あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

手札0の使い魔-00


ルイズが呼び出したのは、長い白髪でボロボロのコートを纏った平民だった。

そう、ただの平民だと思っていた。

「何よ、あれ・・・」
ルイズの眼に映ったのは次々と現れる幻獣たち。
そしてそれに命令し、率いている己の使い魔。
「インフェルニティ・ビースト、ゴーレムに攻撃!」
使い魔がそう命令すると、犬のようなモンスターが青銅で出来たゴーレムを
粉々に砕いた。
「インフェルニティ・デーモン、ゴーレムに攻撃。ヘルプレッシャー!」
続けて、物語に出てくるような悪魔の姿をしたモンスターが手を翳すと、ゴーレムの上から
腕が現れゴーレムを圧し潰した。
負けじとゴーレムが、動く気配のないローブを纏った骸骨を攻撃するが、逆に弾かれてバランスを崩してしまった。
間をおかず使い魔が命令し、屈強な亜人がよろけたゴーレムを砕いた。
これで全てのゴーレムは使い魔の召還したモンスターに砕かれてしまった。

「僕の、負けだ・・・」
尻餅をつき呆然と言う金髪の少年。
それを聞いた使い魔は腕に装着した何かを外し、腰に戻した。
使い魔は未だに腰を抜かしている少年に手を差し伸べる。
それを見た少年は目を丸くしたが、小さく笑って何か呟くと、しっかりとその手をとった。

「君の名前をまだ聞いていなかったね」
少年が使い魔に問う。
「俺の名は・・・鬼柳、京介だ」
使い魔ははっきりとそう答えた。

広場に歓声が響き渡った。



新着情報

取得中です。