あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの賢王 第01話


トリステイン魔法学院。
その中庭で、ドカーンと威勢のいい音が鳴り響いた。
これで何度目だろう・・・。
同じ制服を着た少年少女たちは、1人の少女を見ながらそう思っていた。

ピンクブロンドの髪を振り乱し、華奢な体をふるふると震わせる少女。
彼女の名はルイズと言った。

ルイズは何とか自分を落ち着かせると、再び目を閉じて、杖を構えた。

「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール」

そう静かに、そして確かに呪文を唱える。

「五つの力を司るペンタゴン」

これは召喚魔法。
彼女のパートナーとなる使い魔をこの場に呼び寄せる呪文である。

「我の運命に従いし、"使い魔"を召喚せよ」

少女は力を込めて杖を振った。
その直後、目の前で大爆発が起きた。
大量の土煙が舞い上がり、その場には大きなクレーターまで出来ていた。
周りで見学していたルイズの同級生たちは誰もが、

「『ゼロのルイズ』がまた失敗した」

そう思い、ルイズを嗤おうとした。
その時、立ち込める煙の中に人影が現れた。
少女は目を見開く。
もうもうとした土煙が晴れると、そこには金色の長い髪の男が倒れていた。

「・・・え?」

ルイズは愕然とした。
ドラゴンやグリフォンなどといった高等な生物まではいかなくとも、
せめて使い魔らしい使い魔を呼びたかった。
だが、目の前にいるのは人間。
しかもどう見ても平民である。

それに気付いてから同級生たちの嘲笑の声が辺りに響き渡るのに時間は掛からなかった。

「ハーッハッハッハハ!!!おい、見ろよ。あれ平民だぜ!?」
「やっぱり『ゼロのルイズ』だな!!アハハハハハハ」
「ひ・・・ひ・・・も、もうダメ・・・笑い過ぎで、腹が・・・!!」

ルイズは頭の中が真っ白になった。
暫く呆然としていると倒れていた男がピクリと動く。

「んん・・・」

男は頭を押さえながらよろよろと立ち上がった。
そして、薄く開いた目で辺りをキョロキョロと見回している。
その顔もこれまた野暮ったい顔である。
年齢もこの召喚テストを取り仕切っているコルベールと変わらない様に見える。
ルイズは思わず頭を抱えていたが、すぐにピンクブロンドの髪をひるがえして、
側でルイズと同じ様に呆然としているコルベールへと向き直った。

「ミスタ・コルベール!」
「・・・あ、な、なにかな、ミス・ヴァリエール?」
「あの・・・も、もう一度!もう一度召喚させて下さい!!」
「それは出来ない」

コルベールは首を振って否定の意を示した。

「使い魔の召喚は神聖な儀式だ。一度呼び出した使い魔を変更することは出来ない」
「でも、アレは平民です!使い魔じゃありません!!」
「例え平民であっても、召喚された以上は君の使い魔だ。君は責任を持って彼と契約する義務がある」
「で、でも!!」

ルイズは必死に食い下がるが、コルベールは再び首を振ってそれを拒否した。

「さあ、早く『コントラクト・サーヴァント』をしたまえ」
「し、しかし!!」

そうは言いながらもルイズは分かっていた。
『サモン・サーヴァント』が成功したのは、今の自分にとっては奇跡的なことであり、
今が最後のチャンスなんだということを。
正直、ルイズは再び『サモン・サーヴァント』を成功させる自信が無かった。

「ちょっといいか?」

突如聞こえた言葉がルイズの思考を遮る。
気が付くと、男が二人の側まで来ていた。

「ここは一体何処だ?俺は一体どうなった?さっきまで確かに船の上にいたんだがよぉ・・・」

ルイズは横目でジーっと男の顔を見る。
そしてハァとため息をつくと、覚悟を決めたかの様に男へと向き直った。

「あんた、名前は?」

そう言うと、ルイズはキッと男を睨み付ける。
頭で納得出来ても、やはり心では納得出来ていないのだ。
男はいきなり睨み付けられて少しムッとした顔になった。

「お嬢ちゃん。人に名前を聞く時はまず自分から名乗るのが年上に対する礼儀って奴だぜ?」
「いいから名前!!」
「だから、まずそっちが名乗れって・・・」
「名前!!!!」
「・・・・・・」

