あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの黒魔道士-75


『何にも無い』があるはずのその場所で、
ボクは、確かに見たんだ。

「……女の子?」

膝を抱えて、暗闇の中、ぽつんと1人ぼっちの女の子。
雪よりも真っ白な髪の毛の女の子。
ボクは、その子を見ていた。
『目を離しちゃいけない、離したらもう二度と会えなくなる!』
……何故だか、そんな気がしたんだ……

【どうして君は泣いているの?】
誰かがその子に話しかけたんだ。
変なんだけど、ボク自身がしゃべってるような、そんな感じの声。
頭の中を反射して、ボワンって広がるそういう声だった。


≪みんなが、みんなが……いじめるの……≫

女の子が、少しだけ顔を上げる。
その涙が頬をこぼれ落ちる度に、
暗闇が少しだけ震える。
震える度に、さざ波のように声がするんだ。

『やーい!親無し~』
 『真っ白髪のお化け娘~』
  『あいつなんてほっといて遊ぼうぜ!』

ムッとする、悪口。
悲しいほどに一人ぼっちっていう気持ち。
そういうのが、波のように心に直接ぶつかってくる。

【そっか……】
≪どうしてわたしは白い髪の毛なの?
 どうしてわたしは生まれてきたの?
 わたしは、この世界でいらない子なの?≫
【そんなことはない!
 司祭様がおっしゃってるよ!『君達は貴重な迷える羊なのだ』って!】

なんでかな。
ボクがしゃべってるわけじゃないのに、ボクがしゃべっているような気分になる。
頭の中に直接響いてくる声だからかな。
暗闇の中では、女の子と、ボクしかいない。
まるで、誰かの目を通して記憶を見ている感じだ。


≪あなたはいつも司祭様のお気に入りだから……わたしなんて……≫
【そんなことないよ!……もし、そうなら、君だって僕にとって……】

その声が、言い淀んだ。
言え無かったのは、恥ずかしいから?
なんかこう、すごく、もやもやってする。
もどかしいって言うのかな。そんな感じがしたんだ。

≪え?≫
【ううん、なんでもない……そうだ!一緒に探検に行かない?】
≪たんけん?≫
【うん!すっごいおっきな夕日が見れる場所、見つけたんだ!
 つれてってあげるよ!一緒に行こう、ね?
 綺麗な世界を、一緒に見に行こうよ!】
≪いっしょに……本当に?≫
【うん!約束だ!】
≪約束……うん!≫

女の子が、手を伸ばす。
この記憶の持ち主が、手を伸ばしたんだろうか。
ボクの手に、ほんのりとした暖かさが伝わってきた。
手を離してしまったら、もう戻ってきそうにない、そんな儚い暖かさが。



ゼロの黒魔道士
~第七十五幕~ The Other Promise ―ある夏の終わりに―



多分、これは幻。
それでも、ふんわりと、夏の香り。
鼻の頭を、夕立と青草の匂いがツンとなでていった気がしたんだ。

【ついてこれてるかい?】
≪うん、へーき!≫

傾きかけのお日様が、じりじりと照りつける。
ボクは、『誰かの』記憶を通してこの景色を見ている。
後ろを何度も何度もふりかえりながら、ずんずんと丘を昇っていく。
ときどき、よろけたり、木の枝にぶつかりしながら、景色が進んでいく。

そうすると、海が近いのかなぁ。
ちょっとずつ、風が気だるくて、しょっぱい感じになってきたんだ。

なんだか、妙に全てがハッキリとしている。
匂いも、温度も、手触りも、何もかもが現実よりも現実っぽい。
なんか、気持ち悪い。
ボクの体の中に、別の人が入ってきたみたいだ。


【ほら、あともうちょっと!手を伸ばして……】
≪うん!≫

夏草が、胸よりも高くなった。
もうすぐ丘の向こうで日が落ちる。
ボクは、ボクの体を使った誰かの記憶が、女の子に手を伸ばす。

伸ばす、その手が、空を切る。
カランと、石が落ちる音。
女の子の背が、急に低くなる。

   ≪――きゃぁあああああ!?≫
【え!?】

世界が、『スロウ』を使ったようにゆっくりになる。
ハッキリとした幻が、全部を細かく思い出すかのように、何度も何度も繰り返す。
尖った夏草が足に当たる感触、
しょっぱさを含んだ生温い風、
ゆっくり傾いていくオレンジ色の光、
草むらに隠れた、岩の裂け目、
小さくなっていく、女の子……
まるで、暗闇から手が伸びてきたみたいに、
吸い込まれて、吸い込まれて、吸い込まれて……

