あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

0G-09

 G達の乗った船が、海賊に扮した皇太子達に襲われた…
 G一人ならば、容易く殲滅出来るのだが、船の操縦法が解らぬ上、ワルドは兎も角ルイズまで死んでは面倒だと何もせず…
 ただGは黙って寝ていただけなのでこの話は…省略…



「栄光ある敗北? 敗北になんの栄誉がある!」

 ウェールズ皇太子から手紙を預かり、少しGと会って話しをしておこうとGの居る部屋の扉の前に立つと
 中から、Gのそんな言葉が聞こえた。
 死を選ぶ愚か者達に対して……Gも同じ考えを持っているのだと思うと少しだけルイズも嬉しくなる…
 同じ思いの者も、この場には確かに居るのだと

「カイン、入るわね」
「好きにすれば良い」

 素っ気無く返された返事を気にせずルイズは扉を開けると、ゆっくりと入って行く


「ねぇ…G。彼等は大事な物を守る為に闘うって言ってたけど、愛する者よりも大事な物があるの?」
「…オレ達クルダの傭兵の考えで良いのならば答えよう」
「構わないわ、お願い…答えて」
「愛する者を…大切な者を護る…命の『盾』となり、敵対する全てを屠る『剣』となって闘う…それが、クルダ傭兵の最高の『愛し方』だ」

 きっとクルダの傭兵の修練闘士である目の前のGも…
 何かを護る為に闘うのだろうとルイズが思った。
 Gは、強過ぎる程に強い……そして、クルダの傭兵も此処にいて闘って死のうとしている者達よりも強いのだろう
 ならばこのような闘いの時に彼等は戦うのだろうかと、ルイズは思う

「カイン、貴方なら戦うの?」
「クルダの傭兵に後退は無い。そして修練闘士は、…クルダ傭兵無敵伝説が事実であると証明するだけだ」

 Gは、最強の座を目指して戦い続けると言った。
 ならば…Gが同じ状況に陥ったとしても、必ず闘うだろう。
 違いがあるとするならば、Gはもし一人で闘う事になっても…絶対に『勝つ』と信じて闘い
 本当に勝ってしまうのだろう……
 それが、クルダの修練闘士の一人『G』カイン・ファランクスとしての誇りでもあると言う、証明の為に
 ワルドと結婚する事になったら、Gと一緒に居る事が出来るだろうか…とルイズは思った
 仮に一緒に居られなくなったとしたら、Gは戦場で戦い続ける事になるのだろう
 最強を目指して、たった一人で…


「あの…カイン、私…ワルドと結婚するわ」
「そうか。貴公の人生だ、思ったように生きるが良い」

 予想した通り、Gの反応はそっけ無い。
 ルイズの結婚にも、興味が無いだけなのかも知れない…
 ルイズにとって、Gは最強になる事にしか興味が無いのだから…
 結婚するなと言ってくれると望んだ自分が居るんだと、ルイズは思った



 その日は結局、そのままルイズはGとそれ以上居たくないと思いそのままGの部屋を出て行った
 そして、朝を向かえ…イーグル号が旅立ち
 ルイズは、白いマントを羽織り…ウェールズ皇太子の前でワルドと式をあげようとし
 Gは、負けると確信して戦う王軍と貴族達の軍を見下ろしていた
 五万と言う数の兵を相手の兵力に比べ、王軍の兵力などあって無いような物だった…
 戦争と言う名の虐殺に、Gはすぐに興味を失い歩き去ろうとした時…
 ルイズの目に映る物が見えた。


「オレに手間をかけさせるか、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール!」

 Gは、ルイズの視界を見て苛立たしげに言うと、式場に走っていく



「一つ目は、君を手に入れる事。二つ目は、カイン・ファランクスが持つアンリエッタの手紙……この二つを手に入れる事は出来そうに無い」
「ワルド、貴方…まさか!」
「三つ目は………」

 ワルドのアンリエッタの手紙と言う言葉を聞いたウェールズは、魔法の呪文を唱えていた。
 しかし、それよりもなお速く…ワルドの魔法が完成し、ウェールズの胸を青白く光る杖で貫いた