男は先程のルイズの様にため息をつくと、やれやれと言った感じで答えた。

「・・・ポロンだ」
「ポロン?変な名前ね。いいわ、ポロン。ちょっと屈みなさい」

そう言うとルイズは人差し指をポロンに向けて、下へと曲げた。

「ハァ?何で俺がいきなり会った見ず知らずのガキに名前呼び捨てにされて、
 更に言われた通りにそんなことしなきゃならねえんだ?」
「ガキ・・・?(ピキッ)・・・いいから早くしなさい」
「ったくよぉ」

ポロンはこれ以上言っても無駄だと思い、渋々身を屈めた。
ルイズの顔が近くなる。

「あんた、感謝しなさいよね。貴族にこんなことされるなんて、普通は一生ないんだから」

(意外と可愛い顔しているな)

ルイズの顔を間近で見て、素直にポロンはそう思った。
だが、ポロンとて愛する妻がいる身であり、血が繋がってはいないもののたくさんの子供もいる。
ポロンがルイズに感じた可愛さは、親が子に思うそれと同質のものであった。

「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
 五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我が使い魔となせ!」

それに見惚れていたというわけではないが、ルイズの突然の行動にポロンは何も出来なかった。
重なる唇。
流石のポロンもサクヤや子供たち以外と口づけを交わすのはかなり久し振りであり、少し気恥ずかしくなる。
ルイズの体がポロンから離れた。

「・・・終わりました」

それだけ言うと、ルイズの顔は急に赤くなりポロンから目を背けた。
可愛らしいところもあるんだな、と思った瞬間、ポロンの左手に激痛が走った。

「何!?」

毒でも仕込まれたのか?と一瞬勘ぐったが、痛みはすぐに治まった。
代わりに左手には見たことも無い文字で印が刻まれていた。

「何だ・・・こりゃあ?」
「それは使い魔のルーンよ」
「使い魔の、ルーン?・・・つーか、使い魔って何だ?」
「使い魔は使い魔よ。ポロン、今日からあなたは私の使い魔となるのよ」
「ハァ!?何だそりゃ!?」

ポロンは開いた口が塞がらないという感じで言った。
するとコルベールが二人の間へ入った。

「ミスタ・・・そのことは私から説明しましょう」

コルベールから今の事情について簡単に説明した。
今は使い魔召喚の試験を行っているということ。
ミス・ヴァリエール・・・つまりそこの少女がポロンを召喚したということ。
彼女はこの試験に合格出来なければ留年となること。
故にポロンと使い魔の契約を交わしたということ。

「何じゃそりゃあ!?俺は使い魔なんてやらねえぞ!!」

それを聞くとポロンは全力で拒否の意を表明した。
いきなり見知らぬ土地へ連れて来られて、更に見知らぬ子供に口づけされて、
それで今度はその子供の使い魔となれ。と言われているのだ。
拒否しない方がおかしい。

「ハァ?何言ってんの?あんたみたいな平民に拒否権なんて無いわよ」
「ああ?あんだってー?」
「平民が貴族に従うのは当然じゃない!大人しく使い魔になりなさい」
「今のでカチンと来た!!絶対に嫌だね!!」

ポロンが頑なに拒否していると、またクスクスと笑い声が聞こえる。

「おい、『ゼロのルイズ』が平民に拒否られてるぞ!」
「アハハハハ、自分の使い魔に拒否られるなんて流石は『ゼロのルイズ』だな!!」
「ていうか、あれって使い魔なの?ただの平民だろー?」

