あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

運命から解放された子供たち

ティファニアがサモン・サーヴァントをためすと、いつも爆発が起きて失敗ばかりだった。
けれど、なぜかそこにはいつも小さな子供が倒れていて、ほとんどが身寄りがなかったり、戦争から逃げてきたという彼らをティファニアは暖かく迎えていった。
「おねえちゃーん、ごはんまだー?」
「はいはい、エルちゃん。もうちょっと待ってね」
「おねえちゃん、おとうさんとはいつ会えるの?」
「そうね。お父さんの名前、サトーさんだっけ。大丈夫、あなたが元気でいたらいつかきっと迎えにきてくれるわ」
いつしか村は孤児院のようになっていき、ティファニアは自分の寂しさを紛らわすためにやっていた召喚を、どこかでひとりぼっちでいる子供たちを救うためにやるようになっていた。

そして今日も、爆発の中から一人の少女が現れる。
血まみれで、片腕を失っていた少女を、ティファニアは慌てて指輪を使って治療しながら呼びかけた。
「大丈夫!? すぐに治してあげるからね」
「う……ここ、どこ? おにいちゃんは」
「心配しないで、あなたの名前は?」
「マユ……アスカ」
どうやら、ウェストウッド村にまた一人仲間が加わったようだ。

一方そのころ。
「だーから、ここはトリステインの魔法学院だって言ってるじゃない」
「なにを言ってるんだアンタはぁぁぁっ!!!!」



新着情報

取得中です。