「貴様、…『レコン・キスタ』…」
「三つ目、貴様の命だウェールズ」

 ウェールズは、ワルドの言葉を聴きながら地面に倒れる。
 ウェールズの胸から流れ出た大量の血液が床を濡らして行く

「残念だが、ルイズ。君の使い魔が来てしまう前に君を殺すとしよう」
「助けて……お願い……」


 あの日、Gを召喚した日の恐怖に比べたらワルドへの恐怖はまだマシかもしれない…
 だが、それでも…迫り来る死の恐怖がルイズを動かさせない
 この場にGは居ない。きっと、イーグル号に乗って帰ったのだろう。
 自分はこのまま、死ぬのかもしれない……それがルイズには堪らない程恐かった

「嫌だ…、助けて……」
「残念だよ…。この手で君の命を奪わなければならない」

 ワルドが呪文を詠唱する…
 ライトニング・クラウドを……まともに食らえば命は無い
 ルイズの頬を涙が伝う…

「助けて……」

 そうルイズが行った瞬間、壁に何かが激突した衝撃と音が式場に鳴り響く

「カイン! 助けて!!」

 ワルドの呪文が完成した瞬間、壁が破壊され…
 もう一つ、杖が砕かれるような音がルイズの耳に響いた


「貴様……」

 ワルドがルイズに向かって振り下ろした杖が、根元から砕かれていた
 ルイズとワルドの間に立つ、カインの手によって…

「目的の一つが果たせただけでも良しとしよう。どのみち、此処にはすぐに我等『レコン・キスタ』の大軍が押し寄せる。ほら、馬の蹄と竜の羽の音が聞こえるだろう!」

 そういって、壁の大穴からワルドは出て行こうとするが、「刃拳(ハーケン)」と言う言葉と共に振るわれた腕が作り出した真空の刃がワルドの左腕を切り落とした。

「ぐっ、貴様…何をした!」
「五万の大軍? 修練闘士の暴力を……この『G』カイン・ファランクスが、……我が狂気と共に教えてやる」
「セヴァールが、何を意味するかは知らないが…五万の兵をどうにか出来ると言うのならば見せて貰うとしよう」
「……愚かな主人ともども灰になるがいい!」

 最後にワルドはそれだけを言うと、壁の大穴から飛び降りた。

「すぐに敵はここまでやってくるわ」
「ルイズ、お前はオレの後ろに居ろ。修練闘士の真の『恐怖』を…お前はまだ知らないのだからな」
「真の『恐怖』? もしかしてアンタ、一人で五万人の相手をするつもりなの!そんな無理よっ!!」
「お前はただ、『出来る』と信じていれば良い。仲間が信じてくれるなら、クルダの傭兵に不可能は無い!」


 そう言ってルイズの前に立つGの目は、獣のような目では無く優しい光を発していた。
 血に飢え、闘争を渇望する狂気に支配された獣が、仲間を守り安心させる為にみせた優しい瞳…
 そうこうしていると、二人の間に1匹の巨大モグラが現れる。


  ━━━━━━原作と同じ流れが続くので略(汗)━━━━━━


「早く行け。俺が殿をする…」
「アンタ、本気で五万人を一人で相手にするつもりなの?」
「報酬としてこの指輪を貰っておく。学園に戻ったら、姫にでも形見として渡してやれば良い」

 そう言ってルイズに風のルビーを投げると、五万人の兵が居る外にGは飛び出して行く…
 ちなみに、この時も先程と同じで…普段では考えられぬ程優しい瞳をしていた為に…
 キュルケに火が付いたとか、付かなかったとか……まぁ、今は関係が無い事ではあるが



「我は獣」

 ウェールズ皇太子達の首をとる為に、移動する五万の兵達。
 その者達の一部にしか聞こえないだろう声が響き渡る
 そして、声を聞いた『レコン・キスタ』の兵達は、すぐに声の主を見つけた。
 目的地である、ウェールズ皇太子が居るであろう場所からやってくるたった一人の人間を…