その声は、事情を知らないポロンさえも不快な気分にさせた。
『ゼロのルイズ』が何を意味しているかは分からないが、
目の前の少女が馬鹿にされている。というのは伝わって来る。
ふと見ると、ルイズはわなわなと震え、目には涙を浮かべていた。
ポロンは「ふむ」と顎に手をやると、すぐに軽く頷いた。

「おい」
「・・・何よ?」
「使い魔になってやってもいいぜ」
「へ?で、でもあんたさっき絶対に嫌だって・・・」
「気が変わった。これからよろしくな、えーっと・・・ルイズだっけ?」
「な、何で私の名前を?」
「さっきから周りのガキ共が『ルイズ』って言ってたからな。お前のことだろ?」
「ええ・・・」

『ゼロの』という部分を敢えて言わないのはポロンの優しさだった。
本来のポロンは子供にはとても優しい人間である。
『ゼロ』が示す意味については気になる部分もあったが、それが彼女にとって触れられたくないものである。
ということはすぐに察せられたので『ルイズ』とだけ言ったのだ。

「ふ、フン!最初から素直に使い魔になってれば良かったのよ」
「素直じゃないのはお互い様でね」
「な、何よ!」

二人の様子を見てコルベールは安心したように頷くと、ふと何かを思い出してポロンの元へ駆け寄った。
「すみませんミスタ、その左手のルーンを見せていただいてもよろしいですか?」
「あん?これか?別にいいけど・・・」
「ふむ、珍しいルーンだ。有難う」

コルベールは素早くポロンのルーンをスケッチすると、手をパンパンと叩いて皆の注目を集める。

「では皆さん、これから部屋へ戻って今呼び出した使い魔との交流を深めて下さい」

コルベールの号令とともに他の生徒たちもぞろぞろと部屋へ戻って行く。

「ルイズ、お前は歩いてこいよ!」
「あいつ、フライはおろか、レビテーションさえまともにできないんだぜ!」

去り際にそんなことを言いながら飛んでいく生徒たちを見てポロンは驚いた。
その様子を見て、ルイズは「魔法を知らないなんて何処の田舎者よ」と呆れていたが、
ポロンが驚いていたのは飛べることではなかった。

(何で飛べるんだ!?世界から呪文は失われたはずなのに・・・)

思わずポロンは立ち尽くしていた。
ルイズはそんなポロンに気付かず、その場に置いて先へ進んでしまった。
ポロンは暫く呆然としていたが、ハッと気が付くとすぐに地面へ手を向けた。

「メラ・・・!」

すると、懐かしい感触とともに手の平から火の玉が放たれた。
火の玉は地面へ着弾すると、そのままパチパチと燃えている。

(呪文が・・・使える・・・だと!?)

これは絶対に有り得ないことであった。
『失われし日』を境に呪文の消失は全世界に及んでいた。
魔力の有無に関わらず、全世界で呪文を使用することが出来なかったのだ。
それが使用出来るというのは、すなわちここが自分たちが知る世界では無い、ということである。

「・・・・・・」

ポロンはごくりと唾を飲み込むと、もう一度呪文を唱えた。

「メラゾーマ!!」

しかし、今度は何も起きなかった。

(魔力は足りている。呪文を忘れた?いや、違う。そういう感じじゃねえな・・・。急に使えるようになったから、心と体が慣れていないのか?そんな感じだな・・・)

「ちょっとポロン!!何で付いてきていないのよ!!」

ルイズが急いでポロンの元へ駆けつける。
ポロンはルイズの顔を見た。
ルイズは怒りながらも何処か不安そうな顔をしていた。

(そうか・・・俺がお前を置いてどっかへ行っちまったとか思ったんだな)
「ああ・・・すまねえな」

そう言うと、ポロンは軽く頭を下げた。

「ふ、フン。はぐれるんじゃないわよ!・・・ほら私の部屋へ案内するから。今度は一緒に付いて来るのよ?いい、離れないでね?」

ポロンは笑いながら頷くと、ルイズの後を追って歩き始めた。


新着情報

取得中です。