ともないんだし、結果オーライだよ」
「結果オーライ……って、お前なあ……」

キルアがゴンに呆れていると、目の前に突如鏡が現れた。
あまりに突然のことではあったが、二人は瞬時に後ろへ飛び、鏡から一定の距離を取ると臨戦態勢になる。
ハンターとは言え、子供が故に念での実戦経験がまだまだ少ない彼らではあったが、それでも強敵と渡り合ってきたという確かな事実が二人へこの行動を取らした。

すぐに二人は凝を行う。
凝とはオーラを体の一部に集めることで、そこへ力を集中、増幅させる技術であり、攻撃または防御に使用されている。
この場合は、目にオーラを集中させることで、目の前の鏡から発するオーラを確認し、相手の力量を測ろうという意図があった。
だが……。

「……?何、これ?」
「念能力じゃ……ないのか?」

二人は同時に言葉を漏らした。
目の前の鏡からはオーラを全く感じなかったのだ。
もしも目の前の鏡が誰かの念能力であるならば、どれほど巧妙に隠してあってもオーラを感知出来る筈である。
その不可思議な現象に二人は思わず首を傾げた。
「この鏡、誰かの攻撃……じゃあないのかな?」
「油断するなよ、ゴン。突然現れたってことは、例え念能力じゃなくても、誰かの仕業なことは間違いないからな」
「うーん、でも周りに誰もいないみたいだよ?」
「この鏡に俺たちの意識を集中させることがそもそも敵の目的かも知れないだろ?警戒は怠るなよ、ゴン」
「分かってるよ!」

ゴンは少しだけ不服そうに言った。
二人が周囲に気を張り、その場で待機すること数分。
良くも悪くも状況が変わることは特に何も無かった。
しかし、逆にそれが二人を焦らすこととなった。
二人は別段、辛抱弱いというわけでは無く、その気になれば何時間だってその場で待機することは可能である。
しかし、目の前には出所不明の鏡が威圧的に二人の前へと立ちはだかっていて、それが誰かの念能力というわけではなく、目的さえも不明。
今でこそ、ただそこにあるだけではあるが、もしかしたら突然攻撃してくるかも知れない。
或いは、こうして二人の足を止めることそのものが目的かも知れない。
ありとあらゆる可能性が二人の脳裏に浮かび上がり、それが焦燥を生んでいたのであった。

「……キルア、あの鏡を調べよう」
「……ゴン!?」

ゴンの提案にキルアは面食らう。
まるで、その発想は無かったとでもいうように。

「だって、ここでこうしてても埒があかないよ」
「攻撃されたらどうすんだよ?敵の罠かも知れないだろ?」
「その時はその時だよ。それにこっちを攻撃してくるようなら、遠慮なくあの鏡を壊せる」
「……………………」

そう言ってのけるゴンにキルアは目を丸くした。
数秒間だけ考えた後、ハァと息を吐くと、そのままゴンに賛同するように両手を上げた。

「……ま、お前の言うことにも確かに一理あるな。このまま俺たちがこうしてるってのが敵の狙いかもしんねーし。……一応、凝だけは忘れんなよ?」
「分かってるって!」

と、ゴンはすぐに目へオーラを集中させた。
キルアも凝を行うと、二人で鏡に近付いていく。
相変わらず鏡からはオーラを感じない。
あと少しで鏡に触れるという位置まで近付くと、二人は歩みを止めて鏡を観察した。
少し古ぼけた感じのする、至って普通の鏡のようである。

「……鏡、だね」
「……鏡、だな」

二人の感想もそれだけ言うのが精一杯であった。
これだけ近くにいても、危険などは全く感じず、突然目の前に現れたという事実さえなければ、道端に置いてある鏡で通じてしまいそうである。
怪しいことには変わりないが、怪しいだけで敵意は無いように思える。
と、ゴンは指先で鏡面に自ら触れようとする。

「ちょっ、ゴン!お前っ!?」
「ちょっとだけだから大丈夫だって……って、えええええええ!?」

指先が鏡面に触れた瞬間、ゴンの体が鏡の中へと引きずり込まれた。
その力は物理的なものではないみたいで、ゴンのパワーをもってしても止めることが出来ないようであった。
キルアは咄嗟にゴンの体へ腕を回して力ずくで鏡から引き離そうとするが、それはかなわず、二人は一緒に鏡の中へと吸い込まれてしまった。

