あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

オレンジ色の使い魔-01


(1)
クジン本星、族長狩猟公園。
元外交官にして現在は領地と個人名を持つクジン人貴族ハミイーは、獲物と対峙していた。
地球から輸入されたベンガル虎は、4本の足を地面につけていることとすらりとしていることを除けば体格と言い毛皮の色合いと言い、ハミイーと良く似ている。
少し離れたところで銃を構えて見守っているハミイーの長男が不安げに身じろぎした。
なんたることか、まだ幼いとは言えクジンの戦士たるものが敵前で動揺を見せるとは。
それとも、この俺がたかが虎一頭に負けるとでも思ったのか。もし長男がそう考えたとすれば歴戦の戦士たるこの俺への侮辱である。早めにケリをつけて問いただすとしよう。

ハミイーは爪を剥き出し、ベンガル虎へ向かって跳躍した。
しかし、その爪が虎の毛皮を切り裂くことは無かった。

ハミイーの長男は目をしばたき、この場には自分と虎しかいないことを確認した。
父が獲物へ向かって跳躍したその時、銀色の鏡のようなものが虎の前に現れ、その鏡面に父が飛び込んだように見えた。しかし一瞬のことでよくわからない。
まるで転移ボックスでも使ったように父の姿が消えうせたことは確かであり、そして父が不在となった今、この獲物は自分のものだ。
長男はベンガル虎に銃を向けた。


(2)

爆煙が薄れたそこには、オレンジ色の小山があった。
ふわふわもこもこしている。
「……毛皮?」
小山がのそりと動いた。
「虎?でかい猫?」
誰かがつぶやいた。
そう、それは巨大な猫であった。
オレンジ色の、丸々と太った巨大な猫。後ろ足で直立して周囲を見回すその背丈は2メイル半はあろうか。横幅は1メイルそこら。つまり小さめのクマか、先ほどグラモン家の4男が召喚したジャイアントモールに匹敵する大きさ

だ。
地面に横たわっていたときにはオレンジ一色と見えたその毛皮には、あちこちに灰色の不規則な筋が見える。

「ゼロのルイズがでかい猫を召還したぞ!」生徒たちの叫びが響いた。


とっさにルイズは駆け寄る足を止めた。自分の喉に突きつけられたこれは……巨大な猫の長い爪。
「おぬし、なにかよからぬことを考えておるな。何をするつもりだ」
「猫がしゃべった?!」
「け、契約……コントラクト・サーヴァントよ!」
 巨大猫の鋭い視線を浴びたルイズは震えつつ、しかし目を逸らさずに答えた。
「俺はかつて人間の言葉を学んだことがある。『サーヴァント』とは、召使あるいは奴隷と言う意味であったな?」
「め、召使や奴隷ではなくて使い魔……」
 一歩でも動けば鋭い爪が喉をえぐるだろうとルイズは思った。脅しかもしれないが、自分の身で試してみる気にはなれない。
「では使い魔とやらはどういうものだ?」
 この猫は、問答無用で自分をその爪に掛けようとするほどには怒っていないようだ、まだ。
 説明の進め方によっては怒るかもしれない。
 そうなれば自分は、たぶん即死する。
 視界の隅でコルベール先生が杖を構えているのが見える。先生は熟練のメイジだが、その詠唱と猫の爪が閃くのとどちらが早いか?
 それに賭けようとは思わない。
 賭けるなら自分の誇りに。


(3)

 ちくちく。

 猫の爪が喉をかすかにつつく。巨体に似合わない繊細な動きに感心したが、そんな場合ではない。

「使い魔はまず、主人つまり私を敵から護る」
「護衛か。それなら自信はあるぞ」
「つぎに、主人が必要とするものを探してくる。薬草とか、いろいろ」
「クジンの戦士に草食いの真似をさせようと言うのか?」
 大猫の目がわずかに細められた。
「3つ、主人の目となり耳となる。使い魔が目にし耳にしたものは、主人も知るところとなる」
「それも条件付で可能だ。さて、それらはおぬしの利益だな。俺にはどのような利益があるのだ?」
「……衣食住を保障する。この、トリステイン貴族たるルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールが保障するのよ!判ったらこの爪どけなさい!」
「俺も貴族だが、使用人には衣食住に加えて給与を与えているぞ」
 猫の貴族?どこかに猫の国があるのか?周囲でそんな会話が交わされたがルイズはそれどころではなかった。
「使い魔と使用人は違うの!」
「ルイズとやら、おぬしはまだ肝心なことを説明しておらぬ。使い魔契約とやらの期限は?」
「……あんたか私のどちらかが死ぬまで」
 それを聞いて、巨大オレンジ猫は大きく口を開いて笑った。鋭い牙を剥き出しにして。
 その恐ろしい笑顔の意味をルイズは理解できなかったが、周囲にいた使い魔の多くと一部の生徒、そしてコルベールは即座に理解した。
 肉食の使い魔たちは正確に理解し、雑食や草食の使い魔たちも危険を察知した。
 そしてコルベールにとっては、忌わしくも馴染み深いものだった。
 それは殺意の表明だ。