≪ああああああああああああぁぁぁぁぁぁ――≫

その光景を、何度も何度も繰り返す。
女の子の白い服が、花びらのようにめくれあがる。
白い髪が、風にあおられて吹雪みたいだ。
悲鳴が連なって耳にこびりつく。
何度も何度も、手を伸ばす。
何度も何度も、彼女は落ちていく。
何度も何度も、何度も何度も……

【なん……で……?どうして……】

何度も何度も、その手が夏の風をつかむだけ。
その度に、小さな声の『どうして?』が、
『誰か』の記憶の『どうして?』が、ボクの頭の中で割れそうに響くんだ。
こんな風に……

【どうして僕は】
【どうして僕は手を離した?】
【どうして僕はあの子を誘った?】
【どうして僕はあの子を好きになった?】
【どうして僕はあの子と出会ってしまった?】
【どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして】

何十回、何百回と手を伸ばした果てに、景色が暗闇に戻る。
暗闇に立っていたのは……
立っていたのは……


       ≪悲しむフリは止めたらどうだ≫

【フリなんかじゃない!悲しいんだ!悲しいんだ……】

フォルサテ……!!
今よりも若い姿のフォルサテだ!
その声と、ボクの中に入ってきた『誰か』の声が重なる。
丁度、鐘の音が反響するみたいに、グワングワンって。

       ≪お前はあの子の手を離した≫

【僕はあの子の……手を離した】

       ≪約束をしたのに、守れなかった≫

【約束をしたのに守れなかった……】

       ≪お前は嘘つき お前は罪人(つみびと)≫

【僕は嘘つき 僕は忌人(いみびと)】

       ≪それがお前の正体 どうしてお前の咎を救えよう≫

【それが僕の正体 どうして僕の性が救えよう】

声が交互につながっていく。
まるで、輪唱だ。
重なれば重なるほど、音が揃っていく。
まるで……操り人形が、その持ち主に動きを合わせていくみたいに……


       ≪そうだ、私の力となれば良い≫
【あなたの力?】

フォルサテの唇が、ニヤリと上がった。
記憶の中の『誰か』かは、黙って見上げるだけ……


       ≪望むか癒しを。贖うか罪を≫
【望みます赦しを。償います君のため】

記憶の中の『誰か』が、手を伸ばす。
今度は……助けるためじゃなく、助けを求めて……

       ≪ならば来なさい私の右腕、ヴィンダールヴよ≫
【参りましょうあなたの右腕、ヴィンダールヴが】

フォルサテの手が、『誰か』の手をとった。
それはまるで、あの女の子が落ちて行った暗闇みたいに、底が知れない黒さを感じた。

そこから、また暗闇じゃない世界に変わっていく。
夏が過ぎて、秋から冬へ。
春を越えて、何度も何度も、また夏が来て。
モザイクタイルのように色とりどりに散らばった景色が、
『誰か』の記憶の中を動いて行く。

【僕は嘘つき】
【僕は業を負う者】
【僕は約束を守れなかった】
【僕は罪を重ねた】
【何度も何度も嘘をついた】
【赦されるために赦されないことをした】
【僕は罪人、僕は忌人】
【世界は嘘で汚れている 世界は腐っていく】
【僕は、僕はこの世界でいらない子なの?】

頭の中で声がする。
見える景色は暗闇じゃない。
多くの人が行き交う、光が溢れる世界。
でも、光が強くなるたびに……
影が、女の子が落ちて行った暗闇のように真っ暗な影が、
どんどん強くなっていく感じがした。

光に向かっているのに、どんどん暗闇が強くなっていく。
すごく、心細い。
先が見えない光の中、ボクは、ボクの中の『誰か』が歩いていく。
うなだれながら、ただたださまよっていたんだ。

すると、突然、ピタリと足が止まる。
顔を、上げる。
ゆっくりと、ゆっくりと。
そこにいたのは……ニッコリと笑う、白い髪の、女の子だった。

【どうして?】
【どうして君はここにいるの?】
【どうして君は僕を忘れているの?】
【どうして君とここで出会ってしまった?】
【どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして】

いくつもの『どうして?』って声が、ボクの中で響く。
ボクは、じっとその女の子を見る。
落ちて行った子にそっくりだ。
違うのは……服装ぐらい?
教会の人みたいな服装で、首からネックレスを下げている。
多分同じ子じゃないと思うけど……驚くぐらいに、そっくりだった。