「我が拳は牙」

 何を言っているのだろうと思いながら、前方の兵達は武器を構える。
 何故なら、たった一人とは言えこの声の主は敵なのだから
 前方の兵達に緊張感が漂う…

「我が闘争は…狂気なり」

 声の主は立ち止まると羽織っていたマントに手を掻け、無造作にマントを脱ぎ捨てる
 引き締まった肉体が、その目が……まるで獣を…血に飢えた獣を連想させる
 だが、兵達にはこの男が何をしようとしているのかが、薄々気が付いた
 この男は、五万人を相手に闘おうとしている…
 ただそれだけなのだと



「我が力を使い、阻む者は全て……『殺す』。今より人をやめ、ただの獣となる。死にたくなければ我が命を奪ってみせよ」

 Gは目の前に立つ、およそ五万の兵達を見ながら大声で叫んだ。
 少しでも多くの者に、この声が聞こえるようにと…

「我は、第58代目修練闘士『G』カイン・ファランクス…参る!」

 名乗りを終え、Gは第一撃を放つ為に全力で踏み込み…己が暴力を振るう
 名乗りを終えてから、一撃を放ち終えるまでGの姿が見えた者は、『レコン・キスタ』の兵に一人として居なかった
 そして、放たれた一撃は紛れも無く『レコン・キスタ』の兵にとっては悪夢だっただろう
 何故なら、ただの一撃で数十人の兵士を殺してみせたGの暴力は、兵士達の知る魔法を超えているのだ…
 そして、五万対一と言う戦争が始まった…



 そして、離れた場所でその闘いを見る者達も居た…

「アレが、人間の闘い方だって言うの!……無茶苦茶にも程があるわ!!」


 自分の巨大ゴーレムを素手で破壊してみせた男が今現在おこなっている戦(いくさ)…
 最初の一撃で、少なく見積もっても数十人、最悪百人単位で蹴散らしているのだ
 何より、その威力を維持して闘い続けているのだから

「カイン・ファランクスは、単純な暴力で戦う事を選んだ…己を阻む五万の兵を全て殺す為にな」
「まさか、本当に全て殺すつもりなの?」
「異常さに気付いた後方の部隊は、兵を見捨てて逃げている…多く見積もっても4万の犠牲ですむ」
「四万で済むって!……あそこに居る『化物』は、一体何なのよっ!!」
「クルダの修練闘士だ。しかし…闘いが始まったクルダの傭兵は絶対無敵、決して後退せずに勝利するとは良く言ったものだ」

 隣に立つ剣士の言葉に絶句する。
 ならば、あの『G』カイン・ファランクスと言う『化物』は、それを実行しているだけと言う事に…
 そして…修練闘士の恐怖を、剣士の隣に立つ女性と違う場所で戦闘を見ていたワルド、後退した結果生き延びた兵達の心に刻み込む事となった

「今回の相棒もスゲェが、敵もスゲェのが居るって事なんだろ?」
「そうなるな。頼りにしているぞ」

 伝説の使い魔の一つである、ガンダールヴである剣士が腰に二本ある剣の片方に向かってそう言うと、それから無言で闘いを眺めていた



「行くわよ、ルイズ…」
「でも、カインがっ!」
「私達が行っても足手纏いにしかならないでしょ。私達に出来るのは、生きて帰ってくる事を信じるだけよ」

 キュルケにそう言われ、ルイズは渋々ながら帰っていく…
 自分達には、Gを手伝う事も出来ず、ただの足手纏いにしかならないと言う事実。
 その事実が何よりもルイズには悔しかった。
 そして…たった一人でも、五万の兵を相手に戦争をしようとするGの姿が、自分の考える貴族の姿に思えて…

 結局、『レコン・キスタ』はこの日、王軍を破ったものの…三万を超える兵士を、たった一人の人間に殺され敗走すると言う信じられない事が起こった
 その日から4日後、Gは『レコン・キスタ』兵が乗っていた、立派な風竜の1匹に乗り…学園に帰還した
 その時の彼は、身体中が返り血と泥で汚れており…簡単な怪我の治療が終ると、ルイズ達に風呂場に強制連行され、新品の服を渡されたそうだ…

新着情報

取得中です。