「「うわああああああああ」」




鏡に引きずり込まれてから、どれくらい経ったか。
二人にはかなり長い時間のようにも感じられたし、僅か数秒の出来事だったかのようにも思えた。
その間のことは何故か記憶にない。
次に明確な意識を取り戻した時、二人は多くの人間に囲まれていることに気が付いた。

「な、何……?」
「……んだ、こりゃ?」

二人は同時に驚きの声を上げた。
すぐに周囲を確認すると、自分たちの今いる場所は明らかに先程までの場所とは異なっている。
広めの庭のような場所で、近くに大きな建物のようなものが見えた。
二人を囲む人々もよく見れば、二人より少し年が上の少年少女である。
皆、同じような格好をしており、更にはマントのようなものを羽織っている。
一見しただけならば、何処かの宗教団体に見えなくもない。
彼らは二人を奇異な眼差しで見つめている。
その視線からは何処か侮蔑的なものも感じられた。
キルアはすぐに状況把握を始める。

「確か、俺たちはあの鏡に引きずり込まれて……って、おいゴン!」

キルアが強い口調で名前を呼ぶと、思わずゴンは 頭の後ろに手を回して、愛想笑いを浮かべた。
それに対して、キルアは少し怒ったような顔で言葉を続ける。

「だから言っただろ!不用意に触れるなって!」
「ご~め~んキルア」
「ごめんで済むかよ!一歩間違えてたら、俺たち死んでたかも知んねーんだぞ!」
「本当にゴメン!」

手を合わせ、頭を下げて謝るゴンを見て、キルアはやれやれとため息を吐いた。
いつもこんな感じで、キルアはゴンの後先考えない行動の尻拭いをさせられたりするのである。
慣れたこととは言え、毎度のことなので、流石にもう少しこちらのことも考えろとキルアはジト目でゴンを睨む。
それからすぐに、ゴンへ耳打ちした。

「……あの鏡はどうやら人を移動させる能力があるらしーな。恐らく、ここは俺たちの知らない土地だ」
「……うん。あの人たちの着てる服とかあの建物とか見たことないしね」
「……何で俺たちを移動させたのか、そんでもって俺たちを移動させてどうしたいのかは分かんねーけど、今はこの囲まれてる状況をどうすんのかが最優先だ。……おい、ゴン。今、凝やってるか?」
「……うん、やってる」
「……なら話が早い。ここの連中からは一般人並みのオーラしか感じないみたいだ。力を隠してるようにも見えないし、取り敢えず連中を全員倒してここから逃げるか?」
「……う~ん、でもここの人たちから事情を聞けたりとか出来ないのかな?」
「……馬鹿!こいつらの俺たちを見る目を見ただろ?明らかに歓迎されてないぞ」
「……でも」
二人がそうやり取りしていると、突如周りの連中の中から声が上がる。

「平民だ。ルイズが平民の子供を召喚したぞ!」

その声を合図にその場へ笑い声が巻き起こった。
皆が皆、何がそんなに面白いのか、というくらいに笑っていた。
そして、それら全ては明らかな嘲笑であり、それが事情がよく飲み込めていない二人をもイラッとさせた。

「……何だ?何でこいつら笑ってんだ?」
「……よく分かんないけど、何かムカつく!」

と、二人の背後に誰かが近付いて来る気配がした。
振り返ると、そこにはピンクブロンドの美しい少女がいた。
背丈は二人と同じか少し低いくらいで、何処か幼さを感じさせる風貌であった。
そんな彼女が顔を真っ赤にし、小刻みに震えながらこちらを睨み付けている。
二人よりも先に、ピンクブロンドの少女が口を開いた。

「んで……」
「?」
「何でアンタたちみたいなのが召喚されるのよ!!」

強い口調でそう言うと、少女の瞳からは涙がポロリと落ちた。
拳をギュッと握り締め、唇を噛んでいる姿が何処か痛々しい。
突然少女から怒鳴りつけられて、二人は腹を立てるよりも先に困惑していた。

これが、ゴンとキルア、そして少女ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールとの出会いであった。



新着情報

取得中です。