≪どうかしましたか?≫
【いや、なんでも無いよ……】

明るい声で、その子が聞く。
ボクの中の『誰か』が、何でも無い風に答える。
胸が、苦しい。
ボクの中の『誰か』の心臓が、だんだんだんだん速くなる。

≪でも、いいなぁ。私ももっと色んな所に行ってみたい……≫
【……色んな所、かい?】
≪そう。こんな狭いところに閉じ込められたりじゃなくて……
 もっと、広くて綺麗な景色、見てみたいなぁ……≫

まるで、夢を見るように、白い髪の女の子が言う。
『誰か』がその子の手をそっととった。
壊れ物でも触るように、そっと。
心臓の音が、手を伝わってその子にまで届きそうだった。

【……叶えてあげようか?】
≪本当ですか!?≫
【あぁ……約束、だ!】
≪嬉しい!絶対ですよ!約束ですよ!≫

約束、約束。
その言葉が、何度も何度も頭に響く。
ボクの中の『誰か』はその声を受けて、考えたみたいだ。
じっくり、何度も、何度も。

【彼女は知らない。世界がどれだけ汚れているか】
【彼女は知らない。僕がどれだけ嘘つきか】
【でも、今度こそ、今度こそ僕は。約束を守らなくちゃ】
【綺麗な世界を見せるんだ。嘘つきのいない、綺麗な世界を】

景色が、緩やかに変わる。
『誰か』は、今、その背中を見ていた。
フォルサテの、背中を。
周りの景色がほとんど見えない。
その背中しか、見ていない。


≪――はは、素晴らしいじゃないか!これが『始原のクリスタル』!
 これさえあれば、ハルケギニアどころかあらゆる世界を支配――
 お前、何をっ!?≫

その背中を、突き飛ばす。
不意を突かれたのか、その背中が思ったより転がる。
ボクの中の『誰か』が、ニヤリと笑った気がした。

【僕は罪人 僕は忌人 赦しを求める迷える羊】

ボクの中の『誰か』が呪文のように唱える。
讃美歌のように、ゆっくりと。

≪貴様、裏切るつもりかっ!?≫
【僕の性を 僕の咎を あなたは知っているでしょう。
 嘘をつくことが……僕は得意なんですよ】

足下に転がったフォルサテの体を、
『誰か』が蹴り上げる。
真っ黒い感情が、『誰か』を通じてボクも感じる。
気持ち悪い……
なんだか、すっごく気持ち悪くなる。
こんなに『誰か』の感情がボクに入り込むなんて……


≪ぐっ!やはり貴様も忌まわしき虚無の使い魔かっ!!≫

フォルサテが、杖を抜こうと胸元に手を入れる。
でも、その手は抜かれることがなかった。

【アズーロ】
≪ぐぁ!?≫

青い体の竜が、フォルサテの体を持ち上げる。
赤い血が、ポタリと落ちた。
牙が食いこんでいるみたいだ。

【ありがとう、アズーロ】
≪きさ……ま……≫

バサリと竜の羽が鳴る。
フォルサテの体が、高いところまで持ち上げられる。
黒い感情が溢れて止まらない。
気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い。
吐きそうだ……

【さようなら、司祭様……】
≪ぐぁああああああ!!≫

フォルサテの体が、小さくなって落ちていく。
良い気味だ、なんて思う前に、吐き気がおさまりそうになかった。
なんなんだ、この『記憶』は。
なんでこんなに……なんていうんだろう、『濃い』んだろう……

【――全ての罪を償おう】
【――全ての罰を負おう】
【彼女との約束だ 今度こそ約束だ――】


締めくくりみたいに、ボクの中の『誰か』がそう言ったところで、目が覚めた。
急に体が重くなったみたいに感じる。

「グ……ケホッ……」

胸がムカムカする。
見えているのは、間違いなくボクの手、ボクの足、ボクの体……
それなのに、まだ『誰か』が入り込んでいる気がして、すっごく気持ち悪い。

「……ぼう、相棒っ!?大丈夫か!?」
「デルフ……」
「なんだよ、あの『記憶』!?妙に現実っぽくて吐き気すんぜよぉ!?」

デルフも、見たんだ……あの記憶を……

なんだろう、この嫌な感じ……
夏の匂いと一緒に、嫌な予感が、まだ鼻の奥にこびりついている気がした……


新着情報

取得中です。