「ミス・ヴァリエール!下がりなさい!」
「手を出さないでください、これは私と使い魔の問題です!」
 ルイズは言い放ったが、その膝は震えていた。しかし、大猫を睨み返すその視線は動かない。
「ほう。恐怖と勇気を知らぬ愚物かと考えかけたところであったが、おぬしには勇気がそなわっておるようだな」
 大猫が笑みを収める。
「ね、猫の国じゃどうか知らないけど、この国では敵前から退かないものを貴族と言うのよ!」
 そう叫び、ルイズははっと声を落とす。
「あんたは私の使い魔、敵じゃないはず。だからこの爪を下げて、契約を受け入れなさい」
 その言葉に、猫の小さな目が周囲を見渡すのがわかった。


(4)
「そこの男」
「なんでしょうか」
 ルイズと大猫の対峙を杖を構えたまま見つめていたコルベールが緊張を解かずに答える。
「俺はこの惑星に来るのは初めてでな。文化も風習も知らぬので俺の質問に答えるがよい。まずおぬしらは、転移ゲートを用いてこの俺を誘拐した。これは間違いあるまい?」
「なっ……!」
「静かに、ミス・ヴァリエール。猫どの、誘拐ではなく召喚です」
「俺はいかなる形でも呼び出し状を受け取っておらぬ。本人の同意なく転移を行うのは人間の文化でも誘拐であろうよ」
 その言葉に周囲を取り巻く生徒たちがざわめく。そもそも「使い魔の自由意志」なるものについて考えたことがある生徒は少数派であり、その少数派も使い魔はサモン・サーバントに応じて、自分の意思に基づいてやってくるも

のと考えてきた。
 生徒たちの中には、それぞれの使い魔に不安げな目を向けるものもいた。
「その件については研究不足を認めます。知性を持ち、言語を操る使い魔が召喚された事例は稀です。その中でも、あなたのように反抗を示す事例はこれまで知られていません」
 コルベールが答えると生徒たちのざわめきが収まった。
「では誘拐の罪については留保するとしよう。次に、使い魔契約とやらについて聞こうか。俺が爪をひっこめると、この娘との間に契約が自動成立するのか?」
「そのようなことはありません。契約は主と使い魔……もとい、被召喚者との口付けによって成立します」
「ふむ。先ほどこの娘が言ったことによると、成立した契約を解消するには俺はこの娘を殺せば良いわけだな。さて念のために聞くが、この娘に生じる危険、仮に契約した場合に俺が排除すべき敵とはどの程度のものだ?」
 ルイズの背筋を冷たい汗がつたった。使い魔が主に害をなした話など聞いたこともないが、それはこの反抗的な使い魔にも当てはまるのだろうか?
「ミス・ヴァリエールは学生の身分であり、また公爵家の三女です。……公爵と言う概念はご存知でしょうか?」
「人類の貴族階級については理解しておる。王家の分家に与えられる爵位であったな。つまりこの娘は有力な貴族の一員であり、それ相応の有力な敵を抱えておるわけだな?」
「……将来はわからないけど、今のところ私の命を狙うような人はあんた以外には居ないから、契約を受け入れてもあんたに危険は無いわよ」
 ルイズがそう答えると、大猫は再び笑った。
「大した侮辱だな。おぬしはこの俺を誘拐し、さらに危険に身をさらす特権をも取り上げるというのか」
 笑いを収め、大猫はルイズを見つめて次の言葉を発した。
「気に入ったぞ。俺の爪を突きつけられた状態で挑発を続けるなど、人間ではあのルイス以来だ」
「ルイス?」
「俺がかつて共に旅した人間の男であり、勇者だ」
 言うと大猫は爪を収めた。
 周囲から安堵のため息が漏れる。
「契約を受け入れてくれるの?」
「まだだ。俺はこの惑星についてまだ何も知らぬに等しいのでな」
 そして大猫は傾いた太陽に視線を向けて何事かを呟き、コルベールとルイズへと向き直った。
「俺はハミイー。当面はおぬしらの世話になるとしよう」
 空には、薄く光る二つの月が浮かんでいた。


※作者注
原作(ノウンスペースシリーズ:ラリー・ニーヴン著、ハヤカワSF文庫)によればクジン人は直立二足歩行する大きな太った猫ですが、
耳はコウモリに似ていて尻尾はネズミに似ていると設定されています。
が、インスパイアをくれたAAにあわせて猫耳猫尻尾と思ってください。


新着情報

取得中です。