あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

黒王様ハルケギニアに降り立つ



黒王「ハイハイハイ。まーそういう訳で黒王なんですけどね、いやー、ほんと、がんばってまいりましょうさー行きましょー」

黒王「まー黒王としては? ドリフも発売されましたし、ついでにハルケギニアでもヒラコークオリティで世界中ムッチャクチャにしてたろかなーとか思ってるワケなんですけど」

ルイズ「・・・・・・何やってんのよサイト」

黒王(?)「ハァ? 今の私はサイトではあっりませーん。ドリフのカリスマ溢れる黒幕、こく☆おうだって言ってんだろが、この貧乳カービィ(CV釘宮)。」
黒王(?)「なにお前? ツンデレなの? 女王様なの? どっちかにしろよ。だいたいお前の胸が大きければ万事丸く収まるんだよ。なにそのまな板なめてんの?」

ルイズ「ハァー!? あんた、いい加減にしなさいよ!」
黒王(?)「もうやだツンデレめんどくさい。ハーレムエンド行かせろよ。戦国ランス見習えよ。うん?」
黒王(?)「そうだ、俺ちょっとアルビオンでガンダールヴ無双してレコンキスタ滅ぼしてくる。んで巨乳のエルフとイチャイチャしてくる」

ルイズ「ひ、ひどい・・・せっかく最近はいい感じになってきたと思ったのに・・・」
黒王(?)「あっ、泣くでない!! 貧乳はステータス!! 世の中にマニアはいるって!!」
黒王(?)「原作なら俺もメロメロだってノ○ルも言ってた!」

ルイズ「本当に?」
黒王(?)「本当ですって」

黒王(?)「ウソです」
黒王(?)「巨乳こそ正義」

黒王(?)「俺が作るエンディングはなんだかんだで大中小、飛んで巨を併せ持つハーレムエンド。ぶっちゃけ貧乳はどうでもいい。次刊までに虚無の魔法でもなんでもいいからGカップにしてこい」

ルイズ「」
シエスタ「なッ何いってんですか!! ルイズ様にあやまりなさい!!」

黒王(?)「出たなメイド。ゼロ魔のおっぱい(中)担当め」
黒王(?)「お前もメイドならその辺心得て、『ご主人様、私にお仕置きの×××××してください』とか『ああ、ミス・ヴァリエールが起きてしまいます! ×××××をそんなに!』とか言いなさいよ」
黒王(?)「モット伯イベントで色気の一つも見せないってどういうことなの? バカなの?」

ルイズ・シエスタ『死ねーーーーーッ』

終われ。



新着情報

取得中です。