あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの怪盗-01



目の前に広がる光景は今まで彼が巡って来たあらゆる世界とも異なっていた。
世界を旅する彼にとって、見知らぬ世界へ行くことは日常茶飯事である。
だが、そういう時は必ず事前にその世界のことを調べてから行く為、
予備知識無しで世界を行き来することは、実はあまりない。
その為、何も情報の無い今の状況は彼にとってはあまり望ましくないものだった。
そもそも、この世界へは自分の意志で来たわけではない。

(誰かに呼ばれた…ってところかな?)

海東はすぐにその考えに至った。
となれば、最も優先すべきなのは出来るだけ素早く必要な情報を手に入れることである。
今海東にすぐ出来ることは、取りあえずは自らの目で周囲の状況を確認することだった。

「……信じられない」

ふと目の前を見ると、桃色の長い髪の少女が海東を見つめていた。
その顔には失望と絶望の色が浮かんでいる。
ぶつぶつと何かを呟いているようだが、海東は特に興味がなかったのでわざわざ聞こうとはしなかった。
その彼女をはやし立てるような声が次々と上がる。

「おいおい、ルイズのやつ平民なんか呼び出してるぜ!」
「さすが『ゼロ』のルイズだな!」
「キャハハハハ!」

「あーオホン!」

頭部の禿げ上がった中年の男は軽く咳をして周囲の嘲笑を黙らせると桃色の髪の少女へ向き直った。
「さ、ミス・ヴァリエール、『コントラクト・サーヴァント』を」
すると少女は首を振って、男へと詰め寄る。
「ミ、ミスタ・コルベール! やり直しを! もう一度、もう一度召喚させて下さい!」
「……残念ですが、ミス・ヴァリエール。
 召喚されたものを一生の使い魔とする、例外は認められません
 例え召喚されたものが人間であっても……です 」
少女は、なおも首を振って拒否の意思を示す。
しかし、男も首を振り、少女の懇願を却下する。

暫くすると覚悟を決めたのか、少女は表情をキッと引き締めた。
そして海東の方へ向き直る。
「アンタ、感謝しなさいよね。貴族にこんな事されるなんて、本当は一生無いんだから」
高圧的な態度でそう言い放つと、すぐに目を閉じる。
「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
 五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我が使い魔となせ」
少女は契約の呪文を唱えると、海東へと顔を近付ける。
次の瞬間、ルイズと名乗った少女の唇と海東の唇が重なっていた。

「…………」

海東は突然の接吻にも、全く表情を変えなかった。
それよりも、現在自分が置かれている状況の把握、そしてこれからどうするかを優先的に考えていたからだ。
唇に柔らかい感触が押し当てられている間も、その目はこの世界を観察していた。

(さて、どうしようかな?)

取りあえずはこの世界の『お宝』を探そう。
そんなことを考えている内に少女の唇が海東から離れる。
すると、海東は左手に熱を帯びた激しい痛みを感じた。
海東は思わず左手を見る。
左手には何か文字のような印が刻まれていた。

(これは……?)

左手に現れた印を興味深そうに見つめる海東を見て、男が口を開いた。
「ほぉ、これは珍しいルーンですね。ちょっとスケッチさせて……」
男が言い終わらない内に海東は立ち上がった。
急に立ち上がったので、思わずルイズはびっくりして尻餅をつく。
ルイズはすぐに姿勢を正すと、海東を睨み付けた。
「ちょっと!何御主人様をびっくりさせてんのよ!!」
「……『御主人様?』」
海東が聞き返すと、ルイズは得意気な顔になった。
「そうよ。アンタはさっき私の使い魔になったの。つまり私はアンタの御主人様ってわけ」
「ふ~ん」
特に感情も込めずに海東は言った。
その態度にカチンと来ながらも平静を装ってルイズは続けた。
「……だからアンタは私の言うことには絶対服従なの。分かる?」
「嫌だね」
海東は即答した。
「僕に命令出来るのは、僕だけさ」
そう言うと、海東は指で鉄砲を作り、ルイズへ向けて撃つポーズをした。
そして、素早くその場から走り去って行く。
目の前の一瞬の出来事にルイズは思わず固まり、去って行く海東の後姿を見ていることしか出来なかった。



新着情報

取得中です。